ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/10/26

平取物語@偉大な英国人  日高振興局

平取町は、日高第一の長流沙流川沿いにひらけた昔のアイヌコタン
1620年代からすでにアイヌの人達の集落があったとか・・・

平取町には、早くからこの町に来てアイヌの人達の良き理解者となった外国人がいるのです。

まずは、イギリス人宣教師のジョン・バチェラー

町内「義経通り」の「バチラー保育園」
ここにバチェラーさんが住んでいた教会がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

1876年に来道し、60年間をアイヌの人達とともに過ごした「アイヌの父」宣教師ジョン・バチェラー。アイヌ語辞典やアイヌ語の聖書も作ったそうです。
太平洋戦争が始まると、敵性外国人として帰国させられイギリスでその生涯を終えています。

今も保育園と教会が一緒になっているようです。
クリックすると元のサイズで表示します

続いては、北海道を初めて女性一人で旅したイギリス人旅行家イザベラ・バード。

1878年8月、開港間もなく日本の奥地を簡単に旅行できる時代ではなかったのに・・・通訳の日本人青年と共に、馬や徒歩で東北地方や北海道を探検した女性。その様子は「日本奥地紀行」という旅行記にまとめられています。

北海道は、箱館・森・室蘭・白老・富川と周り、二風谷のある平取を訪れ平村ペンリウクの家に4日間滞在、アイヌの人達との交流を行ったそうです。

義経神社境内、栗の巨木のすぐ下に「平村ペンリウク頌徳碑」がありました。
彼は、明治時代平取町の酋長をつとめた方だそうです。
         クリックすると元のサイズで表示します

義経神社表参道鳥居横に「イザベラバードが歩いた道」の解説板があります。
最近、建てられたもののようですが「紫雲古津」(しうんこつ)まで行かないと見られないと思っていたのでラッキーでした!
         クリックすると元のサイズで表示します

Mさん情報では、この看板のイザベラバードの自画像は自分を美化して描いたもの??
実際は・・・う〜ん・・・簡単にいうと・・・
ずんぐりむっくりのお方だったよーです。
探検に出掛けた時、47才・・・その気持ち、良〜〜くわかります(笑)
         クリックすると元のサイズで表示します

最後はスコットランドのお医者さん、二ール・ゴードン・マンローです。
アイヌ民族の研究家であり、明治38年に日本に帰化し、昭和7年から二風谷に住みアイヌ民族の研究と、無料で病気の治療を行った人(薬や食料品も提供したそうです)。また、村に多かった結核患者の治療には特に力を入れました。

マンロー博士は日本人女性千代さんと結婚。千代夫人も看護士として通訳者として献身的に博士を助けたといいます。

ちょうど、平取町立二風谷アイヌ文化博物館で「マンロー先生と二風谷展」が開催されていました(10月30日までです)
クリックすると元のサイズで表示します

アイヌの人達に「カムイシンパ」(崇拝される長老)と呼ばれ信頼されてきたマンロー先生。
案内板には「イングランドから政治的・文化的に支配されたスコットランドの出身。アイヌの置かれた境遇は他人事ではない。アイヌとその文化の価値を世界にしらしめ、しいたげられた民族への同情を誘いたいと考えていた」と書かれていました。

マンロー先生直筆のノートも展示されていました!
クリックすると元のサイズで表示します

マンロー先生と千代夫人。
今は共に二風谷の共同墓地に眠っているそうです

千代夫人はクッキーを焼くのが上手だったとか・・・
萱野茂さんも、幼い頃におばぁちゃんに手をひかれマンローさんの家に行きクッキーをごちそうになったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

旧マンロー邸(北大文学部付属北方文化研究施設二風谷分室)
腰折れの屋根が印象的です!
クリックすると元のサイズで表示します

マンローさんが持ってきて植えた?と思われるドイツトウヒ並木
クリックすると元のサイズで表示します

帰りのバスの中で、スタッフNさんが
「実は私、若い頃?マンロー邸に住んでいたことがあるの。北大研究所になってからは内装が変わっちゃって残念だわ〜〜。その頃、ドイツトウヒもまだ小さかったのよ・・・」と
お宝発言!

その話、もっと聞きたい!
いつでも連絡を下さいと仰ってくださいました。
今週は、そのNさんがバスガイド役を勤めてくださるそうです(土・日のどっちかな?)
申し込みは今日まで・・・
まだ、間に合いますよ!(バス代は無料です)

にしても・・・
紹介した3名の方はいずれもイギリス人!

日本人よりもアイヌ民族をより理解し支え、歴史・文化を伝えよう残そうとして下さった偉人(異人)さんです!

おまけ
この日のランチは・・・
ドライブイン「ユーカラ」さんで「キトピロ(ギョウジャニンニク)ラーメン」(750円)です
この野菜の下から、キトピロが出てくる出てくる・・・
力をつけて、午後も更に歩きます!

スタッフSさんも「キトピロラーメン」を注文!
ふたりで食べれば怖くない?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
この投稿で、2222稿目になりました

このツアーに対するお問い合わせ・お申し込みは・・・
■(株)ノーザンクロス 平取営業所
・〒055-0107 沙流郡平取町本町30−7
・電話:01457−2−3501
・FAX:01457−2−3502
・E-mail yanagi@northerncross.co.jp

お知らせ
ブログランキング復活しました!

クリックどーぞ!
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ