ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2006/11/15

甘露の森  後志総合振興局

ニセコ甘露の森(←ここ)に同泊。
ここに泊まるの5回目くらいかな?
密かに、うれしい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
赤と黒をアクセントカラーにしたモダンな・・・アジアン風の宿。
でも、部屋菓子は・・・『こんぶクッキー』?(昆布温泉だから?)
クリックすると元のサイズで表示します
ここ、確か・・・昨年は『よもぎまんじゅう』だったはず。かなり、美味しくて必ずお土産に買って帰ってたんですが・・・売店にも置いてなかったな・・・。

さ〜、楽しみな夕ご飯。
毎回同じだけど・・・このビーフシチューおいしい・・・
庭に面した堀こたつ式のカウンター席で・・・
間接照明の淡い灯りで「いただきます!」
BGMは・・・なんと!生のボサノバ
クリックすると元のサイズで表示します
で・・・隣をみると・・・頭のうすいドライバー・・・
(多分、ドライバーさんも思ってるだろうな・・・あ〜、ババガイドかっ!てね。お互い様!)
クリックすると元のサイズで表示します

夕食後は温泉に・・・
クローゼットを開けると・・・ま〜、なんてかわいい下駄なんでしょう!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ここ、朝食も充実してます。
特に焼きたてクロワッサンとシフォンケーキはとても魅力的で・・・米粒の和朝食(バイキング)を食べたあとにしっかり胃袋におさめました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

外は雨ふり・・・
旅行2日目は、積丹経由で千歳に戻りました。

また・・・ニセコ出張入らないかな〜

昨年の花子さん⇒ここ2005年11月15日


2006/11/14

ガイドが実車中トイレ?  バスガイド花子

先日、千歳市内のお客様と一緒に仕事でニセコに行きました。
途中、『きのこ王国』でWC休憩。
乗務員休憩室に行き、花子は久しぶりに『まいたけのクリームコロッケ』を食べる。
揚げたてあつあつ・・・んま〜
クリックすると元のサイズで表示します
ドライバーのKさんは『鶏の炭火焼き』みたいなのを「んまっ、んまっ・・」と言いながらハフハフ食べてました。
 クリックすると元のサイズで表示します

途中、昭和新山・有珠山を見学。
乗務員休憩室で、カプチーノを2杯も飲み・・・
お腹をタプタプさせながら温泉街の一角で昼食
クリックすると元のサイズで表示します
食後のアイスはKさんの分ももらって食べた。
ハスカップソースがかかってた。
そして、このあと・・ガイドがバスを止めた(実車中WC)↓↓
  クリックすると元のサイズで表示します

私はけっこう、WCが近い方だしお腹が弱い体質なので(だったら、アイスを人の分も食べるんぢゃ〜〜ない!)WCを我慢する人の気持ちがよくわかる。お客様には『出発前に必ずWCはお済ませ下さい』とは言うが『万が一のときは、我慢せずに早めにお申し出下さい』とも言う。『私も止めることがありますから・・・』とも・・・
そしてこの日、本当に止めてしまった

お客様の大事な観光の時間を私が割いてしまったのだから、お詫びにとコンビニでキャンディを買って配った。そうしたら、男性客が「いや〜、バスを止めて飴がもらえるならガイドさん、我慢しないでどんどんトイレに行って!今度はチョコがいいな〜」と(笑)「人間だもの自然現象があって当たり前。我慢したらだめよ〜」と逆に励まされ・・・ほんと、いつもお客様には恵まれてるなぁとつくづく思う。

真狩村道の駅に到着。
クリックすると元のサイズで表示します羊蹄山がきれい


クリックすると元のサイズで表示します
温室ではお花がきれいに咲いてました。ここ真狩村は「ゆり」の町。そして、歌手細川たかしさんの故郷。

お〜〜〜!
店内はさなから『細川たかし記念館』
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
細川たかしの銅像は、村内にもありますよね!「北酒場」と「矢切の渡し」が連続レコード大賞を受賞した記念に建立されたもので、確か台座のボタンを押すとメロデイーが流れたと思います。なんてったって、真狩村の名誉村民ですから・・・

売店にありました。
クリックすると元のサイズで表示します『たかしせんべい』と・・・
クリックすると元のサイズで表示します『たかしののど飴』

ローズヒップ入りの飴・・・これ、食べれば歌が上手くなれるかなぁ〜

昨年の花子さん⇒ここ2005年11月14日  ここも・・・ 

2006/11/13

ぎんなん  

今日は歯医者の日・・・北大に行く。
あ〜、見事に銀杏が裸に・・・
いかにも寒そうです。

さすがに裸の銀杏にカメラを向けるのは私くらいでした。
あ・・・「ぎんなん拾い」をしている人、発見!
おばあちゃんとお孫さんといった感じでした。
クリックすると元のサイズで表示します

でも、早朝から拾いに来ている人がいるらしくて・・・
なかなかみつからない様子。
まるで、宝さがしのよう・・・

空を仰ぐとこ〜んなにあるのにね。
クリックすると元のサイズで表示します

集めた「ぎんなん」を見せてもらった。
クリックすると元のサイズで表示します

美味しいんだろうな〜
クリックすると元のサイズで表示します

2006/11/12

ラ・パーチェ  花子よりだんご

太郎の両親と、弟夫婦と一緒に食事した。
最初は太郎の両親が結婚式を挙げた「豊平館」でと予定していたが・・・
電話でデイナーの価格を聞いたら「8000円からです」と言われ却下。(庶民には高すぎる)
まして、うちらで両親のごはん代も出す・・・となると破産する。(正月に食べる餅も買えないかもしれない・・・?)

で、次は駅前A○Aホテルで和食を予約。だが個室が取れないことと、和食(懐石)ならいつも茶会で食べてるから和食じゃない方が良いという太郎の意見でそこもキャンセル。

じゃ〜、中華にしようか?(私)
いや、中華は卵を使った料理が多いからダメ(太郎、卵アレルギー)

肉が食べたい(太郎)
でも洋食だとかしこまってるし・・・
じゃ〜、イタリアンにしようか
(私)
と、いうことでイタリアンに決定。

お店の名前は「ラ・パーチェ」。地下鉄大通駅直結のこじんまりしたお店。個室もあり、食材は有機野菜にこだわり、水もブナの町「黒松内」から汲んできたもの。
前菜は3品。
写真を撮り忘れてしまいましたが・・・生ハムや礼文島真ダラのマリネ?や何とかのパイ包みなど・・・卵のダメな太郎にはパイの代わりニョッキが出ていました。
その他、ホタテのカルパッチョも美味しそうでしょ?

有機野菜の酢漬け(ピクルス?)

ピザです。
 

アサリのパスタ

渡り蟹のパスタ

そして、太郎念願の牛ステーキ!


パン(ステーキソースをつけて食べます)
カシスシャーベット

ホントはワインを飲みたかったんですが・・・ちょっと事情があり・・・断念しました。ここはランチもしてるそうですので、今度昼間からピザでもかじりながらワイングラスを傾けたいと思います。もうすぐボジョレーヌーボが解禁ですね!

2006/11/10

10円まんじゅう  花子よりだんご

昼に「もりもと」に行った。
サンドイッチを食べる。

モコモコレタスをあずましくない前歯で噛み切るのがつらい。情けない・・・

お?????
10円まんじゅう?
試しに買ってみる。
あらかじめ箱入りされてて
店員さんがニッコリと笑い「20個入りで230円です!」
あれ?20個入りだと210円じゃないんだ・・・と首をひねる。
が、買う。(2段重ねで20個入ってます)


一口食べた母が言う。
「あ・・・この味、どっかで食べたことある!」
フムフム、たしかに・・・
あの、じょうよまんじゅうのようなジュワジュワ〜とした柔らかい食感!ん〜〜、何処かで食べた事あるぞ。
わかった〜〜〜〜!!
定山渓のふる川の温泉まんじゅう!!」

と、花子が言った瞬間の母のスッキリとした顔は忘れられません(笑)

定山渓温泉ふるかわのまんじゅう

寒くなると湯けむりが恋しくなりますね。
ぶら〜〜っと送迎バスにでも乗って、のんびり温泉にでも行ってこようかな?

2006/11/8

今日の出来事  バスガイド花子

いや〜、ビックリしました。
今日、8:15分出勤だったんですが起きたのが7時10分前・・・
昨日の夕ご飯の残りの「石狩鍋」をとりあえず朝食に出してすぐ顔を洗う。髪の毛をムースでババッと整え制服に着替え、7:12分のバスにとび乗る。
10分前に無事出勤。

あ・・・そういえば今日の行程表をもらってなかった。
確か小樽とは聞いてたけど・・・

な〜んだ・・・今回のお客様、花子の家の隣の町内会。
慌しく朝、通勤したルートを今度はお客様をお迎えにバスで回送する。
あ”〜〜現地ドッキングならいいのにな〜。

幹事さんは、花子の家から徒歩7分?の介護施設長を長くしてたらしい・・・
「そ〜いえば、ガイドさん、みたことあるわ」
なんて冗談めいた話をする。
「あ・・・多分スーパー○○でしょうか?」
なんて地元のローカルな話で間をつなぐ・・・

突然の小樽市内観光?の要望・・・
運河の辺りを車窓見学したいらしい。
たしかに、地元の人に限って以外と北一ガラスやオルゴール堂、運河をゆっくり見学する機会は少ないのかもしれない。しかもお客様は高齢者。
「さ〜、左をご覧下さい。かつてのウオール街で・・・まもなく右に小樽運河が見えて参ります・・・」
身を乗り出して景色を楽しむおじいちゃん、おばあちゃん・・・
こんなに真剣に聞いてくれて、ありがたい。
案内のしがいがあるというもの・・・
あ〜、今日は晴れてて良かった!と心から思った。

北海道ワイン(株)を見学し朝里川温泉でのんびり過ごす。
私たちも、約3時間半の待機に入る。

残念ながら、ここ数日の雨風でせっかく色づいた木の葉も落ちてしまってたが、途中のオーンズのゲレンデには人工雪が、朝里川でも従業員が作業していて、夕暮れの手稲にはナイターの明りが灯ってた。冬将軍に備えてウインタースポーツの準備も着々と進んでいるようだ。今週末には平地(札幌)でも雪が降るらしい。それでも例年に比べると遅い初雪だ・・・。

ここ数年、北海道にもひんぱんに台風は上陸するし、熊は山に食べものがなく市街地に出没したり、昨夜のように竜巻が起きたり。専門的なことはわからないけれど、人間が便利さを求めて自然破壊しすぎたツケがまわってきたような気がする。

人間も自然の一部なのだから、もっと自然に対して謙虚に生きなくてはいけないなって・・・もう開発はやめよう。人間が生活するには充分に困らない世の中だし昔の人達(特に北海道では身近なアイヌの人達)だって、全てのものに神が宿ると信じ全てのものに感謝し自然を相手に生きぬいてきた。今でこそ、アイヌの人達が自然を相手に生きてきた知恵に学ぶ時なのでは?なんて、ふと思ったりもした。

花子がバスガイドになったとき、まだまだ「そろばん道路」はたくさんあったし、高速道路も北は岩見沢までしかなかったけど・・・その分の〜んびり周りの景色を眺めながら旅を楽しめた。原生花園には草花がたくさん咲き競ってたし、いじめで自殺なんてニュースは流れてなかった。

テレビドラマ「北の国から」がヒット。きっとこの頃から親子の情愛や人間関係の希薄さが問題になり始めたのかも知れない。
自然破壊と人間の心のズレが比例してるように感じてしまうのは私だけ?生活が豊かになった分、心の豊かさをどこかに置いてきてしまっていないだろうか・・・。私も今晩はゆっくり自分に胸に問いてみることにする・・・

はこだて無添加ワインを飲みながら・・・一人考える。

あ・・・冷蔵庫には、我が家では私しか飲まないであろうワインが何本かストックされてある。この際、最近全国の注目を集めている北海道ワインを旅先で集め、飲み比べでもしてみようかと本気で思う。

ちょっと、飲みすぎたかな?

昨年の花子さん⇒ここ2005年11月8日

2006/11/7

バスガイドを大切に  バスガイド花子

11月・・・ガイドのバイト代が急激にダウンするのでバスには乗らない!と思っていたが・・・
家で黙ってPCばかりちょしてても(ちょす⇒さわる)仕方がないので、明日はちょっくら小樽まで出かける(仕事)ことにした。

SYUと一緒に家を出て、夕ご飯の時間には家に帰る。
理想的な主婦の労働図。
でも、いつもこんな楽チンなコースばかりではなく・・・誰が考えたのか?「温根湯〜知床〜登別」を一日で走るという行程もあってビックリ!まして、秋の北海道の日は短いのに。朝まだ薄くらい内に宿を出発して、遅い昼食の後、軽い眠りから覚めたらもう外は真っ暗・・・・。まるで夜間高速バスの旅だなこりゃ

「バスガイドはお給料が良くていいわね・・・」とか言われるが、主婦が家を空けて(出張などもある)、家庭にもそれなりの負担をかけてする仕事の割には少ないと思う。

また、現在北海道経済はどん底で、年々新人ガイドを養成する会社が減っていて(だから私たち、おばさんガイドの出番もあるのだけれど)今は台湾や韓国のお客様がどんどん道内に来て下さり、ガイドも向こうの添乗員さんが兼ねているので余計にバスガイドの需要が減ってきてる・・・それもいつまで続くのか・・・
今、乗務員休憩室を見渡しても20代のガイドを探す方が難しい。(おばさんばっか・・・代ってドライバーさんは若い方が多いこと!)

台湾、韓国からの道内観光ブームも去り、5年後〜10年後を想定したら明らかにバスガイド不足になるはず。(私は稼げていいけど・・・まだ乗るつもり・・・)
その時に、しっぺ返しを食らわない様に・・・
各会社ではちゃんと日頃から
バスガイドさんを大事にしましょう
と、言う事を伝えたかったのです(あ〜長かった)


なんだか、グダグダグダグダとグダめいてしまいましたが(愚痴ってしまいましたが)
愚痴は百害あって一利なし」ですので、
このご時世にお仕事を頂けることに感謝して、明日は笑顔で乗務してきます!
ブラウスも2枚余計にもらったことだし・・・

明日、化粧のりが良くなるように今晩は顔のマッサージでもして早めに寝るとするか・・・


2006/11/7

質素な夕食  主婦花子

山形に住む姉から食用菊(もってのほか)と棒たらの煮付けが届いた。
夕方、近所の友達の家から帰ったSYUに菊をばらしてもらう。
すごい・・・ボールに山盛!

   
最初は、例の食わず嫌いで「え〜?菊?花を食べるなんてきもちわる〜」と思ってたんですが・・・おいしいこと、おいしいこと・・・
あま〜くてジューシーで・・・。
今だと、これ、ボール一つ一気で食べれちゃうほど。
ほうれん草のおひたしと和えると色もきれいなんですが、横着してそのまま器に入れた。

この棒たらは、米沢市にある鯉の甘露煮で有名な「宮坂」さんのものです。丁寧に甘辛く・・・骨までやわらかに煮込んでいます。ほとんどはSYUが気に入り食べてしまいました。

この漬物は、スピカの物産展で買ったものです。群馬の漬物で「高菜のこうじ漬け」と「だいこんの醤油漬け」です。最初はどれでも3点で1000円だったんですが、試食ばかりしてしぶっていると、4点で1000円になりました。こりぞうさんと私は目で合図をして、二人で500円ずつ出し合って2点ずつ半分こして買いました。(そういえば、なんでも半分こしてたな〜。スモークチキンも満寿屋のパンも・・・)


極めつけは大根なっぱの味噌汁です。
母がちゃんと、下茹でしたものを持って来てくれました。
お揚げで炒めても美味しいし、お味噌汁にいれても良いからと・・・

で、昨日の夕ご飯です。

太郎が帰った時には棒たらも2切れ位しかなく・・・
「たんぱく質が無い」と太郎がブツブツブツブツ・・・・・・・・・・・・・・・
味噌汁だって、大豆でたんぱく質豊富だし世の中ベジタリアンの人だっていて、ちゃんと健康に暮らしてるんだし・・・少なくなったけど棒たらだってあるし・・・あ、味噌汁には豆腐も入ってるし・・・と内心思うがケンカになるので言わない。
確かに・・・これが朝食だったら豪華だったかも?

そのうちにテレビで「のだめ」が入ると、ブツブツも笑い声に変わったので一先ず良かった。これにて一見落着!

2006/11/6

鹿部〜八雲へ  渡島総合振興局

この前の鹿部の続きをチャチャッと書きます。

朝、温泉宿を出発してすぐにお客様が「いや〜、今朝食べたタラコが美味しかったので買いに行きたい」と言うのです。
で、近くの加工場に連れていきました。
ま〜、買うわ買うわ・・・
こじんまりした小さい店なのでお客様は入りきれずに外にはみ出してました。

バスが発車して一言。
今のお店、ただ今を持ちまして年内の営業は終了だそうです。皆様、半年分の売り上げにご協力下さりありがとうございました。店主に代わり厚く御礼申し上げます・・・
車内は大爆笑でした。
クリックすると元のサイズで表示します

また、この日の朝食は朝イカのお造り食べ放題だったんですが・・・前日は物凄い突風・・・で、宿に入る前に〜
あ〜〜〜、残念ですが、この風じゃ〜朝方イカ釣り船も出港出来ないかもしれませんねぇ〜〜〜〜・・・・
(お客さん、皆、肩を落す。なかには「え〜〜〜?」と言い出す方も」
いや、でも朝イカの代りに、今が旬のあのブランド!戸井町のマグロがならぶかも知れませんよ」と言うと
いや〜〜〜、そっちの方が良い!!」と・・・

翌朝、聞いてみました。
テーブルに並んだのはマグロかどうかって・・・
朝イカだったそうです。
あらま〜、お客様!私は朝からマグロづくしでしたわよ!
なんちゃって!
花子も朝から、透明なイカ刺しを食べました!
クリックすると元のサイズで表示します

なんか、この町の風景は花子が幼少期を過ごしたあの町によく似てるんです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
寒風にさらされながら昆布取りをしていました。
鹿部の昆布は江戸時代にも最高級品とされました。
クリックすると元のサイズで表示します

その後は、大沼公園そして八雲町へ・・・
なんと今回の幹事さん、初日にバスに乗り込むなり「いや〜、ガイドさん!今回はチップはないけど、お昼ごはんはあるからねぇ〜」と・・・ドテッ
で、前日の昼食は長万部の「かに飯」
そして、この日の昼食は旅館で握ってもらった「おにぎり」でした。それを、八雲町の『梅村庭園』で食べようって訳です。

で、『梅村庭園』て?何さ〜?どこさ〜?って感じの乗務員二人・・・・
ベテランドライバーさんも何とか調べて・・・また、乗務員が宿泊した宿にPCがあったので検索して出かけたものの・・・道がかなり狭い。
どうやって大型バスが通るんだ!って道ばかり・・・
で、やっと庭園の前に着いたかと思うと『バスは公民館前に移動して下さい』と・・・
その公民館の近くを通りやっとの思いでたどり着いたのに。
結局、町内をうろうろグルグルまわって公民館前についたら出発の15分前。
あ〜〜、おにぎり弁当でよかった〜とつくづく思いました。
そのおにぎりがですね・・・なんていうか?作り手の愛情が伝わってくるようなおにぐりなんですよ。ほら、おにぎりを握って自殺者を思いとどめさせたって有名なおばあちゃんがいるでしょ?そのおばあちゃんのおにぎりって見たことないけど、きっとこんなおにぎりなのかな〜って!
クリックすると元のサイズで表示します
出発ぎりぎりに公民館のWCに走りました。
お???これはこれは「徳川さん」じゃ〜あ〜りませんか〜〜? 
クリックすると元のサイズで表示します
何だか、この徳川さん・・・困った顔してますねぇ
ここ八雲町は、明治11年に旧尾張徳川の士族たちが開拓を始めたところなんです。で、多分、徳川慶勝の像でしょう。(もう、お客さんがバスにそろってたので名前を確認する時間がなかった)
また、地図を見ると割りと近いところに『木彫り熊発祥の地碑』というのがあるらしい・・・そのことをドライバーに伝えると「も〜〜、ここには二度ときたくない」と言った。ほんとに狭いドライバーさん泣かせの道。
お客様にお願いです。色んな行程を組む際は、観光バスの駐車スペース(待機場所)また、大型車両が通行可であるかどうかも頭のかたすみに入れて下されば嬉しく思います。
ちなみに大変苦労した『梅村庭園』です。
クリックすると元のサイズで表示します
梅村庭園は、愛知県から移住してきた梅村多十郎氏が、屋敷の庭として造園したもので、現在は八雲町指定文化財として、無料で利用されています。

昨年の花子さん⇒ここ2005年11月6日


2006/11/6

銀杏の一年  

11月3日

   
  12月7日        12月19日        12月27日

   
  1月10日        ぎんなん        1月12日

   
  1月17日        1月24日         2月14日

   
  2月28日        3月20日         4月17日

   
  5月12日        5月18日         5月29日

   
  5月31日        6月6日          7月3日

   
  8月14日        9月20日         ぎんなん

  
  10月31日       ぎんなん



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ