2010/5/24

五月雨のさきぶれ雨は  日常 時事


五月雨のさきぶれ雨は夜明かしてやうやく霧に降り替るかな


時候柄のただごとといへばそれまでですが。ここのところ半袖ですましてゐたものを今日はさすがにかさねてでました。
0

2010/4/21

春日和  日常 時事

新緑を凍えしめたる寒過ぎて春眠ほしいままなる朝床


虐殺の記憶を超えて固め置かむ絆訪へども大統領機は


送り込む醫師も兵士も病みつきて戻さるチベット高地の地震


櫻草そよなびけ來る風のなかどこかいたいたしき春日和


噴煙に怯えて四日飛ばざりし歐州空へやうやく翼は



最も遅い降雪を記録して四日後にはもう夏日。今年の天気の運行にはつかれさせられます。
後々さまざまな形で尾をひきそうな人災天災もありましたし。
0

2010/4/7

スクランブルキャッチャー  日常 時事

クリックすると元のサイズで表示します

スクランブルキャッチャーたりし映像も浮かべど癒しのスクランブル到らず


下積みの星と仰がれし君つひに逝けるか花の盛りも待たず

木村拓也コーチ本当に残念なことで心より冥福をお祈りするしかありません。
単身赴任のままはじめてのコーチ稼業に挑むのはなかなかストレスの溜まることでもあつたのでせうか。
昨年九月四日のヤクルト戦での緊急マスク姿の写真もあつたので引用したかつたのですが保存出来ぬ設定の上画像URLも確認出来ぬので、昨年11月のファン感謝デーで引退発表時の姿に致しました。
長い間本当に頑張つて来られたこと
頭がさがります。やすらかにお眠りください。
0

2010/4/3

少女妻  日常 時事


乗客を巻き添へに自爆せる一人は殺されし戦士の少女妻とぞ

大陸は刑粛々と執行す日本人麻薬密輸犯を含め

信ずるより他なき類か今頃になりて毒ギョーザ犯あげ來れど

敗退後半年ならず戦後保守瓦解のきしみ止み難くして

百合活けし壷は盛りて咳音は既に花粉に因するや否

0

2010/4/2

春嵐  日常 時事

新世紀最初の十年を綺ふ春の嵐のなかにたちけり


五分咲きの花のいくばく散り初めぬ風過ぎて降り來るは春雨


入学も間近になれり無償化を決議せられて最初の新入生


間の拔けし思ひもするかアナログの画面の野球上下黒く空き


雨過ぎてなほ傘をさしかけよぎる蹴出しにのぞく白きくるぶし
0

2010/3/30

部屋敷を更へむとおもふ  日常 時事

部屋敷を更へむとおもふおしなべて未遂に過ぎし人生なれど

なにごと中途半端に終つたかなと。環境を変へて心機一転したいところですが。

早春賦しぶとく生き延びる空を悩まず春の沓ととのふる

ここ十日ほどで寒暖差二十度以上になるか。それでもいづれ必要になるのだからと布製のやつを。閉店建て替へを夏に控へたスーパーのバーゲンでした。

一人なる部屋慰むと切り活けし百合の蕾の開け來る見つ

夜分目覚めてじわじわ骨身にしむ寒気には驚きますがまあこの百合が盛りになる頃にはどうにかでせうか。
0

2010/3/26

枝打ち  日常 時事

枝打ちを終へしばかりの柳の木に撤去の豫告貼れる本通り


園児等が手押しの籠車に乘せられ配られて行くとある辻かな


乘換へて幾駅ならず地下道を上ればわれを見下ろす高層群


路地賣りの晝餉の包み川波に向かひ開けばややなごむ風


二岐れしながら川はやがて海三寒の波昨日過ぎしか


昨日一昨日の寒波をやり過ごした今日はたまたまオフでした。
0

2010/3/22

春汀  日常 時事

沿ひゆけばふぐりの花をあしらひに玉なし咲ける土手のタンポポ


ふくらめる花の莟の枝越しに中州の葦の下萌えは見ゆ


蹴立て行くスキーの波よ明日ははや櫻咲かむときほふ川面を


遠富士をおほふ薄雲のほとりを出で飛行機雲は空をよぎれり

たたずまふ橋のほとりの枯れ蓬煙らせながら蟲ぞうごめく
0

2010/3/20

狂歌  日常 時事



トヨタ車への狂言ばれてクロマグロ禁輸も否決次はどの手で

乱獲の元締めであつた者が急に宗旨変へして、道徳的の優位を滲ませながらその宗旨への同調を迫るなど實に鬱陶しく愚劣な話ですね。リビアへの極秘の説得工作が功を奏して同国代表は同案を先進国の陰謀と糾弾議論の打ち切りと即時採決を求めたと。

大義掘り崩され身をもてあませる彼らにつける薬はなきに似たりや

道徳上の問題を国際間の公式問題にする愚を彼らも大概悟るべきでせう。オーストラリアもその伝でどこかで報いを受けずに済むまい、金をかけずに票になるなどと安易な思惑で日本の調査捕鯨を禁止させるなどいふ公約を掲げた現政権の首の挿げ替へ程度ですめばよい方か。
0

2010/3/17

早春寸景  日常 時事

脱ぎ置きのブーツの片足は折れて四つ角ダンス教室戸の口

白蓮の花瓣の縁はおもむろに茶の斑まとひてふくらむ花つぼみ

金柑の取り入れ終へてぽつねんと立てるその木に寄る蝶もなき






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ