ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2009/8/9

江差追分他・・・  桧山振興局

クリックすると元のサイズで表示します
急ぎ足で「追分会館」に戻る

この日の出演は、なんと!昨年の江差追分優勝者、安澤望さん
たしか、昨年、ブログで紹介した20代の女性です!
クリックすると元のサイズで表示します

会場に入ると
あれ?お客さんがまばら・・・
それもそのはず・・・
うちのお客様も総勢9名だし・・・
この日は平日だし・・・
観光バスも昼食会場(横山家)に3台しかいなかった・・・
クリックすると元のサイズで表示します

江差追分は「前歌」「本歌」「後歌」に別れていて・・・
中でも「本歌」が大会で唄われており、最も有名

カモメのなく音に ふと目をさまし
あれが蝦夷地の 山かいな


北陸の下級武士や農家の三男、四男が貧しさから脱却すべく蝦夷地に夢を持って北前船でやってきた。
ある朝、ふと目をさますと山が見えた
「あ〜蝦夷地に来てしまった。何が何でもここで生きていくしかない」と、故郷に残した父、母、愛する人を思った詩・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
三味線に、哀愁を帯びた低く落ち着いた良く通る声
それを追う尺八の音
「ヤンサノエー」

やっぱり、涙なしでは聞けない「江差追分」

今年も9月18〜20日の3日間、第47回の大会が開催される。
一つの歌で、大会がこんなにも長く続くのは他にはないそうで・・・
今や、北海道というよりは日本を代表する民謡です。
唄える人が、本当にうらやましい

こんなにも魂が揺さぶられる歌は、他にはないと思う

その他、「道南ナット節」「ソーラン節」の披露もありました。

すっかり・・・
仕事を忘れています・・・(汗)↓


それにしても・・・
安澤さん・・・超かわいくてビックリ!

最後に、復元された幕府の軍艦「開陽丸」を見学
クリックすると元のサイズで表示します

引き上げられた船体の一部
クリックすると元のサイズで表示します

その後は函館まで戻ります

車内で、熱いお茶と添乗員さんから差し入れの「五勝手屋羊羹」を食べながら
みなさんのんびり〜
クリックすると元のサイズで表示します

朝刊をじっくり読んで、ぐっすり眠って1時間40分〜
クリックすると元のサイズで表示します

きがつけば・・・
五稜郭に到着です!

人気ブログランキングへ


2009/8/9

江差をぶらぶら  桧山振興局

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「横山家」
7代200年続いた商家
江差のかつての繁栄を物語る「問屋建築」として昭和38年北海道文化財に指定

「横山家」で二シンそばとお弁当のお昼ごはんを食べたあとは・・・
「馬坂」をのぼり・・・
(かなり急な坂です)
クリックすると元のサイズで表示します

「法華時」へ
クリックすると元のサイズで表示します

山門は、昔の”桧山奉行所”の正門です

この山門を額にして日本海に落ちる落日を見るのがサイコーーーだとか・・・
時間が・・・早すぎる・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ホントは、本堂天井の”八方にらみの龍”を見たいところでしたが・・・
13時から「追分会館」で実演があるとのことで
大急ぎで、「馬坂」を下ります

途中の眺めのいいこと!

クリックすると元のサイズで表示します
「いにしえ街道」

クリックすると元のサイズで表示します
「奥尻島」行きフェリー
奥尻・・・もう4年は行ってないなぁ〜

さ、次は「追分会館」です!

江差1
江差2

人気ブログランキングへ

2009/8/9

姥神大神宮  桧山振興局

クリックすると元のサイズで表示します
今日から「姥神大神宮祭」ですね
詳しくはこちらをどーぞ姥神大神宮祭
その2日前に・・・
江差に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

昔、江差に良く占いが当たるという折居(おりえ)おばあさんがいました。
ある年のこと・・・
大変な不漁を心配したおばあさんは、毎日神様にお祈りしていましたが・・・
ある夜のこと・・・
カモメ島の付近で紫色の火が燃えてるのを見て、不思議に思い行ってみると・・・
岩の上に白髪の老人が立ち「この瓶子(酒を入れる杯のようなもの)をお前に授けるから、身を清めて中のものを海中に注ぐとよい!二シンという魚が群れてくる」とお告げをしたのです。
早速、その通りにすると、みるみる海水は白くなり二シンの大群が押し寄せてきました。
そこで、土地の人がおばあさんと、おばあさんの神様に感謝して祭ったのが「姥神大神宮」なのです!
クリックすると元のサイズで表示します

今日も13台の山車が出て、大変賑わってるのでしょうね!

クリックすると元のサイズで表示します
山車の格納庫?

クリックすると元のサイズで表示します
瓶子岩(へいしいわ)

出来れば・・・
お祭りの日に行きたかったなぁ〜

人気ブログランキングへ


2008/9/22

江差いにしえ街道  桧山振興局

北海道遺産姥神大神宮御祭と江差追分

江差いにしえ街道・・・
ちょっと歩いてみました。
明治初期まで北前船によるニシンやヒノキ材の取引でにぎわった町
当時の建物が海岸沿いにそのまま残されています。

北海道blogランキングへ参加しています

この歴史的建造物を残し多くの人に見てもらおうと平成元年から街路事業がスタートし平成16年に完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します
中村家の2階からみる「いにしえ街道」

いやーーー、雰囲気のある喫茶店があちこちにあって・・・
今度は着物でも着てゆっくり歩いてみたいスポットですわ〜
クリックすると元のサイズで表示します

ツアーですと、横山家でニシンそばといなり寿司の昼食が多いので
今回はあえて、中村家を見学しました。
クリックすると元のサイズで表示します
切妻造り

ここの専門ガイドさんは、すばらしい!
短時間に非常にわかりやすく案内してくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

中村家は回船問屋の建物として国の重要文化財に指定されています。
中村家は江戸時代から海産物の仲買商を営んでいた近江商人の大橋宇衛門が建てたもの。明治30年代に大橋家が故郷に引き上げたあと、大番頭だった中村家が引きついたが、現在は江差町が保存管理している。
北前船で運んできた越前石を土台に、総ヒノキ造り2階建て。隠し階段を登ると2階に商談をするための部屋もありました
また、問屋の店先から浜側まで続く”通り庭”は問屋独特の造りです
クリックすると元のサイズで表示します
隠し階段

この、ざらざらしたガラスがレトロでした
クリックすると元のサイズで表示します

かつてのニシン漁の様子をしのばせるパネルや道具なども展示されています
クリックすると元のサイズで表示します

「檜山爾志郡役所」(北海道の有形文化財指定)
オサレーー!ハイカラな建物です〜
クリックすると元のサイズで表示します
現在は江差町郷土資料館として利用

クリックすると元のサイズで表示します
遠くには「かもめ島」が・・・
ここに、開陽丸が復元されています

クリックすると元のサイズで表示します
江差町、まだまだ見どころ満載
あーーー、時間が足りない!!!

不完全燃焼で帰ってきました

北海道blogランキングへ参加しています

2008/9/22

第46回江差追分全国大会  桧山振興局

北海道遺産姥神大神宮御祭と江差追分

9月第3金・土・日は『江差追分全国大会』
そう・・・昨日9月21日は決選会で一般の部で地元江差町臨時職員の安沢望さん(28歳)が優勝しました。

今年は全国から400人が参加し、自慢ののどを競い合ったそうです。

北海道blogランキングへ参加しています

追分会館に行き、大きな画面で過去優勝者の歌声を聞いた時、すっごく感動して泣けました。亡くなった叔父も、金沢でずっと追分を唄っていましたし・・・
故郷の知内を想いながら唄っていたのかな〜とか・・・考えると、涙が止まりませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり観光バスで歌を唄うと案内以上に、情景に合い
うまく表現できないけれど・・・移り変る景色と歌が相まって感動することがあります
追分は、残念ながら唄えないけれど
歌で人の心を動かすことが出来るってすごいな〜って
ここですごく学ぶものがありました。

歌は得意な方ではありませんが、機会があればその土地の歌を心をこめて紹介させていただこうって、あらためて思いました。
観光バスにでも乗らなければ、聞くことのできない観光の歌(ご当地ソングや温泉小唄)を大切に継承していきたいな〜と

クリックすると元のサイズで表示します
追分節は、日本を代表する民謡のひとつ。
信州(長野)中仙道で唄われていた馬子唄が全国各地に広がり、越後に伝わったものが舟唄となって、蝦夷地通いの船頭衆によって北前船で江差に運ばれてきた。
さらに、300年ほど前に琵琶法師佐之市がケンリョウ節と追分を加えて江差追分を誕生させたという。

クリックすると元のサイズで表示します
(前歌)
国を離れてエゾ地が島へ
いく夜ねざめの波まくら
朝な夕なに聞こゆるものは
友よぶかもめと波の音
(本歌)
かもめの啼く音にふと目をさまし
あれがエゾ地の山かいな
(後歌)
沖でかもめの啼く声聞けば
船乗り家業がやめられぬ

クリックすると元のサイズで表示します
追分会館

北海道blogランキングへ参加しています



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ