ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/1/31

千歳でワイン、飲んでみた  石狩振興局

勉強不足ですね・・・
千歳市にワイナリーがあるって知りませんでした。

中央葡萄酒(株)千歳ワイナリー
でも・・・「グレイスワイン」っていう名前は聞いたことありました。

昭和36年建築、札幌軟石の建物(元、千歳農協)を使用したワイナリー
軟石づくりの建物は、夏涼しく、冬暖かいといいますが・・・
冬はやっぱりサビーーナァ(あきたけじょう)

ここ、ワインを貯蔵してますので暖房は入ってません。
なので冬の見学の際は、しっかりまかなって出掛けて下さいマセ(マセ←ガイドみたい)

クリックすると元のサイズで表示します

千歳市って「ハスカップの里」だったんですね(←ほんとにガイドかい)
昭和54年、一村一品運動で「ハスカップ」を商業栽培。

ハスカップでジャムやシロップ、お菓子をつくり
「んじゃーー、ワインでもつくるべか」ということになり製造を始めました。
(ちなみに、ぶどうは余市農協に協力をお願いしているそうです)

ここ、本社は山梨県の勝沼ワイン。なので最初の頃はワインの醗酵なども山梨に委託していたそうです。

今はちゃーーんと、この通り

クリックすると元のサイズで表示します

規模こそ、大きくは有りませんが・・・
3人の従業員が年間通してワイン作りに愛情を注いでいます。
ちなみに、秋・・・ぶどうをつぶす時なんかは夜中の2時〜3時まで作業が続く日もあるのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

そんな努力の甲斐があり、「ケルナー辛口Vintage2005」が、国産ワインコンクール2006において銅賞を受賞しました!

さて、見学を終えた後はお楽しみの試飲です。
仕事で、小樽、富良野、池田などなど・・・ワイン工場の見学にお客様を引率しても
え〜、仕事中なので試飲は出来ません。

が、しかし・・・
今回は「試飲」が仕事?
まずは自分が飲んでみないと、お客様には勧められませんものね・・・
遠慮せずに、素直にいただきます!
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、ハスカップワインから!
あまーーーーーい!
これ、ジュース?かと思うほどの甘さです。

ワインはアルカリ性のアルコール!しかも、ハスカップは不老長寿の薬のようなもの
「酒は百薬の長」と言いますが・・・
こりゃ、お酒の弱い方の健康保持に、お勧めの1本ですわ
ジュースです!ジュース!
クリックすると元のサイズで表示します

そのうちに、調子に乗って3杯、4杯と・・・
あ・・・コップがちゃんこいので大丈夫です。
最後まで顔は真っ白のままでしたから・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「千歳ワイナリー限定ワイン」や「千歳市民還元ハスカップワイン」などもありましたよ!

クリックすると元のサイズで表示します

場所は、千歳市内の街の真ん中!
JR千歳駅にも近いです!
おでかけの際は、ぜひ電話で「見学したい!」とお話ください。
15〜30分で見学可です。

やっぱり説明を受けたあとの試飲は一味も二味もおいしく感じるものです!

■中央葡萄酒(株)千歳ワイナリー
・場所:千歳市高台1丁目7番地
・電話:0123-27-2460
・詳しくはHPで⇒こちらから




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ