ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2012/9/30

匠の道を歩いてみました  日高振興局

二風谷の「匠の道」を歩きます
クリックすると元のサイズで表示します

野菊がきれいです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とってもステキな工芸品!
クリックすると元のサイズで表示します


「長寿の長いす」に座り写真を撮ります
これで3年長生き!笑
クリックすると元のサイズで表示します

「萱野茂二風谷アイヌ資料館」前のチセ群
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先日、火災でチセが2棟焼けました。
ビックリしました。
残念です

クリックすると元のサイズで表示します

たくさん歩いた後は、出発時間まで国道沿の「アイヌ料理」のお店で一休み!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オオウバユリの球根の団子
クリックすると元のサイズで表示します

その後は、またJR札幌駅へ戻ります。

地元スタッフの方による案内は、本気ですばらしいです!
故郷を愛する気持ちでいっぱいなので、心を打つお話が
できるのでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
沙流川の歴史文化と馬産地日高(日高地区・門別地区)をめぐる「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバス(国道237号びニックネーム)も運行中(11月中旬まで)


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/29

「ニシパの恋人ランチ」って知ってますか?  日高振興局

JR札幌駅北口から平取町へ、11月10日までの毎週土曜日無料送迎シャトルバスを運行しています。
高速道路を利用すると1時間40分で到着!
平取町は、札幌から意外と近いのです。

町内の見どころを循環する無料シャトルバスでそれぞれの平取を楽しみます。
地元のボランティアスタッフのガイド付です!

ところで、平取町「新・ご当地グルメ ニシパの恋人ランチ」ってご存知ですか?
平取町の特産品である、トマト・和牛・黒豚・米などを使ったメニューで町内6店の飲食店で提供しています。
まさに地産地消ですね。

ルールは6つ!

❶びらとりトマトまたはびらとりトマトの加工品を使用する。
❷お肉は「びらとり和牛」または「平取産黒豚」のいずれかを使用する。
❸お米は平取産をを使用する。
❹野菜は、収穫状況などによりやむを得ない場合を除き、平取産の旬のものを使用する。
❺必ず所定の「のぼり」を立てる。
❻価格は全店980円(税込)とする。

こちらは「味処 いこい」さんのニシパの恋人ランチです。
じっくり焼き上げた黒豚ハンバーグと黒豚を何層かに重ねて揚げたカツがメイン!
カツの上のトマトソースもお店のオリジナルです。
クリックすると元のサイズで表示します

食後はニシパの恋人トマトジュースかトマトのシロップ煮かで選択出来ますが・・・
断然!お勧めなのがシロップ煮!
冷たい!うまい!サッパリした甘さ!!
本気で「おかわり!」と叫びたくなりました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして「焼肉 沙流苑」さんのニシパの恋人ランチ!
大きなボールの中にごはんと串が4本!
特製味付ジンギスカン、和牛・黒豚・トマトベーコンです!
クリックすると元のサイズで表示します

食後はニシパの恋人トマトジュースかトマトアイスクリームかで選択できます。
アイスクリームをいただきました!
ん〜!色を見なければ隣のバニラと味にはそう変わりはないかな?
これならトマトが苦手な人でもOKでしょう!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その他4店舗すべて制覇したいな〜
また、無料バスで平取町に行かなくちゃ!笑


平取町のお土産に「ニシパの恋人」トマトジュースはいかがですか?
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
沙流川の歴史文化と馬産地日高(日高地区・門別地区)をめぐる「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバス(国道237号びニックネーム)も運行中(11月中旬まで)


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/28

無料バスで平取へ!文化的景観  日高振興局

無料シャトルバスで日高路散歩の続きです

「文化的景観」って、聞いた事ありますか?
説明書によると「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で、我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことができないもの」をさす文化財とあります。

その中でも平取町は「アイヌの伝統と近代開拓による沙流川流域の文化的景観」として2007年(平成19年)7月26日に重要文化的景観(国選定)に指定されました。

この重要文化的景観は全国に19カ所あり、平取町は全国で3番目、道内ではここだけの指定なのです。

「文化的景観」を求めて平取町を探検します!

オプシヌプリ」(穴あき山)沙流川の対岸に見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

昔、十勝方面から別のアイヌ民族が来て、日高アイヌと技比べをした。
先にオキクルミカムイが矢を放ち山に穴を開けた。これを見て「こんなすばらしい神様がいる所にはいられない」と逃げたというお話。
この時放った矢は「ヨモギの矢」だったとか、穴の向こうではヨモギがたくさん採れるそうです。
ヨモギは春早くに生える草。アイヌの人達も薬草や食料に使ったそうです。

夏至の頃、くぼみに太陽が沈んでいくようすを見に訪ねてみたいです!

スタッフが写真で説明してくれるので、探しやすいです!
クリックすると元のサイズで表示します

途中、国道をはずれ「荷負本町」(旧道)をスズランの群生地、芽生まで移動します。

松浦武四郎展望の地1858年、北海道の名付け親松浦武四郎はここから幌尻岳を眺めた。ここから山越えをして沙流川本流へ向かいます。71歳まで長生きしました。
クリックすると元のサイズで表示します


ウンチャシ(水の神様)と、アペクンチ・ニオイチャシ(火の神様)写真はニオイチャシ

火の神と水の神は仲が悪くケンカばかりしていた。ある日、火の神が火事を出したが消す事が出来ない。そこで隣の水の神にお願いすると、豪雨になりあっという間に火が消えた。それから2つの神が仲良くなった。

クリックすると元のサイズで表示します


旧木村石五郎邸(桜の群生地)・・・遠くに赤いサイロと屋根の家芽生(メム)地区へ移動
かつて、この辺り密林に大湿原であったところ。
メムとは、湧き水というアイヌ語。
その昔、アイヌの人達のイオル(狩場)で、川沿いにコタン(村)があった。
大正時代から本格的に開拓が始まり、造林や炭焼きのために人が入り、諸岩になって農業が進み、戦後は東京からの開拓団の中から6県がここに入った。
その中の一人、木村石五郎さんの住宅と牛舎がまだ残されている。
石田さんは、東京芸大の卒業生で桜の木が大好きで裏山を桜でいっぱいにした。
今はもう、ここには誰も住んでいません。
クリックすると元のサイズで表示します

三本のハルニレ樹齢370年。(御神木)
一時は開拓の邪魔になるし、作物が影になるので切ろうと思い3人のきこりがノコギリをたてたがどうしても切なかった。きっと神が宿っているのだろうと村の人達に大切にされてきた。
クリックすると元のサイズで表示します

宿主別橋・川(しゅくしゅべつ)この下流に平取ダムが建設される予定です。
クリックすると元のサイズで表示します


15haのスズラン群生地明治時代、軍馬の生産を目的に馬を飼うことを奨励し、ここで馬を放しました。
馬は色々な草花を食べますが、毒のあるスズランだけは残しました。
そこで、スズランだけが繁殖し道内一のスズラン繁殖地になったのです

今は、なんにも咲いてなくて草がボーボーでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スタッフの案内で町営牧場へ移動します
びらとり和牛の生産をしています

ここも昔は森林地帯でしたが、牧場にするために木を切りました。
しかし、馬や牛うを涼ませるために、あえて数本の木を残したのです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

突き出た絶壁も、アイヌの人達の祈りの場であったところです。
クリックすると元のサイズで表示します

日高の旅、まだまだ続きます!

おまけ
沙流川の歴史文化と馬産地日高(日高地区・門別地区)をめぐる「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバス(国道237号びニックネーム)も運行中(11月中旬まで)


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/26

無料送迎バスで日高路さんぽ  日高振興局

JR札幌駅北口から平取町へ、11月10日までの毎週土曜日無料送迎シャトルバスを運行しています。
高速道路を利用すると1時間40分で到着!
平取町は、札幌から意外と近いのです。

町内の見どころを循環する無料シャトルバスでそれぞれの平取を楽しみます。
地元のボランティアスタッフのガイド付です!


この日は・・・
まずは「義経神社」へ行きました。
参門には「イザベラバード」の案内板があります。←詳しくはコチラから
クリックすると元のサイズで表示します

皆さん、がんばって108段の階段をのぼります
クリックすると元のサイズで表示します

栗がたくさん落ちてます。
頭に落っこちてきたら・・・痛いだろーな〜なんて
クリックすると元のサイズで表示します

義経が植えたとされる栗の木
新しい「しめ縄」がついていました
クリックすると元のサイズで表示します

ノボリには、愛馬の勝鞍を願う生産者の思いが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして「二風谷ダム」を見学
ワタシは、このダムに関しては複雑な思いを抱いています。
なので、ここに立つたびに悲しくなるのです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

湖畔に、ステキなテーブルセットがありました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

収穫体験が出来たのはラッキーでした!
平取町といえばトマト!
スタッフの方達が、大切に育てた無農薬のトマトです
クリックすると元のサイズで表示します

ん〜〜〜〜っ
おいしっ!
太陽の味です!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして特別に「とうきびもぎ体験」も!
虫がにょろにょろ
それだけ、美味しい〜って証拠ですよね!
実がパンパンに入ってて、じゅわ〜っと甘くいとうきびでした!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お土産をたくさん頂いて、バスに戻ります!
クリックすると元のサイズで表示します


平取町無料シャトルバスの旅、まだまだつづく!

おまけ
沙流川の歴史文化と馬産地日高(日高地区・門別地区)をめぐる「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバス(国道237号びニックネーム)も運行中(11月中旬まで)


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/24

おかげさまで46才!  主婦花子

今日、早く仕事が終わりました。

yukihanaさんから何度となく連絡を頂いていて、突然ですが待ち合わせることになりました。


なほちゃん、ワタシを見つけるなりお手紙をくれました
クリックすると元のサイズで表示します

こーゆーのに、弱いんですよね・・・
うるうる

クリックすると元のサイズで表示します

この前、郵送でカメラのヒモ?をいただいたばかりなのに
クリックすると元のサイズで表示します

シアワセを呼ぶんですよね!このお馬さん!
ダーラヘストのフキン!
台所、きれいにしなきゃ・・・汗
クリックすると元のサイズで表示します

バースデーカードまで
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おかげさまで、46才になります。

yukihanaさん、オフになったらオリペン抱えて「カメラ散歩」しましょう!


明日から4泊5日の修学旅行!
まだまだ1軍メンバーとしてがんばります!泣


おまけ
家族には「おめでとう」を言ってもらえなかったけれど
出張先でお祝いしていただきました!
ありがとうございました
クリックすると元のサイズで表示します



ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/24

パーソナルルーム  SYUのこと

ツアー最終日でした。

昨日は、SYUの友達が3人も遊びにきてくれました。
こんな田舎まで・・・
男子2人に女子1人

以外や以外で「人生ゲーム」で盛り上がったそーです。
クリックすると元のサイズで表示します

そーだ
SYUに注意をうけました
「家は家族の共有スペースだとは分かるけど、ノックをしないでパーソナルルームに入ってくるのはやめて」と

パーソナルルームって何さ・・・?
プライベートルームで良いんでない?
普段、英語使うなら、もう少しマシな点数取んなさいよ!って叫びたかったけど我慢した。
まったく、うちの男子2人はそろって難しい言葉の使い方をする。
親子って似るんだなぁ〜

友達がイロイロ、お菓子を持ってきてくれたらしく
その一つがハワイのチョコだった。
夏休みにあそびにいったらしいです。
うらやましいです。
ワタシはパスポートを持っていません。
北海道中をうろうろするのが精一杯です。


そうそう
数日前に、更に短く髪の毛を切ったんだけど・・・
ドライバーさんに「ザシキワラシみたい」と言われた。泣

ちまたでは「髪の毛切って、最近ドライヤーを持ってあるいてるらしい」とささやかれてるとか・・・

たしかに・・・

それまでは、出張先でもドライヤーをかけることもなく・・・
ただ、カーラーで巻いて翌朝手くしで整え1本しばりで終了でしたから

それにしてもみんな、良くみてるなぁ〜
髪の毛セットのため、少しだけ早起きするよーになったこのごろです。

シーズン終了まであと1カ月ちょい
がんばります!

おまけ
1ヶ月前に、空港で食べた白樺山荘のラーメン
ラーメン横丁店とは味が違うのかなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/22

網走番外編その2  オホーツク総合振興局

網走早朝さんぽ

見えてきました「わかば幼稚園」
クリックすると元のサイズで表示します

はい、次なる目的は「永専寺」さんでした。
初代住職の寺永法専さんは免囚保護の父と言われた方
出所しても帰るあてのない者、職のない者をこの寺で預かり面倒をみたのです。

詳しい話の続きは、観光バスに乗りバスガイドに聞いてね!
クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで(←どんなんだ?)
かつての網走刑務所の山門と赤レンガ塀がこのお寺に寄贈されました。
運んだのも、赤い着物をまとった囚人達です。
クリックすると元のサイズで表示します

装飾も洋風で、よく見るとステキ!
クリックすると元のサイズで表示します

裏側からも見てみます
ここに来るのは、二度目!
一度目は20年も前に、ガイド研究会で・・・
クリックすると元のサイズで表示します

この高さの塀なら、軽く飛び越えられそう!
ワタシは無理だけど・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このまま、道の駅まで歩きたい気分でしたが・・・
待ち合わせの時間までには宿に戻らなくてはいけません。

早歩きで、それでも途中気になるものをパシャパシャしながら駅前へ向かいます

前夜、「キンキ」のフルコースを頂いた「花のれん」さん
朝顔がキレイでした!
クリックすると元のサイズで表示します

次回は食べたい「網走焼きちゃんぽん」の店
クリックすると元のサイズで表示します

そして「ジアス」さん!
クリックすると元のサイズで表示します

流氷のカクテルも飲めるそうですよ!
新千歳空港3階にもあるんです!ジアスさん。
フードメニューもあるそうなので、今シーズン中に必ず行こう!と自分に誓う!んですが・・・
そう思ってると、なかなか空港で早く終わるような仕事が付かないんですよね。
でも、行く!
クリックすると元のサイズで表示します

更てくてくしてたら「旧網走駅跡」の碑がありました。
説明版によると〜

十勝の池田から着工した網走線は、大正元年(1912年)野付牛経由で網走まで開通し、昭和7年までここに駅がありました。その後、駅舎が新町に移転すると貨物専用の浜網走駅となり昭和44年まで使用しました〜とのことです。
クリックすると元のサイズで表示します

前日、網走川をカヌーでさかのぼった時のゴール地点にかかる橋
駅前の方を展望します
クリックすると元のサイズで表示します

「網走地ビール館」にも行ってみたかったわ〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
今度は水芭蕉が咲く春の季節に、網走市内を自転車で駆け巡りたい!
あ・・・・電動自転車で・・・ね。
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/21

網走番外編その1  オホーツク総合振興局

駅前の東横イン
部屋から眼下に網走駅

少し早起きして駅界隈の散歩を楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します

知ってました?
駅前の街灯は「ニポポ」なんです!
クリックすると元のサイズで表示します

電話ボックスもかつては「ニポポ」だったのね
今は「流氷とクリオネ」
最近はみなさん、携帯電話を持ってるので需要は減っていると思うけれど
なくなったら困るわよね
クリックすると元のサイズで表示します


そして、観光バスが駅前を通過する時のガイドのポイントNO1が駅看板
クリックすると元のサイズで表示します

珍しい縦書きの駅看板
網走刑務所で服役した元受刑者は、出所したらほとんどの方はこの駅を利用しました
「横道にそれずにまっとうな人生を歩んでほしい」との願いをこめて縦書き。
クリックすると元のサイズで表示します

「モヨロ貝塚人」
6〜8世紀頃、サハリンなどの北方からオホーツク海に渡来した「オホーツク文化」の人々。クジラ、アザラシ、トドなどを生きる糧とする古代の優れた海洋狩猟民族
クリックすると元のサイズで表示します

顔ハメ
顔を入れてみたけれど・・・
撮影してくれる人がいなかった。笑
クリックすると元のサイズで表示します

天気が良い・・・というのか良すぎるので
そのまま普段観光バスで走るルートをオホーツク海に向かって歩いてみました

「建物の形が魚の形にみえる」と案内する美術館。
クリックすると元のサイズで表示します

前庭には幾つかの彫刻がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほかにも、本郷新、坂坦道、佐藤忠良
私でも知ってる、超有名な方ばかりの作品です!

本郷新さんの作品は、オホーツクの漁夫の他に・・・
こんなのもありました「大漁」
いかにも漁業の町、網走らしいですね!
クリックすると元のサイズで表示します

早朝ですので開いてはいませんでしたが・・・
入ってみたい喫茶店がありました

釣具店の喫茶店「HIRO」
クリックすると元のサイズで表示します

この看板にそそられます「ヒロ」
よーく見ると、うっすらと「釣具店」の文字が。笑
クリックすると元のサイズで表示します

「読書喫茶」って言葉、初めて聞いた?読んだ?かも・・・
その名も「ブラボー」
クリックすると元のサイズで表示します

ほんとに営業してるのか?疑いたくなる(汗)レトロぶり
お邪魔してみたいっ
クリックすると元のサイズで表示します

ここもカフェかな?「さわ」
魚の看板が、やっぱり港町らしいわ〜
クリックすると元のサイズで表示します

なんだか面白いわ〜
またプライベートで旅したいチパシリ!

早朝散歩
もう少し続きます!

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/19

オータムフェストをチラ見  石狩振興局

そういえば、少しだけ時間ができたので
初日にさっぽろオータムフェストをのぞいてきました。
実は、会場をぶらぶらするのは初めてなのです。
すーーーっごい人出でしたよ〜




噂には聞いていましたが・・・
実際に食べるのは初めてです!
紋別市のズワイガニ甲羅焼き
甲羅の中にミソと剥き身がいっぱい!
見た目もディープインパクトですねっ。笑
炭で焼きたてをいただきます!
クリックすると元のサイズで表示します

とっても贅沢すぎました。
たしか1つ800円!なかなか自分で買うには勇気がいる値段です。
今回はゴチソウになりました。
ありがとうございます!
クリックすると元のサイズで表示します

大通公園で殻つきウニを食べる経験も、そう出来るものではありません。
これは、写真だけ撮らせてもらいました。笑
クリックすると元のサイズで表示します

うふふ
でも、ちゃんと「うにめし」は食べましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します


すると
どこからともなく「ゆうばりメロン熊」が・・・
たくさんの人に囲まれ大人気でしたよ!
でも・・・
近くでみると、結構怖いの・・・顔が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

他にも、こーんな豪快なパエリアや
クリックすると元のサイズで表示します

安平町の手作りソーセージがありました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

どれもこれも美味しそうです!


日高のトンネルで貯蔵したというワインを飲みながらのんびりしたい気分でしたが・・・
そうそうに切り上げるのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

鶴沼の「貴腐葡萄2004」は、詳しくは分かりませんが・・・
貴重な1本で、めったにお目にかかれないのだそーです。
へーーーーっ
クリックすると元のサイズで表示します

もう一度くらい行けるかなぁ〜
今度は、あれとこれと・・・それを食べよう!

お知らせ
今日は休みなので、まとめてブログの更新が出来るかなぁ〜と思っていましたが・・・
teacup、またまた長時間のメンテナンスに入ります。泣

おまけ
ぐうブログ更新しました⇒「小樽市ル・キャトリエム」さんでお一人様ランチ!

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/9/18

念願の「JOE」さんへいきました  函館そぞろ

かれこれ2週間も前のことですが、念願の「JOE」さんへ
以前、宮さんに教えてもらいトライしましたが・・・お休みでした。

今回はちゃんとリベンジを果たせましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

お店の方に少しだけ、お話を伺いました。
かつては「遠藤吉平商店」という廻漕店だったそうです

その後、明治35年に成田金太郎が廻漕店を経営していましたが、明治40年の大火で全焼。
クリックすると元のサイズで表示します

焼け残った煉瓦の建物を改造したのが現在の建物です。
クリックすると元のサイズで表示します

新島襄海外渡航の地碑(←ここ)の目の前にあります。

当時、遠藤さんは上海航路を持っていたので新島襄が渡航する際にここで色んな情報を得たのではないか?といわれています。

トイレの壁に、火災で焼失前の隣接する木造建物の様子と、渡航時の新島先生の容姿のイラストが・・・
クリックすると元のサイズで表示します


なかなか雰囲気のある店内です
クリックすると元のサイズで表示します

今年は扇風機が大活躍だったことでしょう〜笑
クリックすると元のサイズで表示します

この日も暑かったので
豆乳白玉パフエ?をいただきました
クリックすると元のサイズで表示します

今度は夜に・・・
カウンター席でお酒を飲んでみたい(やっぱり扇風機がありました!)
クリックすると元のサイズで表示します

お店を出て、またまた渡航の地碑を見に行きます
海も空も真っ青でした!
クリックすると元のサイズで表示します

そして「新島橋」を渡ります
クリックすると元のサイズで表示します

しばし、橋の上からの景色を楽しみました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
回送中
信号待ちだったのであわててパチリ!笑
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ