ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2016/3/9

下町さんぽ@カヤバ珈琲  関東そぞろ

ほんとはね、その日のうちに家に帰りたかったんです…
でも、飛行機の乗り継ぎが上手くいかずに東京にもう1泊!

だったら…
思いきり楽しもうと…

行ってみたかった「谷根千」エリアへ
最近、築60年のアパートを東京芸大の学生達がリノベーションした宿がオープンしたって情報を得てね!

だったらと…
ネットで宿を手配したけれど、まさかの満室ね
仕方がないから日暮里駅の近くに泊りました。
谷中の旅館も満室なのね…
日本文化?を体験したいってことで「旅館に泊まる」ということも、外国人観光客には最近人気らしいのです。

時間があまりないので、早朝(7時)から自転車を借りて探検に…
それより早くは自転車、貸してもらえませんでした。

朝ごはんを食べに出かけました

途中「第二日暮里小学校」前に「夕焼け小焼け」の記念碑を見つけました

♪夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘が鳴る〜

なるほど…だから「日暮里」か…日が暮れる里!
ほんとかな…
クリックすると元のサイズで表示します

多分、今頃桜がきれいなんだろーなーの「日暮里南公園」を横目に小路に入ると
クリックすると元のサイズで表示します

ありました「子規庵」
晩年の正岡子規がふるさと松山から母と妹を呼び寄せ、病間兼書斎と句会・歌会の場とした建物
10:30分から見学可能でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お向かいさんが「書道博物館」
クリックすると元のサイズで表示します

そしてご近所には、立派な佇まいの「ねぎし三平堂」が…
落語家・林家三平師匠の記念館です!
クリックすると元のサイズで表示します

どうもすみません日曜日も開館しております」笑
けれど、月、火、木、金はお休みです…笑
クリックすると元のサイズで表示します

ここから、鉄道線路にかかる階段を自転車を押しながら向こうに渡ります…
すると「浄名院」というお寺が…
寛文6年なので、シャクシャインの戦いの3年間前に建てられたお寺です
2万体を超える石のお地蔵さんがあるそーですが…おっかないのでパス!
クリックすると元のサイズで表示します

さらに「言問通り」という車道が狭い道をどんどん行くと…
ありました!「下町風俗資料館」(旧吉田屋酒店)明治時代の酒屋の建物を移築したもの。館内には当時使われていた瓶、樽、枡などが展示されているとのこと…
「風俗」で、あっちの「風俗」を想像しちゃったわ…いやね〜
え〜、まだ開いていませんでしたけど…
クリックすると元のサイズで表示します

でもいいの。
今回早起きした理由は、そのお向かいさんの「カヤバ珈琲」での朝食だから
8時OPENまで、あと5分くらいあったのよ
だから、色んな角度から写真撮っちゃった!マニアね…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「この日一番のお客さん!」と意気込んでいたら…
写真を撮っている内に先越されたわ…若い男性に…

ま、これも人生ねってすぐに諦めついたけれど…

カヤバさんは、大正5年築の町家で昭和13年に創業…
色々ありましたが(←ここ)カヤバ珈琲を愛する人達によって現在も営業が続けられているんです

2階席へ
クリックすると元のサイズで表示します


800円のモーニングセット
で、迷わず「たまごサンド」に
たまごが…ほんわりあったかいんです〜
クリックすると元のサイズで表示します

これが食べたくて早起きしたんだから…
達成感と、雰囲気の良さと、安堵感が一気に押し寄せ、気分も”ほわ〜ん”
眠い眠い…
コーヒーを飲んで目をシッカリ開けます!

ね、なんとも言えないでしょ
この落ち着く空間
クリックすると元のサイズで表示します


窓の向こうに「風俗資料館」が見えました!
クリックすると元のサイズで表示します

コチラ、1階席と
クリックすると元のサイズで表示します

カウンターのレンガ
クリックすると元のサイズで表示します

そして、最後に…
入口ドアの取っ手
クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうさまでした!


カヤバさん…
ずっとカバヤさんだと思い込んでしました。
あんなにお店の写真写してるのに。笑

カバヤさんといえば…
♪君のくちーびる ジュ〜シ〜
ですね!

教えて下さったはるさん、ありがとうございます!

1月の終わりに…
もう梅が咲いていました〜
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ