ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/10/31

トーフチョコ  花子よりだんご

観光地の売店をうろついていたら「トーフチョコ」を見つけた。
もの珍しさで買ってみた。
♪ジューCジューC〜君のクチビルカバヤ・・・です。

今、流行のヘルシーブームで原料にトーフ(大豆)でも?と思い、箱に書かれている文字をさぐってみたが・・・それらしきものはなし!
クリックすると元のサイズで表示します

中のお菓子はパックンチョとウリ二つ!そして、四角い顔の人形がおまけについてきた。
どうやら、これが「トーフ」姉妹らしい。色んなトーフ兄弟を集めてね!というのが狙いだとわかった。

なんと、花子が買った箱の中には全身ブルーの「トーフ兄弟1号」が・・・。
でも、次を買う気にはならなかった・・・・・。
あなたは何号?
花子、最近9号がきついの???

今晩のおかずは「マーボトーフ」にしようかな?
クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/30

クリームシチュー  SYUのこと

今日の夕ご飯は、SYU手造り のクリームシチューです。
左ぎっちょの彼が包丁を握る手を見ているだけでもハラハラ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
思えば、花子が初めて果物ナイフを使ってりんごの皮をむいたのは、小学4年生の時だったな〜。
クリスマスにサンタさんからもらったママレンジ(知ってる?)をフルに活用して、炒め物や目玉焼きをつくり、共働きで夜7時過ぎないと家に帰ってこれない両親のためにと腕をふるっていたっけ。

今年の夏の宿泊研修でも「カレーライス」の当番だったというSYUは、ちゃんと煮だった時のあくも取り合格点です。
クリックすると元のサイズで表示します

仕上げにミルクを入れて、クルクルかきまぜたら・・・クリームシチューのできあがりですよ!YASUKOさん!!
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、美味しくてホッペタを押さえて食べましたよ
これからの時代、男子も料理くらい作れないと、将来お嫁さんが来てくれなくては困りますからね
今度は、煮魚と野菜炒めをお願いしようかな?

2005/10/29

函館朝市・海の幸  主婦花子

北海道遺産サケ文化

この前、函館に行った時、朝市(自由市場含む)に3回も立ち寄りました。

やはり、秋ですのでお客様の注目は秋シャケです。
昔はシャケを丸ごと1本もらっても、さばくのが面倒だったと思うのですが、今はこんな丁寧に3枚におろしたサケが「買ってください」とスタンバッてます。サケは頭から尾っぽまで余す所なく召し上がって頂けます。頭と中骨、白子は石狩鍋には欠かせませんね〜!
でも、このサケ良く見ると、白子ではなく生のイクラが入っているではありませんか!
クリックすると元のサイズで表示します

あっ、この前、テレビで紹介されてたんですが、サケの皮には沢山のコラーゲンが含まれているんですって!それで、サケの皮からコラーゲンを取り出し、それを粉末状にしたものを混ぜて焼いた「チーズケーキ」が発売になったって!!またまた、ワタクシとしたことが、どこの何というチーズケーキをメモるのを忘れてしまいましたのよォ〜〜ッホホホホッ

今朝の地元の新聞で「北海道特有のおいしい食材」の、トップテンなるものを紹介していました。結果は
1位、カニ
2位、サケ、イクラ(スジコ)
3位、ウニ
4位、夕張メロン
5位、とうもろこし
ホッケ、牛乳、ホタテ、ギョウジャニンニク・・・と続きます。

やっぱり、カニが一番人気なんですね!
サケも良いけど、カニをお土産に頂くともっと嬉しいですもんね!
はい・・・いただきました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

あと、ボタンえびも美味しいですよね!
クリックすると元のサイズで表示します

おいしい海の幸と一緒に「ブルーベリーワイン」などいかがでしょうか?
製造元は「はこだてワイン」です。
クリックすると元のサイズで表示します

花子は、サケのチャンチャン焼きと一緒に頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します


2005/10/28

さつまいもとモンブランのパフェ  花子よりだんご

これまた、最近花子が暇してると知ったゆかりさんからメールを頂き、前回、ひとりでランチをした、麻生のクッチーナに行ってきました!

前回は、一人ランチだったので、食べた=すぐ店を出るって感じで、30分くらいしかお店にはいなかったんですが、今回は開店と同時(11:30)に店に入り、出たのが13:30分過ぎ・・・2時間も粘ったことになります。今回はあまり、ありがたくないお客だったかもしれませんが・・・帰りに店員さんは、ちゃんと玄関でお見送りをして下さいました。

パスタの画像は、ワタクシとしたことが・・・すっかり撮り忘れてしまいましたのォ〜〜〜ッホホホホホホホッ
つい、空腹に負けて、気がついた時には、パスタは半分位になってましたのよォ〜〜〜ッホホホホホホホッ!

でも、食後のデザートはしっかりと、お腹にもカメラにも収めましたのよォ〜〜〜ッホホホホホホホッ!
クリックすると元のサイズで表示します

これが、前回食べ損ねた「さつまいもとモンブランのパフェ」です。
栗と紫いものアイスクリームの上に生クリームとモンブランのコラボ!
バター風味いっぱいのパイとさつまいもチップスがお洒落でしょ。
もちろん、これでアイスクリームをすくって食べました〜。
なんと!アイスクリームの下には、洋酒で作った寒天が・・・
とにかく、目と舌で楽しめる期待通りのスゥイーツでした

次回は、手稲方面をブラブラしたいとたくらんでいます。(略して稲ブラです。ヘンシュウチョーさん、柳ブラのパクリです!)
それにしても、しゃべってもしゃべっても、泉の如く話が尽きないんですよね・・・


2005/10/28

当たった!収穫Tシャツ  主婦花子

昨日の早朝から出かけていて、夕方家に着いたら、ポストにカンガルーの絵のついた紙切れが・・・
不在票でした。差出人は・・・サッポロビール!

♪だけど私は欲しいのはぁ〜今宵あなたのくちび〜る?

なんて、くだらない歌をたまにバスの中で披露することもあるんですが・・・

サッポロビールといえば、ついこの前、(ここ→)大泉洋プロデュースのオリジナル缶、しかもクラッシックが当たったばかりじゃん!すぐに、欲張り花子は期待に豊満な胸?を躍らせてカンガルーに?電話しました!

まもなく、カンガルーが?我が家にプレゼントを持って来てくれました〜
そうです!当たったんです!

クラッシックのついでに、またまた、お客様が飲んでいた黒ラベルの缶についてたシールをはがして、応募したんです。
そうです、あの時とおなじお客様(←ここ)です。
クラッシックやら、黒ラベルやら本物の高いお酒を飲んでくれてありがとうございます!
そして、長野に帰られたあとにガイド花子にお土産まで下さって感動??しています!
あっ、プレゼントはこんなあんばいで届きました!

箱の中には、「収穫Tシャツ」がペアで入っていました。
長袖と半袖?

いろんな色のTシャツがあったようだけど・・・ぶなんな紺色で良かった。16000円もした太郎のジャージ(←ここ)にも合うし

人気blogランキングへ(←クリックGO

2005/10/27

ルスツみそ饅頭と赤い靴  胆振総合振興局

これが、ルスツ村のみそまんじゅうです。(きちんと箱に収まりお行儀が良いですね〜)
クリックすると元のサイズで表示します

北海道産小豆のこし餡と、もっちりとした皮が調和し何とも素朴な味!
クリックすると元のサイズで表示します
みそまんじゅうに、薄衣をつけて油で揚げても美味しいそうですよ!
きっと、浅草名物「あげまん」のようになるのかな?

そうそう、ここルスツ村といえば、国道230号沿いに横浜の山下公園のシンボルになってる「赤い靴の女の子」岩崎きみちゃんの銅像があるんですよ!

ルスツ村は、明治時代に静岡県富士見村の方により開拓が行われたところです。
その中に、きみちゃんのお母さん、岩崎かよさんもいました。
訳あって、若き青年団員と再婚したかよは、娘をアメリカ人宣教師に託しての開拓入りでした。
当時の北海道は熊や鹿、狼の出るうっそうたる原始林。想像以上の厳しい冬・・・。辛い時は、故郷の富士山に良く似た羊蹄山を眺め、気持ちを奮い立たせ、「いつか、元気でいたばらば、また、きみと会えるはず」と、再び娘に会う日を夢見て開拓に励んだといいます。
ところが、きみちゃんは、当時は不治の病といわれていた結核に侵されていました。そんな時、アメリカ人宣教師に急な帰国命令・・・
きみちゃんの体は2カ月もの船旅に耐えられるはずもなく、生みの親にも育ての親にも見取られず、一人、東京の孤児院で息を引き取ったのです。9才でした・・・。


そこで、せめてお母さんが晩年を過ごしたルスツ村で親子で会わせてあげたいと、村の人たちが建てたのが、この像です。(画像クリックGO!)
クリックすると元のサイズで表示します

赤い靴はいてた女の子
異人さんに連れられて行っちゃった

横浜の波止場から船に乗って
異人さんに連れられて行っちゃった

今では青い目になっちゃって
異人さんのお国にいるんだろう

赤い靴見るたび考える
異人さんを見るたび考える

異人さんって「いいじ〜さん」だと思い、育った花子・・・
あなたは???




2005/10/26

ふる川の温泉まんじゅう  石狩振興局

両親から、定山渓温泉「ふる川」に行ったお土産をもらう。
初めて、ここの温泉まんじゅうを食べて虜になった花子は、「ふる川=まんじゅうゲット」と即反応してしまう!そして、予感は的中した!!
ここの温泉まんじゅうは、皮がツヤツヤしっとりしてて、黒糖の香りも良く、中のこしあんもうるさすぎず、大好きだ。
12000〜3000円も出すと食べきれない程の料理が並ぶらしく、すっかり気に入った両親はもう4度位は泊まりにいっている。
囲炉裏のある民芸調の造りの宿。花子も一度泊まってみたいな。
クリックすると元のサイズで表示します

頂きもの続きで・・・
この前、小樽に行った時に店屋からもらった「ティラミスソフト」
どんどん食べていくと、中に生チョコがゴロンゴロン入っていた
クリックすると元のサイズで表示します
何だか、ばっちい画像になっちゃった〜

そして、極めつけは毛蟹です。
前回はタラバ・・・
やっぱり、花子が美しいから頂けるのでしょうか?むき身にカニ味噌をたっぷりくっつけて食べていました
クリックすると元のサイズで表示します

そして最後に来年の仕事も頂きました
誠にありがとうございます!

2005/10/26

マダムのAランチ  花子よりだんご

数日前にガイドの友人、みーやんから電話がきた。
「もしかして、ブログしてる?」と言われビビッた
なぜなら、同業者に花子の正体をあばかれたくなかったから・・・
なんとなく・・・
みーやんも同じティーカップでブログをつくり更新してることを今日知った。

実は昨日のあたしのブログを読んで、「花子は暇だ!」と察した彼女から早速メールが届き、ランチに誘われた。
OKすると、「では、マダムを明日の11時頃お迎えにあがります」と返事が返ってきた(あたしって、マダム?お嬢さんかと思ってた)

ひさしぶりに会って、花子の家の近くの喫茶店に入る。
花子はパスタとサンドイッチのAランチ、
クリックすると元のサイズで表示します

みーやんはパスタととんかつのBランチ。
クリックすると元のサイズで表示します
どっちもかなりのボリュームだ!ちなみにAランチは¥820でした〜。

その後、花子の家でヤーコン茶を飲んでいたら、昨日、洞爺湖温泉から帰ってきた母が、お土産にと「ルスツのみそまんじゅう」と「うにのり」を持ってきてくれた。
最近、温泉付いている母だ・・・。明日は、ルスツのみそまんじゅうを紹介しょうかな?これ、花子が選ぶ「北海道うまい饅頭」で堂々第1位に輝く逸品です。明日の更新をお楽しみに〜
クリックすると元のサイズで表示します



2005/10/25

たこといんげんのトマトソース  花子よりだんご

めっこり・・・じゃなくて・・・めっきり寒くなりましたね。
今朝、稚内で初雪が降ったとか〜。
今日は麻生に行く用事があったので、昼にクッチーナへ行きAランチを頼む。一人で・・・

「タコといんげんのトマトソース」とのことなんですが、タコを探すのがゆるくなかった(訳:大変)です。
クリックすると元のサイズで表示します
一瞬、ミートソースと間違えたかな?と思いましたが、ちゃんとタコの食感とコクのあるバターの風味が・・・。これは、当たりでしたね!
しかもサラダにドリンク付きで¥820なら安いんでないかい?
ドリンク注文する時に、フツーは「アイスティー」って言うところ、とっさに口から「アイス紅茶下さい」と言ってました。冷たい紅茶が頂けるのなら、どっちでも良いんだけど・・・

周りを見ると、子どもを連れた若いママさん達や、年配のご夫婦、友だちと話しに花を咲かせる同世代のマダム?など・・・みんな楽しそう!
一人は花子だけ・・・
最初は携帯をいじってみたり・・・用もないのにスケジュール帳開いてみたりしてたけど、一人だと食べ終わるのも早くて、結局30分もしたら店から出ていました。大変、店にとっては理想的な客だったと思います。
820円しか払わない花子に、女子従業員は玄関のドアを開け、見えなくなるまでお見送りしてくれて・・・そういえば、差し出された布おしぼりも、さりげなくミントの香りがしてたし、幼児にはふたつきカップに水を入れストローをさしてあげていました・・・ちょっとした気遣いが嬉しいお店だな〜と思いました。

今度は友達と行きたいなぁ〜。
ゆかりさ〜ん、ドレミさ〜ん、こりぞうさ〜ん!!
暇なとき、連絡下さ〜〜〜い!
密かに「サツマイモのモンブランのパフェ」も気になっていま〜す。
以上、業務連絡でした。


2005/10/24

茶房 桜  石狩振興局

住宅街に見つけた一軒家「茶房桜」に行ってきました。
久しぶりに母とランチです。

花子はお花見弁当を頼む。(1050円)
小鉢の着いたちらし寿司に、食後のコーヒーと桜クリームぜんざい。
これだけそろって1000円なら安いかも!
クリックすると元のサイズで表示します

そして、ここに来るお客さんって、花子を初めとして?おばさんばっかり・・・。庭を望む大きな窓から燦々と太陽の光が差し込む、平屋の贅沢なつくりの一軒家。縁側があり広い和室があり・・・ちょっと高価そうな調度品。きっと、こ〜いう日常を過ごしたいけど出来ないという主婦の憧れでもあるんだろうな〜。ここの存在って!
クリックすると元のサイズで表示します

そして、なんてったって、名物??は店の看板娘?「桜さん」
メニューの下には「ご用の際はさくらさ〜ん!と呼んでね」と書いてあります。
いつも和服に身を包み・・・キチンとアップにまとめた髪には花一輪・・・う〜〜ん。「桜さん」については、これ以上はノーコメントです。ここの店、花子はかれこれ五年くらいは通ってますが・・・今だに、桜さんを見飽きることはなく・・・行く度に新鮮?でじ〜っと見入ってしまう花子です・・・(ノ〜コメント・・・)

最近、お店で陶器などの販売をしています。
花子は桜模様の皿5枚と、アケビのつるを巻いたものの中に備長炭が入ってるものを購入しました。早速、テレビの上に置いてみました〜
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ