ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2016/2/26

鹿児島市内をサラリとあるく  九州そぞろ

相変わらずのドシャ降りでしたが…
せっかく九州まで来たんだし、と言うことで…
鹿児島中央駅を通り越し「天文館」前でバスを降りて、色々歩いて見ることにしました

「テンパーク通り」
クリックすると元のサイズで表示します

「島津重豪」の像
安永8(1779)年、島津家25代当主重豪は、天文台の「天文館」を設置し「薩摩暦」を作成しました(この近くに天文館がありました)
また、医学院も創設しています。
クリックすると元のサイズで表示します

「照国神社」近くに「医学院」の碑
クリックすると元のサイズで表示します

「伊地知正治・吉井友実」の像
伊地知正治は、西郷隆盛が最も信頼をしていた人物の1人。目・足が不自由にもかかわらず剣の達人で薩摩を代表する軍師のひとり。戊辰戦争の作戦はほとんど彼がたてた…(スゴイ!)

吉井友実は、西郷隆盛・大久保利通と幼少時代からの親友。坂本龍馬ともかかわりが強く「薩長同盟」に尽力をつくす。鳥羽伏見の戦いにも功績を残し日本鉄道会社社長も務めた(スゴイ!)
クリックすると元のサイズで表示します

大きな鳥居は「照国神社」
島津家第28代当主斉彬をまつっています
斉彬は、早くから開国論を唱え西郷隆盛、大久保利通を指導し幕府改革を目指した。中央政界で活躍し藩政でも発揮し、集成館事業(造兵事業)、紡績事業、造船事業、電信、製鉄、写真、ガラス、ガス灯など西洋文化を取り入れ、日本近代化の基礎を築いた。

境内に斉彬の銅像があるんですが…
たくさん歩き、雨に打たれてくたびれた私は中に入る元気がなく…
すぐ隣にある「探勝園」内(外から見える)久光さんと忠義さんの(汗)銅像を写真におさめ、更に歩くのでした…

はい、肝心な斉彬の写真はありません。
クリックすると元のサイズで表示します


島津久光像
島津家第27代斉興の第5子として文化14年(1817)鹿児島城(鶴丸城)に生まれる。
第28代斉彬の異母弟にあたり、斉彬の遺言で久光の子の忠義が藩主になると、その求めに応じて「国父」として藩政の実権を握り、忠義を後見しました。
文久2年(1862)、斉彬の意志を継ぎ、朝廷を奉り、幕政改革を志して千人の兵を率いて上京。江戸から帰る際には薩英戦争へとつながる生麦事件が起こり、その後倒幕へ。
明治以降になると、明治6年に内閣顧問、翌年には左大臣になるも、政府首脳との対立もあり明治8年に辞任し鹿児島へ帰郷し鶴丸城二の丸に入ります。しかし西南戦争が起こると中立を守って桜島に移居。西南戦争後は二の丸も焼けたため、第27代斉興が建てた玉里邸を再建して隠居。晩年は歴史書編集に努めます。明治20年に70歳で亡くなった時は、国葬にて福昌寺に葬られました。この際に玉里邸の黒門から国道まで新しい道路がつくられましたが、その道は「国葬道路」と呼ばれています(案内看板より)
クリックすると元のサイズで表示します

島津忠義像
クリックすると元のサイズで表示します


近くには「戊辰駐車場」
クリックすると元のサイズで表示します

そして「西郷隆盛」銅像、み〜つけた!
クリックすると元のサイズで表示します

「歴史と文化の道」を、もう少しあるいてみることに
クリックすると元のサイズで表示します

「美術館」
クリックすると元のサイズで表示します

小学校!窓枠の装飾がすてきでした
クリックすると元のサイズで表示します

少し戻って「博物館」
クリックすると元のサイズで表示します

「鶴丸城」跡です
クリックすると元のサイズで表示します

立派な石垣です!
クリックすると元のサイズで表示します

明治初年の鶴丸城正面の写真
鶴丸城は鹿児島城ともいい、17世紀初頭に島津氏18代家久(初代藩主)が築いた館造りの城で、明治初年まで島津家の居城でした。
その後、この城跡には第七高等学校造士館、鹿児島大学医学部などが置かれましたが、昭和58年10月に黎明館が開館しました
クリックすると元のサイズで表示します

黎明館」(←ここ)
クリックすると元のサイズで表示します

お会い出来ました!「篤姫」さん!
クリックすると元のサイズで表示します

少し離れたところに、政府軍によって放たれた「西南戦争銃弾跡」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「西郷隆盛終焉の地」
クリックすると元のサイズで表示します

もう少しがんばって「西郷隆盛洞窟」にも行きたい気持ちはあったんですが…
天気も天気だし、暗くなるし、体力が限界でした…
朝から歩き通し…

ここから大きな通りへ出て、バスで鹿児島中央駅へ戻ります

もう、ヘロヘロ…

2016/2/24

春は…  

日曜日、会いにいくねってメールしたら
「嬉しい、会えるんですね!」って

自分のことよりも、私のめまいを心配してくれて…

何か食べたいものない?って聞いたら
「食べたいものは花子さんの笑顔と天然(笑)な元気で!」…って

天然な元気ってなに?って返したら
「ウフフ。よい人たちに恵まれる天然ですよん。
転ばないように気を付けてきてくださいね〜」って

3日前に、会った時は…
まだまだこれから!
きっと奇跡は起きるって信じてたのに…

またね!って笑顔で別れたのに…

はるは、もうすぐだったのに…

クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/21

薩摩の郷土料理をいただきます  九州そぞろ

「旧高城家住宅」
明治時代以前の武家屋敷で「おとこ玄関」と「おんな玄関」のふたつの玄関があります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きなみかん!
文旦かな〜
1つ、200〜300円で売ってました。
クリックすると元のサイズで表示します

同じ敷地内の「高城庵」でお昼ご飯です。
クリックすると元のサイズで表示します

玄関にタオルがあります。
ぬれた足元を拭きます
「煎茶」が、甘くておいしい!
さすがお茶の本場!(ここで、お土産用にお茶を買いました)
クリックすると元のサイズで表示します

「高城庵セット」を
まずは「一の膳」
鶏の刺身、芋こんにゃくの刺身、季節の小鉢
クリックすると元のサイズで表示します

梅酒で1人カンパイ!
クリックすると元のサイズで表示します

鶏の刺身…
おいしい!
もう、これだけでお腹がいっぱいでしたが…
クリックすると元のサイズで表示します

「二の膳」です…
お蕎麦は「茶そば」に変えてもらいました
季節の酢の物や香の物…
クリックすると元のサイズで表示します

「田舎煮しめ」
たけのこ、おいしい!
クリックすると元のサイズで表示します

揚げたてアツアツ「薩摩揚げ」!!
(揚げたてを後から持ってきてくれました)
クリックすると元のサイズで表示します

「酒ごはん」
車を運転する人はNGです…
クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶん遅い時間でしたので、お客は最後に私ひとりになりました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食後はお庭を散歩します

おまけ
雨でよかった…
なぜなら、それはそれは美しいカッパさんに逢えたから
とっても、ドキドキしちゃった…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
「薩摩英国館」もチラリと見学
館内、撮影禁止ですが「生麦事件」から「薩英戦争」、その後の薩摩とイギリスのかかわりについて紹介するコーナーがあります(イギリス側からみた歴史の紹介です)
クリックすると元のサイズで表示します

ここのティールームでゆっくりできれば良かったんですが…
バスの時間が…

お土産に「夢ふうき」(かなり評判のいいお茶らしいです)という紅茶を買い、バス停へ
クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島中央駅へ戻ります。
クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/20

知覧の武家屋敷群をあるく  九州そぞろ

徳川幕府の天下統一は一国一城の制度を厳守すること。
薩摩藩は鶴丸城を中心に102の外城を置いたが、外城だけではなく旧城の麓に在郷士族の集落をつくり「人をもって城とする」という軍事行政上の拠点とした。

知覧麓の縦横の道路は、18代知覧領主島津久峰公の時代に造られたもの。
領主の居宅を中心に防備を兼ねた城塁型の区画になっています
クリックすると元のサイズで表示します

バケツをひっくり返したような激しい雨の中を、早速歩いて見ます

この武家屋敷庭園群は1750年前後につくられたもの
石垣の上に、大刈込よる生垣がみられます。
クリックすると元のサイズで表示します

「西郷恵一郎庭園」
庭の南東部の隅に枯滝の石組み(高い峰)。この峰から低く高く刈り込まれたイマヌキは遠くの連山を表現…(パンフレットより一部抜粋)

クリックすると元のサイズで表示します

「平山克己庭園」

クリックすると元のサイズで表示します

どこを切り取っても1つの庭園を形づくろ、調和と表現に優れた庭園…
クリックすると元のサイズで表示します

「平山亮一庭園」
石組みのひとつもない大刈込み一式の庭園、イヌマキにより延々たる遠山は、その中に3つの高い峯を見せ、全面にはサツキの大刈込み(サツキの花の頃は美しいんでしょうね)
クリックすると元のサイズで表示します

「佐多民子庭園」
巨岩奇岩を積み重ねて深山幽谷の景を写しだし、小舟に乗って石橋の下を潜っていくと、仙人が岩の上から手招きしているようだ(パンフレットより)←すごい表現力!!汗
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「佐多直忠庭園」
門をくぐると…
クリックすると元のサイズで表示します


石切の目隠しは屏風岩
防衛を兼ねた造りで、江戸時代中期の武家屋敷の風格を備えている
クリックすると元のサイズで表示します

石垣もアート!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

突き当りの三差路に「白い石」??
クリックすると元のサイズで表示します

「石敢当」(せっかんとう)
屋敷内に魔物が入るのを防ぐ魔除け。中国発祥の信仰で、江戸時代に琉球(沖縄)経由で鹿児島に伝わったもの。
クリックすると元のサイズで表示します

そろそろお昼ごはんを食べます。
もう13時は過ぎていました…

三差路近くのお蕎麦屋さんも気になったし…
オシャレなイタリア料理店も見つけました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でも…
せっかく南九州まで来たのだからと…
郷土料理を頂くことにしました

何を食べたかは、明日のお楽しみ!

2016/2/19

知覧特攻平和会館  九州そぞろ

鹿児島2日目は、ドシャ降りです…
鹿児島中央駅から路線バスで「知覧」へ
今回の旅の目的地です

駅前の「若き薩摩の群像」
クリックすると元のサイズで表示します

戦後70年
最近急速に変化している世の中の動きに対し、自分なりに感じることがあり
ここは一度は行っておかなくてはならないと考え「特攻平和祈念館」へ

9:30分開館に間に合うように出発です。
8時過ぎのバスに乗り1時間半弱、ようやく到着しました
クリックすると元のサイズで表示します

「お茶」の町ということで、こんなモニュメントも
クリックすると元のサイズで表示します


もうすぐ、桜がきれいに咲くのでしょうね!
クリックすると元のサイズで表示します


「隼」
クリックすると元のサイズで表示します

そして「特攻」の像
クリックすると元のサイズで表示します

太平洋戦争末期の沖縄戦で、飛行機もろとも敵艦に体当たりした陸軍特別攻撃隊員(特攻隊)の遺影、遺品、記録等を収集・保存・展示している施設。

知覧は沖縄に近いということで、昭和20年には日本最南端の陸軍特攻基地になり、20歳前後の若い隊員が満州、日本内地から集結し、家族や国を思い出撃した地です。

沖縄戦で特攻戦死した隊員は1036人。
隊員の出身地で一番多いのは東京で86名、続いて愛知・福岡43名、鹿児島40名…
そしてなんと、5番目に大阪・北海道で35名なんです。

軍人の他にも文科系学生や民間の操縦士、そしてまだ17歳〜20歳の少年も訓練そこそこで飛び立ったと言います(満14歳〜17歳で少年飛行兵に)

多くの犠牲の上で手に入れた平和。
「人類最大の不幸である戦争は、絶対に繰り返してはいけない」
「命は地球よりも、この世にある何ものよりも重たいもの」

戦争なんて、起こさせない!
子どもや孫を戦争にやらない!
どんなことをしてでも、子ども・孫を守る
例え、自分の命に引き換えてでも…

芸能ニュースやオリンピックに浮かれてる場合じゃない
もっと真剣に考えなくちゃいけない課題があるはず




同じ過ちを繰り返さぬよう、過去を振り返ることも大切
目をそむけないで、シッカリと過去を学び
声をあげよう!
「戦争反対」「軍備反対」


「特攻」の像と、向かい合うように「母」の像
クリックすると元のサイズで表示します

建物の中は撮影禁止
なので、飛び立つ前に書いた隊員の手紙を一部書き写しました。
「母」にあてたものが、一番多かったです…

「今、俺は往く 母を呼べば 母は山を越えてでも 雲の彼方からでも馳せてくる」

「母はいい 母ほど有難いものはない 母! 母!」

「沢山もらったおてがみは みなポケットに入れてもって行きます。 御守袋(御人形寝ている)も忘れずつれていきます。 コリントも、もう出来なくなりましたが これからは兄ちゃんは御星様の仲間に入って 千鶴ちゃんが立派な人になるのを見守っています。泣いたりはしないで朗らかに笑って 兄ちゃんが手柄を立てるのを祈って下さい。御父さんや御母さんの言いつけを守って 立派な人になって下さい。さよなら」

「俺が死んだら 何人 泣くべ」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この後は「特攻の母」と慕われた鳥浜トメさんの「富屋旅館」へ
戦後、トメさんが遺族を知覧に泊めるために作った宿です
「ごめんくださ〜い」
何度か叫びましたが…どなたも出てきません。
クリックすると元のサイズで表示します

旅館を裏側にまわると「トメ観音」があります
トメが特攻隊員さん達へ感謝の心で供養し、毎日拝み続けてきた観音様
「ご自由に」とのことでしたので、お線香をあげ「世界平和」のお祈りをさせていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

戦争はねぇ
あってはならないのですよ
あの子達は神様だった…
だからねぇ とっても優しかったのよ

「早く日本が勝つように…今、僕達が行かなければ… そうすればきっと 平和な世の中が来ますから だから、今、僕達はいくのですよ  僕達の残りの命は全部 おばさんにあげるから  僕達の分まで 長生きして下さいね…  そして母親に代って見送って下さい…」



今はトメさんの資料館になっている「富屋食堂」(ホタル館)は、当時の軍指定食堂。
飛び立つ前の特攻隊員が集った場所

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの人に訪ねてもらいたい場所です

「富屋別館」のカフェでひと休み
「チャ(茶)イダー」です。笑
クリックすると元のサイズで表示します

ざんざん降りの雨のよーに、私もたくさん涙を流しました
雨で良かった…

茶イダーを飲みながら、一人うなづくのです。


この後は、武家屋敷群を歩きます。

おまけ
これ、観にいきたい…
クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/18

ジェットスターで鹿児島  九州そぞろ

初めての成田空港第3ターミナル
クリックすると元のサイズで表示します

そして、初めてのジェットスターで「鹿児島」へ飛びました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島空港から鹿児島中央駅まではバスを利用します(1時間弱)

車窓からは、こんな風景!まるでハワイ!
ひとりでテンション上がっています…汗
クリックすると元のサイズで表示します

到着したら、もう夕方でした。
「天文館」でバスを降り、お目当ての「アレ」を食べたら宿に直行して即寝ます。
クリックすると元のサイズで表示します

到着しました…
アーケード街にある「むじゃき」本店
クリックすると元のサイズで表示します

「チロクマ」
ぁ…間違えた「シロクマ」食べなくちゃね!
クリックすると元のサイズで表示します

アレって、コレです!

どうして「シロクマ」なのか…
昭和22年創業当時、久保さんという方が考案。
当時は白密、赤密のシンプルなものだったそうです。イチゴにミルクをかければおいしいことにヒントを得て、氷に練乳をかけたけれど甘すぎる…それで独自のサッパリミルクで仕上げました。
また、彩りを加えるために果物やアンゼリカ、さくらんぼにレーズンをトッピング!
上から見ると「さくらんぼとレーズン」がクマの顔に見えるので「シロクマ」に…

へ〜〜〜!

お店のメニュー表に書いてありました。笑クリックすると元のサイズで表示します

これで小さいサイズだし…
なんとなく飽きてきて(甘い練乳の方が好みデス)
中ほじってたら…
なんと!中からもイチゴや白花豆?などが出てきました!
宝さがしの感覚でたのしい!

結局、ペロリと完食です!

そのあと、アーケード街の行列が気になって…
とにかく最後尾に並んでから前の人に聞いてみた
「何屋さんですか?」
「おやき屋さん」
「人気なんですね」
すると、2つ前の人が振り返り…
ニコニコしながら「メッチャ〜〜!おいしいですよ!」と。

で、そのまま並んで買った。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

黒あんと白あん…
小豆は北海道十勝産…汗
なので、白あんを(こっちも多分、北海道産かな)
砂糖ではなく、蜂蜜で甘味を付けているらしく…
ねっとり、メチャ甘い!

クリックすると元のサイズで表示します


路線バスで鹿児島中央駅へ
たまたま目に入った「コーヒー」の看板に吸い込まれるように中へ…
クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーを飲んでダラリ〜
クリックすると元のサイズで表示します

この日は、熱めお湯をバスタブに張り…ゆっくり入浴
ぐっすり眠りました。

おまけ
そーいえば、今年小樽の駐車場で同期のHちゃんに会った時に…すごく叱られたんだ
「めまいするって、大丈夫なの??」
「コーヒーばっかり飲んでるからだよ!1日コーヒー何杯飲んでんの!!」
「ほら、少し前にエナジードリンクで死んだ人いたでしょ?あれもカフェインの取り過ぎなんだからね!」
「いいかい!コーヒーは1日3杯までだからね!3杯以上飲んだらダメだよ!わかった?」

はい、わかりました。
こんなに心配してもらえて、涙が出ます。
いいね、同期って…
ちゃんと、3杯以上は飲まないように努力しています…

サンキュー、Hちゃん!

もう一人の同期Mちゃんからもメールが来ました
「いつのまにかラインから消えてるし、ブログをみたらめまいが続いてるって…お酒も飲めないなんて重症じゃない?大丈夫?」

昨年暮れに、携帯を変えたらラインが消えてしまいました…

「元気だよ!もう大丈夫…明日、空港に行くんだけど」って言ったら
わざわざ顔を見に来てくれました!

いろーーんな話、とりとめもない話をぺちゃくちゃ…
昔あーだったよね、あんた…こーだったよね
太った、痩せたの話や…
息子やワンコの話…

最後に少しだけだんなの話もしてバイバイ!

ありがたいね、同期って!

なんだか、うれしい!涙

ほんとに、元気だから…

2016/2/17

東京ピザ売り娘…?  関東そぞろ

今回は宿からデパートまで、ビミョウに遠くて…
地下鉄を利用した。
朝は早く、夜は遅く…
歩く元気がなかった…

1度だけ、帰りに間違えて荻窪?行きに乗った。
泣きたくなった…
クリックすると元のサイズで表示します

見たこともないよーなモダンな建物やビルがあちこちにあって
東京って都会だな〜と
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと凹んだ時なんかは「りんご」キャンデーに癒されて
クリックすると元のサイズで表示します

荷物に入ってたオーナーからの差し入れと、優しい文面に…また癒されて
(ちゃんと分けたよ、マネキンさんと)
クリックすると元のサイズで表示します

棒のよーになった足に、湿布?貼ってぐっすり眠り〜の…
クリックすると元のサイズで表示します

オーナーが途中、顔出してくれて…
泣きたくなるほどうれしくて(完全に病んでた)
差し入れ弁当、一緒に食べて〜
クリックすると元のサイズで表示します

美味しかった…

あたし、ぽっちゃりデブなのに
どちらかといえば、肉より魚が好きで
オーナーはメチャスレンダーなのに、魚よりも肉が好きで…

なのに「花子さん、魚の方がいいんだよね」とライバルデパートで買ってきてくれた「お魚弁当」
しかも「西京漬け」最高!(さいきょう〜!)汗


食後に飲もうとした薬の量を見てビックリしたオーナー…
昨年9月から、めまいが続いていて病院のはしごを繰り返していて…
結局、最後にいきついた「耳鼻咽喉科」で処方された薬が効いて、めまいはなくなったんだけれど…
なんだか、記憶力は遠のくし、集中力もなくなり、次第にはボーーッとして目もようやくガンバッテ開けてる状態。
「おかしいな」って自分でも自覚していて…
でも、めまいがおさまってるので「この薬はいい!」と思い、まじめに飲んでたら…

「花子さん、おかしいよ」って…
薬を写真に撮り、友人に薬剤師さんがいるからと、どんな薬か調べてもらうことに…

あんまり飲まない方がいい薬だったらしく
思い切って、その日の昼から飲むのを止めたら
めまいもしないし、目が開いてきた(頭がシャキっとしてきた)

それから今も、薬は飲んでないし病院に行くのもやめたけれど…
まったく問題ないし、頭もスッキリしてる

オーナーに会って、止めてもらわなければ…
めまいが怖くて、そのまま飲み続け…
もっと大変なことになっていたかも。

ありがとう!オーナー!
そのうち、パジャマ持って泊りにいきます。笑

ということで、8日間のピザ売りがなんとか終わり…
私は旅に出たのです。

おまけ
DARSのピスタチオ味が出たんだってね…
食べたい!!(コンビニいくたびにチョコ売り場を見てるけど…どこにもない)

2016/2/16

雪の新宿御苑  関東そぞろ

今年の1月も、オーナーさんに声をかけていただき
東京へピザ売りに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

早めに着いたので、まずは荷物をホテルにおいてから「新宿御苑」を散歩しました
前日に、関東〜九州まで大雪!
その名残リ雪が、まだあちこちに…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ね…
こんな状態です
クリックすると元のサイズで表示します

でも、東京の春は早く、水仙、椿、梅などの花が咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

森林浴を楽しみながら、どんどん歩くと
クリックすると元のサイズで表示します

パッ!と視界がひらけ「日本庭園」が!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雪の上で寝転がって喜ぶ、外国人観光客も!
クリックすると元のサイズで表示します

茶室もありましたが、「本日の呈茶はお休みです」の看板が…残念
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕方からデパートで打合せがありましたので、早回りで出口へ
クリックすると元のサイズで表示します

昔はここが高遠藩主内藤家の屋敷地で菜園では唐辛子が栽培されていたそうです。
そこで、レストランやカフェ内では新宿一帯の特産品となった「内藤とうがらし」のメニューが堪能できます。

私も「内藤とうがらし入りソーセージと江戸野菜の盛り合わせ」をいただきました!
ピリッとスパイシーでジューシーなソーセージは、ビールに良く合うと思います
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2016/2/15

2016年1月のよーす  主婦花子

米沢から帰った翌日、SYUが帰省しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスプレゼントはコレ
クリックすると元のサイズで表示します

昨年は、年末の大掃除もしないうちに大晦日を迎えました。
クリックすると元のサイズで表示します

相当くたびれていたらしく…
炊飯器のフタのコレ?を付けるの忘れてごはんを炊いたこともありました。汗
でも大丈夫!問題なく炊けていました。
(良い子はマネしないでください)

びっくりポンやわ…
クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ色んなことがありました…
ステキなお母さんぶって「チーズケーキ」焼いてみたり
クリックすると元のサイズで表示します

牛タン焼いてみたり…汗?
クリックすると元のサイズで表示します

仕事はじめは、ニセコにいってみたり…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

倶知安駅前のお菓子屋さんでシュークリーム買ってもらったり(ありがとう)
クリックすると元のサイズで表示します

太ってみたり、痩せてみたり…
今はまた、少し太ってみたりしながら2月に…

1月中旬には、またピザ売りを頼まれ東京に行ってきました。
その様子は、明日のお楽しみ…

2016/2/14

仙台空港近くの被災地  東北そぞろ

急に仙台へピザ売りが決まって
だったら姉のところへも寄ってこうって連絡したんだけれど

「いつ来るの?」と聞かれても、すぐには答えられなかった。
なぜなら、その前に被災地をめぐろうと密かに考えていたから

いつか、しっかり自分の目と足で…と、計画するも
昨年も、被災地めぐりのツアーに申し込んでいたものの人数が集まらずツアーは中止。

でもまぁ、滅多にない機会だし…
今回は姉のところでゆっくりさせてもらおうかと、被災地訪問を見送った
(体調のこともあったので、正解でした)

そんなことを知ってか知らぬか…
最終日に、仙台空港まで送ってくれた兄が、空港近くでぐるぐるし震災で被害に遭われた住宅の前で車を停めてくれました

ここ、空港のほんとに目と鼻の先の場所です

「鈴木さん宅」

クリックすると元のサイズで表示します
家の前に、当時の様子を詳しく説明する案内板が設置されています
(クリックして読んでみてください)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

車から降りて写真を撮っている間にも、トラックが近くをひっきりなしにオーライしています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

がれきは撤去されたんでしょうね…
周りは何にもなくて、がらーーんとしています
クリックすると元のサイズで表示します

車を空港駐車場にとめて、エスカレーターに乗ると…
「東日本大震災 津波浸水深ここまで」の看板が…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ターミナル内では「復興のあゆみ」パネル展も…
クリックすると元のサイズで表示します

チラリと一瞬でしたが…
被災地を初めて間近に見て、復興はこれからだと思いました。

オリンピックや芸能界、新幹線…
毎日ワイワイ騒いでいるけれど
なんだか一番大事なことが後回しにされているようで

震災から、もうすぐ5年。
「生きている」という意味をしっかりと、今一度かみしめてこれから「生きて行こう」と思い…
この後も、私は旅に出ることを決意しました。


おまけ
震災の話に「食べもの」写真を載せるのもどーかと思ったけれど…
空港で食べた「牛タン」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「牛タン」で始まり「牛タン」で終わった仙台・米沢旅でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ