2006/5/17

5月9日 part1  masurachable宮古島2006

2日目の朝、カーテンを開けたら明るすぎて一瞬目がくらみました。
クリックすると元のサイズで表示します
(一度モブログでアップしたけどもう一度アップ〜)

この日は無有さんちでランチをごちそうになる予定です。
テレビで放送された、あの、パエリアですよ〜!

無有さんちまでの道のり、前日にちゃんと教えてもらってたのに、迷いまくりました。
無有さんがランチの用意をしてくださってる間に、私達は亀仙人さんに小魚穫りに連れて行ってもらう予定だったのに、遅刻してしまいました。
すいません・・・
無有さん、お手伝いしないですいません・・・ついつい、遊びのほうに・・・
目つきの悪いネコもみつけられませんでした。
ほんとにほんとにすいません。

でも〜、小魚穫りはたのしかったよ〜ん。
穫れなかったけども。
もう、魚にばかにされてるとしかいいようがなかったです。
それでもいいねんも〜ん。
亀仙人さんは、ささっと小さな青い魚、たぶん(ルリスズメダイ)を穫ってバケツに入れてくれました。
最後のほうにtakeもなんとか数匹穫ってましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
真謝港の亀仙人さん。

小魚穫りはあきらめて、こんどは貝を穫る事になりました。
けども、これまたいないし穫れないのです。
亀仙人さんいわく、多いときは30分に100匹くらいの貝が穫れたそうです。
ところで、貝の数え方は匹でいいのかなぁ?

私はホントは波打ち際でちゃぷちゃぷしてたらいいかなぁぁと思ってたのだけど、
気がつけば、夢中になって泳いでました。
そんなこともあって、海からあがったとき「こんな沖まで泳ぐとは思ってませんでした」と言ってしまって
「全然沖じゃないじゃん!」
「なにゆうてんねん!」
亀仙人さんとtakeにダブル突っ込みされてしまいました。
ひぇ〜。

そうそう、穫ったクモ貝(あってるかな?)をその場で食べさせてもらいました。
あまくておいしかった〜〜。


私が海で見て一番びっくりしたのはアオヒトデ
なんかツクリものみたいに大きくて青かったです。

ではでは、無有さんちに戻ってランチです〜。
0

2006/5/15

5月8日 part2  masurachable宮古島2006

無有さんにホテルまで送っていただいたあと、私達はコンビ二まで歩いて、オリオンビール(大阪でも飲めるのだけも)と泡盛をゲットしました。
ホテルに帰ってから飲むためです。(まだ、飲むんかい!)
そのコンビニはパイナガマビーチってところの近くにあったので
せっかくだからビールは夜の海を見ながらのもうぜ〜ってことになって
海岸へ続く石段みたいなところで座ってプシュッとかんぱぁ〜〜い。

「星はあんまり見えないねぇ〜」とか、「やっぱ、風が夏やなぁ」とかしゃべりながら、
海の音を聞いてるとじんわりと「あぁぁぁ、宮古島にいるんだなぁぁ。」と実感してきたのであります。
さてさて、ビールも飲み終えたしぼちぼちホテルに帰りますかぁと立ち上がって
Gパンのおしりについた砂をはらおうとパンパンしたら、手になにかねちょっとしたものが・・・・
げ、ガムだ!
「あほちゃうかぁぁぁ〜」と笑っているtakeのGパンにもねっちょりとガムがこびりついているのである。
げぇ〜〜。
宮古島初日のよるに、ホテルでGパンにこびりついたガムをふたりして必死で取る事になるとは思いもしなかったよ

0

2006/5/14

5月8日 part1  masurachable宮古島2006

11:45 伊丹発の飛行機で私とtakeは2度目の宮古島旅行へ出発しました。
ゴールデンウィーク明けの格安パックの旅行です。
もともとこのパックでは関空から直行便で宮古島に飛ぶ予定だったのですけども
到着が夕方の6時を過ぎるので、なんか1日損する気分になっちゃって伊丹発のこの便に変更しました。
2時間ほど早く到着するのです。
2時間て貴重な気がしたのですけども・・・。
飛行機が遅れてあんまり意味がなかったかも。

夕方の6時半にホテルで無有さんと待ち合わせだったのですけども
ホテルにチェックイン後、ちょっと時間があったのでフェリーターミナルのあたりを散歩しました。
前回の上陸の時、何度も訪れた場所です。

今回の宮古島上陸はものすごく落ち着いてできました。
「あれ?なんで?」てなくらい落ち着いていて、「今、ここは宮古島やで!」と自分に問いかけてみたりして〜。

昨年の上陸は舞い上がってしまってたしさぁ。

(前回の宮古島旅行の様子)


きっと前回の宮古島旅行から帰ってきて、何回も何回も海の色や島の風景を思い出していたので
久々に見ても違和感なかったのかも・・・・

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ