2008/7/26

ダッチブレッド  パン&お菓子

ダッチブレッドを習いました。
大好きなパンなので、教えてもらうのを楽しみにしてました。
ダッチブレッドのダッチとは「オランダの」との意味だそうです。
なのでもちろんオランダでは「ダッチブレッド」とはいわないそうです。
他に「チアーブロード」とか「タイガーブレッド」ともいわれています。

クリックすると元のサイズで表示します
表面のひび割れは上新粉をつかった「上がけ生地」を二次発酵後に塗り広げます。
パンの生地には細かく切ったハムとプロセスチーズを混ぜ込んでます。
習ったレシピでは強力粉を使ってますが、フランスパン専用の粉で作られることが多いみたいです。
具もいろいろで、次に作るときはクリームチーズやモッツァレラなどにアレンジしてみてもいいかも〜〜と思いました。
想像するだけでもおいしそ〜〜〜。
って、上手に焼けたらのハナシですけどもね。


焼きたてを食べてみたのですけども、むっちゃおいしかったです〜〜。

akiちゃんが梅田にいるということなので(パンの教室は梅田なんです)一緒にお茶をしました。
うちでは食べきれない量なので、2個と半分(食べさし)をおすそ分けしました。
その後、ウチの最寄り駅の地下鉄の駅がら地上に上がってきたらば
むこうから「あっつぅぅぅぅぅ」という顔で無防備に歩いて来る
雅さん発見!
「パンもって帰る〜〜〜?」と半ば無理矢理おすそ分けしたのでした。
パンを入れる袋がなかったので、ハンカチで包んで持って帰ってもらいました。
ふふふ。ご近所といえども偶然に会ったのははじめてでしたのでちょっとうれしかったです。

なんだか、パンを配りながら帰って来たような感じになってしまいました・・・。

0

2008/7/15

フランスパン  パン&お菓子

フランスパンを習いました。
はじめて中種法というものも知りました。
この中種というのを使ってフランスパンを焼きます。
で、フランスパンはいつもの強力粉ではなく、フランスパン専用粉というものを使うのです。
準強力粉や、強力粉と薄力粉をミックスさせた粉でも代用可能です。

中種は塩を使わないのでグルテンの働がないためまとまらないはずなんですけど
なぜか私のんはまとまってしまって・・・
どうも計量が微妙に間違ってしまってたみたいです。
なので、次の行程で少し多めの水を足して調整しました。
あ、もちろん、教室の先生のご指導のもとで。
正確な計量の大切さを実感しましたです。

レシピにはバターも入ってませんので、捏ねている時もうまくまとまらず
そして成形のとき、カミソリみたいなので切り込みを入れるのですども簡単そうでむずかしい。
先生が手に手をとって教えてくださったのですけども、わたしは左利き〜〜。
すいません、先生。ちょっとやりにくかったですよね〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します
焼き上がり。
なんか、目がつまってる感じ。
もうちょっと、おおきな穴とかあいててもいいんだけど。
切り込みももっと大胆にぱ〜〜〜としたほうがぱりっとした皮になったかも〜。

次の日のランチに、スモークサーモンのサンドとタンドリーチキンのサンドをつくりました。
おいしゅうございました。
0

2008/6/11

クグロフ  パン&お菓子


クリックすると元のサイズで表示します
またまたお祝いのパンです。
生地にカカオマスが入ったクグロフです。
レーズン、アーモンド、チョコチップを混ぜ込んでます。
最後にはラム酒のきいたシロップをたっぷり塗って、粉砂糖をふりふり〜。

クグロフ型に入ったパンやケーキを全てクグロフというのだそうですよ。
ドイツではグーゲルフップフ、クーゲルホップフとも呼ばれるそうです。
詳しくは・・・・
コチラ


パン教室のあと、事務所でレッスンでしたので、
スタッフのみんなに半ば強制的に「もっとたべ〜〜」と消費してもらいました。(^O^)
だって、ウチには大きすぎて食べきれないのですもん。
0

2008/6/6

パネトーネ  パン&お菓子

パネトーネを習いました。

クリックすると元のサイズで表示します
ほんとは粉砂糖のトッピングがあるのですけども
ちょっと食べて甘さをみた後にトッピングしようと思い、別にラップで包んで持ち帰りました。
写真のうしろのほうにナニゲにうつってますね〜〜。

パネトーネって、イタリアでお祝い事の時などに、お気に入りのパン屋さんに予約して買うパンなんだそうです。
本当はパネトーネ酵母という酵母をつかったりして
家で作るのは実は難しいのだそうです。(それだけの理由じゃないと思いますけども・・・・)
きっと、昔からの習慣なんでしょうね。


で、私が習ったパネトーネは、家で簡単に作れる改良されたレシピになっておりまして
ふつうにドライイーストを使ってます。
オレンジピールとサルタナレーズンがたっぷり入っております。
サルタナレーズンとは白ぶどうのレーズンのことらしいです。
これまたはじめて聞きましたし知りました。

2つもウチではたべきれないなぁぁぁと思っていたのですけども、
電車のなかで友達のakiちゃんに偶然会ったので、ひとつ持って帰ってもらいました。
akiちゃんはレーズンとかのドライフルーツ苦手なんですけどもね〜〜〜〜


実をいいますと、ワタシ、パネトーネってイメージだけでケーキと思っていたのですよ。
ふふ。

0

2008/4/25

よもぎ蒸しパンとベリーベーグル  パン&お菓子

不本意ながら(?)毎度食べ物ねたで・・・・。


はじまりましたよ〜〜、マスタークラス。



まずは、よもぎ蒸しパン。
クリックすると元のサイズで表示します
いきなり、オーブンを使わないパンからスタートです。
粉は強力粉と薄力粉を混ぜます。はじめてのパターンです。
強力粉と薄力粉の割合で、もちもちっとした蒸しパンにするかケーキっぽい蒸しパンにするか決まるそうです。
べちゃべちゃと捏ねにくい生地です。
で、いままでと一番違うのは、最終的に蒸し器で蒸します。(蒸しパンやしあたりまえか・・・)

よもぎをなしにして白い蒸しパンで、具を包むパンにしたら中華まんになりますね〜〜。
豚の角煮だとか、豚肉と高菜の炒めものとか、生姜焼きとか。
くぅぅぅぅぅ、おいしそ〜〜〜。
せいろ買っちゃおうかなぁぁぁぁ。


で、次はベリ−のベーグルクリックすると元のサイズで表示します
一番手前で目立っているベーグルさんは、先生の見本です〜。
このパンでいちばん難しかったのは成形です。
ふつうにリング型にするだけなのですけど、つなぎめのところが細くなっちゃって・・・
生地は結構必死で捏ねないともちっとしないようです。
捏ねているうちに息切れしてしまいました・・・。
ベーグルといえば、油だとか入っていないなくて脂肪分が少ないってのが当たり前なのですが
そうするともっさもさとして食べにくい&作りにくいってことで、このパンのレシピにはサラダオイルを使ってます。
(なのでヘルシーイメージとはうらはらにカロリー高めでございます。)
慣れていったら徐々にオイル分を少なくしていくといいそうです。
他のパンとあきらかに違うところは、焼くまえに茹でることですね。

さすが、マスタークラス。蒸したり茹でたりしていままでと違う行程がいっぱいあります。
うぅぅぅぅぅ。
ついていけるのかぁ〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ