食べ合わせの方法とは 5  食べ合わせの方法とは

食べ合わせの方法とは 5



ダイエットにおいては、食物繊維を摂取することが非常に重要となってきます。食物繊維の食物は、にんじんやバナナ、マンゴーなどを除いて、揃って低GI値の代表的食品でありますが、ここでカンタンに食物繊維とはどういうものか説明しますと、食物繊維は水溶性と不溶性に分かれますが、それらに共通していえることは、腸内の老廃物を排出する作用があることがいえ、そして前者の水溶性には、主に食べ物の消化や吸収を遅らせる働きがあり、後者の不溶性には、便とともに老廃物の体外排出作用を指摘できます。

ですから、食べ合わせのポイントとしては、食物繊維をだいたいにおいて併行して食べていけばいいことになります。但し、バナナやカボチャであれば、朝バナナダイエットという方法論で提唱されておりますように、朝食にはバナナだけを食べるというやり方が適っていることになります。というのは、バナナは上でも触れましたように、GI値が比較的高いため、消化や吸収が非常に早いからです。

その点、食べ合わせのためには、グレープフルーツ、野菜ならキャベツや豆類が適しています。大豆には、たんぱく質が豊富であるために、筋肉の基礎代謝を促し、また水溶性と不溶性の食物繊維とともに、とくにその含有成分には中性脂肪を低下する役割がいわれています。グレープフルーツには、食物繊維やカリウムとともに、糖質と脂質にカロリー量の含有が低く、排出に欠かせないカリウムも多く含まれ、またダイエットでは重要となるビタミンB1が多く含有されており、美肌効果のあるビタミンCも含有されております。






0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ