ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2008/10/26

鐘崎ベルファクトリー@仙台  東北そぞろ

仙台に着いた頃はもう薄暗くなっていました
最後の見学は「鐘崎ベルファクトリー」です
有名なかまぼこ屋さん・・・
やっぱり、仙台といえば笹かまぼこですものね。
北海道blogランキングへ参加しています

試食も充実していてチーズ、豆腐、海苔、わさび、牛タン入りなど色んなかまぼこをつまめます。
クリックすると元のサイズで表示します

また、ミニ工場もありかまぼこが出来る工程を見ることが出来ます
クリックすると元のサイズで表示します

パッケージや館内の随所におおば比呂志さんのイラストが・・・
ほのぼの〜
クリックすると元のサイズで表示します

これは、乗務員の試食用に頂きました(全部SYUが食べました)
クリックすると元のサイズで表示します


すぐお隣には「七夕館」があります
すごい、迫力!
クリックすると元のサイズで表示します
♪笹の葉さーらさらーーー
の歌声がずっと流れています

私も短冊に願い事を書きましたよ
クリックすると元のサイズで表示します

さーーー、かまぼこを購入したあとは・・・
なんと、大型ショッピングセンターで夕食などの買出し?をしてフェリーターミナルへ
お客様が「これ、口に合うかわからないけど」と焼肉弁当を持たせてくれました。
ありがたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

「きそ」に乗船です

北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/26

姉と再会@山寺(立石寺)  東北そぞろ

昼食はフリー食「米の粉の滝ドライブイン」にて
クリックすると元のサイズで表示します

乗務員はラーメンを・・・
クリックすると元のサイズで表示します
麺が平麺のちぢれ・・・
んーーーー、びみょーな味です
昔風とも違う味・・・

ラーメンはやっぱり札幌ですね〜

北海道blogランキングへ参加しています

売店に行ってみると、お客様は月山ワインを試飲しています
「いやーーー、んめーんめー、花ちゃんも飲んだら良い。なんもアルコールなんて入ってないから!ジュースと一緒だ、これ」

んーーー、でもワインですから・・・
クリックすると元のサイズで表示します

花子「旧道の古いトンネルでワインの貯蔵をしているとか・・・
山葡萄を原料に生産量10万本。味の良さと生産量の少ないところから人気があり幻のワインと呼ばれているそうですよ!」

もちろん、ワインも買っていましたよ!

ドライブインの裏手には「米の粉の滝」
高さ40m。落下する水が米の粉のようにみえる・・・のだそうです
紅葉が見ごろです
クリックすると元のサイズで表示します

ここから、紅葉が見事な六十里越街道です。
お茶とおしぼりサービスで休憩します

ところが、元気いっぱいなお客様。
車窓から周りの景色を見ては、紅葉の美しいところで拍手拍手拍手
案内のし甲斐のある、ほんとうに良いお客様に恵まれました。

クリックすると元のサイズで表示します

月山ICから「寒河江ダム」(月山湖)
クリックすると元のサイズで表示します

さくらんぼの看板がかわいい!
クリックすると元のサイズで表示します

北海道blogランキングへ参加しています

山形北ICで高速道路を降りると・・・20分程で山寺(立石寺)です
山寺というと芭蕉の「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」の・・・

Wおねぇさんがコピーしてくれた立石寺の地図を元に、お寺や歩き方の案内に入ります。
ここは是非1015段の石段を登って景色を見てきてほしいと添乗員さんの案内にも熱が入っています。
「途中、動けなくなったら僕がおんぶします」
即、わたし・・・「あの・・・歩けません」(無視されました)

実は、ここに米沢から姉が会いに来てくれました。
到着間際にお客様にお話すると「良かったねー、ゆっくり話しなさい」と・・・(涙)
駐車場に着くと、姉がいました!

お客様「あれ?おねぇさんの方が妹みたいだね」
私「あの・・・もうバスには乗せません」

ということで、添乗員さんが五大堂まで案内してくれるとのことで、私はお言葉に甘え、お客様を山門まで誘導すると姉とのひと時を楽しませてもらったのです。

花子「お客様、せめて芭蕉の”せみ塚”までは頑張って歩いてきてくださいね。歩いたあとは美味しい”円仁さん”(おまんじゅう)もありますからね。いってらっしゃいませーーー」


お兄さんの運転する車で少し離れた松尾芭蕉記念館の向かいのカフェに移動
ここで1時間くらいおしゃべりです
クリックすると元のサイズで表示します
お兄さんが頼んだ「珈琲と季節の和菓子」(和菓子品切れのため円仁さんに変更)

クリックすると元のサイズで表示します
姉が頼んだ季節限定「ごまパフェ」

クリックすると元のサイズで表示します
私が頼んだ「翡翠のなんとか」(冷たい抹茶の中にアイスとあんこ)

楽しい時間って、あっという間に過ぎるのね・・・


姉に円仁さんを買ってもらって駐車場に行きました


あ・・・シベールのラスクをドライバーさんと私のお土産に・・・
そして、出発間際にテイッシュに包んだ一万円札をくれたんです。
なんだか、が出そうになりました・・・
(帰ってから、母と半分こにしました)

お客様は最後まで言ってます
「やーーー、おねぇさんの方が妹みたいだ」

そして姉には「いやーーー、このガイドさんよーーくしゃべるんだ」

はいはい・・・

姉に買ってもらった円仁まんじゅう
クリックすると元のサイズで表示します

中は草もちに品のいいあんこ
クリックすると元のサイズで表示します

天皇皇后両陛下献上銘菓です
クリックすると元のサイズで表示します

姉に手を振り、高速道路で一気に仙台へ!
最後にかまぼこを買ってまたまたフェリーです

北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/26

庄内観光物産館〜羽黒山  東北そぞろ



あっという間に朝です。
なにやら、お客様と添乗員さんとの間でモメ事が・・・

座席割りで・・・
昨日も後ろだった団体様がまた後ろだったとのことで・・・
ガタガタしています・・・

みんな後ろの席がいいと思っていたんですが・・・
「なぜ前にしない!」とすごい剣幕です・・・

関わりたくないので、落ち着くまでバスを降りていました
なんとか平和的に治まったようなので発車オーライです(こんなこと初めてだわ・・)

北海道blogランキングへ参加しています

こうなったら、車内を和ませていかなくては・・・
ほら、(前記の)スッピンの話をしたり・・・
以前、お客様と同宿の時にやはりお風呂でバッタリ会って・・・
「あらーーーガイドさん」と、お客様・・・
普通は桶で上か下かの大事なところを真っ先に隠すのに・・・そのときのお客様は真ん中のお腹を隠して大事なところは丸見えだった話とか・・・
まずは、笑いから・・・

そうこうしているうちに沿道に柿の木が・・・
「いやーーー、手〜のばしたらもげそうだね」って!
いつもの穏やかな雰囲気に!(ホッ)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
花子「庄内柿はまさしく今が旬です。平型で種もなく食べやすく上品な甘さで人気があります。他の柿よりもビタミンAとCが豊富なのですよ。特にビタミンCは1個に一日の成人の摂取量が含まれています。みかんなら4個、レモンなら5個食べないと一日分の摂取量にはならないそうです」

レモンと言ったら、すっぱい顔をするお客様
「へーーーーーっ」と・・・
どんなことにも反応してくれるお客様、大好きです!

クリックすると元のサイズで表示します
あっという間に「庄内観光物産館」に到着!
買い物好きなお客様ですから、庄内柿も箱買いしていましたよ!

入口の「だだちゃ豆ジェラート」気になったけど
ほら、私お腹弱いでしょう。まさか山形ではトイレは止めれないだろうと思って我慢
クリックすると元のサイズで表示します

ここは土産物屋・・・
山形名物、色々ありましたよ!
なつかしい「からからせんべい」
クリックすると元のサイズで表示します

おせんべいの中に1個1個おまけ?が入ってるの。
クリックすると元のサイズで表示します

私はここで、茶道をしている義父さんに「もろこし」を買いました
クリックすると元のサイズで表示します

おーーーーー!
これは!「どん兵衛いも煮うどん」
食べてみたかったけど・・・かさばるからやめた
クリックすると元のサイズで表示します

北海道blogランキングへ参加しています

買い物の時間は瞬く間に過ぎて・・・
いよいよ羽黒山(三神合祭殿)へ向けてバスは出発です

途中、沿道に鶴岡公園のお堀が見えてきました
「本丸跡にある庄内神社がキムタクの「武士の一分」の舞台です」なんて話をすると、「あーーー見た見た!」と。
藤沢周平の話をしたり、またまた芭蕉の話をしているうちに赤川を渡り羽黒町へ

おーーー
目の前に赤い大きな鳥居が!
「みなさま、いよいよここから御神域に入ります」
左手、緑の屋根の建物は「玉川寺」でございます

あれ????
緑の屋根の建物の前を通ると・・・
大きく「羽黒高等学校」の看板が・・・

あ・・・間違えました。すみません

車内、大爆笑
「いいぞ、なんぼ間違えてもいいぞ!どうせ、何言われても俺だちわかんないし」

ありがたい・・・
でも、そーゆー問題でないし・・・

気を取り直して・・・
有料道路を通り、山頂の駐車場へ向かいます。

うわーーー、見事な杉並木
函館山登山道路を思い出しました(カーブも狭さも山の高さもそう変わりません)
クリックすると元のサイズで表示します

羽黒山三神合祭殿の案内を終えて、
花子「ここで参拝を終えたあと、2446段の階段を下ると国宝五重塔へ行けますが・・・」
お客様「(口をそろえて)いやーーー、行かない行かない。もう何十回も行ってるから」

そもそも50分の時間配分じゃ、五重塔までは無理・・・だな・・・

「今から1400年程前、推古天皇の時代に蜂子皇子により開山されたと伝えられています。蜂子皇子は父である帝が曽我氏により暗殺されたので難を逃れて出羽の国に入り、三本足の烏に導かれて羽黒山に登り、難行苦行の末に神様のお姿を拝すことが出来、三山を開かれたと伝えられております」

そのとき、どこからか
「ぽにょ」「ぽにょ」の鳴き声が・・・
売店の方に聞くと烏(カラス)でした!
おもしろーーーーい

ま、羽黒山、月山、湯殿山・・・三つの山に行かなくても、ここが三つの山の神を合同でまつっているとのこと。便利ですね。

三本足のカラス・・・だから羽が黒いで羽黒山なのかなーーー?
蜂子皇子の墓もありました
クリックすると元のサイズで表示します

ここでも、お客様は玉こんにゃくを食べたり、お土産を買うのに忙しい様子
私も、シソ巻き(おばこ巻き)を買いました!
クリックすると元のサイズで表示します

休憩地ごとに缶コーヒーや、オロナミンCやドリンクを買ってきてくれるお客様
ありがたいことです。
私はなるべくその場で頂くことにしています
クリックすると元のサイズで表示します
チオビタ飲んで、がんばるぞーーーー

北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/25

湯野浜温泉に到着!  東北そぞろ

この日最後の見学は「初孫酒造」です
舟下りで時間が30分くらい押していて・・・
添乗員さんが電話をして営業時間を30分延長して待っていてもらいました

北海道blogランキングへ参加しています

お酒大好きなお客様は大喜びです
クリックすると元のサイズで表示します

「花ちゃんも飲みなさい」って・・・
この辺りから「ちゃん付け」です
まさか・・・飲めないし・・・

クリックすると元のサイズで表示します
北海道のお客様は律儀です・・・
レジには長蛇の列
皆さん、ちゃんとお土産にお酒や漬物なんかを買っていましたよ。

さ、あとは20分も走れば宿です
ようやく動かない布団で寝られます

花子「皆様、千鳥足でお帰りなさいませ。あらら?少しの間にずいぶん日焼けしたようで・・・
がはは!がはは!

北海道と比較すると、ほんとに狭い国道を松並木を眺めながら湯野浜温泉に向かっています

添乗員さんの宿案内が始まりました。

くらーーーい国道沿いに派手なラブホがやたらと目につきます
お客様もそっちの方が気になるみたいで・・・

ついつい添乗員さんも
「残念ながらそちらの宿ではありません・・・」

またまた車内、大爆笑!!

クリックすると元のサイズで表示します
華夕美「日本海」
ホテルのシンボルマークはハマナス・・・
女将さんは旭川出身・・・
で、レストランでは「木古内フェア」

そう、明治20年頃道南(私の故郷)木古内町に鶴岡から開拓に入りした縁がありました。伯母は木古内の鶴岡にすんでいます

で、食材の海産物は木古内産でした!
なんだか、二重でうれしい!
クリックすると元のサイズで表示します

乗務員もお客様と同じ宿に泊まれるのがうれしかった!
クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと、お客様扱いされるのもうれしい!
クリックすると元のサイズで表示します

さすが山形!こんにゃく蕎麦!
クリックすると元のサイズで表示します

うふふ
食後のデザート・・・てんこ盛り!
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんを食べたら早めにお風呂に入って寝ます
お風呂に行ったら脱衣場でお客様(おばあちゃま)3人に会いました

「あらーーーーららららーーーー、花子さん(名前で呼んでくれます)化粧しないほうが可愛いわーーーーー」
なんて言ってくれます(うれしい・・・でも老眼だと思うから・・・

あまりうれしいから、冷たいお茶をくんであげました。

そして翌朝の挨拶で話したの・・・
花子「昨夜、お風呂で数名のお客様にお会いしまして・・・お化粧をしない方が可愛いだなんて言ってくださったので、今日はよほどスッピンで来ようかしら?と思ったのですが・・・男性の方の健康を害する恐れがありますので止めておきました

大爆笑です・・・

おやすみなさい!
クリックすると元のサイズで表示します

北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/25

人形の館?@山居倉庫  東北そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します
山居倉庫の散策です。
新井田川の岸辺に米を貯蔵するための倉庫が立ち並んでいます
本間家の財力により旧藩主酒井家が徳川時代に培った技術のすべてを投入し明治22年、酒田米穀取引所付属倉庫として建てられたもの

クリックすると元のサイズで表示します
倉庫西側にケヤキの大木を植えて夏の高温を防ぎ、屋根を二重にしたりと様々な工夫をして高温と湿気からお米を守る天然の低温倉庫

現在も1万5千トンものお米を貯蔵出来るという現役倉庫だ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

北海道blogランキングへ参加しています

クリックすると元のサイズで表示します12棟のうち1棟は「庄内米歴史資料館」

クリックすると元のサイズで表示します
日本の米の歴史を学ぶことが出来ます。

またテレビドラマ「おしん」で、おしんが2度目に奉公に出された先が酒田の米問屋加賀屋・・・そのモデルとなったのが豪商鐙屋(江戸時代、酒田を代表する回船問屋)

入口にはおしんの像が・・・
クリックすると元のサイズで表示します

今回は時間の関係で鐙屋さんや、本間家には立ち寄れなかったけれど次回はゆっくりと酒田市内観光を楽しみたいと思いました。

また、もう1棟の建物が「夢の倶楽」という名前で売店になっていました。
人形師辻村寿三郎さんの作品展示会も開催中でした。

売店でみつけたよ!
はい・・・「おしん人形」
眉間にしわ・・・ちょっと怖い・・・
クリックすると元のサイズで表示します

そして・・・多分我が家にも幼少の頃あったな〜
これ、酒田のものだったったんだ・・・
もっと怖い・・・
クリックすると元のサイズで表示します

あ・・・これも「おしん」かい?
ちょっとめんこくなった・・・
クリックすると元のサイズで表示します

最後に、こんなお菓子を(中身はクッキーです)
日本一短い会話だそうです(方言)
「け〜」(食べなさい)「く〜」(食べます)これは、日清の地方CMで紹介されているとか(笑)

「け〜」(食べなさい)「め〜」(うめ〜おいしい)
は、紹介したことあるんですけどね

「どさ」(どこに行くの)「ゆさ」(お湯、銭湯に行くの)は有名ですよね

バスの中で案内したときには、なまり炸裂のお客様にかなりウケテいました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

さ、この後はいよいよ酒蔵へ出かけます!

北海道blogランキングへ参加しています

クリックすると元のサイズで表示します
山居倉庫はJR東日本「大人の休日倶楽部」のCMやポスターでも紹介されています
私も吉永小百合さんになりきって、ケヤキ並木を歩いてみました!

クリックすると元のサイズで表示します

2008/10/25

TVで話題の・・・  東北そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ですって・・・
最上川リバーポートのレストランで食べることが出来ます
でも・・・遠慮したい・・・

本州のお客様が「ラム肉カレー」「とど肉カレー」「エゾ鹿肉カレー」と聞いて、一瞬顔を曇らせる・・・意味がわかったよーな気がする。
シンプル一番!

でも、芋煮カレーなら食べてみたいな〜
だって、ビーフカレーだもんね!
けど・・・里芋にこんにゃく入りか〜〜〜

北海道blogランキングへ参加しています

舟下り名物「味噌まんじゅう」
30年続く味!
クリックすると元のサイズで表示します

試食も沢山出ています
クリックすると元のサイズで表示します

私はここで新庄名物「くじら餅」を買いました
元来は保存食・・・なので漢字では「久持良餅」と書きます
これ、硬くなったら軽く焼いて食べても美味しいの・・・
昔、米沢の姉のところに遊びに行った時に買って、気に入ったから!
今回買ったのはすんごくやわらかい!
黒糖くるみ入りを買いました
クリックすると元のサイズで表示します
早速切り分けて食べたんだけど・・・
あ・・・なんだか写真・・・ブレブレで・・・
あやしい物体に見えなくも無い?

消費税を負けてくれて、くるみゆべしもおまけに付けてくれました!
(ありがとうございます)

クリックすると元のサイズで表示します
あ・・・
ありました!
東北限定さくらんぼとラ・フランスのハイチュー(ぷっちょもありましたよ)

SYUのお土産に・・・
この日、宿泊した宿の抽選会で500円分の館内買い物券が当たったので、売店でハイチュー5個入り(630円)を130円で買いました(ラッキー

クリックすると元のサイズで表示します
入口前に「芭蕉丸」
「五月雨を あつめて早し 最上川」 松尾芭蕉

また草薙温泉街裏手には、明治24年芭蕉の足跡をたどり旅した正岡子規の碑が・・・
「朝霧や 船頭うたう 最上川」

そろそろ、お客様のお帰りです!
クリックすると元のサイズで表示します

この後は酒田観光へ

北海道blogランキングへ参加しています

いやーーー
15時間半もフェリーでゆられて、さらに1時間屋形船・・・
よほど船が好き???

2008/10/25

最上川リバーポート(草薙)  東北そぞろ

花子「船頭さんのなまり炸裂トークと船歌、楽しんできてくださいねーーーでは、いってらっしゃいませーーー」

お客様は、戸沢藩船番所をイメージして作られたという趣のある建物(古口船乗り場)に入っていく。
クリックすると元のサイズで表示します
私達も、車を止めて中を見学

北海道blogランキングへ参加しています

おーーー、さっそく入ってすぐの所に「庄内柿」と「ラ・フランス」が!

クリックすると元のサイズで表示します

あれ〜?どこかなつかしい〜匂いが・・・あった!スルメのダシで煮た「玉こんにゃく」
クリックすると元のサイズで表示します

花子「売店には船頭さんとおんなじ編み笠が売っています。日よけ、風除け、家に持ち帰れば記念にもなりますよーーー」
とは、言ったものの・・・
本当に、皆さん・・・編み笠を買って帰ってきていました
クリックすると元のサイズで表示します

12キロ、およそ1時間の船下り
お客様は「ガイドさんも行こうーーー、なんも一緒に行けばいい」って声を掛けてくれましたが・・・
添乗員さんともドライバーさんとも目が合いませんでした(↓)ので・・・
草薙まで回送です・・・

回送中、船下りの様子が車窓から見えます!
クリックすると元のサイズで表示します

15分ほど走ったら・・・
見えました最上川リバーポートが!(下船場)
近代的な建物です(でも、中は昭和でした)
クリックすると元のサイズで表示します
私たちも、ここでお昼ごはんを食べます!
もちろん、乗務員食・・・
たしか・・・
カレー(カツも)、ラーメン、そばの中から好きなもの?

で、山菜そばにしました。
途中、村山そば街道の話をしてきた時から、そばが食べたくて食べたくて・・・
しかも、朝に味噌汁の汁とおかゆを3口くらいすすっただけだったので、いきなりカツカレーは重たいし・・・

山菜そば・・・
お世辞抜きでなんまらおいしかったです。
麺が、黒くて手打ちっぽかった(細さがばらばらなの)
クリックすると元のサイズで表示します

は〜〜〜〜
生き返った〜〜〜〜〜

またまた、元気が出てきてこの後、売店をうろうろしました!

あ・・・駐車場でみつけたバス!
ホルンの写真が!
吹奏楽部でホルンを担当するSYUのためにパチリ!
「このバス、いいね!最高だね!」だって


北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/24

仙台港〜古口(最上川舟下り)  東北そぞろ

フェリーでは、夜中にドーーンドーーンっていう波にぶつかる音で何度か目が覚めて
寝てる分にはいいのだけれど、起き上がるとめまいが激しくて・・・

一応、運転手さんと8時半に朝食を食べにいく約束してて
でも、起き上がれなくて・・・
「ごはん無理」と電話しようと思ったけど電話がつながらず・・・
仕方が無いから8時半に起きて、どこ洗ったかわかんないけど一応顔を洗って
化粧して・・・?制服に着替えて・・・
(あとで、Nちゃんに「いやーー15分で顔洗って化粧したさ」って電話で話したら「いつもでしょう」と言われた

そしたら8時半にドアがドンドンなった。
運転手さんが迎えに来た
「大丈夫かぁ〜〜〜」
「いんや・・・大丈夫でないから・・・」
とかいいながらレストランに向かう

バイキングでウインナーを取る人の気持ちがわからず・・・
でも何か食べないとなーーーと・・・
味噌汁の汁とおかゆをズズズーーーーッと流し込む
あ・・・
なんだか、少しスッキリする。

で、下船の30分前にバスに行き、いよいよ仕事の準備
バスに乗ってから、運転手さん
「いやーーーー具合悪い」と、うなだれている

私は、どーゆー訳だかバスに乗ったら頭の中がスッキリ!
元気回復!

北海道blogランキングへ参加しています

さーーーいよいよ出発です
クリックすると元のサイズで表示します

お客様は高齢者が多かったのですが・・・
皆さん、すでにターミナル玄関前でバスが来るのを待っています。
バスが着くと我先にと乗車してきて、添乗員さんもタジタジです。
なんと・・・47名+1名(添乗員)で満員御礼です(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
早速、仙台港北ICから高速道路を走行です

緊張しながらも挨拶をして・・・
何度も同じようなコースで旅してるリピーターが多いとのことでしたので
「初めてですので心臓がばふらめいてます。もし案内する内容や景色が違ったら”ちがうよ”と教えて下さい。そして、あんまり質問はしないで下さい」と・・・
お客様、暖かい拍手を下さった。

東根ICまで高速を走行し最上川舟下りまで・・・
2時間半はかかるかな?「時間的な感覚ですと新千歳〜旭山動物園に行くようなもんです」というと納得していました。
仙台港を出発したのが10時半・・・遅い昼食になります(屋形舟でお弁当)

笹谷トンネルの中でお待ちかね「山形県」の管轄です
ガイド「さーーーみなさま、山形県に入りましたら拍手をお願いします」

お客様・・・そわそわ前を覗き込む様子・・・
3キロもあるのか・・・長いトンネルだな・・・とか会話が聞こえてくる

そのうちに「お!!!山形さ来たぞ!」(お客さん、みなさんかなりのナマリです)
パチパチパチパチ!!!
盛大な拍手が!!!湧き上がる

途中、蔵王PAでトイレ休憩を取ります
クリックすると元のサイズで表示します

お客様1「いやーーー、ここはトイレしかないんだな〜。ガイドさん、次とまるところにお酒あるかい?」
私「すみません、私、来たことないんでわかりません」(汗)
がははは

お客様2「ほら、舟に乗ったら途中でコンビにあるらしいぞ」と、ガイドブックのコピーを見せる(念入りに勉強してきている・・・汗)

私「いやーーー、屋形舟といえばお酒はつき物ですからね〜。お酒は大事ですからね〜」

お客様多数「そうだ!そうだ!」

添乗員「今、電話で確認しました。古口(乗船場)にお酒は売ってるそうですよ」

あーーー良かった!良かった!

がはは!がはは!

まるで貸切バスのような雰囲気・・・
クリックすると元のサイズで表示します

高速道路を降りるとお客様の方を向いて普通に案内をしていきます
やがて紅花と花笠踊りの尾花沢を通り新庄へ

ガイド「まもなく入る町が新庄市です。ここに住む人々の歯はどなたも真っ白だそうです」
うける・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します

尾花沢では徳良ダムの話をして、いよいよ「花笠音頭」を唄う

伴奏と合いの手はお客様・・・
すんごいノリノリだ・・・
どんな元気な修学旅行生にも負けていないくらいに元気がいいお客様・・・

花の山形 紅葉の天童 雪をながむる 尾花沢

おらが在所へ 来て見やしゃんせ 米のなる木が おじぎする

朝の六時から 弁当箱下げて 徳良通いは 楽じゃない

ついて固めて でかした堤 水ももらさぬ 深い中

ハァ〜
ヤッショウ マカショウ シャンシャンシャン


ここから、全員で!

めでためでたーーの 若松様よーー枝も (チョイチョイ)栄えて 葉も茂るーー

やがて、最上川が見えてくる
そろそろ、最上川と芭蕉、舟下りの案内・・・
クリックすると元のサイズで表示します

では、皆様が降車したあと、バスは舟の下船場「草薙」まで回送をしますので車内にお忘れ物のございませんよう必要なものはすべて持って降りてください。尚、屋形舟の中で回送中○○バスを見つけたら、黄色いハンカチを大きく振ってくださいね!

車内、大爆笑(夕張から参加の団体様もいらっしゃいました)

よっこらせ
よっこいしょ
(よっこいしょういち)は、さすがにいなかった・・・

とバスを降りながら、古口の乗船場へ出かけていきました。

北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/24

太平洋フェリー「いしかり」  東北そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します
太平洋フェリー「いしかり」で仙台まで

北海道blogランキングへ参加しています

いきなりついた仕事・・・
行き先が「山形」と聞いて飛びついた
だって、姉がいるから・・・
会えるかどうかわからないけれど
休みは一日しかない

その前には修学旅行が入ってるし
一応、旅先に山形の原稿を持っていくが
切羽詰らないとやる気が起きない性格のため
宿泊先3人部屋で「ごめんね、勉強するから遅くまで起きてるから・・・」といいながら、一番最初(しかも22時とかに)寝てるし

そこで一緒だったNちゃんが昔、東北でガイドしてたことがあると聞いて「花笠音頭」を教えてもらい(私・・・♪ヤッショウ マカショウ シャンシャンシャンの合いの手?が上手いそうで)随時、メールで山形県情報を送信してくれた

会社では何度も東北を走ったことのある大先輩のNさんとWさんは、主に下車箇所のコピーを用意してくれたり観光地のパンフレットを持たせてくれた

ほんとにありがたい

というわけで・・・
早速、部屋の鍵をもらい部屋に入る(1等)
クリックすると元のサイズで表示します

洗面所&トイレ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

Nちゃんのアドバイス通りに船が動く前に夕食を食べに行く。バイキング
クリックすると元のサイズで表示します

結構、豪華です
クリックすると元のサイズで表示します

船長さんになりきって写真を写したり
クリックすると元のサイズで表示します

ゲームコーナーもありますが
クリックすると元のサイズで表示します

そんな楽しんでる余裕はありません

早くお風呂に入って寝ないと・・・船に酔います
あ・・・もう船が動き出しました

大浴場の湯船のお湯が、ザブンザブーーンとかなり波打ってます

少し勉強しようと思ったものの
無理です
目がまわります

寝るのが先決!
即、おやすみなさい・・・
クリックすると元のサイズで表示します

さて・・・
どんな旅になるのでしょうか・・・

北海道blogランキングへ参加しています

2008/10/20

遠くへ出張  東北そぞろ

おはようございます
今日から遠ーーーーくに仕事に出かけます。

まだ、一度も仕事では行ったことのない土地なのでドキドキしますが・・・
頑張ります!

ネタ帳も作りました(笑)
久しぶりに1年生のように勉強をしましたよ!

どうか、楽しく無事に仕事が終わりますように・・・

北海道blogランキングへ参加しています

そうだ・・・
この前、甲子園常連校の修学旅行を走りました。
生徒さんたち、すごく明るくてたのしい!
バスの中で応援歌を唄いながら、一緒にチアガールの踊りを踊りました(大量の汗)

男子が4人しかいなくて・・・
「おねぇさんキレイ、超キレイ」と言ってくれたので(というか・・・言わせたというか・・・)⇒ノリの良いクラスだから・・・

「いやーーー、うれしいわーーーあんまりうれしいからチューしてあげる」と言っても・・・本気にしてもらえませんでした(悲しい)
女子・・・やきもちやけよ!と思ったけど無理でした・・・
爆笑でした・・・
「えーーーー」とか言ってくれると思ったのに・・・
先生まで笑ってます

そーゆー年なんだ・・・と、こんなところで自覚しました↓

終わり。

あ、野球部顧問の先生が私のバスに乗ってました。
来年の春、甲子園出場が決まったら「祝電と差し入れ」を贈ることになっています
「いやーーー、春は無理かな・・・夏に期待・・・」と言ったので
「いんや、あきらめはダメです!春、がんばってください」とエール?を送りました!
がんばれーーーーー!

うふふ、仕事でキロロに泊まりました。
夜はキロロタウンの好きな店で夕食が食べれます

おたる政寿司に行きました。

Yちゃんが頼んだ「イカソーメンと握りセット」ドリンク1杯付き
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

Nちゃんが頼んだ「握りといくら丼セット」
クリックすると元のサイズで表示します
このいくら丼、すごくおいしそうーーーー
クリックすると元のサイズで表示します

じゃーーーん!
私が頼んだ「握り11貫」
クリックすると元のサイズで表示します

大トロです〜
クリックすると元のサイズで表示します

ボタンえびと、みその軍艦
クリックすると元のサイズで表示します

そして「蟹汁」のサービス!
毛蟹の身がびっしり!
クリックすると元のサイズで表示します

女性従業員の接客は、ハキハキ、笑顔、機敏でとても参考になったし
大将もおもしろく、場をなごませてくれる。

一週間前にもここに行き、カウンター席でいただいたのですが・・・
「あ、32歳の・・・」とちゃんと覚えてくれていました!

また、キロロに仕事つかないかなーーーー
今度はプライベートで行くか〜

クリックすると元のサイズで表示します
おたる政寿司キロロ店


では
海を渡ってきます!

北海道blogランキングへ参加しています



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ