食べ合わせダイエットのレシピ  レシピのおさらい

ここで挙げるそれぞれの根拠などにカンタンに触れながら、食べ合わせダイエットなどで取り上げられたレシピをピックアップしてみたいと思います。


●ケーキやクッキーなどおやつと一緒に飲むものとしては、紅茶がいい。

●チョコレートやクッキーと一緒に飲むものとしてはココアがいい。

●特に夜食などで麺類を食べる前には野菜ジュースを飲むのがいい。

●焼肉を食べる前にはキムチを食べるのがいい。またキムチとビールの取り合わせもお薦め。理由として、キムチの含有成分の「ナイアシン」には、脂肪とともにアルコールも分解する作用があるからです。他にキムチにはアルコールを解毒作用のある「タウリン」も豊富で、このタウリンは肝臓機能も高める機能もあります。ナイアシンは、カツオ、マグロなどの海産物に多く含まれています。

●牛肉にはクレソンを付け合せたい。クレソンに含有されているビタミンCが牛肉の亜鉛の吸収率アップを助けます。

●レバーにはほうれん草よりも小松菜がいいとされています。ほうれん草も小松菜も鉄分が豊富に含まれていますが、小松菜にはレバーの非へム鉄という植物性の成分を還元して体内に吸収するのに必要なビタミンCが豊富だからです。ビタミンCはフルーツに多く含まれています。

●おつまみには梅で対抗させる。クエン酸がおつまみの脂肪分の吸収を妨げます。お酒は梅ロックなどでおつまみの脂肪対策になります。

●食パンや菓子パンなど食べる前には抹茶豆乳を。マーガリンなどには悪玉コレステロールを増やすトランス脂肪酸が含有されており、抹茶に含まれる抗酸化作用のあるポリフェノールが悪玉コレステロールに対抗して、脂肪分の蓄積を妨げてくれます。

●牛乳など乳製品にはレモンを一緒に経口するといいとされています。上述しましたクエン酸にはカルシウムの吸収をバックアップする機能があります。








0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ