ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2015/2/22

ブルーライトよこはま  関東そぞろ

「ベーリック・ホール」「ブラフ18番館」は改修工事?中で見学不可でした

最後の洋館が「外交官の家」
今回めぐった洋館で、私の一番のお気に入りになりました。

明治43年建築の外交官の家
アメリカ建築家J.M。ガーディナー設計
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



最後の洋館を見学し、外にでたら夕日がきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、閉館時間の17時です。

このあとは「元町」経由で戻ります


ちょっと気になったカップケーキのお店
クリックすると元のサイズで表示します

元町は20代初めの頃に、高校時代の同級生と来たことがあって
クリックすると元のサイズで表示します

今は、札幌のデパートでも買えますが…
その頃、元町をぶらぶらしていて「キタムラ」を見つけ、犬マークのカバンに一目ぼれ!
どーーしても欲しくて、忘れられなくて…
でも、当時はクレジットカードも持っていなくて、現金もそんなになくて…
欲しかったカバンは5〜6万円位だったよーな…
泣く泣く諦めて…

その後、無事に買うことが出来て、今も大切にしています。

札幌にお店が出来てからは、まったく興味が無くなりました…

クリックすると元のサイズで表示します

大好きなローラアシュレイも!
クリックすると元のサイズで表示します

ゴディバもキタムラもあんまり興味が無いけれど…
クリックすると元のサイズで表示します

唯一「おっ!」と魅かれて入ったお店が「近沢レース」
ここの商品、内祝などで使うことが多い…

元町が本店だったって、知らなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

元町店限定のハンカチをイルピーノのオーナーとお揃いで買いました。
質の良いタオル地、小さめハンカチの周りにたっぷりと上品なレースが…
特別な日に使います。

これ
クリックすると元のサイズで表示します

時計を見ると、まだ18時
クリックすると元のサイズで表示します

そのままホテルに戻るのはもったいないので「山下公園」へ

まるで青いライトに照らされているような、真っ青な空…
♪ブルーライトよこーーはまーーー

そういえば、横浜駅から列車が発車するときにも、このメロディーが流れていました
♪ブルーライトよこーーはまーーー


「氷川丸」
クリックすると元のサイズで表示します

よーーく見ると、公園はカップルだらけ…

そーいえば、一緒に催事で働いてた人に
「ねぇ、カップルって死語?」ってきいたら
「いや、死語はアベック!」と言われた…

だから堂々と使う「カップルだらけ」
クリックすると元のサイズで表示します

「西洋理髪発祥の碑」
ザンギリ頭ね!
クリックすると元のサイズで表示します

そして「赤い靴はいてた女の子」
クリックすると元のサイズで表示します

近くのコンビニに行ったら「赤い靴下」が売っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

調子に乗ってあるいていたら「赤レンガ倉庫」に着いてしまいました
クリックすると元のサイズで表示します

なーんと!赤レンガ前にスケートリンクが出来ていました!
クリックすると元のサイズで表示します


プロジェクションマッピングも!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここの3階で夕ごはんにします

おひとりさまでビアホール!
だって、横浜は日本産業ビール発祥地だから
最後の夜だし…
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん「横浜工場限定醸造スプリングバレー」で一人乾杯!
高カロリーな「おとなさまプレート」?をガツガツ…
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、もう歩くのが面倒…
「馬車道駅」からみなとみらい線で「元町・中華街」駅へ

部屋に戻り、広めのバスタブに熱めのお湯をはり
のーーーんびりお風呂時間を満喫!

ぐっすり朝まで熟睡です!


人気ブログランキングへ




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ