ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2018/7/31

ランラン蘭越町@温泉めぐり  後志総合振興局

晴れているのに、羊蹄山が全く見えません。
夏だからなぁ〜
本来なら、人差し指の辺りに富士山がみえるのです。
心の目でごらんください(あはは)
クリックすると元のサイズで表示します

この日、最後の観光はパノラマラインを走り(車が)第2湯目の「湯本温泉雪秩父」へ
その前に「大湯沼」へ寄り道です!

前回のようすはコチラから(←クリック!)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、入浴です!
全身泥パックで若返り〜ははは
クリックすると元のサイズで表示します

「雪秩父」の泥温泉…
入浴するの10年ぶりかな?

施設も浴槽も新しくなってて…
泥パックができる浴槽は、ほぼオトナ1人用の大きさ…
ちょっと残念かな。
あの古さが逆に良かったのに…なんて、10年に1度しか行かないよそ者の感想でした。

■交流促進センター「雪秩父」
磯谷郡蘭越町湯里680
☎0136‐38‐2328
クリックすると元のサイズで表示します

蘭越町のいい湯いろいろ7つの湯
おまけとして…
残念ながら、休館中の温泉もご紹介します
3湯目は「薬師温泉
温泉マニアの間でも、秘湯中の秘湯として知られていたのですが…
1軒あった宿は休業。外資系の会社の看板が立っていましたよ…もしや?
どんな形でも復活されるとうれしいですね。
町の活性にもなりますので…

車が1台通れる砂利道を、地元の人の案内で進んでいくと
クリックすると元のサイズで表示します

それらしき場所が…
けれど、現在はこんな感じで跡形もありません…
クリックすると元のサイズで表示します

ただの物珍しもの好きな私は、後をくっついて行き…
ヘビの抜け殻(1メートルくらいはあるんですよ)に、少しだけビビりながらも…
シャワー浴びてるようすを動画撮りしてもらった位にして…へへへ
クリックすると元のサイズで表示します

まだ、温泉がジャンジャン流れていたので、湯量が豊富な源泉かけ流しのいい湯だったんだなーと思いました。まる
隣で「大学時代に仲間と泊った」と話している男子の話を聞いて…
「あ〜、1度くらい入っておきたかった」と後悔。泣

話は逸れますが(いつものことですね)…
すぐ近くに「薬師神社」の(薄気味悪い)鳥居が見えます
本当は怖くていきたくなかったんですが…ひとり、車でお留守番する方がもっと怖いので…ついて行きました(叱られそうですね)

キャー―ッ!!鳥居が傾いてる!!(って、私のカメラ技術のせいです)
クリックすると元のサイズで表示します

あれ?小樽市薬師神社って書いてある…
毎日暑くて、頭を使うと頭が悪くなりそうなので…気になる方は自分調べてみてね。汗
(わかったら、私にも教えてね)
実はこの鳥居、意外と新しいものだったんですよ…へへへ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まるで肝試し気分で…車に戻ります…

そして蘭越町の4湯目は100年続いた名湯「新見温泉
建物の老朽化のためということで…現在休業中です
「日本秘湯を守る会」にも選ばれた、いい温泉なんですが〜
4年前に訪ねています。

コチラです(←クリック!)

現在の「新見温泉」
写真も何枚か撮ったのですが…
「人が住まないとこんなになっちゃうんだ…」って思うほど、あまりにも悲惨な状況だったので、ここで載せるのはやめておきます。
どうぞ、良い状態で復活できますように。
復活したら、泊りに行かなくちゃね!

そして、第5湯目は個人的に露天風呂と、建物の雰囲気が大好きな「昆布温泉鯉川旅館」も今年の3月で宿泊部門は休業しています。
けれど、日帰り入浴は出来るみたい!HPで確認してからお出かけくださいね

120年続く温泉で、もちろん「日本秘湯を守る会」会員です^^
(温泉の様子は、上の「コチラです」をクリックして見てね)

■昆布温泉・鯉川旅館
磯谷郡蘭越町592
☎0136‐58‐2111

翌日「昆布川温泉」(あれ?「昆布川温泉だけ、やたらと大文字。ま、いいか)に入浴しますが、7湯のうち入ったことのない温泉が幻の「薬師温泉」と「五色温泉
だれか「私を五色温泉に連れて行って」(「私をスキーに連れて行って」のマネ)汗

この日の宿は「湯の里温泉郷」にある、ロッジベアーズさん!
クリックすると元のサイズで表示します

第6湯目はベアーズさんの「湯里温泉」です
なめらかで肌触りの良いお湯です!
クリックすると元のサイズで表示します

蘭越町のお土産でお勧めしたいのが「蘭越7つの温泉SOAPセット」
これさえあれば、家のお風呂で蘭越町の全ての温泉入浴気分が楽しめちゃいます^^

原料は道産コメ油に7つの源泉、そしてカセイソーダの3つだけ。
「余計なものは一切入れていないので、泡立ちはよくないけれど体には優しいのよ」って…
それがイチバン!ですね^^
湯の花もたっぷり入り、温泉特有の香りも楽しめますよっ!
各温泉の泉質や効能で、その日の気分や体調に合った石けんを選んでみては?
今の石けんがなくなったら、洗顔料として使いたいと思います。
もし、私が美人に変身したならば…
蘭越温泉効果です!ご期待ください。へへへ

新見温泉、湯本温泉(雪秩父)、五色温泉、昆布川温泉(幽泉閣)、黄金温泉、湯の里温泉(ベアーズ)、昆布温泉(鯉川旅館)
クリックすると元のサイズで表示します


3個入りもありますよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
ロッジベアーズさんは、パンが美味しい宿です。
町内の温泉・観光施設でもベアーズさんのパンが販売されています。

クリックすると元のサイズで表示します

焼きたてパンが、続々とテーブルに運ばれてくるんです。
「残ったら、全部持って帰ってね」って…
はい、遠慮なく4人で分けて…カゴは空っぽに^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうさまでした^^

おまけのおまけ
夜はベアーズさんのパンをかじりながら、松原農園ワインで「これからの蘭越」について熱いトークを…(すぐに酔っぱらってしまいヘロヘロ。お酒の強い女になりたい!)
クリックすると元のサイズで表示します

■ロッジベアーズ
磯谷郡蘭越町湯里
☎0136‐58‐3288

2018/7/31

リンリン🎵サイクリング!  後志総合振興局

ランラン蘭越町を、リンリンサイクリングです!
蘭越町には、面白い名前の駅があるんですよ!
その名もJR昆布駅(函館本線)
「昆布」にちなんだイベントがあっても良さそうなんですが…ね。

例えば昆布駅〜増毛駅(留萌本線)に行くと…ふさふさ効果抜群!なんて伝説もないまま、昨年増毛駅は廃駅になっちゃったし。泣
クリックすると元のサイズで表示します

そう、その昆布駅横にある「ニセコエリア情報センター」(観光案内所)で自転車を借りて、町内をぶら見してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ねぇねぇ、これ見て!
なんと、レンタサイクル無料なのよ。しかも荷物も無料で預かってくれるの。
定休日は月曜日よ!気を付けて!(定休日女より、皆さまへ)
クリックすると元のサイズで表示します

で、最初に行ったのがお向かいの菓子舗「渓流堂」さん
信号渡るだけだから…自転車こがなくても行けちゃうわ
「ごめんくださーい」
自転車にカギをかけようと思ったら「大丈夫」って…
ほんまかいな(うん、大丈夫そう…)
ヨイ子のみなさんは、ちゃんと自転車にカギをかけましょうね^^
クリックすると元のサイズで表示します

渓流堂さんは昭和8年創業の老舗。
現在3代目がお菓子を作っています
クリックすると元のサイズで表示します

看板商品は、お店に名前を冠した「渓流焼」
十勝本別産の小豆を薄皮ではさんだ上品なお菓子です。
どら焼きのようにもっちりボリューミーじゃないので女性にも食べやすく、お茶席の主菓子にも使えそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

うさぎのイラストが可愛いですね!
クリックすると元のサイズで表示します


そして、蘭越町といえば…
日本一の清流「尻別川」河口の町。
渓流釣りファンにはたまらない町なのです!

そこで「昆布川 やまべ最中」
あれ?尻別川じゃないんだ…その支流?の昆布川ってところに地元愛を感じます。笑
レアですね^^
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに創業当時からある一番古いお菓子が、こちら「だんしゃくいも」
クリックすると元のサイズで表示します

羊蹄山ろくでは、ほくほくジャガイモを沢山作っています!
見た目は、少しゴツゴツしただんしゃくいも、そのまんま

もちろん店内で いただきます!ガブリ!
フワッとシナモンの香りが漂い、ホロホロサラリと白あんがお口の中でほどけます。
これ、美味しい!
長く愛されるお菓子の理由がわかりました。
食べてみてください!言葉では言い表せられないほどのおいしさです^^
クリックすると元のサイズで表示します

その後、お菓子屋さんの裏道を走ってすぐに…
気になる建物を発見しました。
クリックすると元のサイズで表示します

「昆布座」の文字が読み取れます。
昔の映画館とのこと…ということは、昔、この町にそれなりの人口があったってこと。
町の主流となる産業はなんだったんでしょう…
蘭越町は山も海も川もある町。
林業?農業?漁業?それとも…
クリックすると元のサイズで表示します

屋根の形やアーチ型窓、それに総トタン張りの壁が珍しくて…
色んな角度から写真を撮っちゃった!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その先には酒屋さんが!
蘭越町といえば、何をおいてもお米の町。
「米1グランプリ」で優勝している、日本一お米の美味しい町なのです。
日本一の米に、日本一の水!すると必然的に酒が美味しいということで〜^^
蘭越町産「ゆめぴりか」と、ニセコ山系チセヌプリの伏流水で仕込んだ清酒「ゆめ絆」。
クリックすると元のサイズで表示します

そして蘭越町にもワイナリーがあるんですよ「松原農園」さん!
何度か、いただいたことあるんですが〜
すっごく飲みやすくて、クピクピいけちゃうんです”ミュラー・トゥルガウ”
クリックすると元のサイズで表示します

そのお隣が「福原鉄工場」
こちらも3代続く鉄工場でしした。
「昔は、この前の通りがメイン通りでね、金物屋に馬の蹄鉄屋が3軒、そして鍛冶屋も2軒あってね…」面白そうな話が次々と…
メモしていたら、時間切れ。残念…
クリックすると元のサイズで表示します

あっ!「にのきん」みつけた!
利尻にも日高にも歯舞にも、尾札部にも無い、蘭越町立「昆布小学校」です!
面白いわ〜!海藻の名前の小学校〜!
ひとりでウキウキ…想像つく?
クリックすると元のサイズで表示します

昆布橋を渡ります〜
いちいち写真を撮ってたら、ゲッパ(最後尾)に…
クリックすると元のサイズで表示します

下の流れは昆布川
残念ながら昆布はとれませんが、ヤマベは釣れそうです!
クリックすると元のサイズで表示します

こーゆー枝道大好き!
クリックすると元のサイズで表示します

あれ?前方に「蘭越町」のカントリーサイン…
てことは、ちょうどニセコ町との境界をサイクリングしてたのね。
あらま…
クリックすると元のサイズで表示します

踏切を渡ります
その名も「温泉通り踏切」
蘭越町は温泉の町でもあるのです。
なんと、町に7つの温泉があるのです(休業中も3つほど)

ということで…
早速、温泉を目指して走ります〜〜
クリックすると元のサイズで表示します

「湯山別橋」
橋のたもとの絵がいいですね!
羊蹄山と尻別岳かな?夫婦山^^
クリックすると元のサイズで表示します


下の流れは、もちろん尻別川!
おっ!三平(釣りキチ)発見!汗

あれ?いつの間にか、みなさんを追い抜いてトップを走っています。笑
クリックすると元のサイズで表示します

田んぼを右に左に眺めながら…
ビミョウな坂道をヨイショ、ヨイショ…
クリックすると元のサイズで表示します

橋を渡って15分位かな?「黄金温泉」に到着です!
クリックすると元のサイズで表示します

入浴料が500円で、風呂上りのおソバが600円ね。
クリックすると元のサイズで表示します

「●●時頃にあがりまーーーす!」って言ったら〜
お風呂あがる頃、おソバ茹でておくからね!って、お父さんの笑顔最高!
クリックすると元のサイズで表示します

この温泉ね、お父さんの家の敷地内にあるの…
ちょっとビックリしたんだけど…
お風呂はお父さんの手作りだそうです!!

今回の旅の第1湯目「黄金温泉」は蘭越町の温泉なのです(実は私…ニセコ町だと思ってた

で、内風呂です。
クリックすると元のサイズで表示します

外壁に大きくペンキで「炭酸泉」って書いてあるの。
ぷくぷく…これ、炭酸かなぁ〜
温泉のうんちくは語れませんが、熱めの良いお湯でした。
クリックすると元のサイズで表示します

露天がこれまた気持ちのいいこと。
晴れてたら…
この真正面に羊蹄山が見えるのね。
クリックすると元のサイズで表示します

このパラソル、ハイカラでしょう?笑
大きな岩をくりぬいたような、四角いお風呂もなかなかよっ
クリックすると元のサイズで表示します

丸い双子のお風呂も…
まさか露天に4つも湯船があるとは思わなかったわ。想像以上の開放感!
とっても清潔だし、再訪したいわ^^
クリックすると元のサイズで表示します

🎵は〜 なんて、温泉小唄歌ってる時間はなかったの。
だって、おソバがのびちゃう!
お決まり「足」写真を撮ったら、サッサとあがります。
多分、カラスに勝ったわ!
超早い入浴。
クリックすると元のサイズで表示します

いただきまーーーす!
し・あ・わ・せ!
やっぱり、食べてる時が一番しあわせね^^
クリックすると元のサイズで表示します

実は、何をかくそう(何も隠してませんが)
温泉の目の前の、ここのお父さんのお米が「米1グランプリ」で優勝したんですよっ

おソバもいいけれど…
塩むすびも食べたい!
新メニューにしてくれないかなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この看板が目印です^^
クリックすると元のサイズで表示します

しっかりと休憩したあとは「ニセコエリア情報センター」に戻ります。
復路は下り坂だったのか?ふくらはぎがぷるぷるしないで到着しました。

自転車を返却して「昆布駅」のご当地入場券を買いました。
170円です(ほしい人、あげますよ。先着1名)
クリックすると元のサイズで表示します

昆布駅の見学です。
無人駅でイスが4つ。
クリックすると元のサイズで表示します

「運賃表」を見て気が付きました。
そうか!町内にはもう一つ「蘭越駅」があるんですね(バスガイド失格)てへへ
万が一、昆布駅で目的の列車に乗り遅れてしまっても…
レンタサイクルで温泉に行きゆっくりするという手段もありますよ
ただし、月曜日は定休日です(おさらい)
クリックすると元のサイズで表示します

「わかめ」とか「かつお」って名前の駅があれば…
姉妹駅提携でおもしろいのに(あるわけないか)
クリックすると元のサイズで表示します

「次は〜こんぶ〜こんぶ〜」(あ、無人駅でした)
クリックすると元のサイズで表示します

つづく。

2018/7/30

ランラン蘭越町@シェ ドゥドゥ  後志総合振興局

蘭越町の本格フレンチレストランを紹介します。
「ビストロ シェ ドゥドゥ」さん
地元食材をふんだんに使ったお店なのです!

フランス語で「ドゥドゥの家」という意味なんですって。
JRニセコ駅から車で10分の立地ですが、蘭越町です^^

女性シェフが1人で切り盛りしていますので、お時間に余裕をもってお出かけください(要予約)。

時間を気にせず、のんびり美味しいお食事が楽しみたい人には全力でお勧めします。

だって…
今まで食べたフレンチの中で、一番美味しいんだもの…ここ。
クリックすると元のサイズで表示します

外のメニュー看板を見て決めていました。
前菜は「岩内産イカのサラダ」
メインは「本日の魚料理」にしようって!
最近、ボリュームのある最高級のお肉をいただいたばかりだったので。笑
クリックすると元のサイズで表示します

私達一行を出迎えてくれたのは、接客係のドゥドゥ
そうか!お店の名前はこの子の名前だったのですね。
クリックすると元のサイズで表示します

店内は撮影禁止なんです(お料理はOK)
早速…ものすごいボリュームのサラダが目の前に…
「寿都産真イカのプロバンス風ソテー」
あれ?イカが岩内産じゃなく寿都産に変わってますが…
ま、お隣の海だし同じようなものね。笑

クリックすると元のサイズで表示します

メインは「本日のお魚料理」
「寿都産ホッケのポワレ 行者にんにくとクリームチーズのソース」だったかな?
こちらも寿都産^^
それよりなにより…
ホッケの皮の焼き加減が絶妙で、倒れそうなくらい美味しかった!
緑色は行者ニンニクカラーだったのね…
このソースも…(倒れそうなくらいを上回る形容詞…といえば…)死ぬほど美味しかったです。まる

ホッケの下にごはんと…
別にパンもあるので満腹ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

「道産セロリとじゃがいものポタージュ」
これは、一緒に行った方が頼んだの。
写真だけ撮らせてもらいました…
1口いただけばよかった。けれど…男性だから遠慮しました(決してあやしい関係ではありません)汗
クリックすると元のサイズで表示します

私は、スープをやめてケーキにしたのよ。
余市産サクランボのケーキ!
多分あたし…
全身から、しあわせオーラを発信していたと思う。笑
クリックすると元のサイズで表示します

美味しい時間はあっという間ね…
ドゥドゥに「バイバイ」して、次は蘭越町の町なかをぶらぶらしますっ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もういちど書きますね!
JRニセコ駅から車で10分ですが蘭越町にあるレストランです!

■ビストロ シェ ドゥドゥ
磯谷郡蘭越町湯里353‐3
☎0136‐55‐8332

おまけ
そうそう、寿都町といえば…
山本竜也さんの「寿都歴史写真集」絶賛発売中です!
クリックすると元のサイズで表示します

がんばる年下男子、応援したいですね。
あたし多分「山本竜也ファンクラブ」会員ナンバー63番位…汗
老若男女を問わずファンが多くて…入り込めません。笑

詳しくは〜
「山本竜也さんの新刊発売です」(←クリック!)

札幌市内紀伊国屋書店、三省堂(ステラプレイス)などでも購入できるそうですよ。ぜひ

2018/7/29

ランラン蘭越町@湯ノ里デスク  後志総合振興局

今年もシーズン中の大型連休を楽しんでいます。
ランラン蘭越町?へ行ってきました^ ^

ところで、蘭越町って知ってますか?
知名度の高いニセコ町とひとくくりにされちゃうことが多いみたいなんですが…
皆さんがニセコ町だと思い込んでいる、あそこやココも…
実は「蘭越町」だったりして…ね。

ということで、蘭越町を隅から隅までずずいーっとドライブしてきました^^

最初に向かったのは、木工房「湯ノ里デスク」
廃校になった湯里(ゆのさと)小学校を再活用しています。
クリックすると元のサイズで表示します

2002年から、オーダー家具や雑貨を製作する工房「湯ノ里デスク」に生まれ変わりました。
クリックすると元のサイズで表示します

職員室や教室が展示場に〜
クリックすると元のサイズで表示します

旧小学校を工房にしているとあり、製作される作品も「デスク」まわりのものにこだわっています。
クリックすると元のサイズで表示します

机にイス…そして本棚
クリックすると元のサイズで表示します

主な木材はナラとウォ―ルナット。
植物性オイルで、愛情をかけて丁寧に仕上げます。

どこの部屋に行ってもシンナー臭さがありませんよっ
シンプル イズ ベスト!ですね^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて「湯ノ里デスク」のお二人を紹介します。
最初は、田代信太郎さん。
東京育ちで、前職は本屋さんなのだそうです!
クリックすると元のサイズで表示します

なるほど「本のある暮らし」を大切にしている田代さんならではの、作品が色々と…
クリックすると元のサイズで表示します

同じく、東京出身の佐々木武さんです。
お二人は木工の道を志し、入社した東川町の「北の住まい設計社」で出会い、後に独立し縁のあったこの場所で工房を立ち上げることになります。
クリックすると元のサイズで表示します

廃校となった小学校も「湯ノ里デスク」として命を吹き返しました。
「ここは地域の人にとって、思い出深い大切な場所だから大切に使わなくちゃ」と…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長い廊下の突き当りの体育館が製作工房です
クリックすると元のサイズで表示します

どこからか、子供達の賑やかな声が聞こえてきそうですね
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


体育館の床はナラ材
クリックすると元のサイズで表示します

「湯里小学校」の文字入りスリッパや
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

廊下の絵画〜
クリックすると元のサイズで表示します

そして、壁に掲げられた校歌もそのままです。

「卒業生がいつ訪ねてきてくれてもいいように」と…

クリックすると元のサイズで表示します

いくつか質問をしてみました

「なぜ蘭越に来たのですか?」

色々と場所を探していて〜条件は温泉があって自然環境がいいところ。蘭越町って実は知らなかったんだけれど紹介されて…


「実際に蘭越町に来て、いかがですか?」

気に入ってるよ

大きな木に囲まれていて気持ちがいい

小川が流れ、水が豊で

小鳥がさえずり〜

静かで

自分たちで空間を広々と使えるんだ


たまらないよね・・・


どこからでも緑が見える

この前は、昆布駅から1時間歩いて来てくれた女性がいてね…



「うん、たまらないだろうな」と、しみじみ…
クリックすると元のサイズで表示します


「湯ノ里デスク」に、ぜひお出かけください!と…
徒歩だと簡単に言えない場所にありますが…車だと行きやすいです。笑

探して出かけね…
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
私も「湯ノ里デスク」のデスクがほしい…
けれど…
使うたびに使い勝手がよくて、なじんで…
ますます机のパソコンに向かい、依存症になりそうな予感…大汗
危険が危ない「湯ノ里デスク」のデスク^^

■湯ノ里デスク
磯谷郡蘭越町湯ノ里131
☎0136‐58‐8332

2018/7/27

ありがとう!名古屋  中部・東海そぞろ

名古屋に戻りました。
この日の夕方に帰るのです。
とってもモダンなデザインの専門学校!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスを降りたら決めてたの。
早朝営業のお風呂に行こうって…
とあるホテルに大浴場があるって事前に調べていたので歩きます。
信号待ちしてたら、気になる喫茶店を発見!
クリックすると元のサイズで表示します

名古屋に来て、まだ「モーニング」食べてなかったと思い…
朝風呂後は、ここで食べようと決めます^^

お風呂…
メチャ混みでした。

サッパリしたぁ〜!!
クリックすると元のサイズで表示します

で、行きます。
「喫茶店かこ」さん

名古屋初の自家焙煎のお店でした。
私の勘、当たりました!
クリックすると元のサイズで表示します

店内も良い雰囲気〜
クリックすると元のサイズで表示します

ふつーのモーニングに、少しだけお金を足します。
あんこをのせてもらったの。
ジュースもついてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

食べながら、むふふ
だって、美味しすぎた。
このあんこの味付けも、もろ好み!
クリックすると元のサイズで表示します


その後はここで、30年前のお客さまSさんと再会します。
私がまだ20才の頃、道東をぐるり周るツアーにご夫婦で参加された方。
その後、文通…
クリックすると元のサイズで表示します

すぐにタクシーで「名古屋城」へ連れて行ってもらいます
ここで、2人のツーショット写真もパチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「私の家はアッチの方よ」駅までは20分位…
クリックすると元のサイズで表示します

「名古屋城本丸御殿」も見学します
さすが、徳川様…豪華絢爛、金ぴかのお部屋がアチコチに。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後、Sさんが予約してくれていたお店でランチを…
「金沢から来たあなたに、金沢のお店でごめんなさいね」と。
懐石料理をごちそうになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

SYUの就職祝いのお返しに送った、津軽塗のブレスレット(私とおそろい)をしてきれくれました。話がつきません…
「花子さん、あの時…私、根室にいくの初めてで夜中に勉強し2時間しか寝ていませんって、あいさつしてたわよ」とか、「スケッチブックめくりながら説明してたわよ」とか…
よく覚えてるわ〜
クリックすると元のサイズで表示します

名古屋駅から空港行列車の乗り場まで連れていっていただき、お別れです。

空港へ着くと…なんとごんちゃんがお見送りに来てくれました。
ありがたい、ありがたい…
甘いもの食べて、フライト時間までおしゃべりしました。

私って、しあわせです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「バイバーーイ!また、来るからね」
クリックすると元のサイズで表示します

で、春の1人旅日記…
3カ月かかり、ようやくおしまいデス。



2018/7/26

食べて、見て、歩いて…  中部・東海そぞろ

少し脇道にそれて「中村記念美術館」へ
金沢市も観光地でありながら、町中に緑があふれていいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、ゆっくりさせていただきました^^
クリックすると元のサイズで表示します

そして「県立美術館」です
名物裂の特別展を横目に見学し…売店でネックレスを買います。
カラーセラピー?っていうのかしら?自分の肌に一番似合う色を判定してもらったら「赤」と出たので(以外でした)赤系の九谷焼のネックレスにしました。多分、カラーセラピーを受けていなかったらグリーン系を選んでいたと思う。
クリックすると元のサイズで表示します

バスで香林坊へ移動し「武家屋敷」へ
すでに夕方…
お店もほとんどが閉まっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うつわ屋さんを見つけます
じっくり選ぶ時間がなく…サラリと見て次へ…
金沢、リベンジしなくちゃいけませんね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まだ開いてるカフェがありました。
「どうぞ、どうぞと」
クリックすると元のサイズで表示します

入ってすぐに棟方志功!このお店正解かも。
クリックすると元のサイズで表示します

奥へ案内されると…
なんとお人形がずらり
そのお人形に背を向けて、庭を眺めながらお茶をいただくのです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お菓子の写真がぼけたので、もう1枚。笑
近所の常連さんと、ずーっとおしゃべりしていました。
ピーチクパーチク…

このお菓子、見た目以上に美味しくて(失礼ですね)
えんどう豆のあんの中に大きな栗が入っていたような…
お菓子も人間も見た目だけで判断してはいけませんね。汗
けれど、見た目も大事なので…年齢を重ねてきたら特に気を付けようと思います。まる
美容室、予約いれなくちゃ…と、1カ月前からつぶやいてる…
クリックすると元のサイズで表示します

近所で、とてもオサレな洋服屋さんを見つけてしまって!!!
ほしいものばかりでした。
けど、金沢で洋服買ってもね〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

金曜の夜は遅くまで見学可能だったので、最後に見学をまわした「金沢21世紀美術館」へ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美術館を出ると、もう外は真っ暗
残るは「金沢城公園」
見事な石垣!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ところが、どうしてもお城までたどり着けないの…汗
同じように一人旅の、同じような年齢の中年女性がいて…
一緒にあちこち歩いたけれど…
結局ダメで、疲れも出てきて諦めた。

前田利家公の銅像をカメラにおさめられたから、ま、いいか。
クリックすると元のサイズで表示します

バスで金沢駅へ戻ります。
「世界で最も美しい駅」なんですって
もっともっとたくさん駅の写真を写したけれど…
なぜかこの1枚。汗
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、なんとなく味の濃いものが食べたくなり…駅構内でラーメンをずるずる
満足。

そして、カフェオレ飲みながら時間をつぶし…
クリックすると元のサイズで表示します


時間と宿泊代金を浮かせるために、夜行バスで名古屋へ戻ります。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん最後部座席の指定席を予約しておきました。
「おやすみなさい」
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
この日はなんと!33330歩!
惜しい!!!あと3歩でフィーバーだったのに。
富山県南砺町福光〜石川県金沢市〜愛知県名古屋市へ。
ははは…汗


クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、釧路市美術館で福光時代の棟方志功展開催中なの。
わざわざ富山まで行かなくても、じっくり作品を拝見できるのだけれど…
遠いわ、釧路も。
諦めます…
クリックすると元のサイズで表示します

モーニングスイーツ部
先日担当した高校生にいただいたお菓子。
なかなか美味しくて、自分でも買ってしまいそう…^^
クリックすると元のサイズで表示します


2018/7/26

定番観光「兼六園」  中部・東海そぞろ

兼六園に行く前に、市内で一番古いという茶室「玉泉園」に立ち寄ります。
外国人客の茶道体験中で、残念ながらお茶をいただくことはできませんでした。
一緒に席に入るならOKとのことでしたが…
茶道体験して2000円?払うのもなぁ〜と。
クリックすると元のサイズで表示します

着物のレンタル屋さんかしら…
街中、着物姿の若者であふれています。
私も誰かと一緒なら、ノリでレンタルしてたかも。笑
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

自前の御着物姿の奥さまを見つけました。
ステキだったので、後姿を撮らせていただきます。
お嬢さまも着物姿でしたよ…
ご主人がすごく嬉しそうな顔をして見ています。
女の子のいる方はいいですね〜
クリックすると元のサイズで表示します

公園内をぶらぶら…
どこをどう見ていいのかわかりません。汗
テキトウに池を見て、手入れが行き届いた庭を見て…
パチパチ写真を撮って〜
クリックすると元のサイズで表示します

「時雨亭」でお茶の時間です…^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お茶名「蓮池の春」
お菓子「桜舞う」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お茶碗はすべて九谷焼。
お隣さんのもお借りしてパチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

しばしお庭を楽しみます。
クリックすると元のサイズで表示します

兼六園と言えば…
ここから撮る1枚!「なんとか?灯篭」汗
クリックすると元のサイズで表示します

「日本最古の噴水」ってお客様を誘導していたガイドさんが話していました
クリックすると元のサイズで表示します

「夕顔亭」園内に現存する最も古い建物。1774年建築の茶室。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

続いて「金沢21世紀美術館」近くの「松寿庵」へ
丁寧な説明付きで見学無料です…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

確か…このあとも抹茶をいただいています。
この日はトータル薄茶を4服もいただきました…


2018/7/22

金沢ランチ!  中部・東海そぞろ

ひがし茶屋街を出て、お昼ごはんを食べに行きます。
レトロチックな建物があっちにもこっちにも…
ゆっくり見たいけれど…昼ごはんの時間を予約してあったので、地図を見ながら早歩き。
クリックすると元のサイズで表示します

え〜と「大槌美術館」のお向かいの…
クリックすると元のサイズで表示します

ありました!「森八」さん。
そう、あの加賀藩御用菓子司、創業380年の「森八」さん
クリックすると元のサイズで表示します

なんと!「森八」さんで、ひがし茶屋「貴船」さんのお弁当が食べれるのです
クリックすると元のサイズで表示します

2階の一角にいろんな菓子器が展示されています
クリックすると元のサイズで表示します

あれ?我が家にあるのとまったく同じものが…笑
クリックすると元のサイズで表示します

お庭が見えるカンターにひとり。
旅は断然1人が良いんですが…
ごはん食べる時にひとりはさみしい…という、わがまま女。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美味しい!
どれも!
見て楽しみ、量もちょうどよく、味付けも好み…
やはり、日本食が一番と思った。

「この日から、メニューが変わったんですよ」って。
ごはんは「おかわりをどうぞ」と。
けれど、満腹。
たまに香るおこげが、特に美味しい。

私、食べるのが遅くて…
いつも、早く食べるようがんばってるんだけど…
この日は時間にしばられることなく、料理の1品1品を堪能できました。




食後は、森八さんのあんみつに抹茶
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これで、午後からもしっかり歩けます^^

おまけ
もちろん、お菓子を買います。
なるべく軽いお土産を…
本店限定「落雁」
義父の仏壇に…
クリックすると元のサイズで表示します

外せないのは、日本三銘菓「長生殿」。
「加賀藩三代藩主前田利常公の命を受け、初代前田利家公が豊臣秀吉に献上した打ち菓子を原型として、小堀遠州が命名〜」とあります。
クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーにも…
クリックすると元のサイズで表示します

抹茶にも良く合います(愛知県の「ささらがた」と一緒に)

あと、季節の「干菓子」詰め合わせも購入したんですが…
全部SYUに食べられてしまっていました…
写真を撮る前に…泣
クリックすると元のサイズで表示します

2018/7/18

最初はお茶屋街  中部・東海そぞろ

愛知、三重、岐阜、富山ときて…旅の最終目的地は石川県金沢市。
行くと思った??笑

中学生の時、金沢に住んでいた叔父の家を訪ねて以来です。
兼六園と富山の山奥?に連れて行ってもらった記憶はあるのですが…

JR駅構内
九谷焼アートがあちこちに!
最初に荷物をコインロッカーに預け、500円の1日市内バス乗り放題のパスを購入します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

利用者で混雑する駅前ターミナルも、係員がいてくれるので乗客はスムーズに行きたい方向のバスに乗車〜
クリックすると元のサイズで表示します

私が最初に向かったのは「主計町茶屋街」
狭い石の階段と、その先の茶屋街の景色に何とも言えない風情を感じます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここのお店で佃煮を買いました。
年齢はだいぶ違いますが、最近ご主人をなくしたばかりの大事なお友達へ…
魚が入らないくるみだけの佃煮にしました。
クリックすると元のサイズで表示します

包装している間に「どうぞ、お休みください」と…
くるみの佃煮最中と抹茶を、いただきます
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりさせてもらって、また歩きます。


クリックすると元のサイズで表示します

浅野川沿いにあるき「ひがし茶屋街」へ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、観光客でワヤ混みでした…
私は断然「主計町茶屋街」の方が好き。かな?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「お麩」の店を見つけます
クリックすると元のサイズで表示します

お土産に買いました^^
クリックすると元のサイズで表示します



九谷焼は…
ここではなく、あとで行った美術館の売店でネックレスを買いました。
自分へのお土産です…笑
クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






2018/7/17

福光と棟方志功  中部・東海そぞろ

今回なぜ福光に1泊したかというと…
「棟方志功」が第二次世界大戦末期(昭和20年から6年8カ月)に福光に疎開していたから…
町は棟方志功のアートであふれていました。

宿泊した宿にも本が…
パラパラしながら眠りましたよ(決して枕にはしていません…)
クリックすると元のサイズで表示します

朝1番に朝食を食べ終えると、荷物をフロントに預け7時半には宿を出ます。
「実は…」と事情を話すと「へ〜」と珍しそうに私を見て、作品巡りのパンフレットを探してきてくれました。
それを頼りに、歩きます

まずは、関係ありませんが「地蔵ヶ淵の舟つなぎ場跡」
宿の目の前を流れる小谷部川の底から地蔵尊が揚げられたとのこと。
クリックすると元のサイズで表示します

駅前の通りにぶつかる福光大橋のたもとに早速見つけましたよ!。
福光に着いたばかりの棟方を町の知人たちは寒中川に入って捕ったゴリの味噌漬けで歓迎しました「小谷部川 雪解け居るも吾妹子の 矢羽根紫快香ふも」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

またまた関係ありませんが「バットミュージアム」
福光は日本一の木製バット生産地なんですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

で、「雑華堂絵所 ざつげどうえどころ」(鍛冶金物店)
棟方はここの1角を借りて一時アトリエを開いていたそうです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「町中にぎわい弐号館」
棟方が魚を求めた前田魚店があった場所。百年前の建物を再生し、蔵をギャラリーにしています
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新町通り(あさがお通り)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「福光焼窯元 松村秀太郎」の家
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

よくわかりませんが「松村西荘生家」汗
クリックすると元のサイズで表示します


そして「松村謙三生家」うーむ…汗
そんな人物か気になる方は、写真を大きくして読んでみてね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「知源寺」
棟方は毎日通って「南無阿弥陀仏」をいただきました
クリックすると元のサイズで表示します

「舟岡家」
棟方はこの家をアトリエとして借りていました
クリックすると元のサイズで表示します

「栖霞園」(せいがえん)前にも…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「赤い郵便ポスト」
日に手紙を何枚も出していた棟方は、郵便局員や郵便ポストに最敬礼をしていました。
クリックすると元のサイズで表示します

「六地蔵」
江戸時代、石高の調直しを藩主に直訴した農民6名が処刑されました。その処刑の直後、早馬で処刑取りやめの通達がきました。が一歩手遅れでした。地蔵堂の掲額「六道能化」は棟方が書いたもの。
柳の木の下だし…怖い。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「だまし川」
棟方が好きだった川。
棟方がカッパの絵を描いていると、住民に「写生かね」と言われた。本当は「豆黒川(鯰川)」と言いますが、カッパがでてきて村人をだますことから棟方は「だまし者」の言葉をあてて「だまし川」と呼び、今ではこちらの方が定着したとのことです。

ホタルの群生地です…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

だまし川の川淵には、だまし川のカッパ伝説を描いた棟方の板画13枚の石版が設置され散策路になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「愛染苑」(棟方志功記念館)
残念ながら開館前…
クリックすると元のサイズで表示します

「鯉雨画齊」(りうがさい)
棟方志功が福光で住んでいた住居。トイレの壁や天井に天女や菩薩が描かれているとのこと…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そこから近道をして宿へ戻ります
クリックすると元のサイズで表示します

感が当たり、宿のすぐ近くへでれました!笑
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フロント壁にも棟方の作品が^^
「お世話になりました!ありがとうございます!」
クリックすると元のサイズで表示します

福光駅前にもありますよ棟方志功モニュメント!
棟方志功の書「無事」のレプリカ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、棟方と言えば…
ちょうど釧路市美術館で「信仰と美の出会い 棟方志功の福光時代展」が開催されています。
8月26日(日)まで

タイムリーですね!
でも…釧路は遠すぎる。泣

クリックすると元のサイズで表示します

さて、私はこの後…
なーんと、なんと(南砺…汗)なんとを後に、10:15分発路線バスであの町へ移動です!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

モーニングスイーツ部

コーヒー味の八つ橋
三越地下で見つけました^^
クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ