ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2013/3/6

青函連絡船 摩周丸  函館そぞろ

函館も今年は雪が多くてビックリしています。
朝市でも1時間以上時間があったので「青函連絡船摩周丸」を見学しました。
実は、ここ初めて入ります
クリックすると元のサイズで表示します

中学生の修学旅行では、汽車で函館まで来てここから連絡船で青森へいきました
クリックすると元のサイズで表示します

バスガイドになって3年くらいは「桟橋受け、桟橋アウト」という仕事もありました。
なつかしいです

入口では「ドラの音」が聞けます
この音を聞くと、本州に仕事に行く時の不安な気持ちがよみがえります。
フェリーに乗って部屋に荷物を置き、ゆれる前に早めに夕食をすませようとレストランに行くと銅鑼の音が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そしてやっぱり昭和の函館といえば♪函館ステップ

♪青い海はこだての〜 港あければ出船の汽笛〜

10年以上は唄ってないな、この歌・・・
鼻歌まじりで階段をのぼります
クリックすると元のサイズで表示します

フロントがありました
クリックすると元のサイズで表示します

「最後の夏の、汽笛が響きます」
クリックすると元のサイズで表示します

「秋が、波間に消えていきます」
クリックすると元のサイズで表示します

なんとなく胸がキュンとしますね・・・

函館〜青森間、船旅もいいな
もしかしたら・・・
近々、実現するかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します

ベットメイキング!
毛布でアート!「大輪」
クリックすると元のサイズで表示します
「初日の出」
クリックすると元のサイズで表示します

大きな海難事故もありました
その記録も・・・
クリックすると元のサイズで表示します

窓の外は海ですし・・・
実際に船が動いているよな錯覚を覚えます
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ほんとは、もっとゆっくりする時間があったのですが
トイレに行きたくなりました(トイレ使用禁止でした)
ので、「蛍の光」を遠くに聞きながら早々に退散しました・・・

お後がよろしくないようで・・・汗

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

おまけ
おとつい、重たい腰をあげて確定申告に行ってきました。
その後、同期のKちゃんとランチの約束にこぎつけると、急に行動が機敏になり自分でもあきれました。

2013/3/5

函館市内観光へ  函館そぞろ

大沼公園、おなじみ「千の風になって」モニュメント
うっすらと駒ケ岳がみえています

どんなに雪が降っても、ここだけはキレイに除雪してあります
クリックすると元のサイズで表示します

かわいい雪像がありました。
良くみると駒ケ岳の形をしています!
クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮り終えて戻る途中、太鼓橋から振り返ると・・・
駒ケ岳がきれいに見えていました!
お客さまはスノーモービルやワカサギ釣りで楽しんでいました!
クリックすると元のサイズで表示します

大沼でお昼ごはんを食べたら函館市内へ入ります。
まずは五稜郭

今回は歴史好きなお客さまということで、添乗員さんがいつもよりも多めに時間を取りました。まずは公園を案内し奉行所の見学。
それからタワーに上ります。

タワーアトリウムでは「椿展」が開催されていました。
タワーのおねぇさんもお花の観賞ですね。
ここのおねぇさん方は、どなたも椿に劣らぬ美しさですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後はイケメンめぐりツアー!
まずは、この方の記念館へ
クリックすると元のサイズで表示します

お客さまが見学中、私はドライバーさんと仲良くごんちゃんからもらったクッキーを食べていました。笑
クリックすると元のサイズで表示します

そして、この方にも会いにいきます!
クリックすると元のサイズで表示します

お客さまは京都から参加されたということで「なんで北海道に龍馬?」と
最初は京都で色々みてるから・・・と言ったものの・・・
銅像を見たあとトイレを借りに記念館に入ったら、やっぱり興味深かったらしくなかなかバスに戻ろうとしません。
次の見学がありましたので「明日のフリータイムでゆっくり見学して、ぜひ龍馬とおりょうになりきって写真をお撮りください」とアドバイス!
私もロビーでいただける「お菓子付き抹茶300円」の文字が頭から離れず、翌日時間があったら再訪したいなぁ〜と思ったのでした。

そのまま元町散策です
何度も北海道に来ているというお客さまでしたが、元町を歩くのは初めてとのこと
すごく感動しながら建物や坂道を写真におさめていました
クリックすると元のサイズで表示します

そして夜景も・・・
バッチリだったようで何より!
そして、お客さまが宿泊した宿の部屋に露天風呂も岩盤浴も付いていたということで大喜びしていました。
そんなお部屋に一度でいいから宿泊してみたいな〜と思いながら・・・
今、4月に旅行予定なので格安宿をネットで検索しています。


おまけ
3月9日に、函館戦争についての学習会があるそうです
すごく参加したいな〜と思いながら帰ってきました。
この日は卒業式の着付けが入っています。残念
今月はありがたいことに、7人の着付け(袴)予約をいただいています。
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2013/3/5

おいしい平取!  日高振興局

平取和牛専門店「くろべこ」さんの「和牛弁当」をいただきます
クリックすると元のサイズで表示します

メインはコレね
「ステーーーキ」!!
トマトソースに、ちぢみほうれん草!
クリックすると元のサイズで表示します

で、最初に好きなものから食べるタイプなので・・・
当然のことながら、弁当の中身はこうなります。汗
クリックすると元のサイズで表示します

なかなかボリュームのある・・・
高校生の(あ、もう高校生じゃないんだ)息子が喜びそうな弁当でした。

そうそう、近々平取町民になるというH子さん一押しが「平取和牛ジャーキー」
なんと、シットリ生タイプ!
クリックすると元のサイズで表示します

お値段もなかなかですが・・・
これがあれば「ビールがよりうまい」とH子さん。笑
いただいちゃいました!(ありがとう)
大事に大事にチビチビ食べてたら、いつのまにか息子に食べられてしまっていました。泣
いつもは一日中2階の部屋にひきこもってゲームしてるのに
何度も何度も台所行き来してて、おかしいとは思ってたのね・・・泣
大学合格したら、お祝いに一袋プレゼントするわ・・・
だから、たまには教科書開いてちょーだい!(もう、遅いか・・・)
クリックすると元のサイズで表示します

町内には黒豚専門店もあります
「SIG」さん
Fさんお勧めボロニアソーセージとベーコンを購入
クリックすると元のサイズで表示します

お昼ごはんに、ベーコンを贅沢に切ってチャーハンを作りました!
ごはんが炊飯器に少ししかなかったので、とうきびでボリューム出しています。笑
(どっかの町の名物みたい・・・)
クリックすると元のサイズで表示します

そして平取町在住Mさんに、手作り「鹿肉そぼろ」?を頂きました!
鹿肉・・・実は何度もブログで書いてますが苦手です
クリックすると元のサイズで表示します

それまでは、どんなに勧められても食べるのをためらっていましたが・・・
Mさんの手作りなら、きっと美味しいに違いない!と

夕食のメインに!「鹿のそぼろかけごはん」

食べてみてよかった!
こんなに美味しいだなんて!!!!

鹿、最高!
Mさん、最高!

鹿、おいしいでーーーーす!
臭みなんて、ひとつもありません。

奪い合うようにして食べて、あっという間になくなりました。

おいしい平取!大好き!
また、遊びに行かなくちゃ!
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

おまけ
「文化的景観」カレンダーをいただきました。
3、4月は「旧マンロー邸」です
このページをめくる頃・・・また観光シーズン突入かぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/4

シシリムカ・アイヌ文化祭  日高振興局

「第24回シシリムカ(沙流川)・アイヌ文化祭」に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

アイヌ文化祭は20年以上も前に、札幌で開催された時に2度くらい見学したことがあります。
アイヌ語による劇やユーカラ
ほとんど同じ内容でした。

おじいちゃん・おばぁちゃんから子ども孫へと大切な文化を語り継ぐ、継承することの大切さ・・・
学びの発表の場

まずは、アイヌ語教室に通う子どもたちによる劇です
アイヌ語の自己紹介に始まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
どの子もハキハキを台詞をこなし、ステージいっぱいに大きく動き・・・
大きな拍手送りました!
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、アイヌ語教室に通う大人の方々の劇です。
途中、台詞が飛ぶ場面もありましたが・・・かえって会場がなごみナイスでした。
後ろの席からは「あ!じいちゃん」というかわいいお孫さんの声も

ストーリーは、川に上る鮭をひとりじめしちゃいけないんだよという
みんな仲良く公平に、自然とともにというアイヌ民族の根底にある心や考えを教えてくれるような内容でした。

後先関係なく、目先の利益にはしる現代日本に対する戒めのようにも感じました。
クリックすると元のサイズで表示します

歌や踊りも楽しみます
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日高山脈に沙流川、そしてスズラン
ステキな緞帳ですね!
クリックすると元のサイズで表示します

〆は「ユーカラ」です
なんてステキなんでしょう〜
心地良い言葉の響き!
いつも感じるんですが、何かに一生懸命打ち込む人の姿って、その姿そのものが「美しい」んです。

今回は「美しい平取」にたくさん触れ合えた一日になりました。

会場廊下には、工芸品が展示されていましたよ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「もちつき」ならぬ「イナキビつき」体験も出来ます!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

おみやげに「イナキビ」をいただきました!
ごはんにまぜて炊きましょう!
クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの参加者で会場は満席状態!
ぜひ来年も参加したいと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2013/3/4

知られざる北海道の宝物  日高振興局

匠の道を歩いてみる
季節によっても、ずいぶんと印象がちがう
すきだなぁ〜
この1本道

まだ若かった20代の頃は、お客さまをご案内しながらよくこの界隈を歩いたが
ここの良さにあまり気付かずにいた

最近は、日高や十勝に通じる樹海ロードや高速道路や延びて、観光バスで立ち寄る機会は減ってしまったけれど・・・

ここのエリアに入ると、空気がやさしさに包まれるのを感じる
なんだか、すごく落ち着く場所


北海道遺産のアイヌ文様
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夏休み宿題の工作はおまかせ・・・?木彫り作品が町中あちこちにあります!

色、塗り替えた?
雪の中だから鮮やかに見えるのかなぁ〜?
クリックすると元のサイズで表示します


「アイヌ語」だって覚えれる!
クリックすると元のサイズで表示します

耳をすませばムックリやトンコリの調べ

そして、美しい自然!
自然の素晴らしさを、美しさを、大切さを理解し、自然に感謝しながら謙虚に生きてきた人々が守り続けた、北海道でも数少ない貴重な場所

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

アイヌ民族の文化の神が降りた聖地が、ここ平取
アイヌ民族の伝統と近代開拓による沙流川流域が、平成24年1月24日文化庁の「重要文化的景観」に指定されました。

「文化的景観」って、聞いたことないでしょう?
実は私も、つい最近知ったばかりなの・・・

建物で言えば、国の重要文化財!
そう、平取の町全体が重要文化財級の価値があるってこと!

正しく紹介すれば
「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの」

岩手県一関や遠野、四万十川、大分別府など全国で34指定されているんですが、道内では唯一ここ平取町だけ。

平取町でアイヌ文化をかたくなに守りながら生活、そして開拓・・・
強制的に土地を奪われたり自然を壊されたり、沙流川にダムがつくられたことは本当に残念な出来事。
クリックすると元のサイズで表示します

そんな中で、アイヌ文化を継承し川に鮭が上るための努力を惜しまない人々の努力の結果が、重要文化的景観に指定に結びついたとも思います。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

観光地化されていない、でも本物の北海道を肌で感じることが出来る道内でも貴重な場所。

最近、なにかと話題の☆☆☆どころじゃないのよ!
そんなもんとは比較にならない本物さが、日本の永遠に残しておきたい残さなくてはならない宝物が「平取町」にあるんです。

町全体に物語(ストーリー)があるんです。

札幌から高速道路を使うと1時間半!近いでしょう?

もちろん、☆☆☆級のおいしい食べ物もありますよ!
トマトに和牛に豚!!
温泉も!!!

ついつい熱く語ってしまいました・・・



スズランアーチ!の街灯
クリックすると元のサイズで表示します


コロポックルの家
入ってみたかったけど・・・
壊したら大変だし・・・というか、どう頑張っても入らないし。
クリックすると元のサイズで表示します

その横には「縁結び石」
どうぞ、カップルでお出かけください!
沙流川流域で離れ離れに見つかった石です!
傍らの水をかけて願いをすれば叶うのだとか・・・
クリックすると元のサイズで表示します

アイヌ語の研究でも知られた言語学者、金田一京助先生の記念碑もあります!
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、北海道民の皆さんに平取町を訪ねてもらいたいなぁ〜
その価値を五感で感じてほしいっ!!

そして、良かったな〜と思ったら口から口へと語り継いでほしい
文字を持たなかったアイヌ民族が、大切なことを口語したように・・・


おまけ
冬のほうれん草も平取名物
スーパーで見つけて食べてみましたよ。
茎に近いほうは、特に甘みが強くて美味しいですよ!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
3月24日(日)まで、道立近代美術館においてAINU ART ―風のかたりべ(アイヌ工芸品展)開催中!

私も近々、見にいきます!


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


2013/3/3

冬のにぶたに湖  日高振興局

冬の平取町は初めてです
二風谷ダムを見にいきました
とってもとっても静かです・・・

咳を一つするのもためらってしまうほどの静寂さです・・・
クリックすると元のサイズで表示します

展望台
誰もいないと思っていたけれど
先客がいたようですね〜
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

匠の道をのんびり歩きます
冬のチセ群も、なかなか良いものですね〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
ニシパのトマトランチ」(←詳しくはここ)
町内6飲食店で冬メニュー提供中!

はじめて「くろべこ」さんのレストランを利用しました。
煮込みハンバーグです。
トマトソースがサラサラ系!思ったよりもサッパリといただけます
クリックすると元のサイズで表示します

トマトは高血圧予防にGOOD!
全部のお店、制覇したいなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

おまけのおまけ
我が家のお雛様
クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/3

まちなかに足湯!苫小牧  胆振総合振興局

時間があったら、海まで歩きたいところでしたが
この日は、実は違う目的があり・・・
第一洋食店さんでランチの後は、再び駅前へ戻ります

途中で、「まちなか交流館」という、比較的新しい建物が目に入ります
「足湯・手湯」の、のぼりも・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっとのぞいてみました
クリックすると元のサイズで表示します

うわ〜っ
足湯!
しかも、どんどん人が増えてきます

ここ、名前の通り市民の交流の場になってるんですね。
無料です。
みなさん、常連さんのようでした・・・
クリックすると元のサイズで表示します

地元の特産品も紹介されていました
クリックすると元のサイズで表示します

管理人さんが「今度、ゆっくり来てね!てぬぐい1枚あれば良いから」って

クリックすると元のサイズで表示します

敷地内には、縁結びのお地蔵さんもありましたよ。

そろそろバスの時間が迫ってきたので、バスターミナルへ移動します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

特急ひだか号で平取町へ向かいました!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
観光案内所に平取町行きのバス時刻表やアイヌ民族博物館の資料がありますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

おまけのおまけ
卒業式、結局は着物
スーツがないから・・・
厳かな良い式典でした
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、お赤飯を炊きました。
クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/2

苫小牧と宮澤賢治と・・・  胆振総合振興局

今回、なぜ苫小牧を訪ねたかというと〜
大好きな「季刊誌カイ」(←ここ)という本で、宮澤賢治が大正13年5月に修学旅行の引率で小樽、札幌、そして苫小牧を訪ねたと特集していたから・・・
(「季刊誌カイ」vol8号です)←バックナンバーはお早めに(バスガイドさんの必需品)
クリックすると元のサイズで表示します

なので、カイを片手に苫小牧駅前散歩

まずは、賢治が宿泊した「富士館」旅館跡
今は駐車場になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

そのまま歩くと、同じく大正時代から営業していたという旧福島屋旅館
昭和に改装したとのことで、建物の印象は違うのだそうですが・・・
玄関ひさしに風格が感じられました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

更に、もう少し歩くと「娯楽場パーキング」
おもしろい名前ですね!
王子製紙の「娯楽場」が、昔この場所にあったそうです。
観光案内所のおねぇさんによると、東京からも歌舞伎やお芝居がやってきて賑わいをみせていたそうです。王子さまさまですね
クリックすると元のサイズで表示します

この日の昼ごはんは「第一洋食店」と決めていました
大正8年苫小牧町本町で創業、94年続く老舗です。
王子製紙「王子倶楽部」で料理長を務めた山下十治郎が開いたお店だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

BGMはオペラです
タロが来たら喜ぶでしょうね〜
クリックすると元のサイズで表示します

迷わず、「カイ」で紹介されていた「ミートコロッケランチ」(1050円)を注文します
最初にポタージュ
クリックすると元のサイズで表示します

ナイフ、フォーク、スプーンはフランス製だそうです
重たいです。名前入り
クリックすると元のサイズで表示します

湯気をあげながら、揚げたてコロッケです

今までのコロッケとのイメージとは全くちがう食感と味
これが本物のコロッケってやつなのかなぁ〜
3代、守り続ける伝統の味とのこと
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これが”大正モダンな味”かぁ〜(遠い目)

食後のコーヒーもおいしく頂きます。
クリックすると元のサイズで表示します

「2階にも席があるんですよ」ということで、見せていただきました。
建物は洋食屋に似合わず和風、民芸調なんです。
2代目の趣味だそうです
和室で靴を脱いで本格的な洋食が楽しめるのです

ここが一番古いお部屋だそうです
クリックすると元のサイズで表示します

頭の上には「雲」が
クリックすると元のサイズで表示します

あちこち良く手入れされ、磨かれピカピカです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

毎年5月には駅前から海までの1.5キロをあるく「賢治ウォーク」が開催されるのだとか。
きっと、まだまだ隠れた賢治ストーリーがザクザク!
参加してみたいなぁ〜

おまけ
季刊誌カイには、知らない北海道がいっぱいありますよ!ぜひ、お買い求めください!
一緒に「カイファン」、「北海道ファン」になりましょう!

JRタワー10周年記念企画
宮澤賢治・詩と絵の世界〜雨ニモマケズノ心〜』展開催中!
札幌エスタ・プラニスホールにて(エスタ11階)3月11日(日)まで

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


おまけのおまけ
おかげさまで、今日はSYUの卒業式です。
6年間通った学校とお別れです。
子どもの成長って、早いなぁ〜とつくづく・・・

2013/3/1

苫小牧に寄り道  胆振総合振興局

南千歳駅から普通列車に乗り換え苫小牧へ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「沼ノ端」からは住宅もチラホラ・・・
そして遠くには工場の煙突も見えてきました
クリックすると元のサイズで表示します

20分ほどで、苫小牧駅に到着です

改札を抜けると、早速「ほっきめし」
クリックすると元のサイズで表示します

頭の中で♪苫小牧シャンソン・・・がめぐるんですが
どーーーーしても、大事なところの歌詞が抜けてしまっていてイライラ
忘れようとするんですが
何度も何度も・・・この歌が頭をめぐるの・・・

その土地に行くと、関連する歌が頭の中でヒットするって、バスガイドの職業病?

♪出船入船〜カモメもうた〜う〜〜〜〜海の〜ふるさと〜とまこまい〜とまこまい〜〜

苫小牧はスケートの町でもありますね!
2014年ソチ冬季オリンピック「女子アイスホッケー日本代表出場権獲得おめでとう!!」の横断幕〜
クリックすると元のサイズで表示します

そして、看板をみるとどんな町かわかります
苫小牧というと、紙の町、そして港にはフェリーターミナルがあります!
シルバーフェリー、三井商船、太平洋フェリー

あ〜〜〜〜ダメだ・・・
今度は太平洋フェリーのあのソプラノの歌声が耳から離れない

♪たいへいよう〜〜〜フェ〜〜〜リ〜〜〜〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あらあら、こんなかわいいゆるきゃらも
「とまチョップ」
観光案内所の入口で向かえてくれました

なんと、2012年「ゆるきゃらグランプリ」で堂々の全国14位!
北海道NO1だったそうです!
知らなかった・・・
こんなに有名人?だったとは・・・

たしかに、かわいい〜!
クリックすると元のサイズで表示します

ここで案内のおねぇさんに駅界隈の拡大地図をもらいます。
あらかじめ用意してきた行きたい場所の地図を見せて、分かりやすく印をつけてもらいました。
親切な方でした。(美人でした)
気になる方は、どーぞ。笑

クリックすると元のサイズで表示します

「とまチョップ」もアイスホッケーしています。
クリックすると元のサイズで表示します

駅界隈に点在する「モニュメントを楽しみながら歩くのもお勧めですよ」ってアドバイスをいただきます。
ありました!「輝」
アイスホッケーのスタイルですね!
クリックすると元のサイズで表示します

そしてスピードスケートの「風」
クリックすると元のサイズで表示します

あ〜フィギュアスケートの「舞」を見逃してしまった・・・

マンホールも、この通り!
樽前山とアイスホッケーです!
クリックすると元のサイズで表示します

少し歩くとまた、ありました「風と遊ぶ」
クリックすると元のサイズで表示します

「仲良し」
クリックすると元のサイズで表示します

あ・・・肝心な「勇払千人同心梅女」の碑を見るのを忘れました。
苫小牧に課題を残してしまいました。
雪どけも札幌より早いと思うので、来月にでもまたリベンジです。
自転車でブラブラしたいと思います。

「駅前本通」を歩きます
かわいい足跡が・・・
91年生まれというと、今21歳〜22歳?
この子は苫小牧に住んでいるのかなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

苫小牧といえば、王子の城下町
町の名前も「王子町」
クリックすると元のサイズで表示します
「王子通り」もあり、病院やスケート場にも「王子」の名が・・・
クリックすると元のサイズで表示します

「王子製紙軽便鉄道」
樽前山麓から、紙の原料になる木材を伐採して、蒸気機関車で工場に運んだのね・・・
その木材(丸太)にみたてたのが、苫小牧名物「よいとまけ」
クリックすると元のサイズで表示します

そしておなじみ、高さ200メートルの王子の煙突
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとした手土産に「よいとまけ」がおすすめです。笑
「たべずらいけど、たべるとやみつき・・・激甘ロールケーキ」とヒミツのケンミンショーで紹介されました。笑

コーヒーにピントが合っちゃってますが、後ろに見えるのが「よいとまけ」
クリックすると元のサイズで表示します

コースターのアイヌ文様、ステキでしょう〜
クリックすると元のサイズで表示します

苫小牧散歩、つづく…


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ