2010/10/13

雨とつ追ひつ思案に  日記と歌論

しづかなる明け暮れにしもあらなむを雨とつ追ひつ思案に紛れ込む


思案してゐるのは自分か雨かわけのわからなくなることがあります。


収穫れををへし田面の水溜りに義眼のごとくはまりこむ月


「田毎の月」といふ表現とは又違ひ一種不気味な感じに。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ