2014/3/10

指導の方針と稽古曲  

箏曲指導の方針と稽古曲

初級(手ほどき)
「宮城道雄小曲集」を中心としてお稽古をしていきます。順を追っていくうちに基本的奏法を学ぶことができ、平調子の調弦、簡単な弾き歌いができるようになります。
替手を入れて二重奏の練習もします

年齢に応じて野村正峰・裕子「筝曲小曲集1〜6(君をのせて・ルージュの伝言・さんぽ・もののけ姫・いつも何度でも・涙そうそう・花・世界に一つだけの花・翼をください・いい日旅立ち・秋桜・贈る言葉・川の流れのように など) 」・花かげ変奏曲・夕焼け小焼け変奏曲・春のうたメドレー や 坂本勉「たのしいメロディー集(さくらさくら 荒城の月 子守唄 ひなまつり お江戸日本橋 花かげ 花嫁人形 鎌倉 出船 波浮の港 など)」を併用します

六段(高調子)花筏(沢井忠夫)で手ほどきは終了です


中級(初伝・中伝 程度)
曲も長くなり(1曲10分〜20分)、低い調子や雲井調子中空調子楽調子など曲ごとに調絃が変わります。
チューナーを使わずに自分の耳で正確な調絃ができるように指導していきます
中指・人差し指を鍛えてゆき、基礎奏法が体にしみこむよう指導。
唄付けをきちんと正確に指導。古典はほとんどの曲に、宮城曲は半分の曲に、唄がついています。弾き唄いの良さを感じとれるようになることをめざします
箏は独奏曲が少なく、ほとんどが箏・三絃・十七絃・尺八との二重奏三重奏四重奏です
相手の音を聞き取り 合わせる楽しさを学ぶため1曲ごとに必ず最後には合奏練習をします

古典曲…六段(低調子)黒髪・八千代獅子・千鳥・新高砂・八段・夕顔・末の契・秋の言葉・みだれ・茶音頭・春の曲・夏の曲

宮城曲…都踊・千代の寿・遠砧・軒の雫・砧・唐砧・比良・春の夜・春の訪れ

現代曲…祭花・彩・童夢(吉崎克彦)葦のうた(松本雅夫)篝火(野村正峰)水面・螺鈿・あこがれ・陽炎(沢井忠夫)・二つの田園詩(長沢勝俊)鳳仙花・とおりゃんせ幻想曲・(小野正志)風紋・風によせて(小野衛)、石狩川(唯是震一)

上級 (奥伝・皆伝)〜
応用的現代奏法の習得をめざします
唄付けもむずかしくなります。地唄の歌い方が身につくよう指導します
二重奏三重奏四重奏など他のパートを聞き取りそれに合わせる練習に力をいれます
楽理や五線譜での指導もいたします

古典曲…四季の眺め・ままの川・ながらの春・けしの花・桜川・磯千鳥・梶枕・秋の曲・冬の曲・新娘道成寺・松竹梅・五段砧・御山獅子・越後獅子・萩の露・吾妻獅子・若菜・残月・新青柳・根曳の松・八重衣・尾上の松

宮城曲…初鶯・花紅葉・さくら変奏曲・さらし風手事・落葉の踊り・春の海・泉・高麗の春・虫の武蔵野・四季の柳・秋の調べ・ロンドンの夜の雨・五十鈴川・祭の太鼓・手事・瀬音・水の変態

現代曲…クレセント・暮色・風三章(吉崎克彦)胡茄の歌(野村正峰)2つの個性(藤井凡大)三重奏・四重奏1.2・箏二重奏ソナタ(小野衛)、飛騨によせる三つのバラ−ド・春三題・萌春(長沢勝俊)・嬉遊曲・出雲路(船川利夫)


《免状について》
免状は希望される方に発行いたします。
教える資格を得るには,箏は教師、三絃は皆伝までの免状が必要です。
初伝−3万 中伝−5万 奥伝−7万 皆伝−10万 教師−13万
なお、当方では免状料以外のお礼などはいただきませんので、安心して職格者をめざしてください。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ