ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/12/17

天からの手紙  

雪は天からの手紙」と言ったのは、中谷宇吉郎先生。
ほら、空から白い恋人たちが降ってきたよ」と言ったのは、北海道銘菓「白い恋人」でおなじみの石水社長のお父さん。「白い恋人」を「白い愛人」「白い変人」と言ったお客様が過去にいた・・・。「黒い恋人」はないんですか?と、真面目に質問をした小学生にも昨年お会いした・・・。

「雪」・・・本物を見たい・・・と夢と憧れを抱いて国内外から沢山の観光客が北海道へやってくる。いつもなら「ようこそ!白い大地の北海道へ!!」と両手を広げて迎え入れる心の余裕もあるんだろうが、今日みたいに丸一日ワタワタと、これでもかぁ〜って位に降られると・・・「何もわざわざ、このクソ寒い時に北海道に来なくても、黙って家にいればいいのに」などと、ガイドらしからぬ事を考えてしまうのである。イケナイガイドである・・・。

今日一日で50センチは軽く積もってるな〜。今年は初雪が遅かったので、その分を取り戻そうと必死になって降ってる感じ・・・でもありがたいのは、北海道の雪はサラサラの粉雪(アスピリンスノー)ってこと。だからスキーやボーダーには最高!雪かきも、溜め込まなければ、ママさんダンプで奥さんでもラクラク〜。でも、雪まつりの雪像造りにはちょっと不向き。(その話はおいといて・・・)
クリックすると元のサイズで表示します

雪の結晶ってひとつひとつ模様が違うそうですね。
今日の雪は結晶がとてもキレイでした。(車の窓ガラスに付いた雪です)性能の良いカメラだと、もっとキレイに撮れるんだろうな・・・
中谷先生いわく、大雪山の雪の結晶が最も美しいとのことです。
せっかく、北海道に来るなら「十勝岳」か「旭岳」で豪快にスキーを楽しんで、雪を見ながらの露天風呂なんてのも良いかも知れないな〜と独り言。

ナナカマドにも、雪が積もりましたよ〜
クリックすると元のサイズで表示します
「雪は天からの手紙」か・・・
♪ラブレターフロム?・・・今日の雪は、あたしに何を言いたいのだろう。何もしたくないあたしに、「雪かき」の挑戦状を叩きつけられてるように感じるのは気のせいだろうか?




2005/12/16

お赤飯・あんこ飴  花子よりだんご

お赤飯を炊きました。
北海道流で「甘納豆」が入っています。
お赤飯に「甘納豆」を入れるのは北海道だけだと知ったのは、社会人になってから。本州のお客様に紹介すると、大抵の方は眉間にシワをよせますが・・・札幌の有名デパ地下のテナントでも、「小豆」より「甘納豆」の方が早く売り切れるって聞いたことがある。
我が家も「甘納豆」入りお赤飯だと、あっという間にジャーの中身が空になる。
クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、朝6時から出かけてた。
外は真っ暗。家の前はまだ除雪が入ってなくて、膝くらいまで積もった雪をかき分けながらバス停に向かった。商店会が街路樹に設置したイルミネーションがまだ点灯している。オーバーコートの雪をはらい、10分程遅れて来たバスに乗る。冬のバス時刻表はあってないようなものだ。10分遅れならまだまともな方で、ひどく吹雪いた時なんかは30分〜40分遅れもザラだし、それについて運転手にとやかく言う乗客もいない。そんな状況を認めざるおえない程に降るのだ。
「羊が丘展望台」にある有名なクラーク博士の銅像・・・ひるがえるフロックコートの裾は、石狩の風雪の厳しさを表しているのだ。
バスが地下鉄駅に着いた。
最近のあたしの楽しみは、キヨスクで100均の飴を買うこと。
そして、一番のお気に入りが、この「雪たん飴」
クリックすると元のサイズで表示します
なつかしいでしょ?中にあんこが入っているの。
「飴屋六兵衛本舗」ですよ。良い名前ですね〜。会社は小樽の運河通りだそうです!!そして、原材料が「甜菜等・水あめ・小豆あん」のみです!初めてSYUが食べた「雪たん飴」にあんこが入っていなかったんです。
花「あ〜!ハズレだね〜」
SYU「いや、これは当たりでしょ!だって、あんこが入っていないなんて滅多にないんでしょ?」
たしかに当たりだよ〜!ねっ?
北海道の真っ白い雪のようななつかしい飴。皆さんもお一つ如何ですか?
《雪たん飴》・・・包装紙印刷紹介文より
初代飴屋六兵衛は富山にて江戸時代に飴屋を始め、三代目六兵衛の時に明治24年に小樽に渡り、飴を造り続けました。大正7年に会社創業しました飴屋の老舗です。北海道で採れたビートから造ったお砂糖と小樽の水で造りあげた優しい味のあめは、装飾品にも似た繊細さと評判の品です。昔ながらの手作りあめ、お口の中で広がる甘い夢をお楽しみ下さい。



2005/12/14

着物と花子  着物と花子

今日の雪はおしとやかに、ゆっくりゆっくり降りてくる。
音もなく静かな朝だ・・・。
私の家は、メイン通りから外れているので、一定の時間になり通学途中の子ども達の歓声が途切れると、静寂な時が約束される。
大きなベランダからは、人一人の姿も見えず・・・

などと、何となくセンチな気分で書き綴っていると・・・突然電話の音が家中に響き渡った。朝の静けさを改めて実感していた時だったのでドキリ☆とした。
「花子さん!おはようございますぅ〜。来年も例の成人式の着付けをお願いしたいんですが・・・あと、〇〇大学の卒業式もお願いしますね!あっ、来年の成人式は1月9日ですから・・・」
Aさんは、相変わらずの高テンション。サバサバした性格が好印象な人。(あっ、昨日買ったサバ、煮付けないとな・・・)
ということで、ロマンチィックに雪など観賞している心の余裕が一気になくなり、成人式の着付けの事で頭がいっぱいになる花子。

成人式は早朝から写真屋に行き、次から次へ、それこそ息をつく暇もなく娘さんたちを着飾っていく。最近のコ達は、足袋のはき方から教えなくてはいけなので、余計な時間がかかる。成人式は時間と体力勝負なので足袋の履き方を教える時間も惜しい。帯結びは20種類位頭に入れておけばいいか・・・。
自分の成人式を振り返る。「振袖」ではなく「袴」をはいた。高校を卒業してすぐに就職したので、「振袖」は今後着る機会はあっても「袴」は永遠にないだろうと思っての選択だった・・・。それが逆になってしまった。後に大学へ進学したので、卒業式には「袴」をはいて卒業証書をもらった・・・。私は今まで一度も「振袖」を着たことがない。夢を子どもに託したが・・・息子だった。イヤがる息子に「振袖」を着せるわけにもいかないだろう・・・。

だから「着付け」をさせて頂き、だんだんと仕上がってくるのと平行して、表情までがきらびやかにあでやかに変わり、しぐさまでも「女性」らしくおしとやかになる「着物マジック」にかかったお嬢さんを見るのが大好きである。キレイなものを見るのが好き!もちろん、着物も大好き!

さ〜!早いとこ、家の掃除を終わらせて着付けの練習に入ろうか!!

2005/12/13

ついに衣替え  主婦花子

実は、昨日の夕方からついに重たい腰を上げた。
2階寝室の開かずのクローゼットを開けてしまったのだ。
そしたら・・・整理ダンスから「夏服」が出てきた。という事は・・・今年の夏に衣替えをしないでまた冬を迎えたと言う訳だ
なして、今まで気がつかなったんだろうぅぅぅ・・・(自己嫌悪)

きっと、いつも着る服が同じで3パターンのローテーションで回ってたからだわ。そういえば、「花子さんって、着たきりスズメね」ってささやきが聞こえてきたような・・・。洗濯したものがタンスに入らないうちに、乾いたら物干しから取ってまた着るパターン・・・。
整理ダンスに入ってる服を見て「あら?こんな服もあったのね」って関心してるうちに、だんだん周りは服だらけのスゴイことになってて、おまけに写真だの、SYUの幼少の頃の絵だの、お客様からもらった手紙だのがダンボールから出てきて・・・♪よせばいいのに(って歌、昔あったな)それらに見入ってるうちについに整理が付かなくなり、昨夜はそれらの物に囲まれ一夜を過ごした

今朝は燃えるゴミの日。大事にとっておいた、片方の膝がすりきれたGパンが5本くらい。あと、色もあせたポロシャツ等ゴミ袋3つ分を処分してきました。なんで、こんなもん大事に取っておくんだろう。
その他、捨てるには惜しいけれどもう着ないような服が沢山・・・。リサイクルに持っていっても引き取ってもらえないって聞いたし・・・どなたか一緒に機会を見つけてガレッジセールしませんか?おっと、その前にガレッジも片付けなくちゃ〜。

そうそう、先日の「餅つき大会」でお土産にもらったお餅は、「きなこ」と「あんこ」にまぶして美味しく頂きました〜
クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/12

ほかほか鮭まん  石狩振興局

寒くなると、あんまん・肉まんが食べたくなりませんか?
先月、仕事で千歳市のインディアン水車に行った時に、お客様に「サケまん」をススメました。「サケ」は「サケ」でも「酒まん」でななく「鮭まん」です。ちなみに、値段が250円だったのでタイシタお腹も空いてないあたしは買わずに、お客様に買わせブログ用の写真を撮らせてもらいました(笑)そしたら、お客様は「ガイドさん、それはヤラセだ〜」と言い、このブログにカキコするぞ〜!と言いながらも目は笑っていました。鮭まんの具が見えやすように撮影の協力までしてくれました。ちょっと「マヨネーズ」で和えたような味だそうです・・・もの珍しさで食べてみるのに一度は買ってもいいが、250円出すならコンビにの肉まんの方が良いという感想まで添えてくれました。(「鮭まん」屋さんゴメンナサイ)

その後、「ジンギスカンまん」を食べてるお客様がいるということで、取材員花子は走って現場へ駆けつけたのですが・・・その方は、最後の一口をまさしく胃袋に収めたばかりでした。「あの〜、胃袋から出して見せて下さい」とも言えずに(ホントは言いたかった・・・ごめんなさい。ホントは言いました)・・・現場を後にしました。

これが、「鮭まん」です。あの時のお客様〜見てますか〜?(多分見てないだろうな・・・今頃、〇〇市民の税金の計算してる頃だろうか?)
クリックすると元のサイズで表示します
この日は空風が吹いてとても寒く・・・花子は暖を取るために敷地内の「サケのふるさと館」へ入りました。無料で施設に入館出来るのはガイドの特権ですね。

ふ化放流されたさけの稚魚は4年間の旅に出て、生まれ育った川のにおいを頼りにまた、元の川へ4年目の秋に戻ってきます。そして、産卵をして一生を終えるのですが・・・・
ここ、千歳川に帰ってくる鮭たちは、ようやく故郷の川へ戻った所を「インディアン水車」のザル状の羽根にすくい上げられ、観覧車気分のつかの間・・・すぐに捕えられてしまうのです。そこで、鮭はサメザメと泣き「サケサケ困ったこの災難はサケられぬ」と申し、あの有名な「♪サケは涙かためいきか〜」という歌が出来たかどうかはわかりませんが・・・
切り身の姿しか見た事のない都会の子ども達に、川の流れに逆らって跳躍する鮭の雄姿を見せてあげたいですね。おもわず、拍手をし「がんばれ!がんばれ!」って声援を送りたくなりますよ。
そのあと、「鮭まん」を食べるってのも何ですがね〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
《インディアン水車》
明治20年、北海道庁初代の水産課長伊藤一隆がアメリカの漁業を視察した際、インディアンが魚を捕獲する水車からヒントを得て、29年に千歳川し仕掛けたもの。川幅いっぱいに矢来を組み、幅1m半程の水車に通じる魚道を設けます。水車の羽根は木の枠に金網を張り付けたもので、ザル状になっているため、鮭はこの羽根ですくい上げられるのです。


クリックすると元のサイズで表示します
特別展示されてた「紅鮭」

2005/12/11

ふったど〜  主婦花子

獲ったど〜〜!(byよゐこ)ではなく・・・
つもったど〜!って感じ!

夜中じゅう、ずいぶん勢い良くビュンビュン風が吹いてるな〜と思ったら
朝おきて・・・こんな感じよ!
クリックすると元のサイズで表示します

外玄関には、サンタの足跡もくっきり!
クリックすると元のサイズで表示します

窓にも雪の模様が・・・きれいです。
クリックすると元のサイズで表示します

実は、たんすの中の衣替えをまだしていないあたし・・・
わかってるんだけど・・・気持ちが進まないんだ。
こんなこと(ブログ)してる暇あるなら、たまに2階の隅々まで片付けてとかも・・・わかってるんだけどその気にならないんだよね・・・。
もうちょっと、もうちょっと・・・と思ってるうちにすでに師走。
今年の年末大掃除は大変なことになりそうだ・・・と、思いながらも「ま〜いいや」って座ってしまう。何とかならんかな?近頃のあたし。
終いには、家族にハウスダストアレルギーがいなくて良かった〜!ありがとう!と、変な感謝をするあたし。

サンタさんにお願いです。
物は要りませんから、タンスの中の整理と家中の掃除をしておくれぇ〜!





2005/12/10

餅つき大会  SYUのこと

今日は、SYUの学校行事「餅つき大会」に出かけました。
朝、先生から電話を頂くまで気がつきませんでした。生徒はいつも通りに登校するんでしたてっきり、親と一緒に行くもんだと思い込んでいました。従って、SYUは2時間目からの出席です。

PTA役員を引き受けている太郎は張り切っています。そうです、(ヒマな人はここ→)ジャージの上下で決めています。餅をつく気マンマンです。
花「え〜?ジャージなの?メンパとかにしたら?」
太「いや、この前の役員会で会長さんは、男性は上下ジャージでエプロンって言ってたから」
と、譲らない。ジャージにダウンを着て、足元は革靴・・・10年前のあたしだったら、こーゆー人とは、絶対一緒に歩きたくなかったはず。
案の定、学校に着いて、周りのお父さんをみたら、みんなGパンかメンパで、ジャージは太郎ただ一人だった。
クリックすると元のサイズで表示します

なにはともあれ、子どもたちがもみまきから始めた餅米が、美味しい雑煮になるのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

4,5,6年生は、一生懸命お餅をついて、1,2,3年生は一生懸命まるめる。大きな手、小さな手でまるめながら「ふかふか〜」「あちち〜」「早く食べた〜い」と、会話もはずむ。色んな形のお餅が出来た。私の好きな金子みすずさんの詩から・・・クリックすると元のサイズで表示します

お腹もふくれて11時半頃になると、なんと!6年生が取り組んでいるユネスコ世界寺子屋制度(←ここ)の「書き損じハガキ」回収の呼びかけがラジオで生放送され、生徒会長さんが声の出演をした。放送は体育館にも流れみんなで聞いた。

そして、最後のトリは校長先生!
人格を変えれるから・・・と言い、黒いサングラスに帽子をかぶり、まるで「笑うせえるすまん」のイデタチで・・・ギターを片手に自作の「石狩エレジー」を披露してくれた・・・。
感動した。地元の地名を織り交ぜながら、人生を語る歌・・・哀愁を帯びた声・・・。万に一つの確立で、あたしが来年修学旅行でこの学校のガイドを担当したら、絶対唄ってもらうよ、校長先生に!この歌・・・。
こーゆーの、弱いんだよね。また、泣いてしまった。でも、見たよ!教頭先生も涙をぬぐった瞬間を!
あ〜!本当にヨカッタ。この学校のPTA会員で!!
クリックすると元のサイズで表示します
真剣なまなざしで、校長先生の歌に聞き入る子ども達。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/9

雪はどこに?  主婦花子

朝方さっと雪が降ったようだけど・・・すでに溶けてアスファルトの路面が黒く光ってる。さっきゴミ出しに行ってきたけど、今日も青空で良い天気だ。いつになったら雪が積もるのかな〜。

SYUが、今日も風邪で学校を休んだ。
明日の学校行事「餅つき大会」に参加するため、大事をとって?休ませた。
クリックすると元のサイズで表示します
朝から、おばあちゃんがくれた「アイヌねぎ」の醤油漬けを食べさせる。SYUよ!早くよくなっておくれ!
「アイヌねぎ」・・・アイヌの人達は、病気になった時に病人の枕の下に入れたとか(臭気が悪いものを追い払う)、また同じような意味で玄関前にもぶら下げていたそうですね。

風邪をひき、熱があると特別な気分になるのか・・・そんな高熱でもないんだけど15分おきに体温を測るSYU。いくら測っても熱が思ったより高くないから「そんなはずはない」と思うのか(笑)とにかく、熱を測りまくる・・・

そのうちソファに横になり、毛布に包まって本を読み始めた。もう大丈夫だな〜。
クリックすると元のサイズで表示します


2005/12/8

ロイズあいの里店  花子よりだんご

5日の月曜日、友人のYさんと一緒に最近OPENした「ロイズあいの里店」に行って来た。

ここは、焼きたてパンやフレッシュケーキがあり、かたわらの喫茶コーナーでは購入したものを食べることも出来るのだ。
平日なのに、常に人の出入りが途切れない店内。
あたし達は、昼のパンランチ〜食後のデザート(ケーキ)まで、なんと3時間も喫茶に居座ってしまった・・・。でも、喫茶はあまり人がいないので気兼ねしなくて済んだ(そーゆう問題か?)

数あるパンの中から・・・
クリックすると元のサイズで表示します
胡麻の食パンのフレンチトーストの中に卵・ハム・チーズがサンドされたものと、栗とブルーベリーが入ったハード系のパン。ぷらす、コーヒー!
うれしいのは、飲み物を頼むと、ひとくちクッキーとチョコがついてくるの!

食後のデザートは「クリームチーズケーキ」飲み物は、紅茶にしました。
紅茶の香りがとても良く満足!そして、このケーキのおいしいこと。中はスポンジやチーズクリームが3層になってて、大きめ粒のブルーベリーがゴロゴロ入ってるの、品の良い「チーズフロマージュ」って感じ!これ、ヤミツキ!またきっと、このケーキを選ぶと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
コーヒーの時と、紅茶の時とで付いてくるクッキーとチョコが違いました。これって、お店の人の心遣いなのかな?

SYUへのお土産!「ワッフル」と「板チョコパン」
SYUが2〜3才の頃、いきなり「ママ、タイヤの形のお菓子が食べたい」と言った。???しばらく考え「ワッフル」だということがわかった。
この「板チョコパン」はスゴイ!見ての通り、まずはダイナミックで遊び心いっぱいである。そして、当然なのだが・・・「ロイズの板チョコ」なのである!そんでもって、160円!安い!
クリックすると元のサイズで表示します

このパンを見るなり、SYUは豪快にパリパリと音を立てながらかじりついた
クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/7

六花亭オリジナル菓子  花子よりだんご

昨日の夕方のこと
♪ピンポーンと来訪者。
出てみると・・・「六花亭でございます」と深々と頭を下げ、スーツ姿の男性が立っていた。
思ってもいない「六花亭」からのお菓子のプレゼント!
ソワソワしながら、早速包みを開けるSYU。

包装紙には、「クリスマス2段重ね」と書かれている。まるで、おせち料理のお重のようだ。上段は「アーモンドプードル」下段は「和生菓子」でした
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もっと、じっくり見てみます?
まずは、クリスマスバージョンから・・・
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、「ふるさと」バージョン!何となくなつかしい感じがするよね!
クリックすると元のサイズで表示します

最後に「冬の味覚」?バージョン!みかんに干し柿・・・いいですね〜
クリックすると元のサイズで表示します

「六花亭」なので、もちろん味は保証付です!
どのお菓子も食べるのがもったいないです。でも・・・食べました。
さて、花子は最初にどのお菓子を胃袋に収めたでしょうか?

答えは・・・
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ