2010/4/6

日めくり  讀史つれづれ

日めくりの歴史を見ればナザレ人ひき渡されてゐしは昨日か


對立は根深く解けず公會議單性論をしりぞけしより


騎士一人踝巡らし傳道へ走る經緯も一の武斷か


浪颪糧發謀修蟒个擦訐潴笋魎撚瓩靴茲「覺腓琉賣
0

2009/11/28

舞踏會  讀史つれづれ

遲々として進まぬ条約改正に痺れを切らす夜半の舞踏會

判官を所拂ひの腰越より直ちに諸國の關へ沙汰せる

觀音の流れ着きたる岸邊にてあらたに錢を鑄さしめにけり

白面の金貸しの瞼閉ざしやる昨日青酸カリをあふげる

追ひつきて渡すせめてもの握り飯に涙す彼は復員傷病兵
0

2009/11/25

天窓  讀史つれづれ

天窓より覗くためらひ傷しばしとどめてつひに首落ちたるを

虎を野に放ちてけるかさま變へて弟は今吉野か不破か

斷交を告げて大使の去れる跡落ちし鉛筆を記念に持ち歸る

后にも先立たれたる宴の後杯投ず鉛色の海

覆面の奥の眼光見覺えあり空に今我等を擒めし徒黨の長
0

2009/11/16

傳令  讀史つれづれ

傳令の最後の一人靴裏にひそめし暗號を急ぎ解讀す

學校といはむもゆゆし岩山を刳り貫き建てる暗殺団の

首級持ちかへらむ手間を省かんと削ぎ來し鼻を今日は供養す

祈りつつ踊り狂へる教団に紛れて探る薬の出所を

ネタもたぬ儘蜜の罠に嵌りたらむ友の遺骸を默し過ぐるも
0

2009/11/13

大織冠  讀史つれづれ

謀臣の垂死の床を見舞ひ來てやうやく聽す大織冠を

荘園の公地食みひろごれるをば重ねて掠む守護目代ら

囚はれし儘に投ぜし海賊とはからずもめぐり遭ふ土佐の守

おとづれの絶えて久しきみささぎをよぎらむとして幡捲かしめぬ

追號の後も絶えせぬいかづちに怯え今朝ほど后は失神す
0

2009/11/7

標野  讀史つれづれ

標めし野にひそみて入れば襟髪をやにはに掠め行く雉の聲

停戰は誤報か怒りの靴の痕殘すビラ舞ふ通信社の前

つむじ風すさぶ海峽の吊橋は捩れて搖れて碎けて散れるか

獨逸兵捕虜らがつれづ慰まむと初めて奏せし第九交響樂

議事堂の落成を見ることもなく刺されし首相はつひに逝けるか
0

2009/11/4

開城  讀史つれづれ

鹽漬けの亡骸を引き回し來て今粛々と磔刑臺へ

さま變へて天竺の果て流れたまふ廢太子の訃の到る都空

銃創の隈なく貫けし城の奥やむなくつぎはぎせり白旗を

驛頭に刺されし首相の手許より資金渡し來ぬ耳を揃へて

宗廟を表敬の列まで狙ふ爆彈あはれ分斷國家
0

2009/10/26

落雷  讀史つれづれ

落雷は七重塔を燒盡し文明二年暮れてもゆくか

關が原終りて後に辿り着く御曹司をば咎む由なく

荷造りも追ひつかぬまま還り行くアヴィニョンより捕囚は解けて

壱岐・對馬略取を告ぐる早馬に湯漬けあてがひ蒙古の陣に對す

主席での口論の果てをよそほへる銃聲 長き独裁終はる
0

2009/10/19

双眼鏡  讀史つれづれ

對岸の自治區逃れて向かひ來る船次々と双眼鏡に

逮捕令到らぬ先にゴムボートを漕ぎ寄す沖で待つ飛行艇へと

重臣の隻脚奪ふ爆彈を投ぜしその場にて自刃遂げしか

大使館解放の後上りゆく階段 占拠首謀者の遺骸

開国國を説く使節船 病既に篤きか 漂着民の一人は
0

2009/10/13

条約  讀史つれづれ

条約を今か署名の筆の先忽せにせねど講堂の隅

遷都へとうごめく一團を察知して素迅く固む不破・逢坂を

佩斂を預けてかつての友と對す國境を跨ぎ越すその机

あきらめてさま變へたまふ上皇を送りてただちに毒をあふげる

屈辱の講和に怒る群集の引き倒したる門の土煙り
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ