ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2007/1/30

雪まつり発祥地は小樽  小樽そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します
                             壺屋生菓子

しっかし、今日はよく降りましたねぇ〜

でも明日はだそうです。
雪まつりの雪像作りに影響が出るのでは?と心配です。

ところでみなさん、雪まつりの発祥は小樽の北手宮小学校だとご存知でしたか?
校内には『雪まつり資料館』もあるんですよ。(今もあるのかな〜、ここ訪ねたの17年も前のことだからなぁ〜)
クリックすると元のサイズで表示します
雪まつり創始者は高山先生です。
高山先生の提案で、冬は寒くて室内にこもりがちな子供達に、校庭で雪の像をつくらせて賞を与えたのがヒントになったとか・・・

高山先生語録

「私は冬になっても、家の中に閉じこもらず、雪を待って大自然に帰る喜びを願っていたのに、別な意味で雪を待つ今の雪まつりが、あんなに大きくなったのを、喜んでよいやら悲しんでようやら」と苦笑していたという。
華麗壮大な札幌雪まつりを見てある時・・・道新昭和42、1、16より

「当時の新聞は、“雪の祭典”とかと報道したが私は祭典はしっくりしない。雪まつりであり、それも祭ではなく、ひらがなの『まつり』にすべきであると主張したが、この念願がかなってひらがなを使うようになったことは喜ばしい
第一回雪まつり当時を思い出して・・・道新昭和42、1、14より

「水をふんだんにかけたり、いろいろ細工をするのは、あれは雪像ではなく氷像ですよ」と言ったという
水がふんだんに使われる札幌雪まつり像をみて・・・道新昭和42、1、16より

昨年から、東区の札幌さとらんどが会場に・・・
市民参加型の本来の雪まつりの姿に少しだけ戻れるような気がして・・・よかったなぁ〜と。
クリックすると元のサイズで表示します

アルバム整理してたら、若い頃??ガイドの勉強のためあちこち旅してた記録がわんさわんさと出てきて・・・また、色々紹介してみようかしら?



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ