ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/6/29

利尻に行ってきました  宗谷総合振興局

利尻島に行ってきました。
お客様はグループホームの方々と保護者です。
空知管内の、とある町を出発!トイレがある所はなるべく停車するので、なかなか稚内には着きません。それでも、花子が何かを話す毎に拍手喝采!歌をワンフレーズ唄うと続けて大合唱になり、バスの中は盛り上がる。
バスツアーにつき物の『決められた出発時間』は無し!
だから、花子も一緒にお客様と楽しんだ!
休憩地では一緒にソフトクリームを食べて、きれいな景色では写真を撮って・・・宗谷岬では、モチロン♪流氷と〜けてぇ春風吹いて〜ぇ・・・と全員で大きな声で歌った。

1日目の稚内の旅館では、テーブルに並びきれない程のご馳走が次々と運ばれてくる。ご飯を8膳も御代わりして、周りを沸かせたKさん。
毎日、全国各地の天気予報を詳しく調べてきては、報告してくれるMさん。一番後ろの席で手を振ってくれるSさん。「寝るのがもったいない。絶対に寝ない!」と言って、花子のつたない案内につきあってくれました。

残念だったのは、ずっとハッキリしない天気で利尻富士が見えなかったこと。2日目、島内を一周して沓形港から宿に向かっている時に、それまでどんよりしていた雲が切れ、スパ〜ッと利尻富士の雄姿が現れた。バスの中は割れんばかりの拍手がしばらく続いた。花子も感動した・・・♪山高くして夢があり 山高くして唄がある ここさいはての利尻よ礼文 君を訪ねて姫沼悲し 我ら島を愛して旅をゆく・・・自然に歌が口から出た。久しぶりの島・・・最初は正直、ユウウツだったけど、心から来て良かったと思った。

最終日、旅の感想を語ってもらった。自閉症のHさんのお母さん「Hの楽しそうな顔をみてうれしいです。本当に来て良かった」。ダウン症のOさんのお父さん「30年振りの利尻でした。初めての親子三人揃っての旅行で・・・」と声にならなかった。

きれいな笑顔をありがとう。
きれいな心をありがとう。
きれいな言葉をありがとう。
きれいな歌声ありがとう。
きれいな思い出ありがとう。

皆さんにお会いして、飾らずに素直な心でいることの大切さを教えられました。よ〜し!もっと人間らしく生きよ〜っと!
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ