ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2006/7/31

porocoランチ桃源郷  花子よりだんご

昨日に引き続き、札幌パークホテル「四川料理 桃源郷」で食べた「Porocoランチ」を紹介します!

桃源郷オリジナル冷製盛合わせ
お皿も涼しげ

野菜や魚介などに美しい細工が施されている。目にも美しい冷製の盛合わせ。一つひとつは、小さいメンマのくらげ巻きの食感などどれも印象深い味わい。

チンジャォロース」だな?これ・・・


海老のチリソース、海老マヨネーズ和え
これ、女性なら絶対好きな味

思わず、飾りの人参(花)を指差して「これも食べれるんですか?」と聞いてしまった。かっこいいウエイターさん、笑いながら「これは飾りでございます」と・・・確かに・・・食べられないこともないだろうけど、これ食べると間違いなくまた前歯が取れるだろうな・・・

飲茶五点 点心5品盛合わせ
思った以上にお腹キツイ

春巻き、しゅうまい、肉まんじゅうはカリカリ&モチモチの食感が最高。ショウロンポウの肉汁はもちろんたっぷり!

特製杏仁アイスクリーム

杏仁豆腐をそのままアイスにしたような豊かな香りが爽やかな口当たりと共に口の中に広がる。本物の杏仁を使っているからこその風味に大満足。

コーヒー


そして、お土産に買ってもらった「月餅

色んなものがギュっと詰め込まれたなめらかな黒あん(胡麻風味)がギッシリと・・・月餅って、あんまり好んで食べなかったんですが・・・印象が変わりました。素直に美味しいです。それに・・・ぶどうの絵がいいですねぇ


ごちそうさまでした!
ブログランキング参加中←ここクリックGO!

2006/7/30

有機昼飯・パークホテル  花子よりだんご

今日、SYUは東京から帰ってきます。
SYUのいない一日・・・太郎は家で、心ゆくまでクラッシックを聴いて優雅な休日。そして私は今日、携わっている印刷物10月号企画のために朝から出掛ける。が、しかし・・・

昼すぎに母から「これからパークホテルでじいちゃん(父)と食事するんだけど、来ないかい?」と電話がきました。
「行きます!行きます!行きますとも!!」という訳で、急いで地下鉄に乗りました。

パークホテル着!
ロビーで父、母がすでに待っていた。


4階の「四川料理 桃源郷」に行く。
「桃源郷」・・・?最近どこかで聞いたな?そうだ!仕事で泊まった「定山渓ビューホテルの風呂の名前だ・・・」などど回想しながら席に着く。

中島公園と藻岩山を眺めながらのランチ!
両親は、厳選野菜の健康美味ランチ「有機昼飯」3000円を・・・
私は、札幌の情報誌Porocoにちなんだ「Porocoランチ」2000円+コーヒーをオーダーする。

ジャ〜ン!!7月限定メニューです。北海道産有機野菜をふんだんに使った「有機昼飯」から紹介です。


有機野菜の冷菜盛り合わせ 夏の彩り

アルカリポークの湯引きレタス捲きピリ辛胡麻ソース
 
ブロッコリーと帆立貝の薄塩炒め

たらば蟹肉入りスナップえんどう豆のミルク煮

トマト入りチャーハン

名前、忘れたけど甘くて美味しいデザートだったらしい

食後のコーヒー

さり気なく聞こえる二胡のメロディも心地よく・・・あんなこんなで話しも弾みました。冷たいジャスミン茶も美味しく頂きました。
帰りには「桃源郷」オリジナル月餅を買ってもらいご機嫌です!
次回は、私が食べた「Porocoランチ」を紹介します!

ごちそうさま〜!
ブログランキング参加中←ここクリックGO!

2006/7/29

トラピストクッキー  函館そぞろ

7月の3連休に、函館に行っていた両親からのお土産。
定番「トラピストクッキー」
かつて、ここでも紹介しましたが・・・
口に入れるとバターの香りが一杯に広がります。
サクサクサク・・・やがてまもなくじっとりと溶けていく感じがなんとも言えず。ついつい一袋、また一袋と手が伸びてしまう。

そして、最後の一袋。

きれいにお皿に並べてみました。


よ〜く見ると「すずらん」が・・・
そうですね、トラピスト修道院の周りはかつて、野生のすずらんで覆われていたって聞いたことがあります。(ごめんなさい、今はどうなんでしょうね?)

私も色々試したことありますが・・・
トラピストクッキー、お抹茶にもよく合いますよ。

自然素材の身体に優しいお菓子は万人に愛されています。
ブログランキング参加中←ここクリックGO!

2006/7/28

早朝ウオーキング  主婦花子

SYU,夏休み4日目。
夏休み中の仕事はお断りしているが・・・
どうしても、携わっている印刷物関係の作業が立て込んでて家を留守にしてしまうことが多い。

だからと言う訳ではないが・・・
少しでもSYUと2人の時間をつくろうと思い、早朝ウォーキングを始めてみた。

これが、実に清々しい。
ウォーキングとは名ばかりで・・・実際は近くの防風林で桑の実を取って食べることに熱中しているうちに時間が経ってしまったり・・・
  

途中に寄ったおばあちゃんの家(私の実家)で野菜を収穫したり、花を見たり・・・
 

あらら?家に入って、スイカまで食べちゃったりして・・・


歩いている時は、「お母さんもSYUの年の頃、朝早く起きて毎朝、おばあちゃんとマラソンしてたのよ」とか・・・SYUが2年生の時まで通っていた小学校の前を通り(私の母校でもある)「あの、トーテムポールは、お母さんが卒業記念に作ったのよ」と指差したり・・・・。
特別な会話もないけれど、まだ誰も通らない道、風景、空気を“二人占め”する感覚で気持ちがいい。
心身ともにリフレ〜〜ッシュ!

昨日の朝食。

ちょっと失敗「シュトーレン」
コーンスープ(クノール)
桑の実


ブログランキング参加中←ここクリックGO!

2006/7/25

まりもまんじゅう  バスガイド花子

先日、層雲峡にご一緒したお客様からお礼状と写真が届きました。
こういうの、うれしいですね。
ここクリック!です。


何と言っても最高にお登りしたのが・・・
最後の銘ガイド様の所!
さすが!先生!(あ、私っていい気になってる?)
それにしても、達筆でございます。

あ・・・
この時、写真をUPしませんでしたが増毛町にある最北の酒蔵で「どらやき」と「酒まんじゅう」、そしてバス駐車場隣の建物では漬物を買いました。まずは「どらやき」です。
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
        このどらやき、中の餡子を見ておわかりのように白あんと粒あんが中心にこんもりと・・・だから全体的にふんわりもりあがってて、皮の部分も厚みがある。かなり食べ応えがありました。ちなみに私は2日かかって食べました。ほんのりお酒の香りです。
クリックすると元のサイズで表示します
これは、「たくあん」を買った時にサービスでつけてくれた「ニシン漬け」です。(ニシン漬けの方が高そうです)
大根がパリパリ・・・とにかく、無添加でおいしい漬物。
夏の「ニシン漬け」もいいですが・・・やっぱり「ニシン漬け」は冬にストーブにあたりながら、所々シバレタものを口の中で溶かして食べるのが一番美味しいような気がします・・・

最後に、一番楽しみにしていた「酒まんじゅう」
これ、編集部の仲間と食べようと思い大事にしてて・・・いざ箱を開けたら・・・マリモになりかかっててビックリ!残念ながらお口には入りませんでした。ぷ〜〜〜んと、お酒の良い匂いしてたんだけどなぁ〜。
あ〜〜、残念・・・・暑くて発酵が進んだか・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

2006/7/25

着付けのお仕事  着物と花子

おとつい(23日)の日曜日は、着付けの仕事に行ってきました。初めての日本舞踊の着付けです。
最初、電話を頂いた時は・・・「日本舞踊の着付けは特殊だし、私は無理!」と何度も何度もお断りしたんですが・・・「いてくれるだけでいいから」の言葉につられ引き受けてしまいました。

やはり・・・・
「角だし」一つとっても、踊りの場合は結びが違うし・・・お太鼓だって大きく・・・あぁ、その前に・・・着付けの仕方、帯の締め方がすでに違ってる。こうなったら知ったかぶるより、徹底的に裏方に回って技を盗もうと必死になった。
だんだん時間が迫ってくると、私もホットカーラーで髪を巻いたり、ピンを手渡したり・・・気がつくと5時間が経過していた。汗だくだった・・・


「花嫁」の着付け・カツラまでやり着付けの資格は取得したけど・・・着付けは奥深く、なんでもそうだけど・・・
    これでいいってことないんだな〜
と、つくづく思い帰ってきた。

M先生は「今日のお客さん、花子さんに引き継ぐから頑張って覚えて!」と言ってくれた。美容師も引退している方だけど・・・やっぱり先生の技術は素晴しいと感じた。私もお茶会の度に髪の毛セットでお世話になったけど・・・アップの技術・センスはピカイチだと思う。その人がどうしたら一番美しく見えるのかを良くわかってるの・・・前々から、セットの仕方を教えてくれるといって下さっていた。M先生の家には「あたま」(人形)もあるというし、おいで!といわれるうちが花か・・・本格的に習いにいくとするか!

とても可愛い女の子がいた。8才だそうです。何かといって私のいくところについてくる。お母さんが「忙しいんだから後でね」って!
お母さんにセットも着付けもしてもらったんだって!
カメラを向けたら、ちゃんとポーズをとってくれた。

帰りに女の子が、私にお菓子をくれた。そういえばずっとこのお菓子を握りしめてたな。もしかしたら?これを渡したくて付いてきてたのかな?中身は粉々・・・でも、特別に美味しかった!ブルボン「エリーゼ」


M先生からも、お土産をもらう。(ずっと本州を気ままに旅してた)
  
(左)エプロン
(中)黒梅?(兵庫)
(右)たかはたファームのさくらんぼジャム!(山形)

こんなので、お給料は頂けないな・・・とお断りしたんですが、バスの2日分の日給と車代まで頂いてしまいました。
がんばります・・・・

2006/7/25

普段使いの  主婦花子

ふだん使いのご飯茶碗が、ひとつふたつと形を無くし・・・
そのうち、良い出会いがあったら買おうと思ってた。

仕事先の小樽で待機時間が長いと、必ず立寄るのが「ふうど館」
「パンロール」で有名になった「かま栄」さんのすぐ裏手にあり、北の陶芸家たちの器が所狭しと並び、販売もされている。

ここに行けば、先日SYUが割ってしまった「大雪窯」のコーヒーカップも、旭川に行かなくても手に入ってしまう。
ここだけは小樽の他の諸々の店と違って、観光客もわんさわんさと詰め掛けないので、のんびりと道内陶芸家さんたちの作品を手に取って眺めることが出来るのだ。

気がつけば、40分も過ぎていただろうか・・・
何度も何度も行ったり来たりして、その都度手に取って・・・

毎日使うものだから〜
軽くて、柄もうるさくなく、手ごろな価格。そして何より手にしっくりとなじむ、このお茶碗を購入した。

北広島市「萌木窯」の板橋美喜子さん作。

太郎’s茶碗
花子’s茶碗
SYU’s茶碗
わが家のふだん使いのお気に入りがまた増えました。

2006/7/24

ラベソフ・旭川ラーメン  バスガイド花子

皆様、お元気でいらっしゃいましたでしょうか?
私は元気です・・・多分

ちょっと、事情がありましてしばらく更新できませんでした。
もうすぐ手がけている、とある機関紙の最終校正・点検なので〜
今日も朝から印刷屋へ行ってました。
それが済んだら、多分・・・また静かなワタクシの時間というものが与えられると思って日々を過ごしております。

今日は、SYUの終業式です。
あと、30分もしたら通信簿を持って帰ってきます。
張り切って玄関を開けるか?それとも肩を落としているか??
肩を落とすのは親の方かも知れません。
ま〜、それはどっちでも良いとして、私はあと15分後にはSYUと食するランチの仕込みに入らなくてはいけません。ちなみにメニューは「うどん」です↓↓(さっきダイエーから「えびかき揚げ」と「ちくわ磯辺揚げ」を買ってきたので「うどん」といってもあなどれません。チョー豪華版です)

そうそう・・・21日(金)に富良野経由で旭川へ行ってきました。(取材?のため)
ファーム富田へ立ち寄りましたが、ラベンダーが見頃でした。

ちょうど、香料にするラベンダーを刈り取っていると朝にニュースで放送されていました。ここでは、自分で調合してオリジナルで100%ピュアな香水をつくることもできます。
あまり時間がなかったので、ラベンダーソフトを買い、移動中に食べました。(私はここ以外のラベンダーソフトは食べられないんです)


この日は旭川での約束の時間がせまっていたので足早に富良野を後にしましたが・・・次回は美瑛の丘の風景を楽しんだり、富良野ワインをたらふく試飲したりしながらのんびりしたいな〜。
では・・・1ヶ月前に仕事で行った美瑛「新栄の丘」です。まだ花もあまり咲いていませんが・・・駐車場の観光バスはとぎれることはありませんでした。
   

旭川では、定番「旭川ラーメン」(醤油味・¥650)を食べました。
時間がないので、かなり慌てて食べました。
名前忘れましたが、旭川駅横ESTAの5階にあるラーメン屋です。
ここ
↓↓

かなり、あせって写真を撮ったので・・・やっぱりぶれてました。
ここのラーメン、きくらげデカイ!チャーシューデカイ!しなちく山盛!と、三拍子そろってて・・・コクのあるスープ!麺は札幌ほど縮れはなくやや細目で私好み!
いつもは、おなじフロアにある「四川飯店」であんかけやきそばを頼むんですが・・・またここでゆっくりと、このラーメンを味わいたいな〜って気持ちになりました。


ということで、今回も食べ物画像でお別れです。

2006/7/21

おうち○○  主婦花子

おうちに居ながらして「いちご狩」



おうちに居ながらして「ラベンダー観賞」


おうちに居ながらして「北海道うまいもんめぐり」
増毛町国稀のどらやき
函館スナフルズチーズオムレット
北見のハッカ樹氷
栗山町谷田さんのきびだんご
知床五湖の詩(白い恋人の類似?)

あ・・・今日から大通公園で札幌夏まつり・・・
おうちに居ながらしてビアガーデン気分を満喫しようか・・・
と、思ったけど〜今日は午後から旭川へ行ってきます。
家に着くのは夜中か?

2006/7/19

故郷の風景  主婦花子

今日は久しぶりの休日です。
丸一日、予定がないのは1ヶ月ぶり?

ゆかりさんとドライブを楽しむ・・・
まずは、ススーイと湘南ナンバーの車を走らせ(もちろんゆかりさんの運転)石狩浜へ・・・

ここは「はまなすの丘公園」です。
石狩灯台は、映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台になりました。
碑面には♪おいら岬の燈台守は・・・・・の歌詞が刻まれています。

はまなすは、すでに花が終わりに近く青い実がたくさんついていました。
はまなす
はまぼうふう
えぞかわらなでしこ
はまえんどう
はまひるがお

あ・・・こうやって並べてみると「はま」と「えぞ」の付く花が多いわ!近くの売店では「はまなすソフトクリーム」もありましたよ。
でも、この後私たちは「ロイズ」でランチをするため、食べるのをグッとこらえました。

少し歩いて浜辺へ出てみました。
海開きしたばかりの石狩浜・・・まるでゴミ捨て場のよう・・・どうしてゴミを持ち帰れないのでしょう。
         
花子は小学生の頃、浜まで遠足で歩きました。その頃はどこまでもきれいな砂浜が続いていました。担任は歩きながら「はまぼうふう」を袋いっぱいにとっていたのを思い出します。

北海道の屋根大雪山に源を発して途中、空知川、豊平川など幾つもの支流を集め、長さ268キロメートル。ゆうゆうと流れる石狩川の大河はここ石狩浜で日本海に注いでいます。木道を歩けば河口も見れますよ!

いつまでも変わらずにいてほしい故郷の景色


ブログランキング参加中←ここクリックGO!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ