ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2016/12/25

鶴田町へドライブ!  弘前そぞろ

どっからみても、きれいだべさ…津軽富士
クリックすると元のサイズで表示します

この辺で作ってるのは「津軽ロマン」だろか「青天の霹靂」だろか…

Yさんとのドライブ!
行先は鶴田。

そーいえば、うちに泊りに来たことのあるSYUの友達に鶴田の子、いたな。
お金があまりないからってJRの「はまなす」に乗って来た。
疲れただろーな…

なんてゆーか…その子、すれてない。
この景色見て、納得した。笑
いい子だ。

連れてってもらったところはココ
「鶴の舞橋」
そう、私達…吉永小百合さんになりにいったのよ。
クリックすると元のサイズで表示します

これね、JR東日本のポスター
クリックすると元のサイズで表示します

そして、鶴の舞橋を写めるYさん
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

正直、小百合さんよりも美しいと思うYさんの後姿。
クリックすると元のサイズで表示します


鴨?が一斉に飛び立ち、この後鳥肌状態になった私達…
クリックすると元のサイズで表示します

はい!鶴も!!
クリックすると元のサイズで表示します

なんと、丹頂も飼われていました。
クリックすると元のサイズで表示します

湖畔沿いには温泉宿もあり、宿泊してみたいな〜と思いました。まる

この後、弘前市内に戻り遅い昼食を。
市内でも、煮干し臭さ?が1、2番というラーメン(中華そば)を食べにいきました。
クリックすると元のサイズで表示します

口の中が、ギシギシいうほど…
煮干しがすごいです。
でも、なんだかクセになりそーな味。
他のだと、物足りなく感じてしまうかも…
クリックすると元のサイズで表示します

ドライブラストは…
私のリクエストで成田専蔵珈琲さんへ。
春のリベンジです!
クリックすると元のサイズで表示します

入口にはコーヒー豆の碑があります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

干菓子付です
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

玄関横に「藩士の珈琲」の紙芝居がありました。
北方警備のために、宗谷岬に赴任した津軽藩士に薬として函館奉行が与えたのが珈琲。
当時は命をつなぐ、大切な薬だったのです。
ここのお店の方が中心となって、宗谷公園に珈琲豆の記念碑を建てています。
クリックすると元のサイズで表示します

稚内も、珈琲の街をして何かを仕掛けても楽しいのにな。
すでにあるのかな〜

おまけ
お店の前のコーヒー豆!!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
藤田記念庭園でいただいた抹茶の干菓子は、大阪屋さんのものでした。
大阪屋さんの干菓子はSYUが大好きなので…
食べずにお土産にお持ち帰り!
かなり、喜んでいました。

主菓子も(大阪屋さん)買ったので…
帰宅後、心を込めて淹れたティ―パックの紅茶と一緒にいただきました。笑
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ