ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2009/4/25

新千歳空港貸切バス乗り場に物申す  バスガイド花子

北海道の観光バス業界で今、一番の話題だと思いますので
この投稿を今月いっぱいTOPで紹介させて頂きます

クリックすると元のサイズで表示します
今日の夕刊


新国際ターミナルと旅客ターミナルビル増床工事に伴い、今月から貸切バスの乗り場が移設されとても不便になったが
道新夕刊1面トップに記事がアップされた今日が、奇しくも移設後初の空港受けとなった。

運良くJAL受けだったので、まだお客様にはさほど迷惑は掛からなかったものの・・・
JAL到着口でお客様を待っている間にも、ANA側からぞろぞろお客様を連れて、疲れた表情で歩いてくるガイドさんを何人も見た

半円形の新千歳空港ターミナルビル
端から端まで1キロメートル
その左の端が現・国際線とANA
右の端がJAL
JALの端から外に出てしばらく歩いたところに、問題の「新設貸し切りバス乗り場」がある

実際、ANA側から歩いてみたが普通に歩いておよそ10分
大きな荷物を持った40名のお客様を引率して、時間帯によっては混雑する到着口をお客様がはぐれてしまわないように気遣いながら歩くと10分では済まないだろう

バスに乗るまでの間に、乗り場まで歩いていてすでに迷子になったお客様がいるそうだ

しかも、乗り場は屋外なので、雨が降れば荷物をトランクルームに出し入れする際にぬれてしまう。

そもそも乗り場スペースが6台分しかないというのは・・・どういうこと?
函館空港よりも狭いよ

これから本格的な観光シーズンが到来し修学旅行でも始まれば、乗り場はパンク状態

で・・・いざ、お客様が揃って出発の際は・・・バスガイドが一般道路に向かってバック誘導
命懸けの出発ですよ。


このことは、会社を通してかなり前から知らされていました

バスガイドは再三、改善して頂くようにと会社にお願いしましたが
取り扱ってもらえないとのことでした。

これなら仕事が始まる前からクレームです
苦情を言われるのはかまいませんが

私達、観光バスの乗務員にクレームをつけても全く改善されないのです。

こんなこと、最初から予想できたことです

観光立国北海道
北海道、こんなんでいいんですか?

土産物屋だけは年々充実して(書きすぎ?)
観光のお客様を大事にしないでお金だけ落としてもらおうなんて
ダメ!
おもてなしの心・・・ゼロ
前にも書いたけれど・・・
サービス3流!

お客様、旅行会社さん
どんどん苦情を寄せてください

何度も書きますが、私達乗務員が声を大にして呼びかけても届かないのです

旅のはじまりくらいは気持ちよく「発車オーライ〜!」って出発したいですよね?

最後にもう一つ

観光バスの駐車場も(C駐車場)この度、ターミナルビルからかなーーーり離れた場所に移りました。
ので・・・
お客様がお揃いになられて、バスを呼び出してもバスはすぐには乗り場に来ません

私達も、空港受けの時はまずはターミナルビルから送迎車に乗りC駐車場まで行きます(歩くと片道15分くらい掛かる)
そこでバスとドッキングして車内準備
そして、飛行機の到着時間に間に合わせて再び送迎車でターミナルビルに・・・

送迎車の発車時間があるので、タイミングがあわなければ車がなく遅れてしまう
(飛行機が予定よりも早く着いてる時なんかはハラハラドキドキものです)

なぜ、観光バスだけこんなに不便な思いをしなくてはいけなのでしょう・・・
そう思うのは私だけですか?

海外からのお客様をお迎えするワンマンのドライバーさんはもっと大変です
C駐車場から送迎車に乗って国際線(ANAより更に遠い)でお客様をお迎えして
10分以上もぞろぞろ大きなカバンを引きずったお客様をバス乗り場まで引っ張って・・・そこでお客様に待っててもらって、また送迎車でC駐車場にバスをとりに行き、バス乗り場へ向かう!

空港に着いてから出発するまで何分掛かるんだい・・・?

日本一、観光客に不親切な新千歳空港!

早期改善を切に願います。

人気ブログランキングへ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ