ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2017/11/29

主婦してます  主婦花子

主婦してます。
家にこもる日が多くなると「あ〜、ほんとは私、家にずっといるのが好きなんだ」と思い
外に出ると「あ〜、毎日ぶらぶらしたい」と思い…

どっちなんだ!って、どっちでもいいんですけど…

家にいる日が続くと〜
朝から「カツ」を揚げて「かつ丼弁当」持たせる余裕も生まれます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

が…
冷蔵庫に肉しかなくて…
こんな弁当持たせて「今日の弁当、ふたをあけてビックリしたよ」と言わせる日もあります。
(こんな、ビジュアル的にも最低な弁当…私ならイヤだ。男子でよかった)
クリックすると元のサイズで表示します

別に書きたいこともないんですが…
なんとなく、カチャカチャブログ更新。

はい…
ぜんぜん自慢のできる弁当ではありませんが…
いつも似たような10分弁当を持たせています。

鮭を焼きながら、1つのフライパンでタマゴとウインナを焼く。
あとの2品はレンチン!で、10分。
クリックすると元のサイズで表示します

鮭を焼きながら、カボチャの煮付けの残りで団子を作って卵と一緒に焼く。
チルドのおかずをチン!して、出来合いの黒豆を袋から出して…ハイ!10分。
クリックすると元のサイズで表示します

鮭を焼きながら、いつものように卵とウインナを焼く。
前日の切干大根煮付けを盛り付け、冷食春巻きをレンチン!10分…
クリックすると元のサイズで表示します

鮭を焼きながら、卵も焼いて…
少し高い冷食のシューマイと、なんだかわからない冷食のおかずをレンチン!
今回は、ちょっとだけ手をかけて白菜のお浸しも入れてみたけど、梅干し切らしてて…
最低のビジュアル…

せっかく、少しだけ手をかけたのに「今日は弁当いらないんだった」って、早く言いなさいよ。
クリックすると元のサイズで表示します

毎日、こんなことの繰り返し。

団らんのおとも

兵庫県「梅角堂」さんの「まるごと栗羊羹」
丹波の栗の渋皮煮がまるごと”ごろごろ”練り羊羹に…
とっても贅沢なお菓子ですので、家族が揃った日に薄茶とともにいただきました。
栗の自然な味わいが「まるごと」楽しめました。
ごちそうさまでした!
クリックすると元のサイズで表示します

2017/11/28

Aさんと、円山ランチ  花子よりだんご

仕事もひと段落ついて、失業保険中の身です。

円山マダムAさんとランチしてきました!
Aさんと、しばらく会っていなかったし
ゆっくり話もしたかった。

「どこかいいお店を」って聞かれても、ぜんぜんわかりませんのよ。わたくし…
わたくしよりも、円山在住のAさんの方が詳しいと思うの。
そこで、すべておまかせしちゃいましたのよ〜

早速、和食に中華、フレンチにイタリアンと…候補を色々あげてくれたの(さすが!仕事が早い。デキル女!)
フレンチを第1希望で返信したんですが…その日は定休日でした。はい…(想定内ですね)
ということで、イタリアンへ(予約入れてくれてありがとう!)

地下鉄駅まで、迎えにきてくれましたよ!
♪真っ赤なポルシェ〜で。笑

ランチのコースを(真ん中の値段で、1200円くらい)お願いします。
お値段以上の内容と味の良さに満足でした。
クリックすると元のサイズで表示します

パスタは6種ほどから選べるのですが、十勝マッシュと自家製ベーコンのカルボナーラ?を。
ほら、秋に十勝へ行きマッシュルームをたくさんたべたので、つい思い出して。

ところが、おしゃべりに夢中になっている間に…
麺が増えたような気がします…

最後は、しばらく話すのを中断して食べることに専念。汗
共通の話題があるっていいですね!
「あっ、パスタ冷めちゃってない?」って、我に返る。
クリックすると元のサイズで表示します

さつまいものケーキと洋梨のコンポートかな?
かな?ってのが…ちゃんと説明を聞いていない(うんうん、うなづいてるんだけど…基本、真剣に聞いていない)
クリックすると元のサイズで表示します

お店の名前は…うーん。
横文字が苦手で覚えられないの…
タロが言ってた「その言葉にどんな意味があるか知ったら覚えられるよ」って

ここのお店です(気になる方は、自分で調べてお出かけくださいませ)(;^_^A
平日ですが、この日はほぼ満席(ご予約をおススメします)
男性のお客さまも多かったですよ!
シェフはイケメンズです。笑(←ここ、だいじ)
クリックすると元のサイズで表示します

次から次へと話すことがありすぎて…
場所を変えて、またおしゃべり。

Aさんのおうちのご近所ですから、車をおいて歩きます。
本州出身のAさん…デラデラの雪道をがんばって歩きます。

次のお店のケーキやサンドイッチも美味しそうでしたが…
満腹状態でしたので、飲み物だけ

クリックすると元のサイズで表示します

寒いのに、冷たいものを頼む私。
最近「リンゴ」の次に「レモン」にはまってるの。

よくわからないけれど、レモンソーダ?のようなシュワシュワ
(瓶がオシャレだった)
クリックすると元のサイズで表示します

気が付けば、外は真っ暗よ…
まだ17:30分なのにって…
女子トークの5時間って、あっという間ね。
休憩時間もしゃべり続けて、冬道で札幌から函館まで行けちゃう時間…

昨日からAさんは、帰省中です。

業務連絡
温度差で、体調を崩さないように気をつけてね!
出張のおみやげ「ドライマンゴー」最高!
Aさんが言う通り、しっとり感がすごい。
セブ島、行きたい!ありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します

そして、東京のかりんとうも!いただきました(やっぱり、甘いもの好きなのわかるんだ…)
もったいないから、少しずつ食べてます。
マロンコロンなどをテーブルに出して、このかりんとうは息子に見つけられないよう戸棚に隠しています…汗

「レーズンかりんとう」
これ、有りです!!シナモンが香り上品な甘さ。
ウイスキーにも合うと直感!
売ってる場所も教えてもらったし(汗)今度は自分で買います!
表現力が乏しくてうまく説明できないけれど…
ドツボにはまる美味しさです(食レポじゃないから、いいか…)
クリックすると元のサイズで表示します

朝なので、コーヒーと一緒に。
最近、コーヒー豆を100グラムずつ買い(ようやくミルを新調した)「コーヒーで世界旅行」を1人たのしんでるんですが…
「日本×アメリカ(カリフォルニアか、どうかわからないけれど)×グァテマラのコラボ!」は最高〜笑
クリックすると元のサイズで表示します

「きんぴらごぼう」も、楽しみ!
こちらには、日本酒かな? 戸棚に隠しておかなくちゃ!


2017/11/27

歴建ランチ!  花子よりだんご

歴建(歴史的建造物に関わるあれこれ)のプロAさんと、ひょんなことからメールでやり取り。
久しぶりに「歴建ランチ」することになりウキウキ!
だって、お互いに忙しすぎて(Aさんは私以上に全国飛び回ってる)会うのも1年ぶり。

大正時代の石蔵をリノベーションした「離島キッチン」へ!
Aさんは、以前夜に利用したらしいのですが、とても美味しかったということで…
Aさんが言うなら間違いないし、Aさんとならどこでもいいわ。
たとえ、マクドナルドでも…笑

うふふ…
そこへ作家のBさんも合流できることになったのです!
なんていうか…
3人、なんとなく同じにおいを感じるの…

Aさん、Bさんには、ビジネス?でしょっちゅう訪ねる共通の町があるんですが…
私は、なんにも用事がないけれど2人がいるなら(路線バスで半日かけて)その町へ遊びに行こうかな〜ってくらい(仕事の邪魔以外に何でもないけれど…)それくらい、大好きな2人です。笑


あ!この建物…
路線バスの車窓からいつも見ていました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

待ち合わせ時間よりも早く着いたので、店内を見学!
「写真もどうぞ!」で、あちこちパチパチ!
全国各地にある「離島」の特産品も販売しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これ、裏がメニュー表です(事件です!天売・焼尻の名前が入ってません…)
毎日、メニューが変わるようで「日付」が入っています(持ち帰り可)
3人とも「本日の島めぐり定食」1000円を注文しました。
1品、1品、メニュー表を見ながら食べるの…笑
想像つく?(私はそのうちに、どうでもよくなっちゃったけれど)

奥尻島で稲作をしてるなんて、以外でした。
最後に奥尻島へ行ったのは12年前位前かな〜
島に田んぼのイメージもないし、米作りの案内をした記憶もない…
つやつやでおいしかったわよ「奥尻島のふっくりんこ」。
ごはんは、おかわりOKでしたよー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他に、この日の「昼の献立」には…
「倉橋島のカキフライ丼」(880円)や「宮古島牛のハンバーグ定食」(1500円)もありました。

これから忘年会シーズン。
2階席もあるようです…ご相談を。
全国の島々の美酒も味わえますよーーー!
クリックすると元のサイズで表示します

また離島に関する本やパンフレットも多数!
全国離島めぐりの計画をたてるのもいいかも!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
定食についてきた「奄美大島のごま菓子」が美味しかったのでお買い上げ!(美味しくて、ポリポリ食べてるうちに・・・袋が空っぽに。食べ過ぎた…)

青いレモン果汁も(多分最近疲れているだろう)Mさんへのお土産に(ビタミン補給)購入です。
クリックすると元のサイズで表示します

その後は「場所を変えてコーヒーでも」ってことで、地下鉄北12条駅に向かい歩いたんですが…
なかなかお店が無くて…
歩いているうちにJR札幌駅のすぐ近くまで…

そこで、さすが歴建のプロAさん!
「前から行こうと思いながらなかなか行く機会がなかったお店が、近くにあるの」と…
ビルの谷間に蔵が見えてきました!
クリックすると元のサイズで表示します

そのお隣、かつてのカメラ屋さんがカフェです!
「東洋カメラハウス太田」の看板もネーミングもレトロ〜
店員さんに「何年位に建てられた蔵ですか?」と聞いたら「100年は建ってます。昔はカメラ屋だったんです」と教えてくれました。
貴重なカメラを火災などから守るために蔵を建てたのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します

店内の写真も自由に撮らせていただけました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私達は2階席で、作家Bさんの貴重な資料を見せてもらいながら、あーでもないこーでもない…
私は、ぜんぜん意見を言える立場ではないけれど…
「ふむふむ、うんうん…」

次の本も、すでに予約済です。笑
次回会う時は、バックナンバーにもサインを書いてもらうんだもん…
練習しておいてね!
なんて書いてるのか解読不明な「崩し文字サイン」を期待しています。笑

と言うことで…
「レモンタルト」を3口くらいで、食べきりました(意外と小さかった)。汗
クリックすると元のサイズで表示します

このお店、ドアを開けた瞬間「カレー」の良い香りがぷ〜ん!
今度は昼時に訪ね、迷わず「カレー」にしてみます!



外に出たら、もう真っ暗でしたが…
Aさんは、とある有名建築家の講演があるからと、その足で小樽へ出かけていきました。
タフだなぁ〜

オフシーズン最初の外ランチ、いい時間を過ごせました。
Aさん、Bさん!ありがとうございました!

2017/11/23

道産ワイン×胆振の食!  胆振総合振興局

北海道産ワインと胆振の食をコラボさせ、相乗効果を楽しむイベント「道産ワインと胆振の食の魅力発信セミナー・商談会」に参加させていただきました。

ザ・ウインザーホテル洞爺総料理長が、6種の道産ワインに合わせ胆振食材を使った料理を提供。道産ワインと有珠山ジオフードの美味しさを再確認・発見した1日になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最初に「道産ワインに合わせる食」をテーマにパネルディスカッションが行われます。
<パネラー>
・ザ・ウインザーホテル洞爺 調理部総料理長 飯島 豪 氏
・NPO法人ワインクラスター北海道代表 阿部 眞久 氏
<コーディネーター>
・フードライター 深江 園子 氏

飯島氏の話しの中から…
近隣のイベントなどにも積極的に出店するなどして「地域との関わり・つながり」を大切にし、胆振の食材を積極的に利用していること。
自らエゾシカを駆除し利用方法や食べ方を農家の奥さま方にアドバイスしたり、和朝食で提供している伊達市の「黒豆納豆」は、料理長やスタッフも手伝いプロデュースしたという話は驚きでした。

クリックすると元のサイズで表示します


↓料理の最終確認をする飯島さん
クリックすると元のサイズで表示します

料理の説明も…
クリックすると元のサイズで表示します

日本ワインコンクール2017(国産ぶどうを100%使用して作られたワイン)を対象とした、日本で唯一のコンクールで銀賞、銅賞を受賞した「NIKI Hillsヴィレッジ」(はつゆき)です
クリックすると元のサイズで表示します

早速1番目にいただきました!
「HATSYUKI 2015」(日本ワインコンクール2017 銀賞)
クリックすると元のサイズで表示します

「苫小牧漁港より届く松川カレイのカルパッチョ、ライムとオレンジの香り」
カレイは少し厚めで、うれしい!
クリックすると元のサイズで表示します

続きまして、私の中ではNO1の「月浦ワイナリー」(ミュラー・トゥルガウ 2015)
ちなみに、こちらのワインも日本ワインコンクール2009で銅賞を受賞しています。

おまけ
「日本ワイン」と「国産ワイン」の違いといえば…
「日本ワイン」は国産原料100%のぶどうを使用し発酵醸造した純国産ワイン。
輸入原料を使っていても日本国産で発酵製造すると「国産ワイン」の表記になるのだそうです。

「日本ワイン」は全国で7〜8%しかないのだそうですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

月浦ワインとのマッチングを考え作られたのが〜
「伊達産鶏のスティーム 柚子胡椒」と「そうべつくだもの村のリンゴのコンポート」

月浦に関する過去記事→コチラ
クリックすると元のサイズで表示します

そして、空知総合振興局を代表して「山崎ワイナリー」(ピノノワール 2015)唯一の赤!
HPを見たら「深いルビー色。深みのある赤い果実、針葉樹林を思わせる深く冷涼な香り・・・・」とあります。汗

2012年5月→コチラ

2015年10月→コチラ

クリックすると元のサイズで表示します

「山崎ワイナリー」(ピノノワール 2015)にマッチングさせたお料理が…
「豊浦町 下向さんの原木椎茸」 
香りがたまらなくいいです!
飯島さんが「さっきスタッフが取ってきたばかり」と話していました。
クリックすると元のサイズで表示します

そして「黒毛 白老牛 厚切りロースト 塩・黒コショウ」
もう言葉はいりませんね…おいしゅーございます!
クリックすると元のサイズで表示します

お次は「平川ワイナリー」(キャンベルロゼ セレクション2015)
クリックすると元のサイズで表示します

飲みやすくって、さわやかフルーティーな香り!
ワイン初心者で、あまりお酒が得意じゃない女子に好まれる1本に違いない!笑
平川ファームの畑は余市町にあるのですが、畑の下には縄文時代の遺跡が眠っているそうです。その後もアイヌの人たちの生活の場であったということで…ラベルに施したアイヌ文様がとってもステキです!
今回、一番印象に残ったワインでした。
クリックすると元のサイズで表示します

平川ワイナリーキャンベルロゼ セレクション2015に会うのは…
「のぼりべつ酪農館の白カビチーズと厚真町 山口さんのハスカップジャム」

のぼりべつ酪農館のチーズは「フランスで食べるような本格的なチーズを作っている」と飯島さんも大絶賛!
クリックすると元のサイズで表示します

厚真町はハスカップ日本一の町。
山口さんは、日本でただ1人の「ハスカップマイスター」です。
酸味のあるものから甘いものまで、用途に合ったハスカップが試食できました。
クリックすると元のサイズで表示します

今年のザ・ウインザーホテル洞爺のクリスマスケーキは、この山口農園さんのハスカップを使用した「波紋deTOYA」。大丸札幌店で予約受付中です!
クリックすると元のサイズで表示します

「田中さんの熟成のポークと壮瞥町浜田さんのぶどう キャンベルのジャム 黒コショウの香り」(左から2つ目)
クリックすると元のサイズで表示します

「北海道ワイン」(鶴沼ヴィンヤードブラン 2015)
こちらも日本ワインコンクール2017で銅賞を受賞しています!
後志総合振興局には酒造メーカーが10社以上もあるのです。9カ所ある水源が汚染されてなく、お酒の命である水がおいしいのもその理由なのでしょうね!

北海道ワインは、空知管内浦臼町に447ヘクタールという日本最大のぶどう畑を所有しているのです!
クリックすると元のサイズで表示します

2015年10月→コチラ

少し香りにクセのあるワインに(ワイン通には、たまらない1本なのでしょうね)は…
「豊浦礼文華の帆立貝とマンゴーのセビーチェ」を(上の写真をごらん下さい)

クリックすると元のサイズで表示します

水揚げされたばかりの噴火湾の帆立もいただきました!
「(地元食材を)買わせていただいている」と話す飯島さんの言葉が印象に残ります。
クリックすると元のサイズで表示します

最後は「千歳ワイナリー」(北ワイン ピノノワールロゼ2015)
日本ワインコンクール2016 ロゼ部門で銀賞を受賞しています!
こちらも、女子なら大好きなベリー系の香りがたまりません〜
けれども、べとつかないスッキリとした飲み心地!

クリックすると元のサイズで表示します

2011年1月→コチラ

なんと、お寿司を合わせちゃいましたよ〜!
「いぶり噴火湾漁港よりいただいたヒラメの握り ポン酢・紅葉卸・紫蘇」

クリックすると元のサイズで表示します

「霜降り和牛”カドワキ牛”の厚切りロースト ドライフルーツのチャッネ」(上の写真をごらん下さい)ドライフルーツ(レーズン・アプリコット)の甘みが牛の脂身に合うのです!

ラストに「はつゆきのワインジュレと洋梨のムース」を。
クリックすると元のサイズで表示します

北海道には34のワイナリーがあるそうですが「北海道産ワイン」は一つのブランドとして、これからますます人気も高まりそう!

農業、漁業、畜産業と、有珠山ジオフードの恵み豊かな胆振の食材と道産ワインのコラボレーションは無限大!ワインと食の新しい楽しみ方を教えていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
飯島総料理長と一緒にパチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうさまでした!

2017/11/21

リメンバー修学旅行・その3  バスガイド花子

みちの駅「だて」と言えば…豊富な種類の野菜を安く購入できることで人気ですが…
私は、珍しく買い物に走らずバスでお留守番(買い物は母におまかせ)笑

またまたFさんに「ハンサム焼き」をごちそうになりました。ありがとうです!
頭からいただくタイプです!
クリックすると元のサイズで表示します


午後からは、亘理伊達家20代目・伊達元成さんの案内で「伊達市開拓記念館」と「有珠善光寺」を見学します。
クリックすると元のサイズで表示します

最北の竹林を抜け、記念館へ
クリックすると元のサイズで表示します

柿の実も、栗も落ちています。
クリックすると元のサイズで表示します

伊達さんの話はわかりやすく、これからの案内にとても役立てそうです!
みなさんに聞いてもらえないのが残念…
私が一番「修学」していたかも!

現地のことは、現地に一番詳しい方に案内して頂く…
それが一番ですね(バスガイドの需要はますます減るかもしれません)

そうそう「開拓記念館」は今月(11月)いっぱいで閉館になります。
2019年春に新たな記念館がOPENします!

え〜っと「政宗の父の、1つ前の晴宗の兄弟が分家して亘理をつくり、その家系が北海道へ…」だったかな?覚えられないや。

明治の初め、伊達に入った邦成は第15代目だそうで、当時仙台から北海道に持ってきた調度品が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

中でも、歴代の御姫様が持ってきた江戸時代後期からの「ひな人形」8対は目を引きます。

「ひな人形」は開拓には必要のないものですが…
「きれいなものを見てきれいと感じる心」や「触れる時の作法」など、人間を育てるためのものとして美術品を手元に置きました…という説明を聞いて、なるほど!

これまで「ひな人形」は常設展示でしたが、新しい博物館になると3月だけの展示になるそうです。シッカリと目に焼き付けてきました。
しばしのお別れです…
クリックすると元のサイズで表示します

有珠善光寺への道中も、伊達さんがバスガイド!
噴火湾沿いの縄文文化、いち早く導入された伊達市の西洋式農業についても詳しく案内!
私はステップでメモメモ
クリックすると元のサイズで表示します

善光寺の「宝物館」へ
初めて入りました。
アイヌ語で書かれたお経もあります。
クリックすると元のサイズで表示します


18世紀の終わり頃、ロシアが根室に交易を求めてきたり、最上徳内や近藤重蔵の調査でエトロフアイヌの人たちの中にキリスト教信者がいたこともわかったので、徳川幕府は仏教でアイヌの人たちの心をつかもうとつとめました。

幕府が蝦夷地を直轄し武士を海岸線警備に当たらせると、商人や漁師も蝦夷地に定住。和人が増えると葬式や法事も必要になるので、幕府が太平洋側に3つのお寺を建てます。その1つが有珠・善光寺です(他に厚岸町の「国泰寺」、様似町の「等じゅ院」があります)
クリックすると元のサイズで表示します

尚、善光寺も近々改修をするそうです。
「伊達開拓記念館」「善光寺」「白老ポロトコタン」と、閉館前のタイミングでジックリ時間をかけ見学ができて良かったです。


善光寺の名物は、徳川の葵の御紋入りの「鰐口最中」。
買わなくてごめんなさい…akatsukaさん!
リスを教えてくださり、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します


さてさて、お客さまもお疲れのようです。
バスの中では、おやつと熱いお茶でくつろいでいただきました。

最後の見学地、白老町「ポロトコタン」に着いた時には、すでに日没。
クリックすると元のサイズで表示します

「日本列島の先住民族」アイヌの人たちの歌、踊り、ムックリの音色を聞きます!
クリックすると元のサイズで表示します

「アイヌ民族博物館」を元館長さんのスペシャルな案内で見学!
クリックすると元のサイズで表示します

中身の濃い2日目の見学を終えて、札幌駅に向かいます(バスが)

「まだ知らない北海道を探しに行く2日間のリメンバー修学旅行…まもなく幕を閉じます」
「いつもは10代の高校生の修学旅行を担当していますが、こんなに年代がバラバラの修学旅行は初めてで…私にとってもある意味、いつまでも記憶の中に残るリメンバー修学旅行になりました」

高速道路を降りたところで、お別れの挨拶。
ここで初めて、バスガイドの同期、本州からもこのツアーのために来て下さった方、新聞記事を見て申し込んで下さった方、そして私の両親も参加していることを告げました…

また「リメンバー修学旅行」のバスガイドに…と声をかけてくださった企画者の方々にも、あらためて感謝の気持ちでいっぱいになり…もう言葉になりません。

最後は「東京のバスガール」でお別れしたのですが…
涙が止まらず、歌になりませんでした…

でも、歌わないと駅に着いてしまいます。このあと、校長先生(ノーザンクロス)や旅行委員(添乗員さん)の挨拶もあるので、皆さんに手伝ってもらって何とか歌いきります。
18才の時、初めて走った修学旅行のお別れ…のような気持ちでした。

参加して下さった、すべてのみなさんに心から感謝して…
「リメンバー修学旅行」無事に全行程終了です。
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
バスが札幌駅北口バス降車場に着いたら…目の前に亡くなった義父の茶道のお仲間(先生)が!
偶然すぎました!これは絶対に義父が会わせてくれたに違いありません。
連絡先を聞いたので、近々連絡させていただこうと思います。



2017/11/20

リメンバー修学旅行・その2  バスガイド花子

「リメンバー修学旅行」2日目
寒い!けれど、晴れてくれました。
羊蹄山(えぞ富士)も見えています!
クリックすると元のサイズで表示します

どーーん!
ね?
クリックすると元のサイズで表示します

5時頃に起床し「ザ・銭湯 昭和の湯」へ行ってみました。
昭和の銭湯が忠実に復元されています。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、スリッパ入れ!
クリックすると元のサイズで表示します

誰もいません…
まさかの独泉でしたので、パチリ!

壁にあるのは、もちろん「えぞ富士」です
クリックすると元のサイズで表示します

オケも、お決まり「ケロリン」で…
お湯が、すーーんごくヨカッタ!

その後、また最上階の大浴場へ。
はい!同期5人組に会いました 「おはよーーー!」ってねっ
クリックすると元のサイズで表示します

湖が見えるレストランで朝食です。
両親と一緒に食べました…笑(うれしそう)

朝からモリモリ!
「焼きたてパンケーキ」と、目の前で絞ってくれる「りんごジュース」がおススメとのこと。
両方とも、しっかりいただきましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

朝食を済ませたら、気持ちを仕事モードへ切り替えます!
バスへ行って、出発の準備を。

2日目、発車です!
「発車オーライ!」とは、言わないけれど…

すぐに、有珠山金比羅山の麓に到着。
有珠山は20〜30年周期で噴火を繰り返す山。
2000年に噴火した痕跡を、次世代への教訓としてあえて残しています。
火山の恩恵を受けながら「火山と共生している」ことがユネスコに評価され、日本初の世界ジオパークに認定されました。

現地ガイドさんの案内で「金比羅山山麓」と「西山火口遊歩道」を歩きます。

まずは、2000年4月1日に再噴火した現場、温泉街に最も近い金比羅山へ

最初に、展望所にある「防災マップ」(看板)を見ながらレクチャーを受けます。
そもそも観光地に「防災マップ」があるのは、世界でも異例とのこと。
「ここは大変危険ですが、遊びに来て下さい」って言ってるようなものだから…って。

でも、1977年(昭和52年)の噴火で人的被害(死者2名、行方不明1名)を出したことを反省し、地元では同じ失敗を繰り返さぬよう有珠山を常時観測しながら、火山について勉強…
その結果、噴火の前に必ず前兆地震を起こす有珠山の特性などから、2000年の時は噴火を予知し事前に地元住民の事前避難の成功につながったそうです。



「集合住宅」や「入浴施設」など…
この界隈の建物は、1階部分がほとんど泥流で流されてしまっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最上階の窓を突き破り、成長している樹木は畳を栄養にしているんですって!
クリックすると元のサイズで表示します

公衆浴場の1階。
向こう側に洞爺湖と中島が丸見え…
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、西山火口へ
最近NHKのテレビ番組「ぶらタモリ」で、紹介されたばかりでしたのでタイムリー!

突然の噴火で置き去りにされた車や重機、むき出しになった水道管なども…
クリックすると元のサイズで表示します


本来は下り道でしたが、噴火で70メートルほど隆起した「旧泉町道線」沿いに歩きます。
道路の地表に亀裂が入った断層も…
クリックすると元のサイズで表示します

いつもは、実際に被災された方が中心となった「ボランテイアガイド」さんの案内を聞きながら歩くことが多いのですが「火山マイスター」有資格者の説明を聞きながら歩く今回のツアーもまた、いつもと違う話が聞けて勉強になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

最後は、有珠山噴火の話から「防災」の話へ
日本は世界有数の災害大国で、自然災害の危険は身近にたくさんあります。
自分はどのようなところに住んでいるのか…
何かあったらここに逃げようとか、もし家族がバラバラになったらこうして連絡を取り合おうとか、防災グッズの確認など災害について見直すきっかけになれば…と結んでくれました。

その後は「昭和新山へ」
天気もすっかり回復してきたので、お客さまのほとんどが「ロープウェイ」で有珠山山頂へ!
修学旅行お決まりの「集合写真」も撮りましたよ!

温かい「いろはす焼きりんご味」の差し入れ!
ありがとうです!!
クリックすると元のサイズで表示します

お昼ご飯は、伊達市内に「ひろや」さん
お客さまと一緒の席でごちそうになりました!
色々質問したり、されたり…
箸もおしゃべりもとまりません…

「ひろやさん」以前は、2013年に訪ねているようです→その様子はコチラから

クリックすると元のサイズで表示します

少し早めに出発し、人気の「道の駅だて」で買い物タイム!

また、買ってますよ…うちの母(汗)
とにかく勧めたものは全て買うんです…

母のお土産

その1 いもよりもいもらしく「わかさいも」
クリックすると元のサイズで表示します

包装紙「おおばひろし」さんの絵がたまらなくいいです!
クリックすると元のサイズで表示します

その2 伊達の「きんきの飯寿司」
さんざん勧めておいて初めて食べたけど、美味しかったわっ
クリックすると元のサイズで表示します

2017/11/19

リメンバー修学旅行へ  バスガイド花子

50年前の小学校(札幌市)の修学旅行コースを、平成に生きる大人達が旅したら…
北海道の文学、自然と災害、入植と開拓を大人の目線で「修学」する2日間。

野口観光、「カイ」でおなじみノーザンクロス、そしてシィービーツアーズの協働企画「リメンバー修学旅行 洞爺湖温泉1泊2日」に、バスガイドとして同行させていただきました!

スタッフFさんが、こんな素敵なボードを用意してくれましたよ。
もちろん「修学旅行のしおり」も…


クリックすると元のサイズで表示します

11月11日(土)暴風雨
そうなんです。
せっかくの修学旅行なのに、前日からものすごい雨と風…
まるで、イジメのような天気でした

午前9時に、札幌駅北口を出発したんですが…
なんと!入社当時からよく乗務していた運転手さんが顔を出してくれたんです。
このツアーに申し込んでいたらしいのですが、急用ができてキャンセルしたとのこと。
多分、お顔を拝見したのは20数年ぶりです。とってもうれしいお見送りでした!

ツアーバッチバッチリ!ね。汗
クリックすると元のサイズで表示します

平取町にあるレーザーの最新機械(←ここです)で作られたものです。
クリックすると元のサイズで表示します

と言うことで…
「リメンバー小学校6年1組のみなさん、おはようございます!」で、旅はスタートです!

実は今回の修学旅行には、ガイドの同期が5人と、ブログにコメントを下さる「さるおさん」が本州からお母さまと一緒に…
更にはなんと!私の両親まで参加しているのですからドキドキがおさまりません。

いちばんの緊張の原因は、やっぱり同期5人ですかねぇ…
同じバスガイドさんならわかってもらえると思いますが、一番やりにくいお客さまです
でも、もう割り切るしかありません。
「ツアー、申し込んだ」と聞いた時、一瞬固まりましたが…早々に腹を決めてあきらめました。


あっという間に小樽に到着です。

小樽は、傘は使えないほどの強風…
気温も低くてとにかく寒い!寒い!寒い!
当初200分の自主研修でしたが、180分に変更(それでも滞在時間が長かったかも知れません)。
この日開催の「小樽シャコまつり」も中止だったそうです。

私は、どこに行っていいかわからずウロウロしている両親と一緒に旧日本銀行小樽支店(金融資料館)へ(雨宿り)
皆さん、同じことを考えていたらしく…同期5人と入口で合流!
8人で見学です

館内を一通り、ナナメに見て…お決まりの1億円を持ち上げて〜
クリックすると元のサイズで表示します

同期6人で、記念撮影です!(カメラマンは母)
クリックすると元のサイズで表示します

その後、5人娘?は海鮮丼を食べに行ったようですが…
私達は、とりあえず雨の当たらないアーケード街へ避難し「あまとう」喫茶室へ。
「ぜんざい」で、温まりました。
甘くて温かいものを胃袋に入れて、ようやく一息。
クリックすると元のサイズで表示します

その後、両親を「藪半」さんへ案内ます。
乃の風リゾート(野口観光)の夕飯は豪華だというし、ぜんざいを食べた後だし…
ということで、お蕎麦にしました。

ここに両親だけをおいて、私は1人になります。
家を出るところから、ずっと両親と一緒だったので仕事モードに入りたくて。汗
2人は一緒にいたかったようですが「私は仕事だから」と何度も言い聞かせ…おいてきちゃいました。

特にお腹も減っていなかったので、駐車場近くの喫茶店に入りコーヒー飲みながらボーッ。
冷たい娘でごめんなさい。

1人でコーヒーすすりながら「次、何を話そうか…」なんて考えるんですが〜
なーーんにも頭に浮かびません。

早めにバスに戻ります。
Fさんが買ってくれた「どらやき」
皮がふあふあで、おいしかったわ〜(これが私の昼ごはんになりました)笑
クリックすると元のサイズで表示します

次は「田中酒造亀甲蔵」へ
かるーく酒蔵見学し、売店へ
クリックすると元のサイズで表示します

みなさん、ものすごい購買意欲を発揮!
一番買っているのは、間違いなくうちの母のようでした…
「花ちゃんのお母さん、すごい買ってたよー」と同期のBちゃんが教えてくれました…汗
(後で母から、酒まんじゅうと酒粕をお土産にもらいました)

もちろん試飲も楽しみ、再びバスへ…
(私も甘酒をいただきましたよっ)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この後は、ニセコ町の「有島記念館」へ
途中の「毛無(けなし)峠」は、雨が雪に変わり真っ白!時々吹雪!

昔懐かし「修学旅行の歌」を、みなさんに覚えてもらいながら赤井川村へ
「歌詞」が大きく書かれた紙は「事前になにかお手伝いできることある?」と言ってくれた、参加者の同期Aちゃんに遠慮なく作ってもらいました。ありがとう!
クリックすると元のサイズで表示します

皆さん、元気いっぱい大きな声で歌って下さいましたよ〜
♪修学旅行は〜たのし〜〜な〜〜〜

途中の「道の駅あかいがわ」でも、母は買い物に専念。
あとから「赤井川村黒豆入りコーヒー」なるものが、家に届きました…汗
とにかく、休憩場所では何かを買わなくちゃ気が済まないみたい…

その後はニセコまでは休憩時間!
で、サプライズ!
修学旅行といえば「おやつ」がつきもの。

企画者側から、お客さまに「おやつ」のプレゼントです!(もちろん300円以内?ちなみにバナナは入ってませんでした)

袋の中身を見て「うわ〜」「なつかしい」など、歓声があがります。
温かいお茶を配って「くつろぎタイム」です。
クリックすると元のサイズで表示します


そうそう、同期からも「おやつ」をいただきました!(これ、一部です。笑)
大好きな「きなこ棒」や「茎わかめ」に「ビスコ」も入ってますよ。笑
クリックすると元のサイズで表示します


「有島記念館」へ
クリックすると元のサイズで表示します

学芸員さんの解説を聞きながら、館内を見学します。

館内の様子などは、から、ごらんください!

有島記念館過去記事その1→こちら

有島記念館過去記事その2→こちら

クリックすると元のサイズで表示します

有島武郎の代表作「生まれ出ずる悩み」の主人公のモデルが、岩内町出身の画家「木田金次郎」。今年は「生まれ出ずる悩み」が発表され100年!
明治43年、出会った当時の2人は20代の大学講師と画家を目指す10代の青年という間柄…

有島武郎は、母校の北大で美術同好会「黒百合会」も結成していました。
そこでタイミングよく「第29回有島武郎青少年公募絵画展」も館内で開催されていたのです。

この日、母が「今日は有島記念館が一番良かったわ〜!若い人達のすばらしい絵を見て感動した!!」と…汗  そこですか!
その一言で、どっと疲れたのでノーコメントにしときました。

クリックすると元のサイズで表示します

同期のCちゃん、何を書いているのかな〜
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
「札幌芸術の森」には「有島武郎旧邸」が移築されています。
今年の夏に、ジックリと見学してきました。
大正2年に札幌市北区北12条西3丁目に建築。後に北大の寮としても使用しましたが、その後新しい寮を建築するとのことで昭和58年秋に解体処分が決定。そこで故更科源蔵さんが代表となり、寮生OB、読書会の婦人などで「保存する会」を組織し1万4千人の署名などを集めた結果、半年後に保存移築が叶いました。

ここにも、有島武郎に関する展示物が多数ありますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後は洞爺湖温泉に直行です。
日没が早く、湖が見える頃には薄暗く…また羊蹄山(えぞ富士)も見えず終いでした。

こんな日は早く宿へ行き、温泉を楽しまなくちゃ!

まずは、ロビーでウエルカムドリンク!
温かいハスカップドリンクとホテルメイドのコーヒークッキー!
ハスカップドリンクを口に含んだ瞬間、ふ〜っと緊張がほどけた感じがしました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

無料のマッサージチェアーなどもありました
クリックすると元のサイズで表示します

部屋は、ツインに1人で…
アメニティグッズも充実。浴衣の他に作務衣もあるので動きやすくていいですね!
作務衣にスリッパで館内自由に行き来できるのが、温泉宿のいいところです。
クリックすると元のサイズで表示します

2つ目のサプライズとして、館内で利用できる「500円券」があったので売店をのぞきます(結局は、夕食時の有料ドリンク代で精算。笑)

「SELECT108」(セレクトトーヤ)
野口観光自社農園「のぐち北湯沢ファーム」の安心安全な加工品や、オリジナル「乃の風」ラベルのワインや日本酒なども…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ夕食です。人気のビュッフェで!
事前に車内で「献立表」が配布されていたので、前菜からメイン、デザートまで何を食べようか…シミュレーション済。
の、はずでしたが…実際に会場に行くと、あれもこれも食べたくて…

食べるのとおしゃべりに夢中で、写真を全然撮っていませんでした)
どれも、道産食材にこだわったお料理ばかりです。
特に「焼きたて北海道産ブランドステーキの食べ比べ(ロース&モモ肉)」や、料理長こだわりの「オニオンスープカレー」の写真を撮り忘れたことを後悔…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エゾシカ肉のベーコンも、焼きたてをテーブルへ運んでくれます!
これ、絶品!お腹に余裕があればおかわりしたかったな〜
クリックすると元のサイズで表示します

食後は、お風呂の準備をして同期の部屋へ…まくら投げはしなかったけれど
6人で頭をくっつけて、たわいもない話を色々と…

30年前の寮生活を思い出したりして…
私は、寮と実家が比較的近かったので休日には家に帰れたけれど…
函館や利尻など遠くから来た同期はかわいそうだったな〜、よくがんばったな〜って思う。
みんな、よくがんばったね!
今だったら、頭なでてあげれるんだけど…

その後、大浴場へ
洞爺湖と湯面が一体化して見えるという「パノラマ露天」は残念ながら強風のため閉鎖でした…(外も真っ暗で湖も見えないし・・・ま、いいか)
りんごが浮かぶ「りんご湯」に、たっぷり浸かります。
「ぷは〜〜〜」

入浴後、私はバッタンキューで寝ましたが…
同期5人は、翌朝寝不足だったみたい。笑

おまけ(母のお土産)

その1 やっぱ罪だわ「マロンコロン」
クリックすると元のサイズで表示します

その2 酒まんじゅう(酒カスは後日)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


その3 黒豆入りカフェ(赤井川)
クリックすると元のサイズで表示します

2017/11/18

32年ぶりに運転…  十勝総合振興局

「十勝ガールズ農場」でトラクター試乗体験!
って…ペーパードライバー歴32年の私…大丈夫なんでしょうか?
しかも、免許を取り1度しかハンドルを握ったことがないのに…

32年ぶり2度目の運転が「トラクター」って…やばすぎませんか?

でも、大丈夫!
3度のエンストもなんのその、コースアウトすることなく戻ってこれました
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
それもコレも…
助手席に乗り、色々と辛抱強くご指導くださった高野さんのおかげです!汗
クリックすると元のサイズで表示します

トラクター順番待ちの間、緊張を和らげるため?色々とおしゃべりにつきあってくれた沢居さん!片時も、トラクターのプラモデル?を離しません。笑
農業LOVE女子です!
クリックすると元のサイズで表示します

ちょこっと離した時に、パシャリ!
クリックすると元のサイズで表示します

そろそろお腹が空きました。
ランチのメインは、ジャガイモをあれこれ食べ比べ出来る「じゃがいもBAR」。
ヨーデル、ひこぼし、デストロイヤ、レッドムーン、きたあがり、ポラリス…などなど
聞いたことのないジャガイモも、たくさん!
クリックすると元のサイズで表示します

マイクロ野菜やベーコンを縦型のベーグルに挟んで、チーズをトロリ!
クリックすると元のサイズで表示します

ホットミルクと一緒にいただきます!
クリックすると元のサイズで表示します

トロトロのカマンベールチーズにジャガイモをくぐらせて…
しあわせです!
クリックすると元のサイズで表示します

スーパーおおぞら8号で札幌へ
十勝の農業を見て聞いて触れて味わう旅は、おしまいです!


クリックすると元のサイズで表示します

十勝ガールズ農場(←こちらから)

サムライプロデュース(←こちらから)



2017/11/17

十勝ガールズ農場!  十勝総合振興局

十勝川第一ホテルに宿泊しました。
クリックすると元のサイズで表示します

植物性モールの温泉は、肌に柔らかく気持ちいい〜
いつまでも、何回でも入れそう〜
クリックすると元のサイズで表示します

夜も朝も温泉満喫です。
湯上りにはお休みコーナーで水分補給!
クリックすると元のサイズで表示します

十勝に関する本もあるので、パラパラしながらくつろぐのも良し!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

売店の一角には、焼きたてパン屋さんもあります。
ここの豆パンが有名らしく、朝に焼き上がりを待って買いに来る地元のお客さまも多いのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

夕ごはんです…
クリックすると元のサイズで表示します

十勝川温泉の地ビールも、いただきました!
クリックすると元のサイズで表示します

「ファームツーリズムモニターツアー」3日目は、今話題の十勝ガールズ農場へ(←詳しくはこちら)


農家に嫁いだわけでも農家に育ったわけでもない20代の女性3人が、十勝で畑作に挑戦!今、話題のマイクロ野菜(小さな野菜)など多品種少量生産で、就農1年目の昨年は約1千万円を売り上げたそうです。

ここは、観光農場ではなく生産農場。
野菜作りから営業販売まで、すべてを3人でこなしているそうです。6月〜9月は帯広空港やばんえい競馬場でも販売しているそうですよ!

収穫した瞬間の、野菜本来の味を堪能してもらいたい!と「収穫体験」を受け入れています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

早速、高野さんと一緒にマイクロ野菜の収穫へ出かけます!

畑の広さは3.3ヘクタール…十勝の1戸当たりの平均農業面積の10分の1と狭いのですが…
マイクロ野菜・ベビー野菜は、今や東京のセレブ御用達のデパートやレストランでも大人気!
これからまだまだ…儲かりそう。笑


ひとつひとつの野菜に「めっちゃかわいい〜」「おいしく育ってね〜」なんて声をかける高野さん!野菜愛たっぷり!

野菜ソムリエの高野さん「マニアックな野菜の名前を質問されたり、どうやって料理するの?」なんて聞かれたら、うれしいそうです!


私達も「わ〜、こんな小さいキャベツが!」とか「にんじん可愛い〜」なんて言いながら、ハサミでチョキチョキ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

収穫した野菜を持って室内へ…
クリックすると元のサイズで表示します

野菜を洗ったら、思い思いに小さな箱へデイスプレー!
クリックすると元のサイズで表示します

うーーん、センスが問われますね…
インスタ映えを考えながらあれこれ考える時間もまた、たのしい!

このままプレゼントしても喜ばれそう!
クリックすると元のサイズで表示します

家に帰って…大皿に並び替えてみました…
どう??
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
何でも形から入るタイプなので「つなぎ」を着てから体験開始です!
クリックすると元のサイズで表示します

2017/11/16

馬の十勝をたっぷりと!  十勝総合振興局

ばんえい牧場の見学です。
軽種馬牧場の見学したことはありますが、ばんえい牧場は初めて。

昔、活躍した「アオノレクサス」号が、駆け寄ってきてくれました!
夕日を背に颯爽と走る姿はドッシリしたばん馬のイメージとは違い、しなやかで優雅で美しい!


クリックすると元のサイズで表示します


「もぐもぐタイム」のお時間だったようです。
顔の模様がみんな同じ!親子?兄弟?なんですね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お馬さんと、ふれあうこともできますよ!
やさしく、やさしくね!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


お腹にばんそうこう!
腸ねん転で、手術をしたそうです…かわいそう。
クリックすると元のサイズで表示します

ばんえい競馬はこの重たいソリに、更におもりを乗せて走るのね…
迫力満点、ダイナミックな馬の競争!

藤本匠騎手さん、通算勝数4,000勝を達成おめでとうございます!
ばんえいが継続されたから達成できた記録…と、テレビで話していました。
「北海道の馬文化・ばんえい」をいつまでも残していきたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


と言うことで…
やってきました「ばんえい十勝」帯広競馬場です!
入口で焼いてる焼き鳥の匂いにそそられます…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

競馬の初心者でも心配ありません。
このビギナーコーナーで、お兄さんが馬券の買い方を教えてくれますが…
当たり馬までは、教えてくれません…
クリックすると元のサイズで表示します

お昼に、あんなに海の幸を堪能したのに…
食堂の写真ばかり撮ってる私…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

え〜、売店でコレを1本買いました。
そして、入口の焼き鳥屋へ走ろうと思いましたが…
クリックすると元のサイズで表示します

「レースがはじまりまーーす!皆さん、外にでてください!」と!
最終レースの馬券を買う時間がギリギリで過ぎてしまって…レース鑑賞のみになってしまったんです。億万長者?の夢は消え去りました…

レース、スタートです!
山を越えるところは1番迫力があり、見ている方も知らず知らずに力が入るものですね…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

集合時間まで、少しだけ時間があったのでウロウロ
小さな神社がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

絵馬には「ソリ」の絵が…
意外だったのが「競馬が当たりますよーに」と言うのは無くて…
合格祈願や商売繁盛が「うま」くいきますよーに…ってのが多く目につきました。
クリックすると元のサイズで表示します


売店には、大きさ「ばんえい級」のビッグマッシュルーム!
クリックすると元のサイズで表示します

十勝ワインのスパークリング「ブルーム」
クリックすると元のサイズで表示します

「てんさい」(お砂糖)チップス!
クリックすると元のサイズで表示します

そして「ジンギスカン自由帳」笑
クリックすると元のサイズで表示します

おいしそうなもの、楽しいものがいっぱい!

車内で六花亭の限定お菓子をいただきながら、十勝川温泉第一ホテルへ向かいます!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ