ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2007/8/29

登別熊牧場  胆振総合振興局

旅行2日目の午前は登別観光
わお〜温泉街を白いお湯の川が流れていますよ!
「クスリサンベツ川」いかにも体に良さげ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

で・・・「熊牧場」に!
行きました↓
何年ぶり?っつうか、何十年ぶり?
クリックすると元のサイズで表示します

熊牧場ロープーエイが今年50年を迎えたらしいです。
これ、昔のロープーエイ
クリックすると元のサイズで表示します

では、真っ赤なロープーエイに乗って、いざ「クマ山」へ!
クリックすると元のサイズで表示します

お===!さっそくデカ〜ィ熊が・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ん?「人のオリ」?
クリックすると元のサイズで表示します

早速入ってみます。
クリックすると元のサイズで表示します
はは〜ん、なるほど・・・熊側からみると、まるで人間がオリに入ってるような・・・
で、熊のえさを100円で買って与えてるのは、私のバスのお客様・・・最終的に熊のエサ代が¥900にもなったそうです。
それにしても、こんな至近距離でヒグマとニラメッコ!かなりの迫力!

エサをおねだり、真剣な表情・・・
クリックすると元のサイズで表示します

現在の熊のボスは「マツ」
でも・・・「マツ」を探せなかったな〜

アヒルの競争そしていましたよ!
ツアー参加最年少の2才児Mちゃんも大喜び!
クリックすると元のサイズで表示します

私も小学1年生の頃に家族で「熊牧場」を訪ねたことがあり・・・
その時の記憶がまだ頭の片隅に残ってます。
今回、北海道を訪ねてくれた子ども達の心にも、いつまでも旅の思い出として覚えてもらえたらうれしいな〜

人気ブログランキング(北海道)に参加しています
      ポチッとヨロシクネ

「sapporo100miles」にセレクトブログとして参加しています!







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/2/20  14:48

 

北海道登別市にある名湯登別温泉は1日1万トンの湧出量に加え、硫黄泉や食塩泉など
9種類もの泉質を有し、その豊富な湯量と泉質から温泉のデパートともいわれています。

その泉源となる地獄谷や大湯沼周辺には遊歩道や探勝路が整備されており、
地球の生命力を間近で 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ