ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2018/7/16

南砺町城端(じょうはな)へ  中部・東海そぞろ

まだ4月の旅の続きです…
三重、愛知、岐阜、そして富山…
「世界遺産バス」を南砺市城端で降りて…
城端の町を夕暮れるまでぶらぶらうろうろ〜

バスを降りたら目の前に「じょうはな座」
毎月第2・4土曜日を中心に「庵唄」と「むぎや節」の定期公演を開催。
城端曳山祭や、城端むぎや斉の雰囲気が体感できるそうです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「越中の小京都」
格子戸の町家、石畳の通り…
この後、狭い小路や坂道てくてく

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「じょうはな織館」
かって絹織物の町として栄えた城端を象徴する建物。
時間のある時は手織り体験もできるのです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして開基540年を経た真宗大谷派の「善徳寺」
山門、本堂、太鼓堂は県指定文化財です。
お寺の周辺を、大掛かりな工事をしていました。
クリックすると元のサイズで表示します

「今町通り」を行くと…
旧野村銀行を経営していた野村家の土蔵4棟が残されています。
格子戸、石畳、白壁…プチ京都気分!
クリックすると元のサイズで表示します

「桂湯」は、昔の銭湯で今はクラフト小物、雑貨のギャラリーです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

再び、バス通りに出ます。
カメラを構えて歩いていたら、女性が「アッチに行くと、昔ながらの景色のいい写真が撮れるわよ」と教えてくれました。
行ってみて正解!

「波場の坂」(はばのさか)
石垣、瓦屋根・・・
クリックすると元のサイズで表示します

こーんな細い道を通り、登下校するのね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どこもかしこもレトロでノスタルジック!
クリックすると元のサイズで表示します

「醤油」の看板も…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

赤レンガ倉庫もありました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「川島地区」
京都西陣の老舗「旧川島織物」を創業した、川島甚兵衛の出身地。
かつての機織り工場や高い煙突も…
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋根より高く咲くスイセン…
クリックすると元のサイズで表示します

またまたバス通りへ戻り「田村萬盛堂木型館」へ
お隣のお菓子屋さんが所有する木型約1200点のうち300点が展示されています。
残念ですが、もう18時を過ぎていて閉館していました。泣
クリックすると元のサイズで表示します

城端駅へ
クリックすると元のサイズで表示します

「曳山祭」のポスターが貼ってありました。
クリックすると元のサイズで表示します


そういえば城端って、アニメと関係のある町なんですってね。
「城端に行く」と言ったら、タロが驚いてた^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

忍者ハットリくんの列車が来ましたが…乗りません。
宿泊するホテルの方が駅に迎えに来てくれるのです。

次は「べるもんた」号にものりたいなぁ〜
ちょっと急ぎ過ぎた旅行でした…
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

この日の泊りは隣町、福光の「旅亭みや川」さん!
「おいしんぼ」にも掲載された旅館です

掛け軸の「夢二」さんが気に入りました^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ひとりサワーで乾杯して…バッタンキュー
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



モーニングスイーツ部
言わずと知れた「三方六」小割
ノーマルなのが一番美味しいと思う。
クリックすると元のサイズで表示します


2018/7/15

菅沼・相倉合掌造り集落へ  中部・東海そぞろ

お久しぶりです、こんにちは!

1カ月ぶりの更新ですね…

「ボーっと生きてんぢゃねーよ!」って、チコちゃんに叱られそう…汗
「連休だ〜!」って、ボーっとしてたら急に仕事が入るの繰り返しで…
なんだかオバサンはくたびれ気味です。

明日もいきなり仕事がつながり…
6泊7日の出張デス。デス…

で、ほんとは今日の1こ休みも、勉強したり家のことしたり
やらなくちゃいけないことは山積みなんですが…積んだまま。
なーんにもしたくなくて、なんとかなるさでボーっとしてます。

↑ここまでは7月6日に記入…

そうそう…
思いつき旅も「白川郷」でストップしたままだったわね。
その後も「世界遺産バス」で「五箇山」をめぐります。

バスの中で一緒だった、親切なひとり旅の男性が詳しい地図をくれてカメラのシャッターも押してくれ…合掌造り集落への近道も案内してくれました。
残念ですが、皆さま方の期待を裏切り…恋は芽生えませんでした。

「ここから見ると、全体の写真が撮れますよ」
クリックすると元のサイズで表示します

ここで、男性とはお別れです。
白川郷とは違い、とっても静か
この静けさが気に入りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「掌」(てのひら)さんというお店でひと休み
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

甘酒をいただきます
クリックすると元のサイズで表示します

お店の大きな窓を額縁にして、1枚パチリ!
絵になります。
クリックすると元のサイズで表示します

更にバスで「相倉合掌造り集落」へ

最初に、プチ登山気分で集落全景スポットへ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なつかしい瓶のジュースが冷え冷えです。
ここで、おそばの昼食でも良かったかなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここはまだ、春が来たばかり

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「天狗様の足あと」
この大岩に天狗の足あとが…これは向かいs、天狗がノクラ(村の上にある地名)から、この岩へまたいだ時に付いた足あと…とのことです。
クリックすると元のサイズで表示します

「五箇山和紙漉き体験館」もありました。
クリックすると元のサイズで表示します

少しかけ足でしたが、合掌集落めぐりは終了です。
この後は「城端」まで…

道端に咲いていた花
クリックすると元のサイズで表示します

花も良いけど…だんごもね!
で…

モーニングスイーツ部
Fさんが「日本一おいしい」と言ってプレゼントしてくれた島根県の銘菓「若草」
松江藩7代目城主松平治郷公が、お茶席に好んで用いたお菓子です。
クリックすると元のサイズで表示します

とても珍しいので、昨日、お茶の稽古に持参し皆さんで一口ずついただきました。
鮮やかな若草色は目を楽しませ、品の良い求肥の甘さはお茶を一層引き立てます。
ありがとうございます!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ