ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2017/8/26

姥神大神宮祭へ  桧山振興局

タロと2人で函館に行きました。
高速バスで…
クリックすると元のサイズで表示します

着いたのはもう夕方。
ホテルに荷物を置いてひと休みし、夕食に出かけます

いつだか行ったことのある居酒屋。
一応、予約をしておいた

冷たいビールで乾杯!お刺身を…
ピカピカのニシンがおいしい〜

チラシ裏に書かれたメニューがいいでしょう
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝は、新函館北斗駅経由の路線バスで江差町へ
クリックすると元のサイズで表示します

「姥神大神宮祭」へ

クリックすると元のサイズで表示します


「ニシンのぼり」
クリックすると元のサイズで表示します

バスを降りたら、目の前をピーヒャラ笛を鳴らしながら大きな掛け声をかけ山車(やま)が通過…
大きな荷物を持ちながら(タロが)後を付いて回ります
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

370年の歴史を誇る、北海道最古の祭り「姥神大神宮祭」1度は生で見たいと思っていたの…
「江差の春は江戸にもない」といわれたほど、ニシンで賑わいをみせた江差町。
その年のニシン漁を終え、ニシン景気にわきかえる夏の江差で豊漁に感謝をして行われた祭りでした。

「姥神大神宮祭」について詳しくは江差町HPをごらん下さい(←ここ)

武者人形や能楽人形、歌舞伎人形など…13台の山車のうち、松宝丸と神功山人形は北海道の文化財に指定されています

朱塗金色金具付きの和船型「松宝丸」は、松前藩16代目藩主昌広公が命名したそうです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「神功山人形」は200年以上も前に京都でつくられた美しい能面人形…
う〜ん、UPで写真撮れませんでした…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

伊達政宗や水戸黄門、加藤清正に武田信玄、楠木正成、そして大石内蔵助…おもしろいです。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山車の追っかけを終え、いにしえ街道に戻った時に…
宿泊する旅館を見つけました。
バスを降りて、すぐのところにあったんですね…
とりあえず、部屋に荷物を置いてから遅い昼ごはんを食べにいきます
クリックすると元のサイズで表示します

「横山家」のお蕎麦は、何度も食べたので…
クリックすると元のサイズで表示します

地元の方のおすすめ「やまげん」さんへ
ところが…「今日はもう終了しました」とのこと…
クリックすると元のサイズで表示します

結局は、追分会館内のレストランで、こんなのを食べました。
タロは色々入ったお弁当
クリックすると元のサイズで表示します

私はニシン蕎麦。
冷たいのもあります…とのことでお願いしたけど…なんか違う。
ま、いいか…
クリックすると元のサイズで表示します


おまけのおまけ
追分会館前にも、ニシンが泳いでいました…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけのおまけ
旧中村家の窓ガラスに写るわたし。笑

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ