ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2010/4/8

阿寒湖ないちにち  釧路総合振興局

露天風呂付き客室
「ここさ〜、母子で来るところじゃないよね」
「まったく」
「働いて自分でお金ためて、彼女とまたおいで」
・・・って会話・・・
多分した・・・
クリックすると元のサイズで表示します

仲居さんに抹茶を点ててもらい、和菓子とカニまんじゅうを頂く。

まだ明るくて暖かいうちに温泉街をぶらぶらしてこよー!ということで
一息ついて、また外に出る

クリックすると元のサイズで表示します
アイヌコタンに行くも・・・
夜8時にならないと古式舞踊が見られないとのことで
スピーカーから聞こえる歌とムックリをBGMに、ぶらぶら歩く
クリックすると元のサイズで表示します 

一軒の民芸品店に入る
クリックすると元のサイズで表示します
色々、目移りしながらも・・・
母のネックレスと私のブレスレットを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

非売品の「ニレの木合唱団」です
太郎のコンサートは成功したのでしょうか?ふと、思い出したりもしました
クリックすると元のサイズで表示します

これは、部屋の鍵です
なかなかオシャレでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

部屋に戻り、私は大浴場に!
SYUは部屋の露天風呂に入ります。

8階には、たくさんの木彫りがさりげなく配置された部屋があります
クリックすると元のサイズで表示します

ここから眺める阿寒湖は最高です!
雄阿寒岳もスッキリスマートにそびえています!
クリックすると元のサイズで表示します

い〜〜い、笑顔ですねぇ〜
クリックすると元のサイズで表示します

夕食を終えて、部屋に戻ったら・・・
お夜食の赤飯と、とうきびアイスが用意されていました・・・
勘弁して下さい・・・
もう、お腹に入りません・・・
クリックすると元のサイズで表示します

釧路でもそうでしたが・・・
この日も、21時まで起きてるのが限界でした。

明るい電気の下で、テレビ音もまったく気にならず・・・
朝まで熟睡です(どこでも、どんな状態でも即熟睡・・・これ、18歳の時から特別訓練を受けていますから・・・)

おやすみなさい!

最終日は、超リッチにタクシー観光で釧路空港へ!


2010/4/8

釧路グルメといえば・・・あれ!  釧路総合振興局

レイクサイドとうろ」さんのお隣には「塘路湖エコミュージアムセンターあるこっと」があります。
少しの時間でしたが、中をのぞいてきました(水曜休館、無料←ここ大事)
クリックすると元のサイズで表示します
館内は、釧路湿原を楽しむための情報でいっぱいです
クリックすると元のサイズで表示します

たとえば、今どこで、どんな植物が咲いているのかも一目でわかります
クリックすると元のサイズで表示します

「今から6千年前、あなたがここに立っていたなら 目の前には一面の海が広がっていたことでしょう」ロマンです!目をつぶって想像しちゃいました!
クリックすると元のサイズで表示します

大きなストーブを取り囲んだベンチにすわり、壁一面の窓ガラスから外を見ると
塘路湖と「レイクサイドとうろ」さんが良く見えます!
クリックすると元のサイズで表示します

では、土佐さんにまた釧路のホテルに送ってもらいます(そのよーなプランを利用しました)
道中、昼時でしたので自然に会話は食べ物の話題に・・・

「スパカツ」
気になってました!(北海道.comの林さんのおススメです!)

そうしたら・・・「泉屋さん」まで送っていただけたのです
感涙!感涙!
謝謝!謝謝!
ますます意味わかんないし・・・

メニュー、よく見たら色々あるようですね
クリックすると元のサイズで表示します
でも時間があまりなかったので、メニューも見ずに「スパカツ2つ」とオーダーします。
でも、ほんとの名前は「ミートかつ」と言うのだそうです

トイレに行き、席に戻ったら・・・
もう運ばれてきてました!
なんじゃこりゃ・・・
あまりのボリュームに圧倒です。
クリックすると元のサイズで表示します

土佐さんも言ってましたが・・・
釧路市民にとって「スパゲッテー」といえば泉屋さんに代表されるような、鉄板の上でジュージュー音を立てて運ばれてくる大盛り太麺スパゲッテー
札幌の、ちょっとこじゃれたレストランでオサレな皿にちょこっと盛り付けられたものはスパゲッテーではないんだそうです。
釧路市民から見ると、そっちの方が「なんじゃこりゃ」だとか・・・

なるほど・・・
ま、そんな話はどーでもいいんですか!
もいちど・・・見てくださいまし・・・?
これが、「スパカツ」どすえ・・・(汗)ナゼか舞妓はーーん


かなり濃厚、デミ系ミートソース?で大好きな味でしたが・・・
このボリュームに見ただけでリタイア完敗・・・(SYUは完食)
でも・・・今こうしてみると・・・
残したスパカツ・・・食べたーーーい!
クリックすると元のサイズで表示します

食後はお腹をさすりながら・・・
北大通を阿寒バスターミナルまでテクテク歩きます

14時発、無料送迎バスにゆられて向かった先が、2日目の宿「鶴雅」でした。
ケチケチ貧乏旅行の予定が・・・
どーゆー訳か、豪華セレブな母子旅に変わってしまったよーです(汗)
この頃、太郎はコンサートの本番中で・・・
緊張しながら歌を唄っていたと思われます・・・(汗)

おまけ
幣舞橋のたもとにあった、二つの碑

「釧路湿原」(水森かおり)
ボタンを押すとかなりの高ボリュームで歌が流れます(笑)
押し逃げしました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

「釧路の夜」(美川憲一)
クリックすると元のサイズで表示します

今回のプランはこちら(釧路湿原カヌーツーリング&湿原湿原ウオッチング)
宝島旅行社「北海道体験.com」からも申し込めます!こちら


2010/4/8

秘密の場所にいく  バスガイド花子

これ、なんて読むかわかりますか???
「しべちゃちょう」(大きい川・岸)「とおろ」(沼のあるところ)です!
北海道の地名・・・難しいですねぇ
でもなるほど・・・地形を考えるとそのまんまですね。
アイヌの人たちは本当に上手に地名を残しました!!
クリックすると元のサイズで表示します

名残惜しいのですが、塘路湖とお別れし再び土佐さんの車に乗ります
どんどん道なき道を進んでいきます!
クリックすると元のサイズで表示します

「あ!福寿草発見!」と言うと、車を止めてくれました
カヌー中の「ネコヤナギ」といい、「福寿草」といい・・・
今年一番の春を、道東の釧路で見つけたのです!
クリックすると元のサイズで表示します

ふと、辺りを見渡せば・・・ふきのとうがたくさん顔を出しています!
クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで、到着したのが”ひみつの場所”と勝手に命名した「二本松」
何千年も前に火山活動によって土地が隆起したという高台です。
途中で車を降りて、てっぺんまで歩きます
足がとられます・・・

なんと!砂地ではありませんか!
クリックすると元のサイズで表示します
砂地にもふきのとう!
大昔、この辺りは海の底だったそうです。

で、良く見ると火山灰も混じっています。
阿寒の山が噴火したときに飛んできたのもだとか・・・
天地創造、地球の生命の息吹を感じました!
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、デカイです!
なにもかも・・・
だって・・・こんな景色がひろがるんですよーーー
思わず叫びたくなりました!
(上から読んでも下からよんでも)「くしろよろしくーーーーーーーー!」
クリックすると元のサイズで表示します

しかも!!!!
「つるーーーーーーーーーーッ」
もーーーーびっくりです!
高台に上った瞬間、鶴が飛んでるんです!
クリックすると元のサイズで表示します
もーーー写真を撮るのに夢中です!
でも・・・うちのカメラと私の腕では・・・これが限界でした・・・・
あ〜〜〜〜一眼レフがほしい・・・
あ〜〜〜こんな幸せな遭遇が待っていたなんて!
ほんっと、釧路に行ってよかったわ〜

クリックすると元のサイズで表示します
興奮を抑えながら・・・・
車に戻ります

この二本松も、土佐さんの幼少期時代の遊び場
この高台から尻すべりをして遊んだんだそうです!
きっと、湿原が真っ赤な夕日に染まりお腹が減ったら・・・どろんこになって家に帰ったんだろーな
そんな時も、お母さんは決して「こんなに服を泥だらけにして!」と叱らなかったはず!きっと「今日もたくさん遊んできたのね。お腹すいたでしょう」とハグしてくれたはず!
今もたまに一人でここに来ることがあるとか・・・
一人になりたいときの居場所がこんな素敵な場所だなんて・・・うらやましい
土佐さんの秘密の場所に・・・招待された・・・そんな気分でした!
クリックすると元のサイズで表示します

あ・・・シカです!
思い切り、目があってます(笑)
そーーーっと、通過しましょう〜

シカトです・・・そうシカト・・・

このあと・・・
ご好意で「茅沼駅」に寄っていただきました(コースには含まれていません)
ここは無人駅で丹頂の駅として有名なのだそうです。
昔、駅長さんが鶴に餌付けをしたからだとか・・・
クリックすると元のサイズで表示します
早速、住宅の庭に鶴が・・・
かなりの至近ですが・・・まったく逃げようとはしません
クリックすると元のサイズで表示します

なんと!線路にも鶴がいます
線路内に入ってはいけません!大変危険です!と言っても通じません
クリックすると元のサイズで表示します
それどころか・・・
一斉に鳴きだしました!
クワーーーーーーッ!クワーーーーーーーッ!クックッ
すごい!大音響です!
大空に響き渡ります
感涙!感涙!
謝謝!謝謝!
ちょっと、意味不明ですね・・・
クリックすると元のサイズで表示します
いいですね、後姿のツーショット!

駅舎の天井にも・・・
鶴が舞っていました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みなさんも、秘密の場所に出かけてみませんか?

この後は、釧路B級グルメを堪能し阿寒湖へ!

今回のプランはこちら(釧路湿原カヌーツーリング&湿原湿原ウオッチング)
宝島旅行社「北海道体験.com」からも申し込めます!こちら


2010/4/7

未知との遭遇!!!!  釧路総合振興局

いよいよカヌーツアーです
クリックすると元のサイズで表示します
ガイドの土佐武さんです!(笑顔が良いですねぇ〜)
ここを遊び場として育ってきた土佐さん・・・
塘路湖やアレキナイ川のことは知り尽くしています!
私・・・まったく泳げませんが・・・
土佐さんのボートは幅、長さともに大きいので安定感があるので安心です(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
塘路湖、ビューティフォ〜!
まずは、塘路湖にカヌーを進めます
ところどころまだ残る薄氷をパドルでパンパン割りながらどんどん進みます!
「ガリンコ号」・・・うらやましいだろーなぁ〜(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

さ、湖から釧路川の支流アレキナイ川にでます!
すぐに道路の橋と鉄道(釧網線)の高架をくぐります

そこで土佐さん「あ!今、列車がきますよーーー」と
クリックすると元のサイズで表示します

来ました!
一両編成(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
通過ーーーーーーーっ
うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
すごい!ナイスタイミング〜〜〜〜〜〜〜〜!
クリックすると元のサイズで表示します

興奮した気持ちを落ち着かせます・・・
さて、気を取り直して周りを見渡せば
うおーーーーーーー!
パンフレットで見たような、荒涼とした・・・
無彩色な湿原の風景が360度広がっています!
この目線で湿原を見るのは初めてです
クリックすると元のサイズで表示します


何も無い・・・と思っていましたが
湿原にも春がきていました
ほ〜らね!
クリックすると元のサイズで表示します

やがて、釧路川に合流
今回は、ここからまた、スタート地点に戻りました。
クリックすると元のサイズで表示します

土佐さんが・・・さりげなく話すんです
「あ・・・オジロワシが飛んでますよ」って感じで・・・・

私からしてみれば「えーーー?」ですよ・・・
「どこどこーーー???」って
必死です。

多分・・・・これ・・・分かりますか?
尾の白い「オジロワシ」

クリックすると元のサイズで表示します

そしたら今度は「オオワシがカラスに威嚇されてますねぇ〜」なんて言うもんだから
もう〜〜〜ドキドキしっぱなし・・・
まるで、デイズニーランドのアトラクション「ジャングルクルーズ」に乗ってる気分です。
ワタクシ・・・泳げないなんてことを忘れて、カヌーの上で立ち上がって写真を撮りましたわよーーー(↓)大きなカヌーなのでガイドさんの指示に従えば大丈夫!
クリックすると元のサイズで表示します
「あ〜あそこにエゾシカがいますよ〜〜〜」
(わかりますか?まるで保護色・・・)
かなり警戒されてるのがわかります(笑)
エゾシカの心臓音が聞こえてくるようです・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します

私一人だと、絶対に見つけられません。
名ガイドのおかげで楽しい時は瞬く間に過ぎ、再び塘路湖に戻ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

あーーーーー!
たのしかったーーーーーーー!
クリックすると元のサイズで表示します


この後にどんな「遭遇」が待ち受けているのか・・・?
お楽しみに!

今回のプランはこちら(釧路湿原カヌーツーリング&湿原湿原ウオッチング)
宝島旅行社「北海道体験.com」からも申し込めます!こちら


2010/4/7

釧路湿原の父  釧路総合振興局

釧路の朝は晴天でした!
旅行2日目は、釧路の大自然を満喫します!

午前中はカヌーツアー
そして、午後からは阿寒へ移動です。

お世話になったのは「レイクサイドとうろ」さん
車の運転の出来ない私・・
そして、GWまでは交通機関が不便な釧路

今回は「送迎付き」プランでしたので大助かり!
朝、8時半にガイドの土佐武さんが迎えにきてくれました!

塘路湖(とうろこ)まで片道30分弱の移動です。
車内で、色ーーんな話を聞かせてもらいました。
今回のプランはこちら(釧路湿原カヌーツーリング&湿原湿原ウオッチング)
宝島旅行社「北海道体験.com」からも申し込めます!こちら

クリックすると元のサイズで表示します

では、会話の一部を書き起こしておきましょう!

開発される釧路湿原
土佐家の本業は祖父の代からわかさぎの漁師でした。漁の期間が終わるとほとんどの漁師は出稼ぎに行っていたそうです。
昔は塘路湖の湖面がまっ黒になる程わかさぎが押し寄せ、湿原のあちこちには豊かな湧き水があり喉を潤していたそうです。
ところが、1970年代から始まった農地開発によって、湿原を埋め立て森林を伐採したり、塘路湖に注ぐアレキナイ川を一部直線化してしまったことにより、年々川や湖の水位が浅くなり、土砂が流れ水がにごり漁獲高も激少してしまったこと。そして、魚が卵を産めなくなってしまったこと・・・
今度は、釧路川再生とうことで元の川の流れに戻す工事をした結果、再び堆積していた土砂が流れ込み、環境が破壊され明らかに水質が悪くなったこと
・・・
クリックすると元のサイズで表示します
塘路湖

釧路湿原の父
ガイドの土佐武さんのお父様である良範さんは、昭和46年列島開発論で湿原が荒らされるのを心配し、湿原を徹底調査したメンバーの一人でした。この活動が日本政府を動かし、釧路湿原が昭和55年ラムサール保護対象市域第一号に、また昭和62年にわが国28番目の国立公園に指定されるきっかけにもなったのです!
漁業組合長もしている良範さんは、釧路の自然を守り、自然の大切さを多くの人に知ってもらうためアウトドアに目をつけ仲間に呼びかけます。そして自ら、1991年「レイクサイドとうろ」をたちあげました。このことにより、わかさぎ漁の無い半年間、仲間たちも出稼ぎに行かなくても良くなったそうです!良範さんは現在、環境省の自然公園指導員も勤めております。

お小遣いで湿原を買う
実は、良範さん・・・漁で得た売り上げ(お小遣い)をコツコツ貯めて、国立公園の指定地域から外れた土地を購入しているのです。
国立公園エリア外の土地ですので、例えば、どこかの業者がその土地を買い埋め立てて工場を建ててもなんら問題はありません。しかし、先に紹介したような湿原の開発、埋め立てにより40〜50年前に比べると明らかに湿原面積が減り湿原の乾燥化が進んでいるのです。その結果、動植物が生息出来なくなります。そうです!丹頂も減ってしまうのです。
過去にNHKの「プロジェクトX」で釧路湿原のことが取り上げられた時、良範さんの個人の取り組みも紹介されました。大きな反響があり賛同の声が全国からあがったそうですが・・・息子の武さんいわく「これは個人的にやっていること。息子の代になり、せっかくお金を払ってもらっても土地を売られたら困るから」(笑)と、かたくなに断り続けているそうです。
うれしいニュースがありました!良範さんが買った土地に丹頂が巣を作りヒナを育てたんだそうです。幼少のころから漁に出かけ、今は観光でも生計を立てる土佐さん”それは自然があってのこと”と、恩恵を受けてきた自然に少しずつ恩返しする姿!すばらしい!湿原にかける思いがすばらしいです!「湿原だけではなく周り(山・川・人)も一緒に守っていくのが大変であり、大切なんだ」と・・・なるほど〜ふか〜い〜しみじみ〜
クリックすると元のサイズで表示します

最後に
実に良い話だったと思いませんか?
息子の武さんが熱く語ってくれました。この話を聞いただけで、釧路湿原と塘路湖を愛し父を尊敬する気持ちが十分伝わってきて、そんな方が案内してくれるカヌーツアーが楽しみで楽しみで仕方がなくなったのです。
山の方では30年ほど前に植林したから松などが成長し、また地元のNPOなども10年ほど前から植林をしたりという努力が実り(国立公園に指定され自然保護への機運も盛り上がり、最近は湧き水が塘路湖に流れ込んでくるようになったそうです。

土佐さんの作る「わかさぎの佃煮」
まだ食べていませんが、食べたら紹介します!
このような方が作っている佃煮・・・想像しただけでも美味しいことは分かります!
売り上げをコツコツためて土地を買うという土佐さんに心打たれました。
寄付は一切受け取らないそうですので
寄付をしたと思い、「わかさぎの佃煮」の売り上げに貢献したいと思います。

皆さんも、わかさぎを食べて湿原保護のために釧路湿原を買いませんか?

詳しくはこちらからレイクサイトとうろ

さ〜〜〜〜
いよいよカヌーにのりますよ!
いろーーんな野生動物にも会えました!
ウキウキドキドキ!まさに「未知との遭遇」でした!!!
クリックすると元のサイズで表示します


2010/4/6

クロレラ入り、緑の蕎麦  釧路総合振興局

14時、ホテルに着き早速最上階の天然温泉大浴場にいく
貸切ーーーー!
露天風呂、最高〜〜〜
風呂上りに、本物のヤクルトをもらって部屋に戻る

部屋でだらだら
SYUはテレビでハリーポッターを見ている

夕食はどうしようか・・・
ホテルのすぐ近くに「狙った恋の落とし方」のロケで、主人公の男性が友人と一諸に海鮮丼を食べた「炉辺焼」の店があった
でも・・・SYUと決めてたんだ。
夕食は「東家さんの蕎麦」にしようって!

MOOの喫茶店で、店主にホテルの近くの分店も教えてもらってた。
幣舞橋を渡ってすぐだった
クリックすると元のサイズで表示します

今にも沈みそうな夕日を眺めながら幣舞橋を渡る
SYUが、蕎麦屋をちゃんと覚えていて、その後をついてく私
ほんとは、本店に行き「蕎麦寿司」が食べたかったけれど・・・それは今度のお楽しみ!
クリックすると元のサイズで表示します
東家 幣舞分店

運ばれてきた蕎麦を見て
「あーーーーー!ほんとに緑の蕎麦だーーー!」
SYU、うれしそう!県民ショーでやってたらしい・・・

クロレラ入り、こしのある好きな部類の蕎麦だ
というか・・・
こんな美味しい蕎麦があるんだーーーと、感激した!
クリックすると元のサイズで表示します
私は「もり」で、SYUは「天ざる」
天ぷらは、ほんのりゴマ油の香り〜

いつもは、麺が多くてSYUに助けてもらうんですが〜
今回は初めて、SYUより早く完食した。
正直、最初は「クロレラ蕎麦なんて、うそくさい」なんて思ってたんだけど
一口食べて???二口食べて!!!!三口食べて・・・・うっそ〜〜〜〜!こりゃ、んみゃい!って感じ。とにかくビックリした!
「天ざる」は、つゆが、天ぷらと蕎麦とで別れていた。
蕎麦ちょこに天ぷらの油が浮かぶのに、実はすごく抵抗があったの・・・
これは!ポイント高い!
あーーーー、近所にあったら、もうここにしか行かないだろーな
その証拠に、SYUは蕎麦湯を飲み干した後
「その余韻が消えてしまうのが惜しい」と言って水を飲むのも我慢していた
分店で、こんなにも満足がいく味ならば・・・
本店はさぞかし・・・

あ〜〜〜〜これはまた、釧路に行かなくてはいけないなぁ〜

おまけ
マンホールアート
マンホールに、色をぬりたくなった(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こんなふ〜にね!
クリックすると元のサイズで表示します


2010/4/6

あれ!を食べました〜  釧路総合振興局

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

釧路川に掛かる幣舞橋を渡ります。
太平洋はすぐそこ・・・磯の香りが漂っています

北大通りを、てくてく10分程歩きまして〜
クリックすると元のサイズで表示します
「あれ!」を食べに、和商市場にいきました。

クリックすると元のサイズで表示します
釧路といえば・・・「勝手丼」
一度、SYUに「勝手に寿司ネタを選ぶ」という体験をさせたかった(笑)
まずは、ごはんを勝手・・・?違った!・・・買って〜
クリックすると元のサイズで表示します

寿司ネタを、どんどんのっけていきます
クリックすると元のサイズで表示します

結果、こんなん出来ましたけど〜〜〜
(白っぽいのが私、赤っぽいのがSYU)
感想は・・・
上から読んでも下から読んでも・・・
「くしろよろしくーーーーーーーーっ」って感じです
クリックすると元のサイズで表示します
思い切り引いたところで・・・

お腹がいっぱいになった後は・・・
またMOOへ戻りました。
途中「千秋庵」の赤い看板をいち早く見つけたSYU
・・・・
彼の好物が「山親父」
クリックすると元のサイズで表示します

はい・・・釧路に来ても・・・おやつは「山親父」
♪千秋あ〜んのやまおやじ〜〜〜です
クリックすると元のサイズで表示します

私はというと・・・
やっぱり、釧路に来たら御当地銘菓でしょ〜
ということで「浦田」さんという店の「丸木舟」と「しとき」
実は・・・まだ食べていません
賞味期限が4月9日なので、そのうちに味わって食べたいと思います
クリックすると元のサイズで表示します

MOOに到着です
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
EGGという「温室」?「植物園」?に行くと椿が咲いていましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

商業施設をぶらぶら・・・
たまに試食(笑う)
一番気に入ったのがこれ!
「チーズせんべい」?
食べるほどに「チーズーーーーっ」て感じで、また戻って試食↓
SYUに「買ったら?」と言われる・・・
はい、すみません・・・
クリックすると元のサイズで表示します

2階、観光案内ブース内のテーブルに折鶴がありました。
こーゆーの、良いですね
クリックすると元のサイズで表示します

14時のチェックインまでに、まだ少し時間があります。
釧路川を見下ろしながら、ケーキを食べます。
壁には「クーちゃん」の写真が!
それを見て、初めて気がつきました
あ〜〜〜!釧路川ってクーちゃんの川!
川に面したこのカウンター席はクーちゃんを見る特等席だったようです(気が付くの遅すぎ・・・)
お疲れモードのSYU・・・
クリックすると元のサイズで表示します

疲れたときには、甘いもの
ケーキセットを注文します
SYUはチーズケーキ
クリックすると元のサイズで表示します
私はチョコ
クリックすると元のサイズで表示します
コーヒーはMISUZUでした!
SYUは、紅茶です
クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、14時になったので、ホテルに向かいます!
先に預けた荷物が、すでに部屋に入っていました
上階の角部屋!
最高の眺めです!!!!
眼下にMOOと幣舞橋〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します

い〜〜〜眺めでしょう〜〜〜〜


2010/4/5

釧路から帰りました!  釧路総合振興局

ただいまーーーーー!

4月3日から2泊3日で
太郎に見送られ、ちょっと釧路まで・・・SYUとふたり旅をしてきました!

クリックすると元のサイズで表示します

丘珠空港ターミナルビル2階の窓から、太郎が笑顔で手を振っています



クリックすると元のサイズで表示します
プロペラ機・・・
一瞬、「こんなに小さくて大丈夫か・・・」と、ヒルミましたが・・・
大丈夫です!
少々ゆれたものの、45分で道東の水産都市「釧路」に到着です
早ーい
バスだと釧路まで、まる一日掛けての移動だもの!
快適!快適!

クリックすると元のサイズで表示します
雲が低く、残念ながら昨年5月に「根室中標津空港」に行ったときのような絶景は無理でしたが・・・
多分、十勝平野かなぁ〜違うかな〜
日高山脈を越えると、こーーんな風景が見え隠れしました。

クリックすると元のサイズで表示します
釧路は・・・以外や以外
あったかいんです!
晴天の釧路に到着!

すぐに市内行き路線バス(阿寒バス)に乗り換えます。
飛行機の到着にあわせてバスが運行しています。
クリックすると元のサイズで表示します
この日の乗客は4名・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
採算・・・とれてないだろーなぁ〜

道も空いていました!
MOO前でバスを降りて、まずは1日目の宿「ラビスタ釧路川」に荷物を預け、早速観光スタートです!
クリックすると元のサイズで表示します先になってスタスタ歩くSYU

最初に向かったのは「港文館」というレンガ造りの建物です。
(私としたことが・・・啄木に心奪われて、建物の写真を撮るのを忘れました)
建物の横には啄木の銅像があります
碑面には「さいはての駅に降り立ち雪あかり さびしき町にあゆみ入りにき」とあります。筆は小奴です
クリックすると元のサイズで表示します

「港文館」とは、明治41年に啄木が釧路に滞在していた時に勤めていた「釧路新聞社」を再現した建物で、啄木資料館になっていました。
もちろん、見学です(無料←ここ大事)
クリックすると元のサイズで表示します

1階に喫茶スペースがあります
ストーブがついていました。
なんと!このアンテークモダンなストーブの側面にも啄木の歌が・・・
「神のごと遠く姿をあらわせる 阿寒の山の雪のあけぼの」

この歌を最後に、釧路から上京するんですよね?確か・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ストーブにあたりながら・・・(笑)
SYUと二人で食べたのは「石炭アイス」その名も”掘りたて炭譚たんたん”(250円)です
クリックすると元のサイズで表示します

釧路といえば、コールマイン!
このアイス、2007年に「日本農業新聞一村逸品大賞」の大賞を受賞しています!

クリックすると元のサイズで表示します
一番上は、太平洋をイメージしてブルー(あっさりソーダ味)
真ん中は、海面下の地層をイメージしてナチュラルブラウン(甘めのコーヒー味)
一番下は海底炭をイメージして石炭のブラック(チョコチップ入りゴマ味)

食べ進むほどに美味しくて、すっかり二人のツボにはまりました!

この後は、北大通りをJR釧路駅方面に歩き「和商市場」を目指します
ちょうど、昼時です!
目的は・・・「あれ!」
もうわかりますよね?
「あれ!」です!

「SYUと釧路ふたり旅」は、まだまだつづきます!
お楽しみに〜


2010/4/1

大変ながらく・・・  

お待たせを致しました。
発車いたします

エイプリルフールではありません

ちょうど、1カ月お休みしました。
乗務員休憩室の居心地が良く、もう少しお休みしようかと思ったのですが・・・
春ですので・・・より重たくなった腰を上げることにしました

この1カ月
我が家はいろんなことがありました。

その1
SYUが無事に中学校を卒業しました!
高校に進級出来るということで高価な学生服を買いに行きましたが・・・
Yシャツなんて、太郎のYシャツが4枚買えるくらい高価なものでしたが・・・
これから半年間の出張期間、アイロン掛けが困らないようにと5枚も用意(1週間分)しました。

その2
再び留学生のS君がホームスティに来てくれました!
長男に再会です。
今回は、スティ中に部活で登校ということもあり、また東京にも行く用事があり滞在期間は1週間と短いものでしたが「おいしい」という言葉を教えてもらいました。(前回は「北海道」という言葉を学びました)
半月以上も家にいて、教えてもらった言葉が「北海道」と「おいしい」だけ・・・
これって・・・どうよ・・・という訳で・・・
また、帰国前に(夏)遊びに来ると言ってくれたので、その時は「美人」という言葉を教えてもらい、連呼させる予定でいます

その3
更新休憩中も、毎日たくさんの方に訪問していただきました。
ありがとうございます。
遠くに住む親戚は、ブログが更新されないと我が家の様子が分からないと言って連絡をくれました(笑)
たくさんの方から「どーしたの」「なぜお休みするの」とメールやお電話を頂戴しました。なんだか不思議ですが・・・「あら?みなさん結構、気に掛けてくださってるのね」と、ちょっぴりうれしくなったりもしました(笑)

これからも〜
地味〜に「毎日のあんなことこんなこと」を書き残していきたいと思います。

と、宣言しましたが・・・
3日から2泊3日で、SYUと「母・息子ぶらり釧路旅」を楽しんできます(笑)
思いつきで釧路、阿寒を旅してきます
タロは4日がコンサート本番なので留守番です(←これが我が家流

更新・・・またまた怠りますが・・・
今後とも、よろしくお願いします

発車オ〜ラ〜イ

クリックすると元のサイズで表示します
長男、次男・・・ぞうさんと力くらべ(笑)
円山動物園にて




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ