2010/2/25

春塵  日常 時事

春の塵たちあらそはぬ通り拔けへはぐれし鳩と我と入りゆく

陽はややに斜めならむと猫は瞳をほそめて居酒屋の支度時分

春もはや革のコートを腰巻に馳せ行くナナハン相乘り乙女

雲の筋河原の上の空刷けるはたてに十日の月昇り來る

七草をかたどる河原の石疊の煮炊きの痕に夕かげの差す
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ