ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2018/1/23

旧花田家番屋@プレ女子旅  留萌振興局

「るもいプレミアム女子旅」2日目です
10時に出発でしたので、目覚ましを7:30にセットしました。

「おはよ〜!」
「先にごはんにする?それともお風呂にする?」って、なんとも妖しくない?朝の会話。

朝ごはんを食べてから、そのままお風呂へに行くこと決まりました。

洗面所でコンタクトを入れていたら、Eちゃんが慌てた声で言うんです
「花ちゃーーん、そういえばお風呂って8時までじゃなかった?」

え???
「そうだ!8時までだね!先に風呂だわーーーっ」
その時すでに7:35分。

超快速で、準備をして大浴場へ!
入浴者は私達だけ…なのでパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの温泉は、ピリッと熱い塩泉なので、体がすっごくあったまるんです!
時間があれば、サマーベット?でのんびりしながら〜
クリックすると元のサイズで表示します

苫前漁港を眺めてもいいかも…
せっかくの良い天気、良いお風呂でしたが、あわただしく上がります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま朝食を食べる予定が、朝食券を部屋に置いたままだったので(お互い、相手に頼りっぱなし)一度部屋に戻り会場へ

目覚めの「豊富牛乳」を、腰に手をあてていただきます!
クリックすると元のサイズで表示します

こーんなバランス良い朝食、毎日食べれたら幸せだろーな…うちの男子2人。
「オキシトシン」出まくりですね!(←ちょっと覚えたら、すぐ使いたくなる「オキシトシン」)
クリックすると元のサイズで表示します

そこへ「昨日の体験の様子、朝刊で紹介されてますよ」って…
クリックすると元のサイズで表示します

その隣の紙面には「日中合同映画」の話題も掲載されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
「とままえ温泉ふわっと」の客室名は「あや」「ひろ」「けん」「くらら」…など、人の名前なんです。ホテルが開業した年の新1年生の名前なんですって!
もし、自分の名前のお部屋があったら…
その部屋を指定して、絶対何度も泊りに行くなぁ〜
それが特別室だったら、嬉しいけれど予算が…

はいっ、妄想はこの辺でやめて出発です!。

途中、風車の羽根が回っていました
参考までに「とままえ温泉ふわっと」の名前の由来は「風(ふう)」と電力の「ワットW」をかけ合わせたもの…苫前町は風の町でもあるのです
クリックすると元のサイズで表示します

小平町に到着です。

国指定重要文化財、北海道遺産に指定されている「旧花田家番屋」の見学です。
明治38年に留萌管内1のニシン場親方、初代・花田伝作が建てた番屋で、現存するニシン番屋としては最大級のもの。最盛期には200人もの漁夫がここで寝泊りしたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

入口前に二宮金次郎風の像があり…の小学校のように見えなくもありません。
よーーく見ると、本を読んでおらずに「モッコ」(ニシンを運ぶカゴ)を背負っています。
台座には「群来る」(くきる)の文字…
春になるとニシンが押し寄せ、オスの出す白子で海水がミルク色に変わります。
そのことを「群来る」(くきる)と言うのです…

モッコでニシンを運ぶのは女・子どもの仕事なので…
この像は女性ですね。笑
クリックすると元のサイズで表示します

小平町の地域おこし協力隊・新井田政実さんに案内していただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

玄関入ってすぐ、天井を見上げると…太い梁が複雑に組まれています。
煙だし兼、明り取りです
建築の材料はすべて、地元のセン・カツラ・ナラなどの木材を使ったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します


幅広の土間を境に左が親方の住まい、右が漁夫の住まいとキッチリ分かれています。
クリックすると元のサイズで表示します

漁夫の住まいの床は板張りで、広い居間に囲炉裏が3つ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

壁に沿って、2階(段)、3階(段)に別れていて寝床になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

台所です
クリックすると元のサイズで表示します

大小の漬物樽もありました。
ニシン漬を漬けたのでしょうか…
クリックすると元のサイズで表示します

そして、食器。
クリックすると元のサイズで表示します

モッコを背負いニシンを運んでいる写真がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

実際に、モッコを背負うことができます。
意外と重たいそうですよ
クリックすると元のサイズで表示します

当時の道具類が、大切に保管されていました。
クリックすると元のサイズで表示します


続いては、親方の住まいへ「おじゃまします」
「居間」(畳敷です)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「商談の間」
クリックすると元のサイズで表示します

「仏間」
クリックすると元のサイズで表示します

「客間」
クリックすると元のサイズで表示します

そしてプレミアム!2階のお部屋を拝見させていただきました!
親方が、この部屋の窓から毎日「お〜!ニシンが来たかー」と眺めたので「おーにしんか」がなまって「鬼鹿(おにしか)」という地名になった?という、かくれ説もあるようで…?

また、親方が訪ねて来るお客さまの様子を、この窓から偵察していたという話なども…
もちろん…私ものぞいてみましたよっ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「台所」
クリックすると元のサイズで表示します

食器です
漁夫のものとは、違いますね…
クリックすると元のサイズで表示します

そして…
トイレを見て、驚きました!
見て下さい、このドア!

実は、この建物…
和洋折衷?…

「仏間」や「客間」のふすまには「金唐和紙」を使用したり、外の屋根の上にも、アンテナ(鬼の角)のようなモダンな装飾が…
クリックすると元のサイズで表示します

便器も陶器です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


もっとたくさんの人に知ってほしいですね。
小平町の宝物。


昨年実際に行われた「番屋に宿泊」する体験の他、番屋カフェ、ヨガ体験、コンサートなどなど、建物を活用した斬新なアイディア募集中です!

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、こんなポーズでパチリ!
やっぱり若い子は絵になりますね
クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
お土産に、色んなタイプに「糠にしん」を買いました。
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ