2010/2/22

光の春  戀さまざま

三寒と四温のせめぎゆるぶ部屋帳をひろく空けて日を入る

ちりばめしごとくかがよふ絨毯の塵惜しみつつ掃除機を掛く

驛へ出て迎ふるピンクの帽子と靴コートは緑のチェックをまじへて

琵琶を彈く辧財天を詩女神と見紛ひゐたる跨線橋下

連れ立ちて部屋へ辿れば上弦の月中天に目守る淺宵
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ