ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/3/20

仲間の絆ってスゴイなぁ〜  

福島県双葉町が、町ごと「埼玉スーパーアリーナ」に移動したって、昨日テレビで観た。
そして、今朝の地元紙朝刊に・・・
北海道深川市(旭川に近い所に位置)が、福島県双葉町在住の元深川市出身者Sさんを(家族4人)受けれたという記事が掲載さてれいました!

Sさん一家が原発を逃れ、4カ所の避難所を転々とし途方に暮れていた時「故郷に帰って来い」「帰って来い、みんな待ってるから」と北海道にいる同級生が呼び掛けたのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
震災3日後には携帯電話でこのことを伝え、同地区の空き家を借り受け入れ準備を開始。
同級生に支援を呼びかけ、19日には札幌や深川から16人が集まり洗濯機・冷蔵庫・寝具・トイレットパーパーを持ち寄り掃除をしてSさんを迎え入れたって・・・

Sさん、故郷に戻ったのは・・・なんと中学卒業以来50年ぶりだそうです。
「仕事など、これからのことはゆっくり考えたい。一からの出直しだけど仲間がいる。心強い」とSさん。

同級生は60歳を過ぎてから毎年、同窓会を開いて旧交を温めていたのだそうで、今年の同窓会は「おれが幹事をやるしかないな」とSさんは照れくさそうに話したそうです。

やっぱり、何が大事かって・・・
「人と人のつながり」が一番大事ですね。
「仲間」って良いですね。
中学を卒業して半世紀、それでも心配して心良く迎えてくれた仲間。
私も、16人の同期を大事にしよう・・・
息子にも、何よりも「友達」を大事にねって伝えよう。

「帰って来い!みんな待ってるから」
ジーーーン


そういえば・・・最近SYUのスキーウエアを買う買わないでもめたとき
タロが「勉強よりも友達とスキーに行くほうが、ずっと大事だ」って言ったのを思い出しました。
昨日終業式だったSYU、もらってきた通信簿を見て・・・
下の顎がガクーーーンと床におっこちそうになったけれど
父が「そんなのいがべ」って(木古内出身でなまっています・・・「そんなことどうでもいいだろう、たいしたことないよ」の意)

んだな・・・そったらのどーでもいがべ・・・がはははーーー

って笑って?3人で夕ごはん食べました(タロは夜勤)

母は何とか今日、山形から帰ってこれます

おまけ
中国にいる長男のS君からも心配してメールが来ていました。
2週間後にアメリカの大学の結果が出るそうです。
幸せ者の次男は、まだ寝ています(今、午前9時)

あ・・・そういえば昨日床下を何気に見たら・・・
賞味期限2002年の「みりん」や2004年の「乾パン」が出てきました。
みりん・・・醤油のような色に変色してました・・・
「乾パン」なら、まだ大丈夫かな〜〜〜
SYUはダメだといいますが・・・

でも、いざとなったら食べるよね。
やっぱり、内緒でとっておこう・・・
みりんは捨てる。







クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ