ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2017/9/27

北大通をあるいただけ  釧路総合振興局

北大通を歩きます
プラモデル屋の壁に、色あせた「阿寒に果つ」のポスター
クリックすると元のサイズで表示します

食器やさん…
なかなかいい品ぞろえ。
でも、買う予定もないのにジックリ見る時間がもったいない
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

垢ぬけたデザインのビル…
前から建ってたかなぁ〜
とりあえず、写真に写しておこう
クリックすると元のサイズで表示します

ここのお菓子屋さんは、昔SYUと釧路を旅した時に入ったんだ!
懐かしくて「ごめんください」
そして、その時と同じお菓子を買った。
道中のエネルギー補給用に…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

MOOに入る。
大きな駄菓子屋がある。
ここなら、なんでも値段を気にせずカゴに入れれる。笑
なんにも買わなかったけれど…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「なつかし館」ですって。
ほんとになつかしいポスターが!
クリックすると元のサイズで表示します

私の彼が「康ちゃん」と呼ぶ、原田康子さんの「晩夏」のポスター
す・て・き

なんていうか…
釧路といえば、イコールさいはて…イコール郷愁。
小説も、わびしくて不幸でドロドロで…未完成のまま、次への妄想(ふくみ)を持たせて終わるって内容のものが多い感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

外はスッカリ暗い
クリックすると元のサイズで表示します

ライトアップされた幣舞橋を歩いてみる
写真を撮る目的で…
で、この写真って…どうよ。汗
クリックすると元のサイズで表示します

そして、夕食。
ミシュランガイドでも紹介された「東家」北大通店
創業100年です。
現在4代目の母の名にちなんだ「貴美(きみ)せいろ」
ソバだんごもついてきました!
ソバ湯も、きっちりいただいて…満腹です!

後はもう、寝るだけ。
おやすみなさい…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/9/26

カメラレディさん  釧路総合振興局

道東を旅しました。
1人で…
ふと思って、色々見ておきたいものもあったし、会っておきたい人もいたし…
思い立ったら、行動しないとね。
考えているだけじゃ、ものごとストップしたままだし
動けるうちに動いて、人生楽しまなくちゃ
で、釧路です。
クリックすると元のサイズで表示します

駅の中に「世界で2番目にオイシイ」おやき屋さんがあった
1番はどこだろー…
聞けば良かった。今も気になってモンモンとしてる。笑
クリックすると元のサイズで表示します

駅横には、鶴の水飲み場のようなモニュメント?
クリックすると元のサイズで表示します

夕方だったけれど、和商市場ものぞいてみた。
生きの良い鮮魚がたくさん!
でも、旅が続くので買えないな〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

和商市場といえば「勝手丼」
どんぶりごはんに、好きなお店の好きなネタなを買って、勝手にのせて食べるのね。
おいしそう!けど…夕食にしては中途半端な時間だし…
夜は宿近くの「おそば」って決めてたから、ガマンガマン
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「幸町公園」
かつて、釧路停車場(駅)があった場所
啄木が降り立った駅は、こちら
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一角に、停車場跡と啄木の碑がありました
「さいはての駅に降り立ち雪あかり さびしき町にあゆみ入りにき」の歌碑は、港文館へ移転(←ここ)

クリックすると元のサイズで表示します

そこから更に、港の方へ歩きます。
趣のある、レンガ倉庫が並びます
函館のベイエリアのように、うまく活用し観光に生かせそう…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

船の写真を、テキトウにパシャパシャ写していたら…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

男性が近づいてきました。
「さっきから、写真のじゃまをしてごめんなさいね。僕も写真がすきだから」と…
そして、船の見方?を教えてくれました。

「船体のアルファベット”TT”は鳥取の船で、横の数字の1は100トン以上の船。イワシの巻き網で…」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「MG2は、宮城の船で210トン以上の船ね。突きん棒っていう棒で突いて、カジキマグロをとるんだよ」

へーーーーっ!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが、突きん棒
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしたら…
「それじゃ、カメラレデイさん(カメラ女子ではない)さようなら」と、ササッと早歩きで去ってしまいました。後姿だけパチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
釧路の屋台は、漁師さん達で大賑わいでした。
漁師さんが相手だけあって、どれも魚類は新鮮でおいしそうでした。

なんだか、1人で屋台もさみしいので(こういう時は、誰かいてくれたらいいなと思う)お蕎麦を食べて宿へ戻ります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おしらせ
私がバスガイドをする「リメンバー修学旅行」(←ここです)へ、一緒に出かけませんか?
ただいま、参加者募集中です。
クリックすると元のサイズで表示します

2017/9/24

厚岸へ  釧路総合振興局

今月初め、厚岸へ(仕事です)
しばらく来る機会がなかったけれど…
いつの間にか「うみえもん」という公式キャラクターが存在していたり「かきえもん」というブランド牡蠣がありました。

「花咲蟹」も安くておいしそうでしたよ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

霧の「愛冠岬」へ
お客さまは大丈夫でしたが…
駐車場から岬の往復で、私だけが蚊に刺されました。
足を10カ所ほど…
ほら、スカートだから格好の餌食です。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台に立っても、なーーんにも見えません。
クリックすると元のサイズで表示します

駆け足で北大の博物館を見学
クリックすると元のサイズで表示します

熊もシカもタンチョウもいました…
クリックすると元のサイズで表示します

色んな種類の昆布を比較しています。
学芸員さんの説明に熱心に耳を傾けるお客さま…
クリックすると元のサイズで表示します

トリカブトが、あっちにもこっちにも「ワヤ」でした…
「さわらないでくださいねーーー!」と100回位叫びました。
あとでドライバーさんが「あー、あの叫び声はそれか」と…
相当、大きな声で叫んでいたらいいです。
クリックすると元のサイズで表示します

道の駅コンキリエのレストランで昼食
クリックすると元のサイズで表示します

「厚岸蒸留所」の話をして「ぜひ、生牡蠣にウイスキーを垂らして食べて下さいね」と。笑
うらやましい!
クリックすると元のサイズで表示します

「オイスター・モカ」ソフトクリームを食後にいただきます!
厚岸オイスターソースが入ったモカソフトにコーヒーパウダーと最中の皮をトッピング!
クリックすると元のサイズで表示します

従業員の方々のお見送りも、うれしいですね!
クリックすると元のサイズで表示します

お客さまにも恵まれ、楽しい1日でした!

おまけ
愛冠岬へ行く途中、住宅街をシカが徘徊…
車内は、ワイワイキャーキャー。笑
クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
釧路・厚岸の秋の味覚と言えば「サンマ」も忘れてはいけません!
今年も、たっぷり・しっかり食べています!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2017/9/23

「リメンバー修学旅行」のお知らせ  バスガイド花子

クリックすると元のサイズで表示します
野口観光×カイ×シービーツアーズの「リメンバー修学旅行」へ一緒に出かけませんか?
洞爺湖「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」に宿泊する1泊2日のツアーで、日程は11月11日(土)‐12日(日)です。

2日間、ワタクシがバスガイドを担当させていただきます!

詳しくはコチラをごらん下さい➡「リメンバー修学旅行」(←クリック!)

お知らせ
「まくら投げ大会」はありません…


2017/9/22

美国の黄金岬へ  後志総合振興局

仕事で美国町の「黄金岬」へ
お客さまと一緒に、ゆっくりゆっくり初めて上りました。
積丹ブルーの海に浮かぶのは、大島・小島の「宝島」
昔、たくさんのニシンがとれた「宝の海」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

松山千春さんが曽祖父に捧げる「ロマンの碑」なるものがありました。

「空を求め 海を求め
美国の里に眠りつく
愛をわすれるな 夢を忘れるな」
クリックすると元のサイズで表示します

お昼にいただいたお刺身も、新鮮でとびきりおいしかった!
クリックすると元のサイズで表示します

余市ニッカウヰスキーや、小樽貴賓館「旧青山別邸」を見学し小樽港へ

「竹鶴邸」↓
クリックすると元のサイズで表示します

お客さまは、美食の船「にっぽん丸」で豪華客船の旅へ出かけていきました!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、とってもうれしい出会いがありました。
「ブログを見ています」と声をかけて下さったFさん!
なぜ?私が花子だとわかったのかは…よくわかりませんが、ありがとうございました。
「見てくれている人がいるから更新しなくちゃ」と思いながらもダラダラで、ごめんなさい。

いつか「にっぽん丸」で、私も旅したい!
クリックすると元のサイズで表示します

どーでもいいおまけ
膝下が長く見えた(あくまで、見えた)ので、気をよくしてパチリ!

クリックすると元のサイズで表示します

2017/9/21

岩見沢のかまだ屋さん  空知総合振興局

Aちゃんに連れてってもらった「かまだ屋」さん
立ち食いそば屋の「椅子有りバージョン」

自分たちでテーブルを拭いて、券売機で食券を買いカウンターに出す
クリックすると元のサイズで表示します

間もなくして、私が注文した天ぷらそば+あげ!(ちょっと贅沢にあげのトッピング)
この天ぷらも、ここで揚げてるんです。
これで400円弱かな〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Aちゃんはラーメン!
味見させてもらったけど、かなりおいしい!
350円か360円か?それくらいの値段です。

途切れることなく人が入ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

超昭和レトロな喫茶店へも行きました。
お店の名前はナイショ。笑
店員さんも、お客さまも、みーーんなレトロ…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

メイプルシロップで有名なカフェで、カキ氷(メイプルソフトクリームのせ)も食べました。
急に寒くなりました…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他にも、色−んな場所をぶらつきましたが…
またその内に…

老舗豆腐店で、夕食用に豆腐と厚揚げを購入

クリックすると元のサイズで表示します

Aちゃんにお土産でもらったトマト、ささげ、Aちゃん手作り鶏チャーシューでパパッと夕ご飯準備
クリックすると元のサイズで表示します

なんと、青森りんごのジュースもいただきました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

翌日のSYU弁当は、パン!+りんごジュース+フルーツ
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
「スズランみーつけた!」いいことありそう!
クリックすると元のサイズで表示します

2017/9/20

北村のサイロ  空知総合振興局

先月中旬になんとなく、北村のサイロが気になり…
解体はまだかと役場に電話で確認したら「まだ」というので安心してたら…その翌日の朝刊に。
クリックすると元のサイズで表示します

そこでサイロを見に行くことにしました。
岩見沢駅の観光協会で自転車を借りて…と思いましたが結構距離があって…
路線バスとか色々調べているうちに、岩見沢駅から北村温泉まで無料送迎バスがあることがわかり、温泉入浴後にサイロまで歩こう!と決定!

直後、グッドタイミングでAちゃんから「〇日お休みです!」ってラインがきました(テレパシー!)

サイロを見に行く計画をたててることや、レンタサイクルで岩見沢市内をぐるぐるしたいことを伝え「一緒に自転車借りよう!」と言うと「無理です」と即答…汗
Aちゃんが、車を出してくれることになりました…汗

ありがたい!

で、サイロの解体現場(8月31日)に行きましたが…
北村温泉からも、想像以上に距離があり…
伊能忠敬でもない限り、歩くのは無理でした。
ほんとに、Aちゃんありがとう

「おねぇさん、ね、無理でしょう?ここ、歩こうとしてたんですか?」
「市内から自転車でも、無理ですから!」って。
確かに…無理だったわ。

はい、新聞記事の通りに軟石を一つ一つ丁寧に解体していました。
その石はどこに保存されて、その後どうなるのでしょうか…
「北海道開拓の村」辺りで復元保存していただけるといいのにというのが、個人的な願いです。
クリックすると元のサイズで表示します

北村牧場入口の啄木の歌碑も、一応写メっておきました。
のぞき込んだ時に湖面に映る顔が、その人の本性…という「鏡沼」は、さすがに自分の性格は自分が1番よく知っているので、のぞき込むのはやめときました。
クリックすると元のサイズで表示します

今年4月の北村サイロはコチラから➡コチラです!


はい、北村温泉で入浴タイムです!
かなり塩分の濃い温泉!
ビックリするくらいに塩辛いです!
クリックすると元のサイズで表示します

ここは露天風呂。
この下にも、もう一つ浴槽があります。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の隣にある資料館を見学します。
受付で見学を申し出て、自分で電気をつけます
クリックすると元のサイズで表示します

北村牧場サイロの模型
そうそう、春に見たときはこんなでした…
クリックすると元のサイズで表示します

松浦武四郎も、北村を探訪。
クリックすると元のサイズで表示します

そして北海道ホームスパン発祥地「北村」ということで、もしやジンギスカン発祥地は北村ではないか?という説も。
北村でジンギスカンを食べさせてくれるお店はないかと調べましたが、ありませんでした。残念…

その他、啄木や、なんと多喜二関係の資料も。
ここに書くのが少し面倒になってきましたが、知れば知るほど興味津々の北村です
クリックすると元のサイズで表示します

北村とお別れです!
岩見沢市内にある「玉泉館公園」へ。
昔は温泉が豊富に湧き、料亭旅館があったそうでその名残です
大きな池を中心にした公園で、太鼓橋を渡ると本格的な茶室もあります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉がお見事とのこと!
お近くの方は、ぜひ!おでかけください。

茶室を窓越しにのぞき込んでいたら、お庭を管理している方が(見かねて)開けてくれました。
「中へどうぞ」と…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、にじり口も開けてくれたので
はい、靴をはいて外へでて、再びにじって茶室に入りお辞儀です…
「プチ茶会ごっこ」笑
クリックすると元のサイズで表示します


あら…背中が出ていてだらしがないです。汗
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
岩見沢駅北側、幾春別川のほとりに「岩見沢発祥の地碑」
岩見沢市の名前の由来については、自分で調べてね(アイヌ語ではありません)汗
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/9/20

またまた月形町へ  空知総合振興局

そーいえば、今更ですがまた更新を怠っています…
先月のお話ですが…Aちゃんとドライブしました。

最初に、Aちゃんが気になってたお肉屋さんでジンギスカンを!
当別町の駅前にあります…

お店が開くのを待って入店です
クリックすると元のサイズで表示します

で、目的地に行く前に今度は私が気になってたパン屋さん「きみかげ」へ
名前がGOOD!ですね…
クリックすると元のサイズで表示します

店内やパンの品ぞろえなどは…
昔のエグ・ヴイヴのよう
クリックすると元のサイズで表示します

クロワッサンと、豆乳の山食を買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、どれだけ行けば気が済むんでしょうかね。月形町…
NPO法人「そらち炭鉱の記憶マネジメント」の方が無料で案内してくださるというので、参加してみましたの。「ぷらぷらツアー」に。
たまには、誰かの案内も聞いてみたいなーと思って。
事前予約もいらないっていう気軽さもヨカッタみたい!
月形町役場前からスタートです!
クリックすると元のサイズで表示します

降ったり…
クリックすると元のサイズで表示します

止んだり…
クリックすると元のサイズで表示します

雨に振り回されっぱなしの1日だったけれど…
まぁ、まぁ、よかったです(←なにが?って突っこまれそう)。まる
樺戸監獄(月形刑務所)の初代典獄(刑務所長)、町名にもなった月形潔の胸像
おなじみですね。
小顔のショウユ顔(←昔、ハヤッタわね)
クリックすると元のサイズで表示します

町内を散歩
市街地にある町丁名について、話を聞きながら「すべつ川」を渡ります
「偕楽町」「小柳町」「柳橋町」などという風流な地名があったり…
明治30年ごろ囚人が初めて田んぼを作った場所に「農事会」という地名が残されている・・など。興味深い話を色々と…
クリックすると元のサイズで表示します

「須部津川」(すべつがわ)の語源についてもアイヌ語の「シペッ」に由来し「本当の」「大きい」「本川」という意味なんだそうですが…
「死別」に通じて縁起が悪いとか、開拓に入った東北人が訛って「すべつ」になったとか…説もいろいろだそーで、おもしろい!

で、今の「入舟町」のあるところが、すべつ川と石狩川の合流点ということで、外輪船が入った港があったのかな?多分…
数年前に自転車で「波止場跡」をみつけるために、ウロウロしたところが今回の説明の「波止場跡」の場所と、バッチリ同じでうれしかったです。まる
地名も「入舟町」だったとは…
数年前に…川沿いの民家で「ごめんくださーい。昔の波止場跡はどの辺かわかりますか?」って聞いたんですが…かなりの年配者でしたが知らなかったんですよね。地元月形町民が、自分の住む町を案内人と一緒に歩いたらいいんじゃないかしら?と思いました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

町内には、かつて囚人が建てた寺が2件あります。
まずは「北漸寺」へ

このお店「まるなか」さんは、その参道に古くからあったお店らしいのです

昔の「まるなか」さんと
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今の「まるなか」さん
クリックすると元のサイズで表示します

昔の表参道を歩き境内へ
クリックすると元のサイズで表示します

福井県永平寺直轄の格式高いお寺だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

細部にわたる彫刻は、新潟出身高岸石次郎が彫ったものだそうです(京都東本願寺の山門を建てた棟梁)
クリックすると元のサイズで表示します

動物の目には石の玉が入っています
模様が彫りこまれた柱も130年前のまま…
クリックすると元のサイズで表示します

「霞町」という地名にも「表霞町」と「裏霞町」があるのですが、「表霞町」の溝口菓子屋さんで「月形まんじゅう」を…
はい、その場でいただきました!
クリックすると元のサイズで表示します

再び、役場前に戻ります。
昔の「デパート」
建物そのものが、超レトロ

クリックすると元のサイズで表示します

その並びの靴屋さん(履物屋)も、看板が木彫りでした!
クリックすると元のサイズで表示します

そして、もう1軒のお寺「円福寺」(明治30年完成)へ
お寺の中を案内していただけることになりました。

真宗大谷派東本願寺のお寺です。お坊さんの大谷さんは明治20年に会津若松から住職として北海道に渡ってきたそうです(当時24歳)ここ月形で「中島説教所」を開いたのが始まりとのこと。
当時、木材を伐り運ぶのは大変だったらしく、ロープだとすぐに切れてしまうので「毛綱」(髪の毛をロープに織り込んだもの)を使い、晩生内(おそきない)の山から木を運んだのだそうです。

建築から今年で130年ということで、大々的に改修工事を行いました。
建物を一度、本堂前に移動させ基礎をつくり直したそうですが、その後元の場所に建物を戻してもゆがみやズレを直す必要はなかったそうで…このお寺を建てた宮大工(囚人)さんは相当、腕が良く丁寧に建てたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

裏のレンガ造りの納骨堂も、その頃建てられたものかしら…
クリックすると元のサイズで表示します

「ぷらぷら歩き」は、このあと解散に。
その後、希望者だけ車で円山と囚人墓地へ出かけます

囚人が植林した北限の杉並木
クリックすると元のサイズで表示します

月の形の展望台
クリックすると元のサイズで表示します

向こうに延びてみえるのは、三笠(空知集治監)とを結ぶ峰延道路(囚人道路)
クリックすると元のサイズで表示します

囚人墓地…
今年はここへ仕事でも出かけました。
クリックすると元のサイズで表示します

熊坂長庵のお墓もみつけました!
クリックすると元のサイズで表示します

月形については2011年の旅のようすもごらん下さい➡ここです!

ダラダラ写真と、テキトーな文章にお付き合いいただきありがとうございました!

2017/9/3

洲崎春男さんのイタ(お盆)  日高振興局

経済産業省指定・国の伝統工芸品「二風谷のイタ(お盆)」
いつか洲崎春男さんにお願いして、オリジナルで1枚彫ってもらおうと思ってた。
自分で働いたお金で自分へのプレゼント

お金をためて、いざ…
「材料も文様もすべてお任せします」
「期限はいつまでかかってもいいです」って…

「できました」って電話を頂いた時は、うれしくて!(意外と早かった)
ありがとうございます!

渦巻きが波のように躍動感があって…
盆面から文様が飛び出て来そう…
ウロコ文様もふんだんに…

二風谷で木彫体験を何度かさせて頂いてるので、このイタ1枚彫るのはどんなに大変なことなのか
そしてこのイタが、どんなに素晴らしく価値があるものなのかがよくわかる。
きっと、お願いした値段以上の価値。
ほんとうに、うれしい!私だけの1枚。

刃先1つで、この手仕事。まさに匠!
先日、新聞で偉い人が言ってたけど…
アイヌ民族の木彫り職人さんで「人間国宝」が出てもいいと思う


ありがとうございます!
とっても、とっても気に入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


こちらも、以前購入した洲崎さんのイタです!
クリックすると元のサイズで表示します

洲崎春男さん➡コチラからごらん下さい

2017/9/2

パド・ミュゼ  渡島総合振興局

「パド・ミュゼ」(←こちらをごらん下さい)
明治の初めに「七飯官園」(農業試験所)が置かれた場所で、北海道開拓には欠かせなかった「どさんこ馬」をメインに飼育(←ってところにこだわりを感じるわ)

駒ヶ岳の麓で、とっても気軽に森の生活や農業体験、馬にふれあうことができる施設です!
宿泊もできるんですよーーー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヤギもいましたよーーー
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

施設内でメープルシロップも採取してるみたい!
販売もしてるし、ここで食べるメープルシロップのアイスクリームは特におススメ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お客さまが施設内を見学してる間に「いただきます!」えへっ
特別にメープルシロップと白桃を1こずつ…
すると、味が混じるからと別の容器に入れてくれる気遣いがうれしい!
器も木です!軽くて温か味があって、いい感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前に訪ねた時は、バターたっぷり焼きたてワッフル付きのアイスにしたのね。
どっちもおススメです!
クリックすると元のサイズで表示します

場所は、旧流山温泉。
日帰り入浴も可能です!
函館へのドライブの途中に、ぜひ立ち寄ってみて下さいね!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ