ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2010/10/26

澤の露  小樽そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します
『澤の露』を買ってきて・・・
雄たけびをあげて喜んだのはSYU

いつだか、友人の家でもらって食べた味が、忘れられないくらい美味だったらしい

小樽の銘菓、創業明治44年「澤の露本舗」さんの飴玉
店には、この飴しか売ってない
残したらイヤだなと思い、一番小さな300円のを買ったが・・・
こんなに喜ぶなら缶入りを買っても良かった

朝、学校に行く前に冷蔵庫から出して口に入れ・・・
学校から帰ってきても「あ〜、なんだ大事なこと忘れてたと思った!飴食べるの忘れてた」と口に入れる

明日から、平和学習とやらで南を旅するSYU
そっと、かばんに入れてやろう

クリックすると元のサイズで表示します

旧名「水晶飴玉」だそうです。
・・・・砂糖のみで仕上げる唯一の業は類なく、芸能人は声のうるほひに最適と奨められ透明度を水晶玉といわれ今日の名に至りました。以後水晶玉は通り名になりましたので『澤の露』と改正いたしました(説明書より)




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ