2010/7/18

梅雨明け  日常 時事


梅雨明けの早朝電車に乗合はす髪を手で梳き倦まぬその娘よ


雲おのれほぐれ行きたる彼方には秋雲めきて筋曳くもあり


年々の酷暑冷夏を閲し來て女らは裾丈やや伸びしか


植込みの反吐あたらしき驛前に袖曳く支那娘の生欠伸


蒸し鶏のサラダで呑まむゆとりしてくゆらせ見入る煙りのなりを
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ