ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2019/4/13

流氷を堪能した旅  オホーツク総合振興局

ウトロの朝です。
流氷への旅、最終日。
羅臼とは違い、流氷が接岸しています…
まずは、オロンコ岩に上ってみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

途中、階段が雪のために埋もれ…テッペンにいくには想像以上に大変でした。
クリックすると元のサイズで表示します

28年前、同じ場所から写した写真をみつけましたよ^_^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夏とはまったく違う景色です。

3年前のオホーツク一人旅←クリック!

この景色、ひとりで眺めていたら…
もの哀しくなっていたかも…二人旅でヨカッタ!(A子ちゃんに感謝)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅でトイレを済ませ、お隣の「世界自然遺産センター」をチラチラ
クリックすると元のサイズで表示します

雄シカに変身してみたりもしました…
クリックすると元のサイズで表示します

この日も、特に予定がなく…
「そーだ、フレぺの滝(乙女の涙)でも見に行こうか」と、車を走らせます(A子ちゃんが)

途中、これまた淋しそうな瞳の狸が…
近づいても、まったく逃げようとしないんです。
エサがないと分かったのか…トボトボ・ヨボヨボと去っていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

滝が見える展望台まで歩きます。
雪の上を歩くのは初めてだったかも知れません…

クリックすると元のサイズで表示します

断崖絶壁が目の前に迫り…
クリックすると元のサイズで表示します

滝(涙)が、凍り付いていました…
クリックすると元のサイズで表示します

朝から、プチトレッキングをしたのでお腹が空きます。
道の駅内レストランで、知床牛のカレーライスをいただきました!
クリックすると元のサイズで表示します

午後は、A子ちゃんが流氷の上に乗れそうな場所を色々探してくれて…
念願の流氷ウオークを楽しみました!。
ウオーク…というか、乗っかってみただけですが…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ギ〜ッ、キュッ…流氷が鳴くんです。
初めて聞きました。
流氷の声を!

来てよかった!「流氷への旅」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後は「天に続く道」を下り〜
クリックすると元のサイズで表示します

途中の展望台で景色をたのしみ〜
クリックすると元のサイズで表示します

おなじみ、オホーツク海に一番近い「北浜駅」へ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タイミング良く、列車が到着するとあって…
この列車に乗る人、ここで降りる人でごったがえしています。
夏よりも賑わいをみせていました。

A子ちゃんが「乗っておいで」と言ってくれましたが…
「ううん」と私。
今思えば、やっぱり乗っておけばよかったかな〜と少し後悔。
いや、また行けばいいか…

今度は「釧網線に乗る旅」にでかけることにします^^
クリックすると元のサイズで表示します


網走です。
そろそろ空港に向かわなくちゃいけません。
揚げたて蒲鉾を車内でつまみます。
注文してから揚げてくれるのです^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、高台から網走の港を見渡し…
クリックすると元のサイズで表示します

ジェラートも食べて〜
左がA子ちゃん、ナッツ系2種
右が私で「流氷」とベリー系
クリックすると元のサイズで表示します

レンタカーを返却し、女満別空港に到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

28年ぶりの旅の再現「流氷への旅」
今度は同じコースを28年後に…
えっと、私は80才^^
その時もまた、オロンコ岩に上れるよう…今から体を鍛えておかなくちゃ!

クリックすると元のサイズで表示します

A子ちゃん、3日間運転おつかれさまでした!ありがとうございます。
また、一緒に旅しましょうね^^

おまけ
女満別空港で購入したお土産

北見銘菓「熊のまくら」
北海道産小麦と黒糖で作った一口大ドーナツ。
どこか懐かしい味〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ