« 偶成 | Main | 予測 »

2009/8/30

百人一首應答歌三十七  日記と歌論


高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ

前権中納言匡房

おのづから花のにほひにさそはれし外山の霞とがめであらなむ

ながれのおも


西行の{あたら桜のとがにはありける」など想起して。



憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものを

 源俊頼朝臣

初瀬山はげしくつらく願ひてしひとのうらみもおろしけむもの


初瀬山を「はげし」の序詞と解して。恋の神への祈願にはさぞはげしくのろふ類もあつたやらんと。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ