ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/8/31

旅の終盤  函館そぞろ

「花かんろ」でカキ氷を食べたら・・・
もう、函館に未練はありません。

旧公会堂とBAYエリアを車窓見学して(笑)
函館とお別れです!

旅行最終日にして、こーーんな青空!
クリックすると元のサイズで表示します
あ!そーだ!
あの時の景色を見せてあげたい!と思い立ち・・・タロに話しました
「きじひき山に行きたい」って・・・

少し前の仕事で添乗員さんに、フライトまで時間があるから「きじひき山」へ行ってほしいと言われたこと
最初は、遠いので正直イヤだと思ったけれど・・・
行ってみたら、あまりの絶景に、思わず「ありがとう」と言ったことを話す。

タロはすんなり「いいよ」と・・・

SYUは、熟睡中でしたが・・・
(夜中まで夏休みの宿題をやっつけてました)

駐車場に到着すると・・・
率先して展望台にあがっていきます
クリックすると元のサイズで表示します

え??まさか・・・
寝てないよね・・・
多分・・・
あまりに、風が心地良かったから
しばらく、風にふかれて瞑想しているだけだと・・・思いたい
クリックすると元のサイズで表示します

だって!
見てください!
この景色〜〜

グレイトビュ〜!(定山渓ビューホテル?)

あれ?あまり上手に撮れてないよ・・・
(この前、写した写真があるから・・・いいや!って気持ちがどこかにありました)
クリックすると元のサイズで表示します

それに・・・
タロも、張り切って撮影しているしね
クリックすると元のサイズで表示します

羊蹄山も噴火湾も・・・バッチリでした〜

クリックすると元のサイズで表示します

この後は、あそこに行くんだよーーー
と、大沼・小沼を指差しながら・・・

「帰りは大沼に抜ける道があればいいね」と話しながら来た道を下ります
あるのかなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

大沼に到着です。
ほんとは・・・
湖上ランチがいいなと思い、予約の電話を入れたのですが
この日はあいにくの運休でした・・・

なので「源五郎」さんで「じゅんさいそば」にします。
ここの「牛弁当」も、なかなか有名なのだとか・・・

私は温かいそば、タロは冷たいそば
クリックすると元のサイズで表示します

SYUは、なんと「うな丼」と「鮎の塩焼き」を・・・
しぶいなぁ〜

「あんまり、お腹減ってないから」と・・・
ほんまかいな・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美味しかったよーで、なにより

食後はタロさん「ボートをこぎたい」と言い出しました
で、まずは公園に行きます

「高校生の時、ここでボートをこいで小島に上がったんだ」と
ほんまかいな・・・
クリックすると元のサイズで表示します

タロ・・・
想像以上に???ボートをこぐのが上手でした


私は水が怖いです
高校生の時、水泳の授業では・・・歩いてましたから。

しかも、旅行初日に天竜川の事故ニュースを旅館のテレビでみたばかりで・・・
救命胴衣を着けていないことに、すごく不安を覚え
「いやーー、こわい!こわい!」「おっかない!おっかない!」の連発です

多分、男子2人は私を乗せたことを後悔してたでしょう・・

帰路、今度はSYUがボートをこぎます
想像以上に下手でした(笑)

まだまだ・・・だな・・・笑


この後は・・・
来た道を・・・

静狩PAで休憩して・・・
黒松内道の駅で休憩して・・・
途中、ニセコ道の駅でプリンを食べて・・・
赤井川でソフトを食べて・・・

安全運転で帰りました。
あ〜〜〜、楽しかった〜〜

今度はどこに行こうかな〜

2011/8/31

函館ちょっぴりうまいもん  函館そぞろ

函館の朝・・・
他人の墓参りを済ませた後は”ちょっぴりグルメ旅”

まずは、絶対に食べてみたかった「あさりのコロッケ」
何度か、自転車を走らせ試みたけれど・・・いつも「うりきれ」・・・幻の味

事前に調べておきました!
9時開店と〜

で、10時過ぎに行ってみると・・・ありましたーーーー!

ほんとは・・・
ここでランチ(すき焼き)にしたかったのですが

なにせ、この日は旅行最終日・・・
午後に函館を出発すると、家に着くのが遅くなるのであきらめました
(タロもSYUも翌日も休みでしたが・・・私が仕事でした)
クリックすると元のサイズで表示します

私の前に、外車で乗りつけた女性がコロッケをオトナ買いしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

コロッケ以外にも、から揚げやシュウマイ、煮込みハンバーグなどの惣菜がいっぱい!
「すき焼き弁当」にココロ奪われそうになりましたが・・・
なんとか、その欲望をコロッケ3つだけに抑え店をでました。

「コロッケ、一つずつ袋に入れてください」という、わがままな客の要望にも笑顔の店員さん!

実は・・・ぜんぜんお腹がすいておらず
なんと、家に着いてから夜ご飯のおかずになったのですが・・・
これが!んまい!!!!

ちゃんと、牛の味がギューーーーッとつまっています!
ひとつ70円(値上がりした?)でしたが・・・それ以上の価値大です

一口目、食べたとき・・・目がまんまるになったSYUの顔が忘れられません〜
クリックすると元のサイズで表示します

続いては・・・
千秋庵總本家の山親父」です!
「山親父」は、SYUお気に入りのお菓子ですから!
一緒に店に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します

3人も入れば、いっぱいになる店内
先客がいたので、店内はびっしり
なのに、タロまで入ってきました(笑)

この外観!惹かれますよね〜〜
(隣の「冨茂登」さんも、いつか利用してみたいわ〜)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「どらやき」と「小萩饅頭」も買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほんとは・・・
「こがね」??のたこ焼きや「山田」の津軽そばも食べてみたかったのですが・・
時間とお腹の都合により、泣く泣くあきらめます

そして、私達が向かった先は「元町」です
別に、教会や寺を見たかった訳ではなく・・・

ここ↓が目的!
はい!「花かんろ」さんです。
クリックすると元のサイズで表示します

タロには「白玉クリームあんみつ」を無理やり?注文させて・・・
クリックすると元のサイズで表示します

SYUは「小倉金時全部のせ」で・・・笑
クリックすると元のサイズで表示します

で、私は・・・
氷いちごに練乳、アイスのせ!
クリックすると元のサイズで表示します

「ここの甘味を食べるために、今回は函館にしたんだから〜」と
「わざわざ、出掛けてまで食べたい味」・・・まさしく、私的ミシュラン☆☆☆スイーツです!


函館山ロープーエーのりばに車を置き、教会を見ながら「花かんろ」まで行ったんですが・・・
その先の「公会堂」などは、一切カットで、食べ終えるとまた来た道を戻りました・・・汗

おまけ

ドライブ途中で、色々なお菓子を購入

1、いつも前を通るたびに気になっていた蘭越町「渓流堂」さんのお菓子
「ニセコだんしゃく」が、以外(ごめんなさい)に美味しかった!
クリックすると元のサイズで表示します

2、八雲町の最中
酪農発祥の地ですから・・・「牛最中」
あら?知らないうちにお尻でふんずけちゃったみたい・・・
つぶれちゃってても、皮がパリパリ!餡も好み!また、買いたいわ〜
クリックすると元のサイズで表示します

2011/8/27

他人の墓参り  函館そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します
(タロとSYUのベッド)

最終日の朝です
青空です。

8時に朝ごはんを食べ、9時にホテルを出発!
朝から「トマトカレー」

欲張って、色々取りすぎました・・・
上も下も(写真)どちらも美しくないです・・・
クリックすると元のサイズで表示します

でもって・・・

かろうじて「はまなす」が咲いていた「立待岬」に行きました!
クリックすると元のサイズで表示します

途中、啄木のお墓をおまいりします。
クリックすると元のサイズで表示します

義弟、宮崎家の奥城も・・・
クリックすると元のサイズで表示します

岬に吹く風が気持ちよく、また、あまりの絶景に・・・
時の経つのを忘れてしまいそうでした。

次々とタクシー観光で来られる人達も、車を降りると「うわ〜〜〜」と感激の声をあげていました。


このあとは・・・
折角の機会なので「碧血碑」を見に行きます

クリックすると元のサイズで表示します

車を置いて、120メートルほど歩きます。
クリックすると元のサイズで表示します

隣には「柳川熊吉」の碑も・・・
新たな発見です!
クリックすると元のサイズで表示します

なんと!木道の脇に「スズメバチ」の巣も!!!

無事に車に戻り、ホッとしました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

このあとは・・・
函館ミニグルメ旅〜

2011/8/26

五勝手屋と函館の夜  函館そぞろ

江差のしめくくりは「五勝手屋羊羹」です。
SYUの好物ですから〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、先頭になって店に入るSYU
迷わず、まずは羊羹を買います
クリックすると元のサイズで表示します

そして・・・
「せきかわ」さんで甘味を食べ損ねた私は、夏を感じるお菓子「鮎焼き」を!
クリックすると元のサイズで表示します

なんと!中身は小豆ではなく
もっちり爽やか!ほんのりレモン?風味のあんでした!
これは、絶品〜〜〜〜!
もっと買ってくればよかったーーーーーーーと、一人でワメクが・・・もう遅い・・・
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても
函館も江差もそうですが・・・
老舗和菓子屋さんの店員さんは、若くても対応(接待)が行き届いています。
気持ちよく買い物が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

この後は、2日目の宿に直行です。
初日はすこし贅沢をしましたので・・・2日目の宿は価格をぐーんと落としました。
でも、施設も従業員さんもサービスも、値段以上にGOOD!でしたので、もうけものでした。
また、機会があれば利用したいと思います!

部屋で1時間ほど3人でボーーーッとします(仮眠)

そして、お風呂へ行きました。
「谷地頭温泉」です
雨が降ってきたので車で移動です。

「谷地頭温泉」のバス停を見つけ、車を駐車場にいれたら・・・
近くの福祉施設でした(汗)
クリックすると元のサイズで表示します

なんとか無事に温泉に到着!
クリックすると元のサイズで表示します

420円を支払って、入浴です。
脱衣所も洗い場もとにかくひろーーーい!
たくさん人がいても、窮屈さは感じません。

この日も月に一度、森町から入浴にきているという人がいました。
地元の人が「函館はいい街だよーー。引っ越せばいいっしょ」と、しきりに誘っています(笑)
「いやーー、わだしまだわがいもの・・・まんだ、まだ、はんだらがねばなんないっしょ、ひっごせないべさーー」

ピリッと熱い、赤い湯につかり
そんな会話を聞いてます・・・

極楽〜ごくらく〜〜
(露天風呂は五稜星の形でした)

その後は、電話予約しておいた近くの寿司屋「江戸松」さんで夕食です

私は「特上生寿司」1900円を(←安い!)これでも、握りでは2番目に高いのです。
クリックすると元のサイズで表示します

タロとSYUは、大奮発して「浜ちらし」3000円を!(←実は、これが最初から目的でした)このお重・・・実物はかなり大きいです。
クリックすると元のサイズで表示します

酢飯の味も硬さも・・・握りの大きさも、ネタの厚さも(笑)もちろん鮮度も!最高!
庶民の私にとっては、今までで一番の寿司屋です(もっと高級店はたくさんあるんでしょうが)

SYUは、回らない寿司屋に初めて入ったと喜んでいました。

・・・そうだったんだ・・・

大・大・大満足でお店を出ます。
山を見ると・・・頂に雲が掛かっています。
夜景をあきらめ、再び宿へ

ところが・・・
部屋の窓から山を見るとだんだん雲が薄れていきます。

SYUは、夏休みの宿題・・・を、やっつけ中でしたが(旅に出てまで・・・)

なんと!21時に夜景を見に行きました。
ロープーエー最終は22時
最後まで粘って夜景観賞

見えたり曇ったり・・・

帰りのロープーエーの中で、カメラを持った若者が「スパッと見えるよりも、今日のような夜景の方が味があって見ごたえがあります」と・・・
地元の男子らしい感じ
「どうぞ、前のほうに・・・」なんて窓側の場所を譲ってくれようとしたり・・・

彼の言葉に癒されました(笑)
「幻想的な夜景を見た」ということで?納得して宿に戻ります。


2011/8/25

いにしえ街道  桧山振興局

ほんとは「かもめ島」をゆっくり歩いてみたかったのですが・・・
時間がありません。

午後からは「いにしえ街道」を散策・・・
はい・・・一人で

タロとSYUはくたびれてしまったようで、「せきかわ」さんというカフェで一休み。
実はココ、一度行ってみたかったカフェ
「抹茶ミルク」と「クリームぜんざい」を食べて、私が散歩から戻るのを待っていてもらいます。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは「姥神大神宮」へ
少し前にお祭りがあったばかりで、山車も公開されていました
クリックすると元のサイズで表示します

足袋もたくさん干してありました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

「檜山爾志郡役所」(郷土資料館)です
少し高台にあり、とても目立つモダンな建物です。
クリックすると元のサイズで表示します

酒屋さんです!
なんともオシャレ!
クリックすると元のサイズで表示します

傍らの駐車場壁に「江差追分」さすが!
クリックすると元のサイズで表示します

そういえば・・・
港にも・・・
「江差追分」
クリックすると元のサイズで表示します

時間の都合で「追分会館」には行きませんでしたが
東本願寺江差別院に行ってきました!
クリックすると元のサイズで表示します

なぜなら・・・
江差追分の祖師「佐之市」の碑があるからです

詳しくはこちら⇒http://www.hokkaido-esashi.jp/kankou/higashi/top.htm

クリックすると元のサイズで表示します

♪かも〜〜め〜〜〜〜〜〜〜っ〜〜〜〜〜〜〜っ〜〜っ〜〜〜〜〜〜の〜〜〜〜〜

とは唄わず・・・

写真だけ写し、足早に階段を下ります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「せきかわ」さんに行くと
タロとSYUが「もう帰ってきたの〜〜〜?」と、目を丸くして驚いていました(笑)

この後は、江差スイーツを買い込み、函館市内へ戻ります!

2011/8/25

いよいよ江差  桧山振興局

いよいよ江差です
「繁次郎浜」です
クリックすると元のサイズで表示します

「笑え わらえ へば ええごとある」
繁次郎に、ご対面です!


「笑え わらえ へば ええごとある」
よね?
クリックすると元のサイズで表示します

ここで「繁次郎せんべい」と
クリックすると元のサイズで表示します

「繁次郎まんじゅう」を、お土産に買いました。
チョコレートまんじゅうで、中は「白あん」だそうです。
なつかしい?感じ?
クリックすると元のサイズで表示します

そして、タロの熱烈的な希望で「開陽丸」を見学します
クリックすると元のサイズで表示します

ぜんっぜん、うまく写真が撮れません。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、SYUが赤ちゃんの頃に一度来たことがあります。
もちろん・・・そのときのことを覚えているはずもなく・・・
興味深々で、展示物をひとつひとつ見学する二人
ただ・・・後を付いていく私・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近代海軍の創設をめざし、幕府は開陽丸の製造と併せ、技術習得のためにオランダに15名の留学生を送ったのです。
そのうちの5名が「ライデン大学」に留学

秋にオランダを旅するSYU
なんと「ライデン大学」日本語学科の学生さんに街を案内してもらうのだそうです!

VTRを見ながら「あっ!」と反応していました。

そういえば・・・五稜郭も西洋(オランダ)式の城郭・・・
今回は、オランダと深いつながりのある道南の旅

研修旅行の事前学習になったかな・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

じっくりと見学した後は・・・
横山家で「ニシンそば」を食べます。


クリックすると元のサイズで表示します

濃くて甘めの汁は好みの味です。
クリックすると元のサイズで表示します

食事の後は、建物を見学します。

「ここ、座りやすいでしょ〜〜」と・・・
しばらく、腰掛けて説明を聞きます。


こんなポスターが・・・
女将さんですね!
粋ですね〜〜(ため息)
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ

昨日、夕食を食べてるときにSYUがポツリと言いました

「今度から、人のことを悪く言うのも、思うのもやめようと思う」

「思うのも」って、かなりむずかしいと思います。

確かに「思う」だけで・・・言葉にしなくても感情は相手に伝わります。

・・・・・・・・・・・
かなり、ココロに響きました。

一呼吸おいて・・・
「お母さんも、そう出来るように努力するわ」と言いました。

子供に教えられています。


2011/8/24

館城跡  渡島総合振興局

朝食は、朝イカのお造りが甘くて美味しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
旅行の時は、朝食・夕食ともにバイキング料理の宿に宿泊することが多い我が家ですが・・・
「食事は部屋食がくつろげて、移動の手間もはぶけて良いね」と3人の意見が一致する。

朝風呂にも入り9時半頃、宿を出発!
旅行2日目は、タロの希望で「江差」を観光します。

道は私・・・
ぜんぜん詳しくありませんので(かなりの方向音痴です)
一番わかりやすい函館新道を通り、中山峠を越えます。

峠を上り「鶉」という町に入ったとき
「あ・・・そういえば、この辺にも碧血碑」があるんだよねー
と、つぶやいたら・・・
「止まるかい?」とタロ・・・

私の勉強にとても協力的です(涙)

で、止まってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

箱館戦争の激戦地も・・・
今はダムの底です
クリックすると元のサイズで表示します

周囲は断崖絶壁、その峡谷に山道と鶉川の急流があったため松前軍の重要な砦となり、箱館戦争の際は戦場となった場所。

松前軍はここに木の柵を構えて関門を設け、100余名の兵を配置し、大きな丸太を吊り、綱を切ると落下する仕掛けにして、4門の砲座や胸壁も作りました。
しかし、明治元年(1868)11月12日の戦いで、幕府脱走軍200余名の兵は、正面突破隊と左右の山をよじ登った隊に分かれて山頂から塞門を真下に銃撃する奇襲作戦を取ったため、不意をつかれた松前軍は4時間あまりに渡って奮戦するものの、あえなく敗北。この敗戦が館城の運命を決定的なものにしたと言われています。

福山城(松前城)陥落史には、最も熾烈を極めた激戦地はこの地と記されており、大正8年には有志によって碧血碑が建立されています。
(看板案内文より抜粋)

ほんとは「鷹の落とし場」とか「二股古戦場」とか・・・
まだまだ確認したいものがありましたが・・・

どの位置に見えてくるのか?しょっちゅう行くルートではないので大まかな場所しか分からず・・・
「あった!」と、気が付いたときには通過〜〜〜
車は急に止まれないということでスルーでした。


でも「館城跡」は行ってみたかった〜
独り言で、ぶつぶつつぶやいていたら
「じゃー、ちょっと寄ってみるかい?」とタロ
ありがとうございます!

こんな立派な門構え
クリックすると元のサイズで表示します

榎本武揚率いる幕府脱走軍がエゾ地に向かい松前城へ攻撃することを考え、松前藩は急いで館に移りました。
ここは、海岸から遠く敵を防ぐのに最良の土地。
住民を動員して突貫工事を(50日)行い、藩主徳広以下一族の引越しが完了。
ところが、予想以上に脱走軍の進撃は早く、たちまち五稜郭を占領、11月5日には松前城も攻め落とされ、館城に引越し間もない藩主一行は熊石に退き、津軽の逃れましたが・・・藩主徳広はその後、まもなく25歳で亡くなったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在も、土台石や土塁、お堀、井戸、便所跡が残っています
クリックすると元のサイズで表示します

また、当時米蔵があったところを掘ると、黒い炭になった焼けたお米が出てくるということで・・・
展示してありました。
また、この日も遺跡の発掘も行われていました。
クリックすると元のサイズで表示します

あ!お城も建っていましたよ(笑)
春は桜が、きれいな公園です!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
この戦いで「エゾの弁慶」といわれた三上超順
松前法華寺のお坊さんでしたが、腕力が強く、武芸に優れていたところから藩主徳広に認められ、その親衛隊である「正義隊」の隊長になった人物。

丸坊主頭で陣羽織をまとい、左手にまな板を持ってピストルの弾を防ぎ、右手の大刀をふるって戦ったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

相撲好きの田舎力士、山田某が館城跡の中を通る旧道沿いに見事な球形をした大石を発見し自宅に持ち帰って毎日のようにこの石で力試しをしていました。ところが、そのうちに奥さんが病気になってしまったのです。
すると、「拾った石は館城で戦死した三上超順の力試しの石だから、元に戻した方がよい」とある人から言われたため、厚沢部町館地区にある正定寺の境内に安置しました。
その後、彼の妻は元気を取り戻しました。

昭和43年10月、館城跡100年を記念して、正定寺境内から館城跡にこの石を移し、碑を建てて保存したそうです。

おまけのおまけ
元の小学校跡地が公園になっていました。
しばら〜く、ブランコで遊ぶSYU・・・
クリックすると元のサイズで表示します



2011/8/23

お決まりの五稜郭見学  函館そぞろ

鷲の木村を出発し、一路函館市内へ

旅行初日の市内見学は「五稜郭」のみ
あとは、宿でのんびりします。


五稜郭って・・・
乗用車の駐車場がないんですね・・・
今まで、気が付きませんでした。
周辺をかなりウロウロ

結局、持っていってたパンフレットをみたら「駐車場はありませんので近くの有料Pをご利用下さい」と・・・

私達と同じように、周辺をうろついている車・・・多数でした。

で、隣の美術館のPに車を止めて行ってきました。

まずは「奉行所」から〜
ま・・・
私は、何度か見学してるし・・・
この後も仕事で行きますし・・・
今回は、500円をケチりまして、男子二人で見学です
クリックすると元のサイズで表示します

私は、向かいにある売店でボーーーーッとしていました↓

クリックすると元のサイズで表示します

30分以上経っても戻ってこないので、しびれを切らして電話・・・
じっくり見学したようで・・・
「いやーーー、なかなか興味深くて・・・良かったよ」と・・・

私だったら
「へ〜、は〜」と、建物をチラッと見学して10分もあれば見学終了なんだけどな・・・

感想なんか聞いててると、こっちの方が勉強になります

それよりも
ようやく戻ってきたのでソフトクリームが食べれます

ここのソフト
密かに美味です!
特に「奉行所珈琲」味がオススメ!
私はミックスを食べました

色が・・・わかりにくいわ〜
クリックすると元のサイズで表示します

で、「キャラメル」も買いました。
ほとんど、SYUが一人食いです。
クリックすると元のサイズで表示します


タワーは私も上ります。
クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮るタロさん
真剣です・・・
クリックすると元のサイズで表示します

下北・津軽半島もバッチリ!
山だって・・・この通り!
でも、この日に夜景は見に行きませんでした。

宿で、ゆっくりしたいので・・・
クリックすると元のサイズで表示します

SYUが「六花亭すごいコマーシャル」と・・・屋根を指差しています
なるほど・・・
ズームにして写してみました!

さすが〜!
クリックすると元のサイズで表示します

で、湯の川の宿に到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に入り、担当の仲居さんに紫芋羊羹と緑茶のおもてなしを受けます。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は満室だったようで、従業員は忙しそうにしていました。
夕食の時間を19時にお願いしたら、ありがたがられました

きっと、函館は夜景を見に行くお客様が殆どなので夕食を早めに済ませる方が多いのでしょう

クリックすると元のサイズで表示します

「キンキのから揚げ」も頭からまるごとかぶりつき・・・
カリカリっと揚がってて美味でした。

マンプクすぎたのと・・・
お酒の酔いも、いつもより早くまわり・・・

あっという間に眠ってしまいました・・・
もったいないっ

2011/8/22

榎本武揚上陸の地  渡島総合振興局

2泊3日で「函館」へ家族旅行に出掛けました。
週間天気では雨の予報でしたが・・・
こんな青空に〜

高速道路の八雲ハイウェイオアシスで休憩
「ハーベスター八雲」でランチです。
クリックすると元のサイズで表示します

すごーーく、混んでいたので「お持ち帰り」でピザとフライドチキンを注文
屋外で食べました。
なかなかボリュームがあり・・・
食べきれませんでした・・・

クリックすると元のサイズで表示します



道央自動車道の終点「落部」で降りて国道に合流です。

やがて「森町」に入り・・・
前から気になっていた鷲の木村の「榎本武揚上陸の地」を歩いてみることに・・・
クリックすると元のサイズで表示します

鷲の木稲荷神社の裏にある、急な階段を下っていきます。

一つだけ、ポツンと石碑が建っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

本当は、海岸へ出てみたかったのですが・・・
鉄道線路を渡らなければなりません・・・
クリックすると元のサイズで表示します


残念ですが、あきらめました。
クリックすると元のサイズで表示します

明治元年10月20日、榎本武揚率いる徳川幕府脱走軍の軍艦開陽丸など7艦が初めて北海道に着いた港
榎本武揚の他、松平太郎、大鳥圭介、土方歳三など2000人以上の陸軍兵士が上陸。
明治2年5月、箱館戦争が終わるまで負傷者や病人の療養地になったのが森町。

今は「駅弁いかめし」で、全国区で有名な町・・・


お社の近くには「箱館戦争戦没者慰霊碑」もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私は、どちらかというと歴史は苦手(学生時代、ぜんぜん勉強してこなかった)
でも、夫も息子も歴史好き!

今回の3日間は「箱館戦争」の歴史を学ぶ旅のような内容になってしまったけれど・・・
私以上に、男子2人が楽しんでいたようでホッとしました。


2011/8/22

夏!  主婦花子

お盆は、両親、弟家族と一緒に車庫で焼肉をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

お腹一杯になると・・・
子供達は「水鉄砲」で遊びはじめました。



そして・・・
恒例の「スイカ割り」です(笑)

ばーちゃんが育てた「マダーボール」と「らいでんスイカ」
子供達3人が、代わる代わるに挑戦です!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



今年も”夏”を楽しみました!!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ