2010/2/13

折句 ふきのたう  日常 時事

ふるさとを 昨日夢見の 野の花は 誰摘むとなく 失せぬるらむか

望郷。今更いつても詮無いですけれど。

武士の世が 着崩しながら 殘したる たしなみ今は薄れ行けるか

懐古。二本ざしで悪所通ひなどといふ手合ひもをつたでせうが。

ふざけあひ 君と過ごせど のがれ得ず 發ちゆく鳥の 映る窓邊よ

同棲時代の終りですかな。

ふところの 嚴し世ざまを のらりくらり 貯め込む錢を うらやましがる

いつの時代にもかういふ手合はゐたし、ある所にはある。

蕗の薹は今の表記では「ふきのとう」ですが「ふきのたう」が本来の仮名遣です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ