ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/8/26

五勝手屋と函館の夜  函館そぞろ

江差のしめくくりは「五勝手屋羊羹」です。
SYUの好物ですから〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、先頭になって店に入るSYU
迷わず、まずは羊羹を買います
クリックすると元のサイズで表示します

そして・・・
「せきかわ」さんで甘味を食べ損ねた私は、夏を感じるお菓子「鮎焼き」を!
クリックすると元のサイズで表示します

なんと!中身は小豆ではなく
もっちり爽やか!ほんのりレモン?風味のあんでした!
これは、絶品〜〜〜〜!
もっと買ってくればよかったーーーーーーーと、一人でワメクが・・・もう遅い・・・
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても
函館も江差もそうですが・・・
老舗和菓子屋さんの店員さんは、若くても対応(接待)が行き届いています。
気持ちよく買い物が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

この後は、2日目の宿に直行です。
初日はすこし贅沢をしましたので・・・2日目の宿は価格をぐーんと落としました。
でも、施設も従業員さんもサービスも、値段以上にGOOD!でしたので、もうけものでした。
また、機会があれば利用したいと思います!

部屋で1時間ほど3人でボーーーッとします(仮眠)

そして、お風呂へ行きました。
「谷地頭温泉」です
雨が降ってきたので車で移動です。

「谷地頭温泉」のバス停を見つけ、車を駐車場にいれたら・・・
近くの福祉施設でした(汗)
クリックすると元のサイズで表示します

なんとか無事に温泉に到着!
クリックすると元のサイズで表示します

420円を支払って、入浴です。
脱衣所も洗い場もとにかくひろーーーい!
たくさん人がいても、窮屈さは感じません。

この日も月に一度、森町から入浴にきているという人がいました。
地元の人が「函館はいい街だよーー。引っ越せばいいっしょ」と、しきりに誘っています(笑)
「いやーー、わだしまだわがいもの・・・まんだ、まだ、はんだらがねばなんないっしょ、ひっごせないべさーー」

ピリッと熱い、赤い湯につかり
そんな会話を聞いてます・・・

極楽〜ごくらく〜〜
(露天風呂は五稜星の形でした)

その後は、電話予約しておいた近くの寿司屋「江戸松」さんで夕食です

私は「特上生寿司」1900円を(←安い!)これでも、握りでは2番目に高いのです。
クリックすると元のサイズで表示します

タロとSYUは、大奮発して「浜ちらし」3000円を!(←実は、これが最初から目的でした)このお重・・・実物はかなり大きいです。
クリックすると元のサイズで表示します

酢飯の味も硬さも・・・握りの大きさも、ネタの厚さも(笑)もちろん鮮度も!最高!
庶民の私にとっては、今までで一番の寿司屋です(もっと高級店はたくさんあるんでしょうが)

SYUは、回らない寿司屋に初めて入ったと喜んでいました。

・・・そうだったんだ・・・

大・大・大満足でお店を出ます。
山を見ると・・・頂に雲が掛かっています。
夜景をあきらめ、再び宿へ

ところが・・・
部屋の窓から山を見るとだんだん雲が薄れていきます。

SYUは、夏休みの宿題・・・を、やっつけ中でしたが(旅に出てまで・・・)

なんと!21時に夜景を見に行きました。
ロープーエー最終は22時
最後まで粘って夜景観賞

見えたり曇ったり・・・

帰りのロープーエーの中で、カメラを持った若者が「スパッと見えるよりも、今日のような夜景の方が味があって見ごたえがあります」と・・・
地元の男子らしい感じ
「どうぞ、前のほうに・・・」なんて窓側の場所を譲ってくれようとしたり・・・

彼の言葉に癒されました(笑)
「幻想的な夜景を見た」ということで?納得して宿に戻ります。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ