2009/5/28

故地  讀史つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

交易に急に灌漑おろそかなる文明の故地多くは廢れぬ

高層は參差す ためつすがめつ雨 遺跡東京の出來榮えいかにと

本能寺指さむと臍を固めつつ連歌の席に發句吐きてゐる

流されてながらふ島に流れ着く船よかつての友の旗印

洞窟畫剥ぎて持ち來ぬ湖の移動につれて廢れし都市の
0

2009/5/28

後ろ手  讀史つれづれ

後ろ手に縛られ後ろ髪白く牽かるる王妃を素早く素描す

ふところより出て愛犬は戀ひ鳴けり身首斬り放たれし女王の

刑場の羽目落つるその際までも君忘れじと言ひけり妻は

梁落ちて妃を殺す震災は無政府主義者とその妻を井戸へ

列聖を認めて魔女の咎は雪がむともせぬ鵺のごとき教會
0

2009/5/28

羲和圑  讀史つれづれ

羲和圑の狂氣を奇貨とせばめ來る桎梏の間にのたうつ清朝

アナキストの多く湯宿に潜めるか祕湯に傷癒す獸さながら

芥子の汁煮詰め煎じて辻に賣る下放せられし元紅衞兵

親書やをら取り出すと見えし僧の手の短斂 箆深に王の腹部を

破滅やむなきに到るまで打ち上げむ絶えて軌道に無き「衞星」を
0

2009/5/28

解剖學  讀史つれづれ

矢庭に戸閉つごとき音に瞠く眼解剖學の創始は刑場

目玉燒せし眼球を輪切りにし究めんとせし緑内症よ

わが子の眼刳り貫き逐ひてそなはれる女帝も逐はれ棲める晩年

遺言といへどしみじみ恩師をば腑分けし酬ゆる醫師らの性は

鈴が森の花の幾ばく咲きありしこと絶えて見ず玄白の著に
0

2009/5/28

簒奪  讀史つれづれ

簒奪に遇ひたる王の餓死せるに到る次第は問ふまでもなく

蟄居命ぜられしまま過食にて命終に到れる信徒の母をおもふや

アザーンの野太き聲のひびくなへいたはれる駱駝の外反母趾よ

けだものの檻らに入れられ食ひ殺さるるまでの経過に興ぜしローマ

己が運命悟りひれ伏す星占を赦して何充ち足りし皇帝
0

2009/5/28

鏡の間  讀史つれづれ

鏡の間をわがものがほに「戴冠」をされてゐるこの遺恨どこまで

コッペパン一つに鞄一杯の札束 ふつふつたぎるもの何

足枷のまま胸病みてこと切れし皇太子撃ち殺しし少年

舗石をば剥ぎ擲ちて立て籠るコミューンを殲滅の後の發作よ

婚姻を無効の竹箆返しとてそなはる海峡を越えし國の妃
0

2009/5/28

傳受と到來  讀史つれづれ

佛像の傳受とミイラの到來といづれが早かりしかこの國

遲參をば咎むる関白の陣の前恭順穢れ無き死装束よ

女子供連れにて略奪をこととせる民族もありしか世界史

疑惑受けしままためらはず妻と子の首差し出すに至る「同盟」

カエサルの馬になかりし鐙もつ埴輪の馬をまじまじと見る
0

2009/5/28

滿身創痍  讀史つれづれ

水斷ちて陥としし城内のむごたらしきさま見つ我と目をおほひしか

高射砲力なく逸れゆく認め見下ろす雲ひとつなきナガサキを

一刻の遲滞は破局 冷戰の今ぞ敗北を認めて他日を

腹背の敵を七重の壕めぐらせ討ちけりましてやこのルビコンをや

滿身これ創痍の語いふにや及ぶ明治元年鶴ヶ城の寫眞
0

2009/5/28

帝衣  讀史つれづれ

掘りあてて立ち向かふ國民黨軍へ去りし日本の殘せる武器を

帝衣脱ぎ捨てて劍を天にかかげ斬り込みたまふゆくへ知らずも

教會を通らねぱ閨へ到り得じと言ひ寄りたまふ王受け流す

目隱しの手に探り當て祈りつつ首憩はすや昨日は女王

同士討ちあらむをおそれむ遑もなき掩護射撃よ丘の堡壘
0

2009/5/28

「見ないでね」  讀史つれづれ

印度より齎され來る象牙・絹・没藥・胡椒・天然痘など

「見ないでね」といふ妻の聲背に堪へ居ぬ交互にまたがる兵らの息音

捕はれ來て命拾ひせし身と悟る降下部隊の背後の物量

脱衣強ひられしままに横たはる穴まだ息のある骸の上に

銃聲におどろくなきを確かめて戻り見る皇太子へのとどめを
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ