ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2012/11/23

「きたかみ」で帰りました。  東北そぞろ

会津若松インターから磐越自動車道路、そして東北自動車道路を走行し仙台へ戻ります。
ここは「右」
クリックすると元のサイズで表示します

ここは「左」
心の中で、一緒に確認。笑
クリックすると元のサイズで表示します

「東日本大震災本復旧工事 昼夜連続車線規制実施中!」
クリックすると元のサイズで表示します

途中、反対車線は大渋滞でした
クリックすると元のサイズで表示します

「ふくしまからはじめよう  皆さまからのご支援に感謝します」
クリックすると元のサイズで表示します

国見PAで休憩です
ここから宮城県です
クリックすると元のサイズで表示します

仙台港に到着すると、すでに真っ暗です。
帰りは「きたかみ」
クリックすると元のサイズで表示します

数年前にはじめて東北へ仕事に行った時、一番最初に乗った船が「きたかみ」
緊張しすぎて、体調を崩し
このベッドでうなされていたのです。笑
思い出の「きたかみ」
クリックすると元のサイズで表示します

お世話になったドライバーさん、添乗員さんと楽しく夕食
楽しすぎて、写真を撮るのを忘れています・・・

そして緊張感から解放され、もりもり食べた朝食!
この「船形」のかまぼこが絶品なんです!
3枚もとっています。笑
クリックすると元のサイズで表示します

売店をのぞきます
こんな張り紙が・・・

大きくして読んでみてください
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

苫小牧港に無事、入港しました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


お客様から、ありがたい差し入れ
ジューシーで香りも良く、おいしくいただきました
クリックすると元のサイズで表示します

福島土産いろいろ

・大好き「ままどーる」
クリックすると元のサイズで表示します

・あんぽ柿のお菓子
クリックすると元のサイズで表示します

そして
・起き上がり小法師
家族の数よりひとつ多く買いました
クリックすると元のサイズで表示します

さて、観光オフシーズンに入りました。
少し時間が出来るので、しっかりと自分の心を見つめ直し整理しながら〜
「これから」のことを考えてみたいと思います。


そして最後にもう一度
「ひょっこりひょうたん島」

なみを ジャブ ジャブ ジャブ ジャブ
かきわけて(ジャブ ジャブ ジャブ)
雲を スイ スイ スイ スイ
おいぬいて(スイ スイ スイ)
ひょうたん島は どこへゆく
ぼくらをのせて どこへゆく

まるい地球の 水平線に
なにかがきっと まっている
くるしいことも あるだろさ
かなしいことも あるだろさ
だけど ぼくらはくじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃお 進め


ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島


PS:でも、泣きたい時は泣いて良いよね。思い切り泣いて泣いて、進もう前へ!

「がんばろう!日本」「がんばろう!東北」


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2012/11/22

会津若松城(鶴ヶ城)へ行く  東北そぞろ

最後に「会津若松城(鶴ヶ城)」を見学します
さすが!日本100名城の貫禄があります
「でも、日本に城って100もあるのかなぁ〜」とドライバーさんと会話する。

クリックすると元のサイズで表示します

黒川城、若松城・・・そしてその形の美しさから「鶴ヶ城」

14代にわたる芦名義広の本拠、のちに伊達政宗、そして蒲生氏郷が入城
蒲生氏が1592年に大改修。
七層の天守閣、本丸や帯曲輪を内堀で囲み、東に二の丸・三の丸・・・高い城壁と深いお掘をめぐらした
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

案内人の話に耳を傾けます
クリックすると元のサイズで表示します
鶴ヶ城の見事な石垣は、江戸城を除けば関東随一
この「巨石」、城へ運ぶ時に思うように動かず・・・男達は疲労がたまる
そこで、多くの遊女をこの石の上に乗せ、手振り足ふみをさせおもしろおかしい技をさせてスイスイ運んだとか・・・

へ〜〜〜〜〜っ!

「遊女石」
クリックすると元のサイズで表示します

その後、上杉景勝、再び蒲生氏二代、加藤氏二代と城主が代わり、1639年に天守閣は5層に改築。

1643年徳川家光の異母弟保科正之が23万石をもって入城
(三代正容の時に姓を松平と改めます)

1868年、会津戦争
激しい砲激にも耐え抜きましたが、明治7年政府の命令で取り壊されてしまいました。

しかし、昭和40年、会津市民の熱望により城は復元されました

じゃーーん!
クリックすると元のサイズで表示します

1〜4階までの資料館を見て、5階の展望台からの景色を楽しみます。

2011年に黒瓦から、明治以前と同じ赤瓦にふきかえられています
クリックすると元のサイズで表示します

雪を頂いた「飯豊山連峰」
クリックすると元のサイズで表示します

「会津磐梯山」
クリックすると元のサイズで表示します


茶室「麟閣」も見学したかったので駆け足しました。
千利休の子「少庵」が利休亡き後、会津藩主蒲生氏郷にかくまわれた時に本丸内に建てられた茶室。
後、少庵は京に戻り茶道千家を再興した。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

残念ですが、お茶を頂く時間はありませんでした・・・

今回は城内をじっくり?と見学したので
「荒城の月」の詩碑も、見に行く時間がありませんでした。残念

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の近くに、こんなステキな空間がありました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜「八重たん生誕の地」も近くにあったんですね
何かと課題が残る鶴ヶ城でした。


♪春高楼の花の宴 めぐる盃 陰さして〜
「荒城の月」を皆さんと合唱しながら、会津若松市とお別れです

おまけ
クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
お客様からいただいたおまんじゅう(つぶれちゃった)
中には大きな栗がひとつ、ゴロンと入っていました
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



2012/11/21

飯盛山へ行きました  東北そぞろ

白虎隊20人が自刃した「飯盛山」へ行きました
クリックすると元のサイズで表示します

鳥羽伏見の戦いにより戊辰戦争が勃発
旧幕府軍の中心とみなされた会津藩は新政府軍の仇敵とされた・・・

会津藩は若松城を守るべく若松へ進み、街道口に主力部隊を置いたが、日橋川にかかる十六橋を落とすことに失敗

十六橋の目と鼻の先にある戸の口原へ出陣。

その頃すでに、十六橋にせまる新政府軍
激しい銃撃戦・・・
新政府軍の薩摩隊は3000人。一方、会津藩奇兵隊は僧侶を中心に形成
会津藩は次々離脱、散り散りになる

やがて前藩主松平容保にも十六橋での苦戦が耳に入り白虎隊に出陣命令
そして、本来は予備兵だった容保の護衛役、白虎隊2番隊も出陣
17歳以下の年齢で構成された白虎隊
中には年齢を偽り志願し、15歳で出陣した者、幼少組として13歳の少年も加わっていた。

激戦地戸の原口へ・・・
新政府軍は最新式の装備
会津藩の装備は著しく劣っていた。

もはや戦う所ではなく、二手に別れ逃走

山道を伝うように若松城へ
険しい山道をかきわけ、戸の口の洞穴を抜け飯盛山へ
(もう一隊は篭城戦に参加)

「戸の口堰洞穴」
クリックすると元のサイズで表示します

飯盛山から眼下に眺めた町の火災の様子を、若松城が落城したと間違え?20人が自刃
一命をとりとめた飯沼貞雄により後にこのことが語られました。

「会津若松市内を望む白虎隊」
クリックすると元のサイズで表示します

鉄塔の真後ろに若松城(鶴ヶ城)
クリックすると元のサイズで表示します


”城は陥落したか・・・今は主君の為に殉じよう・・・”
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



皆さん、2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」を見て一緒に会津へいきましょう!
クリックすると元のサイズで表示します

ここにも「あいづっこ宣言」

やってはならぬ やらねばならぬ ならぬものは ならぬものです
クリックすると元のサイズで表示します

そして「あいづっこ」も大好き?”べこの乳”笑
クリックすると元のサイズで表示します

これは、おいしい!
「あいづっこ」も大好き!あわまんじゅう
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あったかふわふわ〜なめらか〜〜

えぞっこも大満足!笑

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



2012/11/20

願ったり叶ったりの一日  東北そぞろ

朝食会場前に「起き上がり小法師」がありました
だるまさんのように、転がしても転がしても起き上がる

どんな困難に遭っても、きっと起き上がって乗り越えていける!
だって「会津人」だもの・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、しっかりと朝ごはんを食べます!
バイキングでした
なんだか質素な内容に見えますが・・・おかずはたくさんありましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

宿を出発し、大川ダムの紅葉を楽しみながら「塔のへつり」へ向かいます

途中の「滝の上温泉駅」は全国唯一の茅葺屋根の駅
「大内宿」をイメージしたのだとか・・・
ちょうど眼下にその駅が見えてくると、あまりの風情の良さにお客様から感嘆の声があがります。
立ち上がって覗き込む方もいました。

「残念ながらコースには入っていませんが、ここを右におよそ6キロほど入ると大内宿があります・・・」の案内で・・・

「行ってみたい」との声があり・・・
後ほど、立ち寄ることになりました(やった〜!実はここ、すごく雰囲気が良いと先輩に聞いていて一度行ってみたいと思っていました。願ったり叶ったりです!)

その前に「塔のへつり」です

「へつり」というのは、この地方の方言で”川に沿った断崖・急斜面のこと”
紅葉のベストシーズンであり日曜日でしたので、観光バスの駐車場はすぐに満車になりました。

ここにも「塔のへつり駅」がありました。
紅葉やへつりを楽しみながらのローカル列車の旅!いいなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



さて「大内宿」に到着です
結構幅の狭いカーブの道を登ります。
6キロとありましたが、実際はもっと長く感じました。

約40軒ほどの茅葺屋根の民家が残され、旧会津西街道の宿場としての雰囲気を今に伝えています(「重要伝統的建造物群保存地区」に指定)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「きてくれて ありがとう」
クリックすると元のサイズで表示します

もう、幟を押さえてくれる人はいませんでした・・・笑


さぁ、この後はいよいよ会津若松市内観光です

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



2012/11/19

芦ノ牧温泉の朝  東北そぞろ

会津若松市の奥座敷「芦ノ牧温泉」に宿泊しました。

朝、少し早く起きて温泉街を散歩しました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バス停です
クリックすると元のサイズで表示します

その横にある「会津芦ノ牧藩 家中諸法度」笑
画像、大きくして読んでみてね!
クリックすると元のサイズで表示します

・入藩を許されたる者は愉快に過ごし、渋顔をしてはなりませぬ
・館内婦人とは仲良くし、婦人喜ぶをもって良しとし、威張ってはなりませぬ

などなど

ならぬものはなりませぬ」笑


渓谷沿いの温泉街
湯の滝が流れ
クリックすると元のサイズで表示します

傍らには「足湯」も
クリックすると元のサイズで表示します

なんとなく、札幌の定山渓温泉に似た印象を持ちました。
「いらっしゃいませ ごえんがありますように」
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも、芦ノ牧温泉名物?

「関西ヌード専門店」「芦の牧劇場」笑
ヤングの間でも大人気」
「今宵みなさまを夢のファンタジーへお誘いします」

夢のファンタジーってなんだ?
これは・・・登別温泉に近いニオイが・・・笑
クリックすると元のサイズで表示します

男性の皆様は、
まずは「金精神社」でおまいりしてから「芦ノ牧劇場」へ行くことをオススメします
クリックすると元のサイズで表示します

なにがまつられているかは・・・
ヒミツ!笑
クリックすると元のサイズで表示します

神社の裏は竹林でした!
北海道には無い風景なので、夢中になって写真を撮りました
クリックすると元のサイズで表示します

奥へ入ろうと思ったら・・・
主ににらまれ断念

それにしても・・・
大きかった〜

クリックすると元のサイズで表示します

そこから更に小路に入ってみます
クリックすると元のサイズで表示します

???
よーーく見ると
クリックすると元のサイズで表示します

「眠り猫」です
クリックすると元のサイズで表示します

起こさないように、そ〜っと通過
裏のお宅には、おいしそーな柿がたわわに実っていました!
(良い子の皆さんは、くれぐれも食べてはなりませぬ。ならぬものはなりませぬ)汗
クリックすると元のサイズで表示します

再び表通りへ出ると、ちょうどそこへ路線バスが来ました。
ボディには「八重たん」が!
激写です。笑

まだ7時を過ぎたばかりですが、小学生が数人乗車しました。
4キロ先の小学校へ通学してるのだそうです。

そーいえば、我が家の息子も朝7時のスクールバスで小学校へ通っていたし、今も6時半には家を出てるし(その反動か?休みの日は昼過ぎまで寝てますけれど)

早起きの習慣をつけることは、良い〜ことです!

クリックすると元のサイズで表示します

宿に戻ります。
「大川荘」さんです
クリックすると元のサイズで表示します

軒下にズラリと「八重たん」の幟!

写そうとすると、風でひるがえりなかなか上手く写せません

すると、ホテルのスタッフが駆け寄ってきて「これでどう?」と幟を抑えてくれました
(ん〜〜どーしてもこの写真、幟と違う所に目がいっちゃう)笑
クリックすると元のサイズで表示します

しかも・・・
後でバスに「幟」を2枚も持ってきてくれたのだそーです
ガイドさんに・・・と。涙

しっかりと宿のPRしまーーす(幟をいただいたし・・・)笑
「芦ノ牧温泉 大川荘」の良いところ!
クリックすると元のサイズで表示します
1、バスが到着すると、すばやくお客様の荷物をトランクルームから出し運ぶ(当たり前のよーでそうではない)
1、バスのゴミを快く受け取ってくれる
1、「どうぞ(洗車の)水を使ってください」とスタッフの方から声かけてくれる
1、翌朝は、バスが見えなくなるまで手を振ってお見送り(ヘアピンの坂をあがり再び宿が眼下に見えると、まだ手を振っててくれてお客様は大感動)
1、出発前に若い女の子(スタッフ)が車内でお客様にゴアイサツ
1、運転手さんに交通安全の御守をくれる。笑

そして「八重たんの幟をくれる」(←やっぱりココか)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でも・・・
この幟
もらっても家の玄関前でヒラヒラさせる訳にもいかないしなぁ〜ということで
とりあえず写真だけ撮り、旅行会社で「東北観光PR」に役立ててもらうことにして添乗員さんに託しました!

東北フェリー旅!
まだまだお客様を募集中です!

もしかしたら?
某旅行会社の入口前で八重たんの旗を見かけるかも?知れませんね

2013年NHK大河ドラマの舞台!福島県へ行きませんか?
八重のふるさと福島県
クリックすると元のサイズで表示します

がんばれ日本! がんばれ東北!


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



2012/11/18

どーでもいいはなし  SYUのこと

ラ・フランスと渋くない柿と・・・笑
クリックすると元のサイズで表示します

そー言えば、この前の夕食時
クリックすると元のサイズで表示します

SYU「最近、野菜食べてないよーな気がする」

(たしかに・・・)

私「そんなことないしょ、ほら、ひじきの中にはニンジンも大豆も入ってるし、味噌汁の味噌だって豆腐だって大豆でしょ」(←懸命に言い訳)

SYU「でも、大豆はたんぱく質だから・・・」
私「じゃあ、秋だし大根でも煮るか」
SYU「でも、どちらかといえば根菜より葉野菜が好き」

・・・そうですか。
でも、葉野菜高いしなぁ〜〜〜


クリックすると元のサイズで表示します

で、SYUのリクエスト
「ロールキャベツ」(何だか色が変)
なんと、一気に6個も食べてました。



どうでも良い話でスミマセン・・・。

2012/11/18

喜多方観光へ  東北そぞろ

仙台港を出発したら、ひたすら高速道路を走ります。
実は、春からアイフォンにしてましたが・・・
ミュージックが1曲も入ってなかったんです・・・。
今回、この仕事がついて初めて音楽を入れてもらいました。息子に・・・

記念すべき1曲目は「会津磐梯山」笑
2曲目は「青葉城恋歌」で、3曲目はキロロの「未来へ」

すてきでしょう?汗
クリックすると元のサイズで表示します



で、気が付いたら広瀬川を渡り終えてました

東北自動車道を、どんどん上ります

国見SAをすぎて福島県へ「安達太良SA」で最初の休憩です。

「あどけない空の話」をします

智恵子は東京に空がないという
ほんとの空が見たいという
・・・・・・・・・・・・・

智恵子は遠くを見ながら云う
安達太良山の山の上に毎日出ている青い空が
智恵子のほんとの空だという


「皆様、右をごらん下さい。安達太良山の山の上に、ほんとの空が見えております」
SAに到着です
クリックすると元のサイズで表示します

週末とあり、とっても混んでいます。
ここでゆっくり時間を取り、仙台港で積み込んだ弁当をいただきます。
クリックすると元のサイズで表示します

なんと、SAに乗務員休憩室があったのです。
自由に使えるPCや飲み物、観光パンフレットも置いてあります。
すごいな〜

私は、ここでお弁当を食べました。
「東北まるごと弁当」です
クリックすると元のサイズで表示します

東北6県の名物がおかずで少しずつ入っています。
秋田県の漬物(がっこ)が美味しかった
クリックすると元のサイズで表示します

午後からは喜多方観光です。
郡山JCTから磐越自動車道へ

昼食後にマイクを置こうと思いましたが、すぐに猪苗代湖が・・・

そして磐梯山がどーーんと見えてくると、お客様の方から自然に手拍子が・・・
「唄えってことだな」と思いましたが・・・自信がありません。


クリックすると元のサイズで表示します

今度は「会津村」の大観音が見えきて、高速道路とお別れです

一般道路ですので、お客様の方を見てお話します。
「今回はネタ帳を作ってきました。昔はチラチラ横目で見ながらうまくごまかして案内できましたが、最近は老眼が入りうまくメモが見れません。時々、堂々とネタ帳を読み上げることがありますが、正しい案内のためにご協力下さい」

ひっかからないで読めたら、拍手

そこに立つだけで大きな拍手を下さるよーな、それはそれは良いお客様に恵まれました。



会津藩校日新館(藩士の学校)入学前の・・・
6歳から9歳までの藩士の子が学んだ武士としての心構え

ならぬものはならぬ」の”什の掟”

・年長者の言うことには背いてはなりませぬ
・年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
・嘘言(うそ)を言うことはなりませぬ
・弱い者をいぢめてはなりませぬ
・戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

などなど


「会津人」の「安易に他を信用せず、実直で気がきかず、すぐ腹をたてるが腹黒いところは全くない」???という気質は、決して会津人が「義理人情に欠ける」にではなくて、あふれるほどの義理人情を内に秘めているからこそのふるまい

そこで「小原庄助さんはなんで身上つぶした」の庄助さんが、なぜ会津人なのか?
会津の女性があまりにも働き者なので、男は遊んでいても女の人に食べさせてもらえるから?

唄いましたよ
♪エンヤ〜〜 嫁を欲しけりゃ会津の女ご 無口の男にゃ エ〜マタ蔵が建つ
おなじみ「小原庄助さん なんで身上つぶした」からは大合唱でした。


ということで、蔵の町「喜多方」へ
最初に「会津うるし美術博物館」の見学です
クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ、昔のもののようでしたが、桐下駄の輪積みも見る事ができました
クリックすると元のサイズで表示します

なんと、ここに米沢市から姉と姪が会いに来てくれました。
うるし美術館の蕎麦屋さんでコーヒーを飲みながら楽しい時間を過ごします。


姉の第一声が「思ったより痩せてるね」ですって・・・
話したいことは山ほどあるんですが・・・
なんだかワタワタしていて、コレといった話は何もしていないよーな

クリックすると元のサイズで表示します

次は10分ほどの移動で「大和川酒造」さんの見学でしたので、姉もそのままバスの後ろを付いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「大和川」を試飲する姪。笑
酒好きなのだとか
クリックすると元のサイズで表示します

実は、到着前に「桃の涙の物語」を語ってきました

果樹農家が手塩にかけて育てた福島の桃
たわわに実った桃ですが、2011年には、人々に手には届きませんでした。

「観光客が減り果物もなかな売れないと聞きました。私達は何もできない悔しさに涙しています」こんな手紙が果樹農家に届きます

「私達農家のために涙を流してくれてありがとう」

「いろんなことがあるけれど、がんばっていこう」

福島の地酒と福島の桃の果汁をブレンドして、桃のリキュールができあがりました。

収益の一部は被災地の復興に役立てられています
人々の心と心がつながって生まれた桃のお酒!
心とは、アイヌ語で「キロロ」

ここで、キロロの「未来へ」と思ったんですが、そんな時間はありません。
到着です!

ハイ・・・
福島県の大学へ通い頑張っている姪へ「桃の涙」をプレゼントしました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

姉とは、ここでお別れです。

私達は最後の見学地「ふぶき亭」へ
喜多方ラーメン工場です

売店には、いろんなラーメン土産が

「ラーメンせんべい」
クリックすると元のサイズで表示します

「ベビースター喜多方ラーメン味」
クリックすると元のサイズで表示します

そして「ラーメン」(ならぬものはならぬものです)笑
クリックすると元のサイズで表示します

ラーメンではありませんが、会津といえば「赤べこ」笑
クリックすると元のサイズで表示します


この日、BDのお客様がいました。
宿に到着前に、みなさんで♪ハッピーバースデーを唄います!

そして私から、ささやかなプレゼント
「八重さんワンカップ」
クリックすると元のサイズで表示します

「これ一つじゃ足りないな〜」って
なので「あとは、自分で飲み放題払い放題でお願いします」

来年のNHK大河ドラマは「八重の桜」ですね


〜八重さんメモ〜
戊辰戦争の時には断髪・男装で砲術を持ち戦いに参加「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれる。会津藩が破れると夫と離婚。のちに同志社大学創設者、新島襄と再婚し、京都初の日本人同士のキリスト教式の結婚式を挙げる。
日清・日露戦争には志願して看護婦に「日本のナイチンゲール」としても評価された。



会津は、どこに行っても「八重さんブーム」でした。
新島八重の男勝りで、常に前向きに突き進む姿にきっと多くの人が勇気づけられるはず。
八重さん役は綾瀬はるかさんです!
楽しみですね!
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



2012/11/17

太平洋フェリーで福島県へ  東北そぞろ

今月の初めに、太平洋フェリーで福島県へ行ってきました。
行きは「きそ」です!

震災後、東北に行くのは初めてで、しかも行き先は福島県。
でも私達が観光するエリアは会津地方でしたので、全くといって良いほどに震災の影響はありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

バスを船に積み込み
クリックすると元のサイズで表示します

チェックイン
クリックすると元のサイズで表示します

「きそ」は5年前に出来たばかりの新しい船なので、どこもキレイで気持ちが良いです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

着替えて早々に、夕ご飯を食べに行きます。
この日は暴風雨でしたので船がゆれるのを心配して「早く食べて早く寝る作戦」です!

メインはステーキとお寿司
あとは、デザートもいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

夜はラウンジでピアノと中国琴の演奏が、また22時からは映画「一命」の上映があったようですが、部屋に戻ると明日の準備をして即、寝ました。
まだ20時過ぎでした・・・
クリックすると元のサイズで表示します

早く寝すぎたので最初に目を覚ましたのが0時。次に3時・・・笑
5時過ぎに起きて、日の出を見に行きました。

デッキに出ますが・・・
ものすっごい強風で寒いです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

少しずつ空が明るくなってきました

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

岩手県沖を航海中です


「ひょっこりひょうたん島」って
岩手県沖に浮かぶ島がモデルなんだそうです

なみを ジャブ ジャブ ジャブ ジャブ
かきわけて(ジャブ ジャブ ジャブ)
雲を スイ スイ スイ スイ
おいぬいて(スイ スイ スイ)
ひょうたん島は どこへゆく
ぼくらをのせて どこへゆく
まるい地球の 水平線に
なにかがきっと まっている
くるしいことも あるだろさ
かなしいことも あるだろさ
だけど ぼくらはくじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃお 進め

ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ずーーーーっと手を合わせている女性がいました

私も、その後ろでそっと手を合わせました・・・
クリックすると元のサイズで表示します


空が明るくなりました!
快晴です。
「良い旅になりますように」
クリックすると元のサイズで表示します


部屋に戻り、準備をします。
そして、しっかりと朝ごはんを食べます。
クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、いよいよ出発です!
緊張感が高まってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

「・・・これから行く先々で、まだまだ解決できていない3・11の傷跡に触れる事があるかもしれません。がれきや崩壊した建物が残っていたり・・・。あえて、そのような場面に出くわしてもマイクを通して説明はしません。皆さんが目で見て心に受け止め、新たに何かをはじめ考えるきっかけになればと願っています。がんばろう日本!がんばろう東北!」


「私達がここに足を運んで、お金を落とす事が復興支援につながっています。さぁ、たくさん美味しいものを食べてお土産を買って帰りましょう」

の、挨拶で旅が始まりました。


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ





2012/11/16

秋の道南北部・紅葉と新たな観光の魅力をめぐる旅!満腹な最終日  後志総合振興局

モニターツアーラストは、やはり満腹ネタから・・・

寿都町「大漁豊漁ほっけ祭り」会場を後にして、出かけた先は町内の「かき小屋」です

この建物はたびたびバスの窓から見ていましたが・・・
中に入るのは初めてです
クリックすると元のサイズで表示します

テーブル中央の鉄板ではカキをはじめとした海の幸が蒸されています
みなさん、わくわくしながら蒸しあがるのを待ちます
クリックすると元のサイズで表示します

待ってる間も楽しそうですね〜
クリックすると元のサイズで表示します

蒸しあがったものは、軍手をはいてヘラで殻をはずすようです
クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、噂の「カキ娘」が登場です!
頃合をみて、フタを外します!
クリックすると元のサイズで表示します

皆さんその瞬間を写真におさめようと一斉にカメラをむけます!
クリックすると元のサイズで表示します

それではさっそく「いただきまーーす」
クリックすると元のサイズで表示します

お腹がいっぱいなはずなのですが・・・
入ります!
ツルリン!あま〜〜い!
クリックすると元のサイズで表示します

旗は「大漁」でしたが・・・
さすがにワタシのお腹は「定量」になりました。汗

クリックすると元のサイズで表示します

出発までに時間があったので、裏の浜へ出てみました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また、目の前には「三谷漁港前」のバス停がありました
一日に7本しかバスが来ないようです(うち1本は日曜日運休でした)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今回の食べ納めは「蘭越町」のお米です
・・・・・
新たな観光の魅力を発掘するために食べ続けます

「街の茶屋」に到着です
ここは、10〜15軒の農家のらんこし米をおにぎりと釜飯にして味わえるお店なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

メニューの中から、一人好きなものを一品注文します

「らんこし米」といえば、昨年全国お米のコンテストで日本一に輝いたんですよね
今年も17日(土)に「第2回 米ー1グランプリ」があるようです!
クリックすると元のサイズで表示します

ワタシ達のテーブルでは、釜炊き「銀シャリ」と
クリックすると元のサイズで表示します

「鶏釜飯
クリックすると元のサイズで表示します

そして「塩結び」をセレクト
クリックすると元のサイズで表示します

まずは「銀シャリ」を食べてびっくり!
つやっつやで、噛めば噛むほど甘みのあるお米!

釜飯は一食ずつ直火で釜炊きにしています。
また、おにぎりにちょうどいいのは「ななつぼし」
月替りで、米の生産者が代わるので、月ごとに同じ米でも違う味が楽しめます。

町内のJR昆布駅裏手にある温泉「幽泉閣」では、朝食バイキングで「ななつぼし」と「ほしのゆめ」の食べ比べが出来るとあって人気があります。宿泊しなくても1000円で朝食のみ利用することができるそうです!

おまけ
JR昆布駅
クリックすると元のサイズで表示します


今回の旅で体重が2キロ太ったワタシ・・・
その体重を今もちゃんとキープし続けています!

天高く肥える秋!ですね。


長々と、お付き合いいただきましてありがとうございました!

『秋の道南北部・紅葉と新たな観光の魅力をめぐる旅』
これにて終了です!

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



2012/11/15

秋の道南北部・紅葉と新たな観光の魅力をめぐる旅!おいしい寿都町  後志総合振興局

ツアー最終日の3日目は、とにかく食い倒れました。
まずは寿都町から紹介します

寿都町は、今年の春に全国でも1位、2位に偏差値の高い学校の修学旅行の引率で訪ねました。町内をぶらぶらした様子は・・・

コチラからご覧下さい↓

寿都のマチを歩く
寿都町、寺めぐりとスイーツと
寿都名物まだまだあります!

寿都町はホッケの水揚げ日本一!
本州から北海道に旅する人が、滞在中に一度は食べたいと願うのが・・・
大皿から頭と尻尾がはみ出るくらいのBIGなホッケの開きなのではないでしょうか?

この日はちょうど、寿都漁港で「大漁豊漁ほっけ祭り」が開催されていました!
旅人がこの祭りに参加すると、涙が出るくらいうれしいだろーなーーーっ

OPEN前から、人気メニューには長蛇の列!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「地元漁師の産直市場」も人だかり
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サバ、一袋200円!!驚
クリックすると元のサイズで表示します

ホッケ重さ当て!参加費100円・・・
あっという間に定員50名!に達します。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、そろそろ名物「ホッケめし」をいただきます
時計の針はまだ10時
朝ごはんを食べたばかりで、そんなにお腹は空いていませんが折角なのでしっかり食べます。(そういえば、朝食のおかずもホッケだったなぁ)
クリックすると元のサイズで表示します

ホッケといえば、すりみ!
で、すりみだんご汁も味見させていただきました

♪さかなさかなさかな〜さかなをたべると〜あたまあたまあたま〜あたまがよくなる〜〜

しっかり食べて、あたまを良くしないとね・・・
クリックすると元のサイズで表示します

そうだ!前回食べ損ねたからと、道の駅売店に「寿都の豚ホッケ揚げパン」を買いにいきます!
油がけっこう胃にもたれます(もう、若くはないと実感)
クリックすると元のサイズで表示します

そして極めつけは「ホッケのチャンチャン焼き」
その量がハンパではありません。すでに満腹ですが、見ただけでお腹いっぱい・・・

でも、食べます
残したらもったいないから・・・

「もったいない」「もったいない」と家族の食べ残しを胃袋に納め・・・
お嫁に行ってから10`も太ったワタシ・・・

その根性を見せ付けて(何のために?)食べ続けます
「もったない」「もったいない」
クリックすると元のサイズで表示します

結局、もったいないけど残してしまいました。
心残りでなりません・・・

そうそう、中身は事情がありお見せできませんが
寿都名物のこんなお菓子もごちそうになりました!
クリックすると元のサイズで表示します

袋から中身を取り出し写真に納める皆さん!
もちろん、ワタシも息をとめてしっかりとピントを合わせて写しましたよ!笑
クリックすると元のサイズで表示します

お腹をすこしでも空かそうと、お散歩です
道の駅へ

寿都在住、寿都で働く男達の「男子写真展」
クリックすると元のサイズで表示します

働く男子はかっちょえ〜
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

そこへ、小さな女の子がやってきて「あっ!パパ〜〜!」
クリックすると元のサイズで表示します

テーブルの上には上戸彩さんの写真集が
クリックすると元のサイズで表示します

彩さんのお父さんの生まれ故郷が寿都町
今もおじいちゃんとおばあちゃんが寿都にいるのだとか・・・

道の駅に立ち寄った時に、ぜひ手にとってご覧下さい

この後も、寿都町の味覚を堪能します!エッ?

長くなりますので・・・

つづく・・・

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ