ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2019/8/29

いちばん高い温泉へ  十勝総合振興局

ここまで来たら…
北海道で一番高い温泉に入ってみたいのよね…
高いって、ほら…料金じゃなくて、標高の高いところにある温泉!!

ということで、北海道で一番高い三国峠をかわし、行ってきました「大雪高原温泉」へ

石狩川源流部、1260mの高原に湧く温泉です。

まだ、山には雪渓が…
ちょうど、紅白の矢印の下あたりです。わかりますか?
クリックすると元のサイズで表示します

地図を見たら、国道と分かれてけっこうすぐ…
看板にも、国道から林道?(砂利)に入り10キロとありました。

すぐに着くものだと思っていましたが…
全然着きません。
なぜなら、細い砂利道だから…
車は、ものすごい勢いでジャンプしながら奥へ進みます。
ここで水なんか飲んでしまうと、間違いなく誤飲します…命にかかわります。
途中、対向車が来るとお互いに道を譲り合いながら…30分程走るとようやく1軒の宿が見えてきました。

ところが「どこから?」ってくらい、車がいっぱい!

クリックすると元のサイズで表示します

「日本秘湯を守る会」会員宿だから人気があるのかしら?
クリックすると元のサイズで表示します

中へ入ります。「ごめーんくーださーーい」(誰もいない)
券売機で入浴券を購入。
お得な昼食セット券もありましたが、このあと食べたいものがあったので我慢。
クリックすると元のサイズで表示します

たくさん車が止まっていたのに…
どこにも人がいません…
「すみませーーん」と叫ぶと、奥の方から笑顔のお姉さんが…
入浴券を缶の中にいれます。
クリックすると元のサイズで表示します

いざ、入浴!
あれ?やっぱり人がいません。
「なんでだろ?」と思いながら、のーんびりちゃぷちゃぷ…
熊の口から、豊富にお湯が流れています。
クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂もあります(男女別)
日差しが強くて、入口にある笠をかぶりちゃぷちゃぷ…
硫黄泉のいいお湯です。
クリックすると元のサイズで表示します

熱々のお湯が、じゃんじゃん流れています。
クリックすると元のサイズで表示します

大雪の山の中ですから、もちろん熊がいます^^
クリックすると元のサイズで表示します

隣には「ひぐま情報館」
チョコっとのぞきます。
毎日のように、この周辺…出ているようです。

沼めぐりのコースがあるんですが…
熊には要注意です。

あ、そっか…
ここに止めてる車の主は、登山や沼めぐりを楽しんでいるのですね。
来月の紅葉シーズンには、宿もほぼ満室のようです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

気になったのが「秘湯ビール」
宿泊する機会があれば、味わってみたいなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

さて、来た道を引き返します。
上士幌町で昼ごはん、と考えていましたが…
もう13時すぎ。

十勝三股にある「三股山荘」も寄ってみたいカフェのひとつでした。
当初はコーヒータイムだけの予定でしたが「お昼にしようか?」と…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

E美ちゃんはカレーライス
クリックすると元のサイズで表示します

私はプレートランチ
ニセコなんとかさんのソーセージと、音更町「あさねぼうのベッカライ」さんのイギリスパン。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、コーシーをセットで^^
クリックすると元のサイズで表示します

建物横にあった「とかちみつまた」の駅看板。
ここは、士幌線の終着駅があったところ
クリックすると元のサイズで表示します

裏には廃線跡地…
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
元気のみなもと

千疋屋さんのぶどうグミ…
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ