ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/9/17

書き損じハガキは命を救う  SYUのこと

SYUの学校では、日本ユネスコ協会「世界寺子屋運動」の書き損じハガキの収集に取り組んでいます。
主に活動の中心となっているのは6年生で、昨年から総合学習でいろんなことを学んできました。
地球人63億人の内、9億人が学校に行けず、文字の読み書きが出来ないことを知り、自分達に何か出来ることはないのかを話しあいました。
1、応援する
1、募金する
1、文字を教える
1、書き損じハガキをユネスコに送る
1.教材を提供する
1、励ましの手紙を書く・・・・

ユネスコの活動で書き損じハガキ1枚で45円の募金(ハガキ1枚でネパールではえんぴつが7本買える)になることを知り、早速リーフレットを作ったり、テレビで呼びかけたり、町内会の回覧板でPRしてきました。
また、ユネスコ協会の方々が学校に出向いてくださり、アフガニスタンの歴史やアフガニスタンの「世界寺子屋制度」の関係を学習しました。書き損じハガキで畑に水を汲むポンプを購入したり、学校を建てたり・・・
先ずは「言葉、文字の大切さ」から・・・こんな話を・・・

二つの同じようなボトルに無味無臭の粉がそれぞれに入っている。一つは粉ミルク、一つは劇薬。ラベルには文字が書いてあるが読む事が出来ない。隣ではお腹をすかせた弟が泣いています。早くこの子にミルクをあげたい・・・さぁ、どうしましょう。粉ミルクか劇薬かの二者選択。実際の話しです。粉ミルクと間違って劇薬を飲ませてしまい、飲んだ子どもは泡をふいて死んだのです。

文字さえ読めていれば・・・
文字が読めるか読めないかは命にまで関わってくるのですね。

こんな授業を受けれるSYUは幸せです。(ちなみにSYUたち5年生は省エネの学習中!)
日本一通わせたい小学校って番組ないかな?

それで・・・24日(土)に北海道ユネスコ大会が旭川で開催され、6年生が発表するのだそうです。なにせ少人数の学校ですので、バスに空があるということで5年生とその保護者も参加できるようになりました!!なんと、今、日本で一番人気のある旭山動物園の見学もあって・・・しかも昼食付きなんです。無料です!!今すぐ、お子さんを転校させませんか?
んで・・・花子も「行きたい!」と手をあげたら、SYUが「お願いだから来ないでくれ」ってさ・・・。どういうことだ?仕方がないから仕事を入れました。22日〜24日まで、母は出稼ぎに行ってきます・・・。代わりに太郎をZOOに送り込みます?(SYUの抵抗は続く・・・)

最後に、書き損じハガキがありましたら、ぜひユネスコへ!お願いします。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ