ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2006/3/1

Mねぇさん  バスガイド花子

昨日は朝から飛び回ってた・・・
まずは午前10時に歯医者の予約で北大へ・・・
まだ前歯の治療が終わりません・・・・昨年の11月から治療開始してますが〜〜。
でも、歯は命ですので頑張って通います。
先日の春?の嵐(雨+暴風)で、イチョウ並木の周辺も急速に雪解けが進んでました。

その後、13時に知人と新札幌で会う約束があったので取りあえず地下鉄で向かいました。時間があったので新札の「クッチーナ」で腹ごしらえです。こーゆー所に一人で入るのは昔から全然苦になりません。

Aランチ(鶏ひき肉、しめじ、春キャベツのトマトソース)です。サラダ、ドリンク付きで820円なり・・・

味はふつーにおいしかったと思いますが・・・締切間近の原稿を書き書きしながら一口食べて・・・って感じだったので、あんまり覚えてません。

用事が終わり、麻生まで車で送ってもらいダイエーで夕飯の食材を買い込む。食材と言えば聞こえはいいのですが・・・買ったものはと言えば「塩サバの切り身」「ブリのあら」(今晩大根で煮る予定)特売の「豆腐」山崎の100円「スイスロール」って感じ・・・・。

買い物袋をぶらさげてバス停に向かい小走りで歩いた・・・(だって寒いんだもん)ふっ〜と見ると、そこまでバスが来てるじゃないですか!慌てて走る私・・・また、後ろを振り向くとバスが信号で止まった。(やった!間に合った!)と思った瞬間、優雅に手をふり「花ちゃぁぁぁ〜〜ん」と私の名前を呼びながら近づいてくる女性が・・・
おっ!!Mねぇさんだ!(ガイドの大大大先輩)
実は家が近所だ・・・・

Mねぇさんとは共通点が多い。
昔むかしのことだとさ〜花子さんが社交ダンスを習っていて今より7キロも痩せてた時に、ねぇさんもダンスバリバリだった。
花子が結婚して茶道を習い、○千家の茶会でA●Aホテルでお茶を点ててた時に、ねぇさんが客で来ていた。実はねぇさんの方が茶道歴が長かった。それからは旅先ですれ違っていても、茶会の度にちょこちょこ会ってた。

ねぇさんが言った。「花ちゃん、タクシーに乗ろう!」「え〜〜?だって、バスそこまで来てますよ〜」「いいのいいの、今もうそこまで来てもらってるから!(ハイヤー?)」さぁさぁ・・・と背中を押され少し歩いた所にタクシーが止まっていた。運転手さんの名前を見たら・・・なんと、ねぇさんのご主人だった。なるへそ・・・・

花子です。いつも奥様にはお世話になっております・・・」と挨拶すると「いや〜こちらこそ!あっ、見たことあるなぁ、家は●条●丁目で○○の裏の辺りだよね?」と・・・・びっくりした!悪いこと出来ないなぁ。そこ、うちの実家でした。●年前に豊平の方から2、3回乗せたことあるよ〜と・・・・
やっぱり美しい人は一度見たら忘れないのでしょうねぇ・・・しみじみ
そういえば、世の中の景気が良かったころはバス会社の出退勤はタクシーだったな。飛行機回送やJRでの移動もグリーン席を用意してくれてたっけ・・・あ〜〜給料だって今よりも・・・と思ってたら・・・
ねぇさんが突然言った。
花ちゃん、お茶もいいけど体操もしなきゃだめよ
????私・・・太ったから?
そういえば、ぜんぜん体うごかしてないや・・・

Mねぇさん、私より20才は年上だと思うんだけど〜(ガイド現役)刈上げたベリーショートヘアが良く似合ってて、肌もつるつるでスタイルも良く、背筋なんてシャキ〜っとしてる。
あっという間に家に着いてしまったのだけれど・・・
花ちゃん、買い物袋を膝の上に乗せると足が冷たいでしょ、冷えると大変よ。ここに置いて」とか「カバン重たいでしょ、大丈夫?」と、さりげなく気を使ってくれる人。きっとバスの中でも、お客様への配慮(気配り)が行き届いているのだろうな・・・と思わせる。
そして、私が車を降りてお礼を言うと「久しぶりに花ちゃんに会えて嬉しかったわ」と言い、見えなくなるまで手を振り続けてくれた。

Mねぇさんの白手袋を想像する・・・
皆様、右手をご覧下さいませ・・・
お客様は全員、ピンと指先が張った白手袋の方向を見るに違いないと思った。

あ〜〜〜〜、憧れる!
私も、いつか後輩に「さぁ・・・タクシーで帰りましょ」と、さり気なく誘い「花子ねぇさんって、リッチで優雅で優しくてステキ==!」(ステーキじゃないよ!)と思わせる人物になってみたいわぁ〜

↑↑↑↑↑
●年前?の写真。現在のは、恐ろしくて・・・
皆様の健康を害するおそれがあるためにUP出来ません。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ