ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2012/10/4

富良野・・美瑛にて  上川総合振興局

最近は富良野・美瑛に行く率が高いです
新富良野プリンスホテル敷地内にOPENした「ドラマ館」

倉本總さん「富良野3部作」にゆかりの品々が土産物として売られています。

例えば・・・
ダレでも五郎さんになれる、こんなアイテムがあります
クリックすると元のサイズで表示します

「風のガーデン」の蜂蜜はいかがですか?
とろ〜りおいしそう!
クリックすると元のサイズで表示します

前田真三さんがこよなく愛した「美馬牛小学校」
なかなかね、前田さんによーには上手く撮れませんよ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「美瑛駅」
日本の駅百選に選ばれてるの。
とてもオシャレな軟石造りの建物!
クリックすると元のサイズで表示します

お客さまが乗った「ノロッコ号」が到着です!
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/10/3

「ひだから」発見の旅!沙流川・美石コース  日高振興局

「平取の自然・文化と『ひだから』発見の旅」〜沙流川・美石コース〜
続きです!

昼ごはんは、二世宇(ニセウ)でやまべ定食をいただきます(1600円)
ニセウというのはどんぐりのアイヌ語なのだそうです!

雨は降っていましたが、日曜日だったこともあり店内はけっこう賑わっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずはお刺身と塩焼きから
まったく臭みがありません!
身は締まっていて、甘みもあり最高においしいです!
クリックすると元のサイズで表示します

その他、から揚げもありましたが南蛮漬けが美味しいと聞き、別に注文します!
頭から尻尾まで、骨も全部まるかじりです!
クリックすると元のサイズで表示します

落葉きのこの味噌汁も最高でした!
ここは、家族で訪ねたいところです。

釣堀でやまべを釣るガール達
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とっても楽しそうでした!

その後は日高町の道の駅へ移動します。
300円で「沙流川ラブバンド」を購入します。

すると、このあとに体験する「エコウオーク」や温泉入浴料が割引になるのです
クリックすると元のサイズで表示します

カッパと長靴を借ります
クリックすると元のサイズで表示します

「日高山脈博物館」で日高山脈の生い立ちや石について学びます

そして・・・
専門ガイドさんのあとについて、いざ沙流川へ!
美しい石を探しに出かけます!
もしかしたら?ヒスイやメノウかも知れません・・・
私は日高石の「青トラ石」を見つけようと必死です。笑
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あれ?
あまり歩いていませんが・・・
石を探す前にお茶タイムです。
うれしいですね、このような心遣い
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

沙流川に入るのは初めて!
なんだか嬉しい!
クリックすると元のサイズで表示します

どれもこれも、変わった石にみえて
あれもこれも袋にいれてしまいました。

持ってきた石は、日高山脈博物館の学芸員さんに判定してもらいます
詳しいのなんのって
「これは1億年前の石で・・・」とか「これはチロロ方面から流れてきて〜」とか

クリックすると元のサイズで表示します

結局、たくさん拾いましたが・・・
残念ながら「日高石」はありませんでした。
でも・・・ヒスイのかけら?が入った石を見つけることができました。

その他の石も詳しく教えていただきましたが・・・
お見事に、すべて忘れました。
クリックすると元のサイズで表示します

そうそう!
今回アンモナイトの外側?を見つけた人がいました!
すごい!
クリックすると元のサイズで表示します

なんだかクセになりそうです!
美石探し!

最後に沙流川温泉日高山荘で汗を流します
カッパは着ていましたが、髪の毛は前髪がべっちょり

なので、さっぱりしました!
クリックすると元のサイズで表示します

日高石を配した浴室内。
あったまる良いお湯でした!

風呂上りはお決まりの「ヨーグルッペ」(日高乳業)
クリックすると元のサイズで表示します

帰りにもう一度、道の駅日高に立ち寄り占冠ICから道東自動車道路を利用し札幌へもどりました。

道の駅にたくさんの「たばこ」が売っていてびっくり!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
「平取の自然・文化と『ひだから』発見の旅」〜沙流川・美石コース〜は10月21日(日)にも運行します。
まだ、お席に余裕がありそうです。

・やまべ料理の昼食代、エコウオーク、温泉入浴料は各自払いとなります。


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/10/2

平取の自然・文化と「ひだから」発見の旅1  日高振興局

「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバスの旅

おとついの9月30日、仕事が休みでしたので参加してきました。

今回は「平取の自然・文化と『ひだから』発見の旅」〜沙流川・美石コース〜です

あいにくの雨空。
なので、予定にはない屋内の見学をいくつかおまけで入れてもらえました。

まずは「平取町観光案内所」で、アツシ織の実演を見学します
クリックすると元のサイズで表示します

木(オヒョウ)の皮をはいで、糸にして機織をします
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アイヌの人達は手仕事(織物・刺繍など)が上手なのは美人の条件と、昔聞いたことがあります!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後は二ール・ゴードン・マンローさんのお家を見学しました。
今は北大文学部が管理していて6月のマンローさんの命日の日にしか内部の見学で出来ないのだそうです。

マンローさん詳しくは⇒コチラ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして「沙流川歴史館」へ行きます
北海道有形文化財に認定された「二風谷遺跡群出土のアイヌ資料」の展示が行われていました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1600年代にはまだ鍛冶や漆の技術が北海道にはなかったので、このころすでに本州と交易が行われていたことがわかるのです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのあと「木工芸伝承のチセ」へ入ります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チセの中にいると、すごく落ち着くんです
におい、空気、高い天井・・・
ここに一晩泊まりたいくらい!


そして、アイヌの人達の伝承地へ連れていってもらいました
「幌毛志」です
”ロクンテウエトゥ”(帆船の帆先)の意味があります。
平取には津波の伝説が多いように思いますが・・・ここも大きな津波が来て沙流川の船は座礁しこの場所で傾いたのだとか

帆船の帆先の形をした岩(崖)が残されています!
なんて神秘的な町なんでしょう!平取町!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「平取の自然・文化と『ひだから』発見の旅」〜沙流川・美石コース〜
まだまだ続く

おまけ
「平取の自然・文化と『ひだから』発見の旅」〜沙流川・美石コース〜は10月21日(日)にも運行します。
まだ、お席に余裕がありそうです。

・やまべ料理の昼食代、エコウオーク、温泉入浴料は各自払いとなります。


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/10/1

「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバスの旅1  日高振興局

毎週土曜日運行の平取町への無料送迎バスの旅は満席状態が続いているようですが〜

沙流川の歴史と日高をめぐる「沙流ユーカラ街道」(R237)無料シャトルバスはまだまだ空きがあるようです(11月中旬まで運行)
クリックすると元のサイズで表示します

なんと私は、この1カ月間で休日は3日間も平取、日高町を旅しています!
マイブームってやつですね・・・
みなさんも、出かけてみませんか?


さて、「沙流ユーカラ街道」無料シャトルバスは全部で5コースありますが・・・

まずは
「沙流川の歴史文化と馬産地日高を訪ねる旅」〜ニシパの恋人コース〜から紹介します

日高自動車道路を富川で降りると早速差ラブレットが出迎えてくれました。

富川(海側の日高なので、地元の人は海日高と言ってます)へ移動です。
クリックすると元のサイズで表示します

日高町立門別図書館郷土資料館を見学します。
クリックすると元のサイズで表示します

遺跡発掘?中だった学芸員さんが駆けつけてくださり展示物の説明をしてくれました。
これがなかなか詳しく、日高だけではなく北海道全体を通してのバスガイドの案内に直接役立つ情報もありたくさんメモして写真を写しました。
クリックすると元のサイズで表示します

日高の海ではメカジキがたくさんとれ、それも熊と同じように送る儀式があったようです。
クリックすると元のサイズで表示します

次に沙流川の堰堤に行き、サケの溯上を見学です

「沙流さけ・ますふ化場」
クリックすると元のサイズで表示します

ししゃものふ化場もありました。
きれいな建物です
クリックすると元のサイズで表示します

この日は9月20日
力尽きたサケが数匹、浮かんでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、軽種馬牧場風景を楽しみます
有名な社台ファームとダーレージャパン!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

????馬????それとも牛?????
クリックすると元のサイズで表示します

お昼ごはんは「ニシパの恋人ランチ」をいただきました!

午後からは二風谷地区でフリータイム!
今回はチセ(家屋)の中でフチ(おばぁちゃん)の手仕事を見学します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とっても楽しいおばぁちゃま
お話も上手です!

このお家の中でユーカラを聞いてみたい!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後は馬の神様としても名高い義経神社で参拝!
なぜなら・・・
うふふ
このあと・・・門別競馬場で競馬をするからなのです!

クリックすると元のサイズで表示します

どんぐりや栗が落ちていました!
秋です
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

義経資料館も見学します
クリックすると元のサイズで表示します

イザベラバードの足跡を訪ね、紫雲古津大橋も特別に渡ってくれました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしていよいよ門別競馬場です!
クリックすると元のサイズで表示します

パドックで馬を見学して・・・も、良くわかりませんが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、馬券を買います!
買い方は分からなくても、JRAの職員が教えてくれるので大丈夫です
クリックすると元のサイズで表示します

びらとり産黒豚バーガーをかじりながら、外に出ます
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、レースが始まります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やったーー!
でも、掛け金100円。
で、他に買った馬券200円分がダメだったので、結果的にはマイナス90円!笑
クリックすると元のサイズで表示します

お土産に勝負服クッキーはいかがですか?
クリックすると元のサイズで表示します


帰りに、野菜と日高乳業のミルクコーヒーを買います
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスの中から見た空がとてもきれいでした!
クリックすると元のサイズで表示します


お知らせ

今回紹介した「沙流川の歴史文化と馬産地日高を訪ねる旅」”ニシパの恋人ランチ”を食べるコースは
10月4日(木)・11日(木)・18日(木)にも運行します

”ししゃもコース”は、10月25日(木)・28日(日)・11月1日(木)・8日(木)・15日(木)に運行!
ししゃも寿司、一度食べてみたい!!

※施設入館料・昼食代は個人負担です。


お問い合わせ・お申し込み
■ノーザンクロス平取事務所
電話01457−2−3501

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ