2012/6/5

大にぎわいの「たかつきおもちゃ病院」  

先月の来院客数が少なく、何とかしなければ、と思っていたところ、『高槻市ボランティア・市民活動センター』のはからいで『広報たかつき』に活動のお知らせを載せていただいた。広報の威力たるや、たいしたものだ。9時30分にオープンするとすぐに来客。その後も続々。


おもちゃ1個に1枚の受付用紙を使うのだがあっという間に足りなくなってしまった。いつもは、簡単な修理はその場で直して持って帰ってもらうのだが、故障の内容を聞いて用紙に書くのが精一杯。
20個近くのおもちゃが入院扱い、すなわち、ドクターが家に持ち帰り家で修理して1ヶ月後の開院日にお返しする、と言う扱いになってしまった。

5人のドクターがそれぞれ1〜6個のおもちゃを持ち帰った。楽しみながらも、悪戦苦闘の1ヶ月になるのか? さ〜て、どれだけ直せるやら?


たくさん来ていただいた子供さん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、不手際たくさんで申し訳ありませんでした。これに懲りず、今後ともよろしくお願いいたします。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ